創作びより

大阪でコピーライターをしている大野さとみです。絵本や児童書のテキスト、広告コピー、インタビュー記事などを書いています。

【蒲生四でモーニング】グリーンベリーコーヒー

2018-08-22 | 食べ歩き

長女がよく訪れるという蒲生四のお洒落なカフェ「Greenberry’s  COFFEE」に、モーニングを食べに行きました。

ビルの 3階にあるので、外からはまったく店内の様子が想像できないこのカフェ。

エレベーターを降りた瞬間、蒲生四とは思えない、オアシスのような異空間が広がっていました。

空の下のオープンテラス席も気持ちよさそうですが、8月終わりでまだ少し暑いので、窓ぎわの席を選びました。セルフサービスなので、荷物を置いて、カウンターに向かいます。

 

モーニングは Aセット、Bセット、Cセットの3種類。

長女はパンとサラダ、ヨーグルトとドリンクがついたAセット(648円)、私は一番人気のクロワッサンとスクランブルエッグ、グリルベーコン、サラダ、季節のフルーツがついたCセット(918円)をオーダーしました。

レジのとなりのカウンターでドリンクを受け取り、席に戻ります。

(すぐ足元にコンセントもありました)

 

しばらくして運ばれてきた料理は、まるでホテルの朝食のようです。

大きめのクロワッサンは、外はサクサク、中はしっとり。ひと口食べると、バターのふくよかな味が広がります。

朝8時過ぎでまだ早いせいか、お客さんもまばら。もっと近所の奥さんたちでにぎわっているのかと思いきや、静かな空間でゆっくり食事を楽しむことができました。

 

秋になると、外のテラス席も心地よさそうです。

店内には、マットが敷かれたキッズルーム、会議やお誕生日パーティ、ワークショップに利用できそうなコミュニケーションルームもありました。

 

蒲生四とは思えない、優雅なひとときを過ごせる「Greenberrys  COFFEE」。

アメリカバージニア州から日本に上陸した、フォースウェーブのコーヒーショップだそうです。

蒲生四丁目店以外にも、宝塚劇場前店、三宮駅前店、GR Garage 西宮店、あべのキューズモール店、谷町店、天理店と、関西で7店舗を展開されています。

モーニングはお値段少しお高めですが、その分、贅沢な時間を味わえるので、日常の喧騒を忘れて、のんびりしたい方におすすめです。

コーヒーの種類も豊富で、サンドイッチやブリトー、マフィンやパスタもやばいほど美味しそうだったので、またぜひ近々、一人の時間を楽しみにきたいと思います(娘たち、ごめん!)

 

「Greenberry’s  COFFEE  蒲生四丁目店」は、Osaka Metro(地下鉄)長堀鶴見緑地線・今里筋線「蒲生四丁目駅」下車。1番出口を上がってすぐ。角屋がもよんビル 3階にあります。

 

コメント

【京橋・居酒屋】食べ放題飲み放題「隠れ家個室 黄金の鱗」

2018-08-20 | 食べ歩き

20年来の友人と、久しぶりに京橋に飲みに行きました。

ホットペッパーでもクーポンがよく出ている「隠れ家個室  黄金の鱗  京橋店」。

自分で調べたときは、京橋の食べ放題飲み放題のなかでも、最安値に近い「2時間3100円」でした。

安すぎて逆に心配になり、「食べ放題を注文しても、最初にフライドポテトとサラダが山盛り出てきて、これを食べてからとか言われるのでは⁈(他店で経験あり)」、「ドリンクのおかわりを注文しても、のどカラカラになっても持ってきてくれないのでは⁈(他店で経験あり」と思っていたら、全然そんなことありませんでした!

しかも友だちが予約してくれたコースは「女子会限定  いつでもOK   3時間盛りだくさんのメニュー全品食べ飲み放題  3100円(税抜)」。

ホットペッパーのクーポン利用で、平日だけでなく、土日祝でも3時間利用できるプランです。久しぶりにゆっくり喋りたいので、これはかなりうれしい。


ドリンクは生ビールは金麦で、プレミアム飲み放題にすれば、モルツも頼めますが、金麦好きなので十分です。

料理は食べ放題用のメニューが用意されているお店もよくありますが、こちらは通常のメニューから注文できます。

お造りや揚げ物など、500円代、600円代の料理も選ぶことができます。

お造りの盛り合わせに

とろサーモンのカルパッチョ

サイコロステーキ

自家製チヂミ

山芋ステーキ

ごぼうチップス

ほかにも、鮮魚たっぷり海鮮サラダ、枝豆、若鶏の唐揚げ自家製ダレ、熱々!!小籠包、手羽先の名古屋風ピリ辛揚げなどを注文しました。

デザートは一人一品までということで、わらび餅と抹茶アイスのパフェをいただきました。

 

一度に注文できる料理は7品ほど。

ドリンクはグラス交換制。

ラストオーダーは30分前。

食べ飲み放題のルールはありますが、 3時間なので、かなりゆっくりできます。

注文した料理やドリンクもすぐに運ばれてきました。


私たちが案内された席は完全な個室ではありませんでしたが、となりの席と距離があるため、あまり気にはなりませんでした。あ、もちろん個室もあるようです。

6時に入ったときは空席も多かったのですが、7時過ぎには満席。普通に食べ飲みすると倍くらいかかりそうなので、かなりおトクです。


海鮮美味しかったなぁ〜。

一品ずつ満足できる美味しさだったので、

今度は食欲旺盛な三姉妹を連れて行こうかな。

 

女子会はもちろん、好きな料理を選べるので、会社の歓送迎会や忘年会、新年会にもいいですね。

いつもお店選びでは苦労するので、「黄金の鱗」おすすめです。

 

【行き方】

JR京橋駅下車、中央出口を出て、右へ。

右手に大きなスクリーンを見ながらまっすぐ歩き、2つ目の角、

グランシャトーを右に曲がります。

正面に見える「京橋東商店街」と書かれたアーケードを目指して進み、

一つ目の筋を越えてすぐ、右手に「黄金の鱗」があります。

コメント

【梅田でランチ】人気店が集結!梅田フードホール

2018-08-19 | 食べ歩き

お盆最終の土曜日、高校2年生になる三女と、梅田に出かけました。

梅田でお昼を食べようと思うと、いつも迷います。

阪急三番街はどのお店も行列。

かっぱ横丁か茶屋町にでも行こうかと地下街を歩いていると…、阪急三番街の北館地下2階に、巨大フードコートができているではないですか!

