goo

★スクープ! 藤岡信勝は肩書を詐称している

参院選が近づいてきました。1週間前まで「新しい歴史教科書をつくる会」理事だった岡野俊昭氏(前千葉県銚子市長)が日本創新党から比例代表で出馬します。岡野俊昭氏は市立総合病院を「必ず残します」と約束して市長になったにもかかわらず診療を休止して、公約違反だとリコールされ、出直し市長選で落選しました。参考サイト←クリック (岡野氏は日本教育再生機構機関誌に登場したこともありますが、再生機構も相変わらず人にだまされてますね)
 
また、大阪選挙区から出馬する浜野夕希子(濱野夕希子、浜野ゆきこ)氏は「新しい歴史教科書をつくる会」理事の濱野晃吉氏の娘です。そんなわけで、「つくる会」の一部会員は参院選で日本創新党を支援するそうです。
 
岡野氏や浜野氏の擁立が発表された13日の日本創新党の記者会見には「新しい歴史教科書をつくる会」事務局長・鈴木尚之氏の姿もあったそうです。その件については下記に興味深い情報があります。
 二階堂ドットコム(5月15日)←クリック
 二階堂ドットコム(5月18日)←クリック
 
「つくる会」の皆さん。政治にかかわるなら、嘘も証拠隠滅もない正直な政治を実現してくださいね。

----------------------------------------
前置きが長くなりました。
 
「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝会長が、拓殖大学を退職しているにもかかわらず、1年余りにわたって「拓殖大学教授」と肩書を詐称し続けていることがプロジェクトJ特別捜査本部の調べで分かりました。子供たちに配られている自由社版教科書の著作者欄にも詐称した肩書が掲載されています。
 
読者の皆さんは「えっ? 藤岡先生は拓殖大学日本文化研究所教授でしょ?」「きょう(5月24日)の産経新聞にも『拓殖大教授』で登場してるぞ」と思うかもしれません。
 
拓大のホームページ←クリックで教員検索してみてください。

拓殖大学によると、藤岡信勝氏は65歳だった昨年(平成21年)3月で拓殖大学を退職し、その後は非常勤の客員教授でしかありません。ところが、藤岡氏は昨年4月以降ずっと「拓殖大学教授」と肩書を詐称して仕事をし続けています。ちょっと検索しただけでも、
 ・『WiLL別冊 歴史通』平成21年7月号
 ・『正論』平成21年8月号
 ・『WiLL』平成21年8月号
 ・『正論』平成21年10月号
 ・『WiLL別冊 歴史通』平成21年10月号
 ・『WiLL』平成21年12月号
 ・『産経新聞』平成21年7月8日付
 ・『産経新聞』平成21年10月24日付
 ・『産経新聞』平成22年2月1日付
 ・『産経新聞』平成22年5月24日付

などなど、です。1回くらいならミスで済まされますが、これだけ続くと確信犯です。
 
チャンネル桜も「拓殖大学教授」で出ています。

一番最近は15日放送のこれ←クリック。30日の講演会のチラシ←クリックも「拓殖大学教授」。
 
「つくる会」ホームページの役員紹介欄も「拓殖大学教授」「現在、拓殖大学教授」。
証拠隠滅される前に保存しました。←クリック
 
最も悪質なのが、文部科学省の検定に合格し税金で購入されている自由社版の中学校歴史教科書に、詐称した肩書を掲載させていることです。

自由社版の検定合格は平成21年4月3日
市販本の発売日は平成21年5月30日
供給本の発行日は平成22年2月1日
 
すべて拓殖大学を退職した後の日付です。しかし「拓殖大学教授」となっています。横浜市などの教科書採択は、代表執筆者が肩書を詐称した見本本を基に行われたことになります。
 
これらの事実について拓殖大学の担当者は「気付きませんでした…。藤岡先生は退職して昨年度から非常勤の客員教授です。客員教授が教授を名乗ることはあり得ません」と困惑。「調べてみます」と調査の意向を示しました。
 
藤岡信勝元教授は「自分は詐称していない。編集者やディレクターのせいだ」「直せと言ったのに、どいつもこいつも直さなかったんだ」と言い張るつもりでしょうか? それとも、慰安婦や集団自決の「広義の強制」みたいに、客員教授は「広義の教授」だと…。客員の契約が切れたときに「このたび拓殖大学を退職しました」とあいさつするつもりだったのでしょうか。
 
