サイババが帰って来るよ

Count down to the Golden age

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

0.2%の神さんって誰?

2016-03-08 00:00:11 | 日記
苦悩の原因を調べれば、すべて無知から来ていることに気づくでしょう。
それでは、無知の原因は何でしょう。
無知の原因はエゴです。エゴとは何でしょう。
それは執着です。
それでは、執着とは何でしょうか。
執着とは肉体意識です。
このように苦しみは、人が自分を肉体と同一視する肉体意識が原因なのです。
一方で、人が自分で感覚をコントロール出来ているとき、肉体的にも精神的にも幸福でいることが出来ます。
苦しみは、祈ることと、霊性の道を歩むことによってのみ取り除くことが出来ます。
あなたが、自分の感覚の赴くままに行動するならば、感覚は日ごとに強くなり、最終的にあなたは感覚の奴隷となり人間とは呼ばれなくなります。STPS2p32

ポニョ:昨日の神さんの娘の話は良かったやろ。

ヨシオ:特にまだババのダルシャンにも行った事が無い娘さんでも、ババの教え通りに生きていたらババが自らの娘のように面倒見てくれているところが良かったな。

ポニョ:それにアシュラムやその近辺に住んでババのダルシャンに毎日出ている人が、その娘さんが一回もダルシャンに出た事が無いのに、これだけババを近くに感じながら生きているのが分かって感激してたぜよ。

ヨシオ:ババは霊的にババに近づけば近づくほど、肉体的には遠くなっていくようにされるんや。

あなたが、内にいるグルに近づけば近づく程、外にいるグルから距離的に遠くなって行くでしょう。
私が霊的に近づくとき、私は肉体的にはあなたと非常に距離を置くでしょう。
なぜならあなたは、真の性質(本質)を認知したからです。
そのために私は来たのです。
私の主な任務とは、あなたの内なるグルを目覚めさせることです。
内なるグルは外にはいません。
外にいるグルが、あなたの霊的道を歩み始めるのを助けますが、その外にいるグルが内なるグルに導くのです。ラニマーとの会話

ポニョ:という事は、ババのお側に仕えて毎日、言葉を交わしている人が、ババに一番近いのではなく、世界の反対側にいて、ババから肉体的には遠いところにいてる人の方が、ババの近くにいるってことなんやろか?

ヨシオ:以前記事にしたメッシングさんの事を覚えてるか?メッシングさんはババの近くにいる帰依者に向かって、君たちはまだこの方の事を理解していないな。この方は君たちが思っているようなグルではないんだ。この方は神様、そのものなんだよ。と言っても君たちにはまだ理解出来ないだろうなっていうような事を言ってたやろ。

ポニョ:そんなふうな事を言ってたよな。それでメッシングさんはロシアに住んでいるんだけれど、霊体になってババの部屋に直接現れることが出来たもんな。それってヨギの幽体離脱の術やぜよ。

ヨシオ:ヨギの術って、ナルトの世界じゃないっちゅうに。ババのお母さんも亡くなってから、霊体になってババの部屋によく出入りされていたな。

ポニョ:そうそう。ババにのお側でお世話をされていた人たちがあれは誰やろう?って不思議に思ってババのお母さんを見ていたようやね。だってババの二階の部屋に行くには学生たちが警護している階段を上っていかなければならないのに、お母さんは直接、ババの部屋に現れてローブの下に巻いている腰巻の紐が良くないから、金色の紐に変えなさいとかババに言ってられたんやろ。霊体になっても、肉体を取っているババと話が出来るってすごいよな。おいらも、肉体が死んでもこんなふうにこの世に戻って来て、鯉君たち元気ですか?アクアポニックスのオクラは育っているかな?なんて言って戻って来れるんやろか?

ヨシオ:ポニョが戻って来たら不気味やろな。出来れば遠慮してもらえますか?

ヨシオ:このように、人は一旦自分は肉体ではないという事を悟り、自由に霊体を操ることが出来れば、メッシングさんのようにババの部屋に霊体だけで入って行けたり出来るんや。

ポニョ:この世の全てのゴタゴタは自分が肉体だと思っている限り、自分に引っ付いてくるもんな。


ヨシオ:自分は肉体ではなく、霊体でもなく、その中に鎮座しているアートマだという事をグルが導いてくれるんや。それがグルの本当の仕事なんや。

あなたを身体と同一視することは大きな誤りです。身体への執着を放棄し、アートマの意識を育みなさい。そのときにのみ、あなたは自分の真の姿、すなわちアートマを理解し体験するでしょう。そうでなければ、胃痛や頭痛などの実にささいな身体の不調でさえもが、あなたを不安に落し入れるでしょう。身体の病は過ぎゆく雲のようなものです。あなたが肉体意識に惑わされている限り、あなたはその意識に影響されるでしょう。いったん身体への執着を放棄すれば、あなたはもはや身体やその限界に縛られることがありません。
瞑想して座っているとき、あなたは身体を忘れます。瞑想とは、身体への執着を放棄しアートマの意識を育むことを意味します。すべての人は、自分自身のことを言い表すときにアートマの原理である「私」という言葉を用います。それゆえ、あなたは身体に結びついているのではありません。身体は単なる道具です。「私」があなたの真の自己です。あなたは、「私」と何度も繰り返すかもしれませんが、それでもなお、「私」は単数のままです。そのような一体性の原理が、すべてのものの中に存在します。それは、あなたにとっても私にとっても同じことです。何の違いもありません。
あなたが、身体への執着を手放さないなら、あなたが受けるすべての教育は虚しいものとなるでしょう。自分は身体ではない、ということを理解しなさい。あなたは「私」です。この真理を決して忘れてはなりません。肉体としての姿は移ろいゆくものなのです。5/10/03