広いフードコートの周囲にグルリとお店が並び、自由に座れる席がたっぷり用意されています。

これなら、家族で食べたいものが違っていても、別々のお店で買ってきて、ひとつのテーブルで食べられます。

梅田でこんなに画期的なフードコート、もっと早く欲しかった!

UMEDA  FOOD HALL(梅田フードホール」には、話題のお店から、梅田初出店の老舗、スイーツの専門店など、名だたるショップが18店舗並んでいます。

 

【まずは席を確保します】

フードコートには、約1000席用意されています。私たちが訪れたのはお盆の土曜日13時半。かなり混雑していましたが、入ってすぐの通路ぎわで2人席をゲットできました。

奥に行くと、まだ23か所、2人席が空いていたので、イオンのフードコートに比べると、ずっと席を確保しやすい印象です。


【続いて、料理を選びます】

暑さでバテバテの三女が食べたいと言ったのが、うどん。

「本場香川  宮武讃岐うどん」で、三女は温かいかけうどん(290円)、私は冷たいぶっかけうどん(400円)を選びました。

梅田のランチで、このコスパは凄い!

目の前に並んだ、巨大なちくわ天(150円)、カニかま天(180円)があまりにも美味しそうで、思わずお皿に取ってしまいました。

休日なので、スーパードライ(500円)も一緒にいただきます。

冷たいぶっかけうどんは、シコシコした麺に、天かす、カツオ、大根おろし、ネギが、サッパリしたなかにも重厚な味わいを醸し出して、いくらでも食べられそうです。

初めて食べたカニかま天。熱を含んだカニかまがフワッとほぐれ、本当のカニのような甘みと旨みが口いっぱいに広がります。

お腹いっぱいになって、まわりを見回してみると、興味深いお店が並んでいました。

 

大阪駅経由の取材は多いので、年内に残り17店舗制覇したい!と思わせてくれた、梅田フードホール。

一人での食事はもちろん、ゆったりしたソファー席もあるので、会社帰りの一杯や女子会にも使い勝手がよさそうです。

地下 2階のトイレは混み混みですが、 地下一階のトイレは空いていて、授乳室もありました。これなら、赤ちゃん連れのお出かけも安心ですね。

【次回、訪れたいと思ったお店、ベスト5!】

◆Best1

新鮮な海鮮丼が食べたい!

「大阪・堂島とろ家」

毎朝、市場で仕入れる鮮度のよさが自慢のマグロ専門店。800円代、900円代で海鮮丼が食べられます。

◆Best 2

分厚いクレープ生地に目が釘付け!

YORKYS Creperie /sucreuf

パンケーキ生地をクレープにした斬新さ!  一番の行列ができていました。

◆Best 3

元気の素はやっぱり肉!

1ポンドのステーキハンバーグタケル」

肉!肉!肉!が口ぐせの長女と来たいステーキ屋さん。ジュウジュウ焼けるお肉の香りに悩殺されそうでした。

◆Best 4

これはキッシュ⁉︎  ピサ⁉︎

「Italian Dining PESCA(イタリアン  ダイニング  ペスカ)」

サクサクのパイ生地の上に、旬の食材と有機野菜を使った具材がたっぷり。チーズ、バターの旨味溢れる、新感覚のピザ。香ばしい生地と旨味たっぷりの具材をほおばりたい。

◆Best 5

いま話題のまぜそばを堪能できる!

「麺や  マルショウ」

全粒粉のモチモチした麺に、ピリ辛ミンチとニラ、ネギ、海苔、卵黄を絡めて食べる、台湾まぜそば。豊中に本店を置く有名店の味は一度食べるとやみつきになりそう。

 

【交通アクセス】

JR大阪駅からは、中央改札口を出て、左へ進み、グランフロントに向かうエスカレーターを登り、右へ。

左手にヨドバシカメラを見ながら、歩道橋を進みます。

突き当たりの階段を降り、右手にマクドを見ながらまっすぐ歩き、左手にあるエスカレーターを降りると、阪急三番街の地下一階にたどり着きます。

阪急三番街をズンズン歩き、北館地下 2階に行くと、奥にあるのが「梅田フードホール」です。


【営業時間】
阪急三番街のレストラン&カフェの営業時間は、10:00〜23:00(ショップにより異なります)
コメント

【天理駅でランチ】創作和食ビュッフェ パークサイドキッチン天理

2018-08-18 | 食べ歩き

石上神宮にお参りした後、大神神社へ行くため、天理駅まで戻りました。

お昼ごはんは何食べよう~。せっかく奈良に来たので、奈良らしい食事がしたいなぁと思うものの、お盆で天理本通りは、閉まっているお店のほうが多いようです。

そこで目に付いたのが、JR・近鉄天理駅前広場の交流拠点「Co FuFun(コフフン)」にある「ParkSide Kirchen(パークサイド  キッチン)天理」。

 

以前、天理で取材があったとき、モーニングで利用したことがあります。

オシャレなお店だったけど、パスタやオムライスのランチしかないのでは…と思っていたら、とんでもない!

いい意味で予想を裏切ってくれた、パークサイドキッチン。実は、奈良の地元で育まれた、生産者の顔が見える野菜を使った、創作料理を楽しめるお店でした。

 

ランチはビュッフェスタイルで、黒いトレーが置かれた場所に行くと、店員さんがシステムを丁寧に説明してくれます。

まずはメインに、長女と私はしらすごはん(税別1150円)、三女は混ぜうどん(税別1350円)を選びました。

サラダやお惣菜は、ビュッフェ形式で食べ放題です。

地産地消の新鮮な野菜を使ったサラダは、目で見るだけでもそのシャキシャキ感が伝わってきます。

 またまた、取りすぎてしまいました。。。

生まれて初めて、ケイルを食べました。苦くて、食感イガイガですが、カラダに良さそうです。

おばんざいは、副菜と思えないほど種類が豊富。なかでも美味しいなぁ〜と思ったのが、塩でいただくナスの天ぷらと、豚肉と小松菜の炒め煮、カツオの煮物。どれも家庭でお母さんがつくるような、やさしい味です。