「嘘八百」と言います。一度嘘をつくと、それを取り繕うために800回嘘をつかなければなりません。このまま隠し通して、「藤岡先生、拓大の定年は何歳ですか?」と聞かれたら何と答えるつもりですか? だから私たちが嘘から解放してあげました。
 
肩書詐称は研究者として致命的な不祥事です。論壇からも運動からも潔く去ることをお勧めします。
トラックバック ( 0 )

★おい、韓国文化放送!勝手にこのブログを映すな


日本書籍新社撤退のスクープ←クリックを1か月以上たってから産経新聞が「関係者の話で分かった」と後追い報道←クリックしたかと思ったら、今度は韓国文化放送(MBC)のテレビニュース←クリックが当ブログを映し出しました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
キャスター
日本の教科書の歴史歪曲がますます激しくなっています。
日本右翼陣営内の鮮明性競争のためです。
東京から朴チャンホ特派員がお伝えします。

■朴チャンホ
右翼系列出版社自由社の中学校歴史教科書の173ページに伊藤博文が安重根に「暗殺された」と書かれていますが、昨年、日本政府の検定を通過したときには「射殺」という表現でした。
比較的中立的な用語である「射殺」を、出版を控えて訂正申請して「暗殺」に変えてしまったのです。
同じような手続きで変わった内容はもっとあります。
「太平洋戦争」は東アジアの共同繁栄のために戦ったという意味の「大東亜戦争」になりました。いわゆる神風特攻隊の自殺攻撃は単に「攻撃」に変わりました。
教科書の修正は、ある右翼団体が自由社の教科書を日和見主義的として非難を浴びせる中でなされました。
自由社教科書を攻撃したこの団体は、他の右翼系列出版社の育鵬社を支援しています。
もともと右翼系列出版社元祖格の扶桑社で同じ釜の飯を食べた彼らは、路線闘争を経て今は自由社と育鵬社に分かれました。
育鵬社側がより極右的で攻撃的なのに、一部の人々は自由社が歴史教科書に三・一独立運動を記述したのも問題視しています。
こうした鮮明性競争の中で、日本の中学校右翼系列歴史教科書の採択率は毎年高まっています。
 
■石山久男(歴史教育者協議会)「(教育委員らが可能ならば)従軍慰安婦とか、強制連行とか、まあそういうことについて、あまり書いてない教科書のほうを採用しようと…」
 
■朴チャンホ
特に育鵬社は強大なメディア資本の支援まで受けています。
右翼系列ではなくとも、中学校歴史教科書を申請した出版社7社中、慰安婦問題を言及してきたところは1社だけで、それも教科書本文でなく脚注に書かれています。
東京からMBCニュース朴チャンホがお伝えしました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
親北朝鮮の全国言論労働組合組合員の朴チャンホさん。
 
「強大なメディア資本」ってフジサンケイグループのことでしょ。韓国文化放送の東京支局はフジテレビの18階にありますね。あなたはそこで毎日海を眺めながら仕事をしてるじゃないですか。フジサンケイグループが気に入らないなら、そこを出て新しい事務所を探してください。
 
「ある右翼団体が自由社の教科書を日和見主義的として非難」「自由社教科書を攻撃したこの団体は、他の右翼系列出版社の育鵬社を支援」って言ってますが、このブログは「教科書改善の会」とは関係ありません。訂正してください。
 
韓国メディアの皆さんは、馬鹿の一つ覚えみたいに「右翼教科書が2つできた」と報道してますが、違います。自由社は親韓国です。このブログでバラされて微修正しただけです。
 
自由社の創業者・石原萠記さんは在日韓国大使館の広報誌を出していたほどの親韓派。社長の加瀬英明さんも韓国人女性を雇って日韓親善に努めてきました。加瀬さんの『韓国人はなぜ日本人が大嫌いか-友好的環境づくり7の提言』っていう本、なかなか面白いですよ。役員の植田剛彦さんは韓国大使館とも民団とも親密です。
 
ナムサンだかアンギブだか国情院だか知りませんが、南麻布にいる工作員に聞けば分かりますよ。
 
俵義文さんとばっかり連絡を取ってないで、たまにはこっちにもメールしてきなさいよ。全部教えてあげますから。
 
プロジェクトJ project-justice@mail.goo.ne.jp
トラックバック ( 0 )