ポニョ:インドにいるババはおいら達の外側にいるグルやけれど、そのババの本を読んだり、ババからインタビューとかダルシャンで導いてもらって、ババが実は自分の中にいることが分かれば、別にインドまで行ったりしなくてもええって事なんや。

ヨシオ:自分の中にいるグルが、本当の自分に導いてくれるようになれば、その人は霊的に独り立ちして歩いていけるんや。それまでヨチヨチ歩きの霊的初心者やから、外側にいるババに悪い方向や間違った方向に行かないように、体を支えてもらいながら歩んでいかなければいけないんや。

皆さんは、あらゆるものを神と見なし、あなたの行う一つひとつの些細な行為をも神と見なすべきです。
これこそがバクティ(帰依)の道です。
あなたが、まだ霊的な道の初心者に過ぎない初期の段階においては、神の象徴として、神像や絵や写 真を使っても良いでしょう。
しかし皆さんは、徐々にその状態を超越するよう努めるべきです。
あなたは、写真を神として崇めることができます。
しかし、神を写真として崇めてはいけません。
神の無限の姿を、あなたの小さな写真の中にのみ限定してはなりません。
あなたは自分が帰依を始めたときの初歩の段階から、より高い段階へと成長しようと努力すべきです。
  最初の段階は花のつぼみのようなものです。
それは一般 的によく見られる初歩的な段階であり、サハジャ=バクティと呼ばれています。
それよりも高い段階は花にたとえることができ、ヴィセーシャ=バクティと呼ばれます。そしてそれよりもさらに高度の、美徳を通 じて礼拝を行なう、果実にたとえるべき段階があります。
これがパラバクティです。
花芽がなければ花はなく、花がなければ果実もない。
したがってその三つのものは帰依の道における 自然な段階であり、順々に熟していくものである。KSH

ポニョ:おいらもまだヨチヨチ段階やろな。それはそうと、霊的な段階って幾つぐらいあるんやろうか?

ヨシオ:霊的な段階は四つあって俺が見たところ、ポニョは三段階から四段階に移行中ってとこやろな。

ポニョ:なに~!おいらがもう四段階まで来てるんちゃ?

4つの霊的段階があります。
その一つ一つのステージで神は人を援助します。
一つ目は困難に遭遇している段階で、二つ目は、富を追い求めている段階。
三つ目は真理を探究している段階で、4つ目は英知を得た段階です。
そして、4つ目を超えると超意識というステージに入ることが出来ます。
そこは神性意識で満たされたところで神のみが存在するところです。CWSSBp24

ヨシオ:ポニョは自分の事を過小評価してるんや。もっと自分に自信を持った方がええな。グロ襟の事をもう少し大きな目で見たら、もう一つ上の段階まで登れるんやけどな。

ポニョ:あのグロ襟を自分の息子のように見ろって言いたいんやろ。それはお断りでヤンス。

ヨシオ:それが出来なかったら、こういうふうに見ればええんや。全ての生きとし生けるものは自らの中に光輝くアートマを持っているんや。そしてそのアートマが全ての生き物に生命力を与えているんや。そのアートマの光は純粋な愛そのもので、全ての生き物の本質、つまりアートマが無ければ存在しないんや。でも人はエゴを持っていたり、欲望や執着心を持っているので、そのアートマの愛の光が邪魔されて出て来ないんや。ある人は90%、ある人は50%しか愛がその人の行為に現れないんや。ポニョの友達もたった、20%ぐらいしかアートマの愛が出て来てないので、人を平気で傷つけるんや。でも、その人達も少なくとも、自分を愛しているやろ。それもアートマの光がその人たちの内にあるっていう証拠なんや。

ポニョ:20%もあるって思えませんが。0.2%やったら話が分かるぜよ。

絶対的善は存在しますが、絶対的悪は存在しません。
悪は変化するものであり、善の一つの側面を歪曲したものが悪なのです。
しかし、普通、肉体意識にとらわれている人は、善と悪を一つと見なすことは出来ません。
自分自身と他の人のうちに存在する神性意識を知った時に、私たちはじめて善と悪を同一視する事が出来るのです。
善のみが真実であり、目に見えるものがたとえ歪んでいても、本質的にはすべてが善であるという真理を、不断の態度としてあなたが培えば、非常な力を得ることができるでしょう。
~全ての人は良い人なのですが、悪い行動が伴っているのです。
作用と反作用の法則です。
それゆえ、邪悪な事件の被害者に関していえば、すべては何の例外もなく起こるべくして起こるのです。CWSSBJp139