好き嫌いが多くて和食が苦手な三女は、キッズコーナーでフライドポテトやオムレツを取り、パスタを固めて焼いた料理にハマっていました。

しらすごはんを取りながら、パンも美味しそうだったのでいただきます。フワッとやわらかいパンに、小豆バターと練乳バターがよく合います。

コーヒーゼリーやフルーツなどのデザートも美味しくて、思わずお替わりしてしまいました。

ドリンクはプラス200円で飲み放題のフリードリンク制ですが、今回は無料サービスの麦茶とお冷やをいただきます。

あっさりした和食が味わえるせいか、店内はおじいちゃんおばあちゃんと一緒の家族連れも。ほかにも夫婦やカップル、子連れで食事を楽しむ人たちでにぎわっていました。

子どもたちが遊べるキッズスペースや、空の下でランチを楽しめるオープンスペースもあるので、小さなお子さんがおられるファミリーや、ママたちのランチにもピッタリですね。

 

カフェの壁ぎわの席には、椅子の下にコンセントもあり、スマホも充電完了。

お腹いっぱいになって、JR天理駅から電車に乗り、大神神社に向かいました。


ここにたどり着くまでの【パワースポット巡り  石上神宮】はこちら。
 
このあと訪れた【パワースポット巡り  大神神社】はこちら。
 
コメント

【夏のおでかけ】グルメにも電車好きにも最高!近鉄西大寺駅ナカ

2018-08-17 | 夏のおでかけ

石上神社と大神神社へ行く途中、近鉄電車「西大寺」駅で途中下車して驚きました。駅ナカ「Time’s  Place  Saidaiji」が凄い!   デパ地下かと思うほど、店舗が充実しています。

柿の葉寿司に奈良漬、和菓子に和雑貨、コロッケ、たこ焼き、お好み焼き、カレー、ベーカリー、蔵元の立ち飲み、お寿司、うなぎ、お惣菜、肉まん、おこわ弁当、みたらし団子、まほろば大仏プリン、ステラおばさんのクッキーなどなど、ここで食べたいものが見つからない人はいないのでは⁉︎と思うほど。

「えっ、ほんとに、切符持ったまま入れるの⁈」と一瞬足がすくんだほど、百貨店地下の食品売り場くらい、バラエティーに富んだお店が並んでいます。

イートインもテイクアウトもあるので、特急で旅行に出かけるときや、仕事の移動中で小腹が空いたときにもピッタリですね。

そして、もうひとつ凄いのは、ズンズン奥まで歩いていき、自動ドアから外に出ると、近鉄電車を上から一望できる展望フロアがあることです。

さすが、みなさんよくご存知。ベビーカーに乗った電車大好きキッズたちが、真下を通る電車に釘付けでした。

うちの次女も電車が大好きですが、電車が見えるレストランやカフェは結構気をつかいます。

でも、ここなら少々大きな声を出しても大丈夫そうです。

なかなかの迫力です。

お腹が空けば、パンやお惣菜を買いに行くこともできるし、きれいなトイレもあります。

三女もお腹が空いた~と言うので、おにぎりを買って、食べていました。

 

お出かけの途中にありながら、目的地にもなりそうな、西大寺の駅ナカ「Time’s  Place  Saidaiji」。

奈良方面に取材に行く楽しみが、またひとつ増えました。

 

コメント

【夏のおでかけ】パワースポット大神神社へ。

2018-08-16 | 夏のおでかけ

【パワースポット  石上神宮&大神神社  後編】

長女と三女を連れ、石上(いそのかみ)神宮にお参りに行きました。続いては大神(おおみわ)神社に参ろうと思ったら、普通ならどうしますか?

車の方だとそのままスイスイッと行けるのでしょうが、わが家は電車です。

さあ、天理駅まで戻ろうとすると、長女が山のほうに入っていこうとするではないですか!  

「どこ行くの?」とたずねると、

「山の辺の道。桜井方面って書いてある」

いぃーっ!!  書いてあるけど!

 

Googleマップで調べると、現在地から大神神社まで、徒歩1時間54分と書いてあります。

行けるかな、行こうかな、うーん、やっぱりムリ!

母はサンダルで来ました。三女はクロックスです。

二人の悲壮な表情を見て、長女は渋々あきらめてくれました。

 

「天理駅」まで戻り、JRに乗って、「桜井駅」へ。ところがここでまた問題が!

長女のアプリも私のアプリも、大神神社の最寄り駅は「桜井駅」と出ていました。ところが改札を出ようとすると、「大神神社へは三輪駅下車」と書いてあります。

駅員さんにたずねると、いま電車が出たところで、次の電車はあと40分後だと…。

「歩けますか?」

とたずねると、「かなりありますよ!  永遠に永遠にまっすぐです」という駅員さんの言葉を最後まで聞かずに長女が、

「歩く!  永遠なんてあるか!」

 

3人で「桜井駅」から、えんえん歩き、30分後、ようやく大神神社にたどり着きました。

大神神社は、古事記や日本書記にも鎮座の由来が記されていることから、日本最古の神社とも言われています。

三輪山がご神体で、本殿は後から作られたものです。 

境内に足を一歩踏み入れると、荘厳な様子に、心がみるみる安らかになっていきます。

これまで「しあわせになりたい、なりたい」と思っていた呪縛が解けて、「今が一番しあわせ…」と思えたから、不思議です。

パラパラと雨が降ってきたので、屋根のある場所でベンチに座って休んでいると、長女がちょっと寄りたい場所があると言って、またズンズン歩き出しました。

 

着いたのは「狭井(さい)神社」。

三輪の神様の荒魂を祀る神社で、病気平癒の神様として信仰されています。

ここには御神水がありました。

神体山・三輪山から湧き出た御霊泉で、古くから霊験あらたかな「くすり水」として、病気平癒、身体健康、福寿延命などの願いをこめて、毎日多くの人がそのご利益を受けに来られるそうです。

きれいに消毒されたコップが用意されていたので、一杯ずついただきます。

続いてはまたまた石段を登り、「市杵島姫(いちきしまひめ)神社」へ。

こちらは水の守護神とされ、安芸の宮島の御祭神として広く知られています。また、弁財天と称され、七福神のなかで福徳財宝・芸能を祀る神様としても親しまれています。

 もう十分に参ったのでは⁈と思いきや、長女がさらに山を登っていきます。

「知恵の神様  久延彦(くえひこ)神社」へ。

久延毘古命は世の中のことをことごとく知っている知恵の神様として「古事記」に記されていて、受験合格、学業向上の霊験あらたかです。

途中にある「大美和の社展望台」からは、東に神体山である三輪山、西に大和盆地が一望できます。

葛城山、金剛山、生駒山も望むことができる奈良県景観資産であり、恋人の聖地でもあります。

山を下り、帰りはJR「三輪駅」から電車に乗って家路に着きました。

 

本日歩いた距離は13.6キロ。

よく歩いたパワースポット巡り。

実は、内なる世界への旅だった気がします。

 

 【パワースポット  石神神宮&大神神社  前編    石神神宮はこちら】

https://blog.goo.ne.jp/sammy_sousaku/e/43fc538081f868b384d61d9fa7b14004

 

コメント

【夏のおでかけ】パワースポット石上神宮へ

2018-08-16 | 夏のおでかけ

関西では指折りのパワースポットと呼ばれる石上(いそのかみ)神宮と大神(おおみわ)神社へ行ってきました。

 

【まずは前半、石上神宮から】

初めて石上神宮と大神神社を訪れたのは11年前。

絵本作家を目指し、編集者さんが「本を出しましょう!」と言ってくださったものの、なかなか出版までたどり着けない…と悩んでいた時期、京都で有名な易の先生にみてもらったことがあります。

そのときに言われたのが、

「大神神社に行ってみなさい」と。「私はいつも石上神宮と一緒に参っているよ」と教えていただきました。

 

そして、2007年に家族で訪れ、そこから徐々に、絵本のお仕事、童話のお仕事が舞い込むようになったわけですが…、お札がそのままになってる!  ずっと神棚に祀ったまま!

これではいけないと、返しに行くことに。

 

なんと、うれしいことに長女と三女も行きたいと!

夏の真っただ中、電車に乗って出かけました。

 

「石上神宮」はJR・近鉄「天理駅」から徒歩30分。

タクシーはもったいないし、バスはお盆で運行していなかったので、頑張って歩きました。

天理の商店街をまっすぐまっすぐ歩き、天理教の建物の手前を右へ。

 

大きな通りを天理大学を右手に見ながら、ひたすら歩くと……、

 

 「石上神宮」に到着です。

 

背中しか撮らせてくれない2人です。。。

 

入口では、放し飼いの鶏さんたちが出迎えてくれました。

 

なぜ、神社に鶏がいるのか。

神代の昔、「常世の長鳴き鳥を泣かせて、闇を払い夜明けを告げ、天の岩戸を開いた」という神話からきているそうです。

鶏は神道と大変関係の深い吉祥の霊長とされ、石神神社ではその縁起のいい鶏を境内に放し飼いし、御神鶏として大切にされています。

 「布留社(ふるしゃ)」と書かれた「手水舎(ちょうずや)で魂(心)と身体を清め、いよいよ、本殿へ。

 

 

厳かな空気に、気持ちがシャンとします。

 

お札をいただいたおかげで、家族全員が大きな病気やケガをすることなく、しあわせに暮らせている感謝の気持ちを伝えます。

これまでは神様にお願いごとばかりしていたのに、そんな気持ちが吹き飛ぶほど、大きな大きな力で包み込まれるような感覚。

心のささくれをすうっと抜いてくれるような、力というよりはやさしさに近いものを感じました。

 

そして、長女と二人、どれにしようかと迷い、同じものを指差したお守りがこれ。

「御神劍守(ごしんけんまもり)」です。

「起死回生、百事成就、除災招福、無事息災」と書かれています。

赤もあるのに、なぜか2人とも黒いお守りを選びました。

 

 

お参りを終えても、鶏からなかなか離れようとしない三女。

 

11年前に訪れたときの写真が残っていました。

 

今ではこんなに大きくなりました。 

 

二人の立ち位置が同じで驚きです。

 

【パワースポット巡り  後編  大神神社はこちらです】

https://blog.goo.ne.jp/sammy_sousaku/e/9a0dcf8129419f043e3bea63dc9a8ba0

 

コメント

【夏のおでかけ】無料で楽しめる「大阪府立図書館」

2018-08-15 | 夏のおでかけ

お盆休み、自転車をゆっくりこいで50分、東大阪市にある「大阪府立中央図書館」に行ってきました。

開館時間は朝9時。855分に着くと、すでに整理券が配られています。

そう、コンセント付きの一人席は、争奪戦です!

 

手渡された整理券は、55番。まずは1番から30番までの人が並んで入場。続いて、31番以降が中に入ります。

目指す一人席は、3階と4階のみ。エレベーターを待っていては間に合いません。広告の資料がある3階まで、階段をいっきに駆け上がり、フロアをグングン突き進んで、屋上庭園ぞいの一人席へ。

セーーーーーーーーッフ!!

残り2席、ギリギリで席をゲットできました。

 

ここでようやく、本を探しに行きます。

大阪府立中央図書館のすごいところは、なんといっても「書庫」の本が充実している点です。

表に並んでいる本は、ほんの一部。貴重な本の多くは書庫にあり、リクエストをすると、係の方が書庫から出してくれます。

リクエストをするには、館内にある端末で、本のタイトルや著者名から探す方法もありますが、私の場合は、キーワードで検索します。

例えば、「バスガイド」「タクシー」「コピー」「インタビュー」などの言葉を入力すると、関連する本がズラッと出てきます。

本のタイトルだけでなく、内容からも検索してくれるので、一見関係なさそうでも興味深い本が出てきて、まったく予想しなかった情報に出会えることも多々あります。

 

雑誌も最新号からバックナンバーまで揃っているので、私はいつも「宣伝会議」や「ブレーン」「母の友」のほか、取材で伺う業界の業界誌にも目を通します。

 「コピー年鑑」も「ADC年鑑」も、最新刊以外はすべて書庫から出してもらいます。


お昼ごはんは、館内にはレストランやカフェがあるので、時々利用しますが、たいていはお弁当を持って行きます。

お弁当を食べられるスペースは、一階入り口そばにある白いテーブル席と、3階と4階の屋上庭園にもベンチがあって、ゆっくりできます。

ただ、屋外でお弁当をこぼすと、一瞬でハトが何羽も、おかず目がけて飛んできます。ここでも争奪戦です。

お腹がいっぱいになると、一階の子ども資料室へ。多くの家族連れで賑わっている資料室。読み聞かせがあったり、大きな紙芝居も読めるので、小さなお子さんもきっと楽しめると思います。


もうひとつ訪れてほしいのが、大阪府立中央図書館のすぐ隣りにある「国際児童文学館」です。

これまでに日本で出版された貴重な児童書やマンガが保管されていて、私のような昭和生まれの人間は、あまりの懐かしさに感動させられます。

児童文学の公募の入選作を掲載した冊子なども揃っているので、調べものをするのにも便利です。

 

すぐ近くには大きな公園もあるので、子どもたちと一緒に来るときは、バドミントンやバレーボールをして遊ぶこともありました。

 

小腹が空くと、カフェで販売しているパンを買ったり、目の前のイオンにあるフードコートに出かけて、おうどんを食べたりします。一人での寂しい食事にも、すっかり慣れました。

 

無料で一日たっぷり楽しめて、新しい情報に出会える大阪府立中央図書館。子どもと一緒のお出かけにも、私のような中高年のお出かけにもおすすめです。

 

 

【貸し出し】

一人12点まで、3週間借りられます。本やDVDの貸し出しは、大阪府内にお住まいの方と勤務・通学されている方、近畿圏にお住まいの方が対象ですが、閲覧だけなら誰でもOKです。

 

【延長したいとき】

 期限までに連絡をすれば、予約がない場合に限り、連絡した日から3週間延長できます(インターネットでも延長できます)。

大阪府立図書館に返却に来ることが難しい場合、京阪電車・Osaka  Metro(地下鉄)「淀屋橋駅」すぐの大阪府立中之島図書館でも返却できます。

 

【交通アクセス】

近鉄けいはんな線「荒本駅」下車。1番出口を出て、コンビニを右手に見ながらまっすぐ歩くと、目の前に、背の高い東大阪市役所のビルが見えます。

左手に市役所、右手にイオンを見ながら進むと、正面に見えるのが「大阪府立中央図書館」です。

 

コメント

【宣伝会議賞】「SKAT17」買いました!

2018-08-14 | 目指せ!宣伝会議賞グランプリ

第56回宣伝会議賞、いよいよ中高生部門の課題が発表されましたね。

赤城乳業のガリガリ君や、バンダイナムコアミューズメント、マンダムのヘアジャムなど、中高生の感覚に近い商品やサービスばかり。協賛企業は、昨年の倍の18社です。

 

私もようやくエンジンがかかり、第55回宣伝会議賞の受賞作品が掲載された「SKAT.17」を購入しました。

そして初めて、自分が応募して一次選考を通過した作品を知ることになります。


通過作品は……

 【イエシル】

シビアではなく、リアルです。

 

【牛乳石鹸共進社】

真っ赤な箱があったとさ。

真っ白な幸せはこぶ箱だとさ。

 

【クレディセゾン

もたない人が、モテている。

  

【骨粗鬆症財団】

骨の悲鳴は、聞こえない。

 

【品川区】

つっかけで、世界へ。

 

【セメダイン】

好奇心を組み立てよう。

 

【セントラル警備保障】

この世の「死角」をなくしたい。

 

【大同特殊鋼】

知らずに触れてる高技術。

 

【日本中央競馬会】

お父さんたちが、泣きやまない。

 

以上、計9本でした。

 

SKAT上で見たときは、「結構いい線いってる?」「このままで使えるかも?」という気がしたのに、こうして並べてみると……、


「臭っ!!    古臭っ!!」

うまく書こう、ソツなく書こう、コピーっぽく書こうとして、殻を破れていない。小さくまとまって、新しさがない、つまらない。

 

このままではダメだ!と猛反省。

最近は実際の仕事でも、すごく守りに入っていました。インパクトのあるコピーより、通りやすいコピーを書いていた気がします。

 

3年前、今の会社に入りたての頃はのびのびコピーを書いていたのに、しがらみだらけで、いつしか小さくまとまってしまったような…。

 

ちなみに、第52回の宣伝会議賞でシルバーに選ばれたコピーは、

 

「営業の田中」より、

「サックスの田中」のほうが、

自分らしい気がする。

 

長いけれど、素直に出た、オリジナリティーのある言葉。

 

このときの自由な発想に戻らないと!

 

SKATは審査員の方の講評がすごくためになりますね。力強いメッセージがいくつもあり、

赤でビッシリ線を引きました。

 

もっと破壊的なコピーを書いていこう。

タブーに挑戦しよう。

自分にしか書けない表現を探そう。

実際の仕事ではできないような冒険をしよう。

 

リミッターをはずして、全速力で走り出そう!

と決意を新たにした、昼下がりのスタバ。

 

 

写真は、スタバの新メニュー「抹茶スモアフラペチーノ」。抹茶の香りと味わいが濃厚で、スモアのフワフワした食感とビスケットのサクサク感がたまりません!

実はついこの前まで、フラペチーノの飲み方がわからず、フタを開けて、緑のストローでクリームすくって食べていました。。。

 

「スタバのあれ、どうやって食べるんですか!!!」

勇気を出して、会社で聞くと、同僚が教えてくれました。

 

「普通に食べればいいんですよ」

 

 

 

コメント

【森ノ宮でモーニング】アールベイカー大阪城公園店

2018-08-13 | 食べ歩き

会社帰りに自転車で前を通るたび、ずっと気になっていたカフェに行ってきました。

大阪城公園内に2018年4月にオープンした「R  Baker(アールベイカー  大阪城公園店)  Inspired  by  court  rosarian」。

 

大阪市内とは思えないこの光景。まるで自然豊かな森の中にあるカフェのようです。

 

8/13(月)はお盆休みの人もいれば、出勤の人もいるのか、思っていたよりも空いていました。

店内はジャズが流れる落ち着いた雰囲気。若い女性客が多いのかと思いきや、小さな赤ちゃんを連れたママや、夫婦で朝食を楽しむ二人連れ、中高年のグループが食事を楽しんでいました。

お店に一歩入った瞬間から、焼きたてパンのふくよかな香りとコーヒー豆の香ばしい香りが漂っています。

「自家製酵母を使った米粉と小麦粉のもっちりしたパン」がコンセプトのベーカリー。さぞ、お値段張るのだろうなぁ、モーニングは690円くらいかなぁと思っていたら、なんとこの場所で、このお洒落な店内で、このクオリティーで390円!(税抜き)  サラダとゆで卵とドリンクも付いています。

モーニングをオーダーし、焼きたてのパンも美味しそうだったので、シロップがけの塩クロワッサンと、黒胡麻と胡桃のクリームチーズ、メロンクロワッサンをお土産に。

テラス席も気持ちよさそうですが、まだまだ外は暑いので、緑が見える屋内の席へ。(あ、コンセントがある、うれしい…)

 色とりどりのみずみずしいサラダをいただいたあと、パンに手をのばします。

「わ、重たい…」

持った瞬間、ほかのパンとの違いは一目瞭然。小麦粉だけでなく米粉を使ったパンはずっしり重量感があります。

ひと口ちぎると伸びがあり、しっとりした感覚。

口に含むと全粉粒の香ばしさと豊かな味わいが口の中に広がります。甘さ控え目、塩味控え目、粉本来の旨みを味わえるしあわせ。

こんなに美味しい食パンに出会えたのは何年ぶりだろうと思えたほど。

 

欲張って、イチゴジャムもオレンジママレードもブルーベリージャムも取ってしまいましたが、後半はパンだけの美味しさを味わいました。

 

コーヒーも酸味が少なくて、濃厚な味がしっかりと舌に残る、自分好みの味。

ときどき蝉が鳴く音の大きさに驚いたり、熱風がフワッと入ってきたりしますが、都会の真ん中で季節を感じられる空間はかなり貴重です。


朝の風が心地よくて、紅葉で色づく秋も、空気がツンと冷たい冬も、桜のきれいな春にも訪れたいと思わせてくれた素敵なカフェです。

 

【モーニング】

TOAST SET8:00から10:00まで390円ですが、それ以降の時間もプラスアルファーでオーダーできるそうです。

ほかにもフワフワしたパン生地がおいしそうなPIZZA BREAD SET(パンピザセット)630円、新鮮なサラダをボウルでたっぷり食べられるSARAD SET(サラダセット)650円も美味しそうでした。

 

【ビールセット】

大ぶりでジューシーなソーセージがデンッとのったホットドッグとビールのGBセットは780円(税抜き)。大阪城店限定で、イートインもアウトドアもOKなので、また今度ぜひ買いに来たいと思います。


【学割】

学生さんは学生証を提示すると、パン2個でドリンクが無料になる学生割引もあります。イートインもテイクアウトもOKなので、就活中のお昼ごはんや、学校帰りにもピッタリですね。

 

【営業時間】

8:00-18:00   日曜営業

 

【アクセス】

JROsaka Metro中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮」駅3B出口を上がってすぐ。

噴水に向かってまっすぐ歩き、左手にローソンとスタバ、右手にボーネルンドが見えると、その真ん中にあるのが「アールベイカー」です。

無料の自転車置場もあります。


【ペットもOK

テラス席はワンちゃんもOKで、ペット食用のフードボウルも置かれていました。

「ワウ、ワンッ!(ごはん、早く早く!」というワンちゃんに、飼い主さんが「さっきからワンワン言うてるの、あんただけやで!」と…。

そりゃ、そうです。まわりはみんな人間ですから

コメント

【夏のおでかけ】自由研究にピッタリ!大阪くらしの今昔館

2018-08-13 | 夏のおでかけ

連休2日目、プールは人が多そうだし、工場見学も予約がいっぱいだし、屋外は猛暑だし、どこに行こうということで、次女が以前から行きたいと言っていた「大阪市立住まいのミュージアム  大阪くらしの今昔館」に行ってきました。

「大阪くらしの今昔館」は、Osaka Metro(地下鉄)谷町線・堺筋線、阪急電鉄「天神橋筋六丁目」駅を降りて、3番出口直結なので、迷わずに行けます。

地下から建物の中に入り、エレベーターで8階に上がると、今昔館の入り口です。

お盆はガラガラだろうと思っていたら、とんでもない!  15時半に着くと、チケットを買うのに行列ができていました。

海外から訪れる観光客や、連休で他府県から来られる家族連れの観光スポットになっていたのですね。

チケットの列に並んでいると、係の人に聞かれました。

「How Many People?」

……、自分ではコテコテの日本人顔のつもりですが、奈良や京都でも外国人観光客とよく間違えられます。きっと神秘的な顔なのだろうと自分に言い聞かせ、思わず答えました。

「Two People」

 

行列はスイスイ進み、5分も並ばず、チケットを手にできました。

館内で写真撮影はできますが、リュックは展示物に当たりやすいということで、ロッカーに預けます(両替機がないので、100円玉を持っておくとスムーズです)

入り口を抜けて、長い長いエスカレーターで10階の展望フロアに到着。

10階からは、江戸時代の大坂の街を見下ろすことができます。人間国宝・桂米朝さんの語りを聞きながら、いよいよ9階「なにわの町屋の歳時記」へ。

夕暮れの江戸の町にタイムスリップしたような不思議な感覚。天保初年の大坂の街が実物大で再現されています。

通りの両側には、建具屋や風呂屋、小間物屋、唐物屋、人形屋、呉服屋、本屋、薬屋などが並び、ただ展示物が置かれているだけではなく、かんざしなどのお土産を売る店員さんたちの声が飛び交い、活気にあふれています。

着物姿の人が多いと思ったら、9階の中央にある「着物コーナー」では、一人500円で着物を着つけるサービスがありました。外国人観光客に大人気で、残念ながら閉館時間までチケットはSOLD  OUT。

 

くねくねと迷路のような路地を歩くと、民家の中に入っていきます。

台所ではかまど(おくどさん)があったり、家の外に井戸があったりと、映画やアニメで見たような江戸時代の家具や調理器をすぐ目の前で見ることができます。

8階に降りると、そこは「モダン大阪パノラマ遊覧」。明治・大正・昭和の近代大阪の街が、ミニチュア模型で再現されています。

昭和初期、ファッションの最先端をいくお洒落な街並みを再現した、心斎橋筋商店街。

大正時代に描かれた絵巻をもとに再現された天神祭の船渡御。天神祭は花火が有名ですが、今の時代も船渡御は引き継がれています。

明治45年に開業した新世界のシンボルタワー通天閣と、遊園地ルナ・パーク。フェスティバルゲートは何度か遊びに行きましたが、ルナ・パークは初めて知りました。

大阪市城東区の古市中団地。当時は新しいライフスタイルの住宅として注目を浴びていたそうです。

特に懐かしかったのは、昭和のテレビ。幼い頃は、中に視聴率を図る機械が入っているのかと思っていました。妹とチャンネル争いをして、チャンネルを引き抜いて隠したのは、今振り返ってもおぞましい想い出…。

もうひとつ懐かしかったのが、昭和30年代から40年代に小学校で使用されていた机と椅子。

途中からツルツルの椅子になりましたが、一部の教室では木を組み合わせたイスが残っていたような(年齢がバレるので、これくらいにしておきます)。

 

日本らしい、大阪らしいお土産も、お手頃価格で並んでいました。

懐かしくて、ほっこりできる「くらしの今昔館」。昭和に想いをはせたい私のような中高年にピッタリ。「夏休みの自由研究、何しよう…」という小学生をお持ちのパパ・ママにもおすすめです。

 

帰りは日本一長いと言われる天神橋筋商店街をテクテクテクテク……、Osaka Metro(地下鉄)「南森町駅」まで30分ほど歩いて、電車に乗り、家路に着きました。

 

「大阪くらしの今昔館」の公式サイトはこちらです。

http://konjyakukan.com/

コメント

【創作日記】急がば、手書き。

2018-08-12 | 創作日記

いよいよお盆の連休が始まりましたね。

1日目は、高校2年生になる三女とモーニングに行って、本屋に寄って、カラオケで歌いまくって…と楽しみにしていたのに、あっさりフラれてしまいました。

普段は仕事でなかなかゆっくりできないので、2人だけの時間を大切にしたいなぁと思うのですが…、お年頃になると難しいですね。

一人寂しく、「カフェ・ベローチェ」へ。カフェはほかにもスタバやタリーズコーヒー、サンマルク、コメダ珈琲、ドトールなどをよく利用しますが、一番のお気に入りは「カフェ・ベローチェ」です。

モーニングのカイザーサンドは焼きたてのパンが外はサクサク、中はモチッと美味しくて、しあわせな気分にしてくれます。流れている音楽もボサノバが心地よくて、冷房も寒すぎず暑すぎず、ベストな室温。

コンセント席もあって、Wi-Fiも無料。2階の席だと店員さんがあまり来ないので、ゆっくり寛げます。

2階の窓ぎわ、目の前に景色が広がるテーブル席に着きました。テーブルには横一列に6席あり、ほかの方たちは全員パソコンのキーボードをカチャカチャ叩いています。

 

そんななか、おもむろにリュックからノートを5冊出し、手書きで思いついたコピーやフレーズを書いていきます。

正直、横の人に「マジで手書き⁈」と思われていないかと、ヒヤヒヤします。

「顔見たろ、わっ、おばはんやん」「こんな時代に手書きかよ」「昭和か」「化石か」「寺子屋か」と思われていないだろうかと……。

でも、ここは開き直ります。「知らない人だし」「この先の人生でも関わらないし」

 

それほど手書きには恥じらいを感じる時代になりましたが、それでも手書きにこだわる理由。

それは「考え方がまとまる」からです。


モヤモヤしていた言葉をノートに書き出すと、自分が何を考えていたのかが自然と浮き彫りになります。

気に入ったフレーズは紙に書くことで、文体のリズムを感覚として体の中に取り込めます。

表など一覧にすることによって、アイディアの比較がしやすくなります。

重複して考えていた部分は整理され、絞りこまれていきます。

そして、手書きの何よりの効果は、「記憶に強く残る」ということです。

 

コピーに使えそうな言葉をたくさん溜めて、いつも持ち歩いているかと言えば、そうではありません。

常に見るかと言えば、締め切りがあまりにタイトで、ノートを広げる余裕すらないことがほとんど。

それでも手書きでコツコツ書いた言葉は、自分の深い部分に、すーっと落ちていく気がします。

 

そうして、急ぎでコピーを出さないといけないとき、瞬発力が必要なときにパッと浮かんでくるのは、手書きで自分の中に入れた言葉たちです。

 

もちろん、普段はパソコンやスマホで文章を書くことのほうが圧倒的に多いのですが、お盆やG W、年末年始などのまとまった休みがあると、ノートを新しく作り直して、言葉の在庫一掃処分、棚卸しをします。

 

「出番のなかったコピーだけど、案外力強いなぁ」「シンプルな言葉だけど、素直でスッと入ってくるなぁ」「この業種では使わなかったけど、ほかの業種で使えそうだなぁ」などなど、色々な発見があります。

 

ノートには、業種ごとに使えそうなコピー、コンテンツ案、タイトル名、インタビューの質問項目、オリジナルのリード文、ネーミングなどを書き溜めていきます。

並行して、言葉の素材となるフレーズ、熟語、カタカナ、動詞、形容詞、オノマトペも書き出します。

同時にふっと浮かんだ宣伝会議賞用のコピーも、専用のノートに書きつけていきます。

 

以前はこうした作業も「ムダかなぁ」「いざというときに使えるかなぁ」「ノートは重いしなぁ」「ペーパーレスのほうがカッコイイのになぁ」「時代と逆行してるよなぁ」と半信半疑でした。

 

でも、以前より書くスピードが早くなり、短時間で高クオリティーのコピーを提案して、一定の評価をいただくようになった今では断言できます。

 

「手書きで書いた文字は、血となり、肉となる」

 

コピーが上達するのに、近道はないので「急がば手書き」、文章を書く基礎体力を付けたければ、手書きがおすすめです。

 

P.S.本日2軒目のカフェはモスバーガー。

期間限定の「ナンタコス」をいただきます。

ん!去年より生地がモッチモチになってる!

これはもはや、ファーストフードの域を超えています!

旨味たっぷりのひき肉がベースになったタコスミートに、レタス、トマトなど新鮮な野菜のみずみずしさ。濃厚なチーズのパウダーがかかったトルティーヤチップスも、サクサクして楽しい食感。


これはジュースと一緒にいただいては申し訳ない。

モルツビールと一緒にいただきました。

コメント

【今、読むべき一冊】「転職の思考法」

2018-08-08 | ライターの本棚

久しぶりに価値観をぶっ壊してくれる本に出会いました。

「このまま今の会社にいていいのか?  と一度でも思ったら読む  転職の思考法」 

これ、近いうちに絶対ドラマ化されると思います。

ひと昔前、話題になった「夢をかなえるゾウ」と同じくらい、一大旋風を巻き起こす予感がします。あ、それ以上かも。

それほど面白くて、核になる言葉が心の中に、ストンストンストンと落ちていった一冊です。

タイトルからして、自己啓発本かと思っていました。

その手の本はたいてい、目次だけを読めば十分。あとは膨らませているだけなので、お金を払ってまでは読みません。


この本も立ち読みで済ませよう…と思っていたのに、物語形式で進んでいくではないですか!

グイグイ引き込まれて、思わずそのままレジに並んでしまいました。

主人公は、新卒で入社した会社で10年間、印刷機器の法人営業をしている青野。ウソがつけない真面目でお人好しなタイプ。

その彼が転職について悩んでいたとき、謎の経営コンサルタント黒岩から、転職の思考法を学んでいくストーリー。 


先ほど「面白くて」と書きましたが、実際に読んでいる最中は、「怖いよ~、怖いよ~、恐ろしいよ~」と震えながら読んでいました。

何が怖いって、上司の裏切り、転職エージェントの実態、部長の陰謀、組織の実態…。思い当たることが多々あるだけに、怖いのです。

物語としてハラハラする展開というだけでなく、今まで知らずに生きてきたことの怖さ、危うさを思い知ることになります。

 

この本を多くの人が読むと、どうなるのでしょう

きっと仕事に対する価値観が変わり、転職に対する考え方が大きく変化し、もっと生き心地のいい世の中になる気がします。


著者は最後に書いています。

「転職は善」なのだと。

「すべての働く人が『いつでも転職できる』という交渉のカードを持てたとしたら、この国は変わると本気で信じています」と。


私自身は、求人広告のコピーライターとして取材をするなかで、転職して幸せになっている人を数多く見てきました。

そして日々、仕事を探している人の背中を押すコピーやインタビュー記事を書いています。

 

ところが自分のこととなると、あまりにも臆病で、迷ったり悩んだり落ち込んだりの連続。

そんなモヤモヤしたものをサーッと晴らしてくれたのがこの一冊です。


「やりたいことが見つからない」という人にも、目からウロコの答えが書いてあるので、その部分だけ読んでも、勇気が湧いてくるはず。


気持ちが晴れて、前を向いて歩きたくなる一冊。

転職を考えている人にも、就職活動をしている人にも、おすすめです。


コメント

【夏のおでかけ】ふれあい祭り

2018-08-05 | 夏のおでかけ

次女が近所の小学校で開催されている「ふれあい祭り」に出かけたいというので行ってきました。

長女も次女も三女も、そして私も、なんと私の父も通っていた、140年以上の歴史がある小学校です。

当時からずっと受け継がれてきた「ふれあい祭り」。私もPTAや町内会の役員をしていたときは、何度か模擬店のお手伝いをしました。長女は中学の吹奏楽部でホルンを吹いていたので、真夏の14時、炎天下で演奏したこともあります。

お昼から露店が出ているので、次女に何度も「何時行く?  何時行く?」と聞かれましたが、とにかく暑い!!

朝から自転車で買い物に出かけても、アスファルトの熱でタイヤが溶けるのでは?と思うほど。地面からモウモウと湯気が出ていそうな暑さです。すっかり陽が落ちてから出かけました。

 

盆踊りもクライマックスです。

出店で揚げ餃子だけ食べると、満足したのか、ジャングルジムに登りに行った次女。

 

お、昔とジャングルジムの形が変わっています!  昔は上が平らで、歩けるようになっていました。

その上から次女がどこで見つけてきたのか、レンガを落とし、えらい怒られたことがあります。

いやなことを思い出し、早く降りてきてくれればいいのに、なかなか降りてきません……。

やっと降りてきて、次に向かったのは「なかよし」の教室。発達障がいのある子どもたちの教室です。次女は自閉症なので、小学校6年間、この教室でお世話になりました。

低学年のときは、しょっちゅう教室を抜け出し、一人でプールサイドに行ったり、好きな男の子の教室に行ったり、校長室で校長先生にアルバムを見せてもらったりしていました。

高学年になると、なかよしの担任の先生が視覚支援をしっかりしてくださったおかげで、教室を抜け出すことはなくなりました。多分…。

 

しばらく経って、花火が始まりました。

 

「ふれあい祭り」の花火は何が凄いかと言うと、すぐ目の前で火を付けていることです。一般的な花火は川の対岸や、少し離れた空き地で上げていますが、ふれあい祭りの場合は10メートルほどの目前で点火している様子を見ることができます。

10人ほどの花火師さんたちが、セットされている花火の間をひょいひょい歩きながら火を付けていく様子は、さすがプロだなと驚かされます。

昔は音が鳴った瞬間、学校の外まで逃げて行っていた次女も19歳になった今は、全然平気です。

夜空に打ち上がる花火をずっと楽しんでいました。

 

いくつまで一緒に見に来れるかな。ずっと一緒に見に来れるといいなぁ。


コメント

【今、読むべき一冊】これからのSEO Webライティング本格講座

2018-08-04 | ライターの本棚

「SEO(エスイーオー)って最近よく聞くけど、何のこと?」という方にも、「SEOの本はさんざん読み漁ってきたよ」という方にもおすすめしたいのがこの一冊、「最新のGoogle対策!  これからのSEO  Webライティング本格講座」です。

書店には頻繁に足を運び、SEOの本をチェックしては「真新しい情報はそれほどないなぁ。2016年から変わっていないなぁ」というのが正直な感想でした。

ところが、この本は違います。タイトルにもあるように、SEOの今どころか「これから」が書かれています。

帯にあるのは、「ユーザーに響く書き方、Googleに効く書き方、どちらも絶対に外せません!」というコメント。

これです、これです。インタビュー記事や代表取締役メッセージ、広告コピー、採用コンテンツ、ランディングページの文章を書くうえで、日々悩み、もがき、試行錯誤していることの答えがここにありました。

これからWebライティングの主流はどのように移行していくのか、「ユーザー」にも「ロボット」にもわかりやすく伝えるにはどのような技術が必要なのかを分析し、詳細に書かれています。

そうです、技術です。今ライターに必要なのは、最新の技術。「昔はこうだった」というライターは取り残される時代。知っておくべきプロのノウハウが散りばめられたこの本はまさに「最新技術のマニュアル」のようです。

「なるほど、こうすればロボットに理解されやすくなるのか」「検索するユーザー側の目線に立つには、この点を意識すればいいのか」と深く頷くだけでなく、「この書き方、当たり前にしていたけれど、概要文では途中で切られてしまうのか」と、ヒヤッとさせられる内容も。

SEOの知識や技術を知らずにWEBの文章を書くのは、何も書かないに等しいかもしれない」と思えたほど、知っておきたい情報が網羅されています。

さらに各コンテンツでは、「文字数・文字密度を設計する」「キーワードの間隔を調整する」といったSEOならではのテクニックはもちろん、「言葉の順序を整理する」「読点・句点の使い方ルール」「代名詞は多用しない」など、文章力がグッと上達する技術に関しても詳しく書かれています。

プロのライターだけでなく、「趣味でブログを書いているけれど、もっとアクセス数を増やしたい」「検索上位に掲載されたい」「Facebookで簡潔な文章を書くスキルを磨きたい」という方にもおすすめです。

ちなみに私もこの本に書かれたことを実践中です。2005年から始めたブログをテコ入れした結果、アクセス数が5倍以上に増えました。予想以上に早く結果が出る一冊です。

コメント