goo

★スクープ! 東京都教委の教科書採択資料はデタラメだ

【追記】「つくる会」に呼応して扶桑社版の採択無効を叫んでいる増田都子さんたち左翼の皆さん。このエントリーは東京都教委の調査研究資料の在り方について問題提起しているのであって、平成17年度と今年度の採択結果の変更を求めるものではありません。また、ここに掲載されている調査結果の盗用を禁じます。
…………………………………………………………………………………………………………………………
東京都教育委員会は先月14日、都立の中高一貫校と特別支援学校で扶桑社の歴史教科書を継続採択(新設4校は新規採択)しましたが、「新しい歴史教科書をつくる会」の一部の人たちは自由社版が採択されると固く信じていました。
 
なぜかと言うと、都教委事務局が採択審議の参考に作った「調査研究資料」を見て、自由社版の評価が高いと思ったからです。調査研究資料は以下の6つの項目で各社が取り上げている個所数をカウントしています(赤字は1位)。
 
▼歴史上の人物を取り上げている個所数
東京書籍254 教育出版283 清水書院244 帝国書院228 日本文教出版(旧大阪書籍)208 
日本文教出版236 扶桑社447 日本書籍新社294 自由社488 
▼現在に伝わる文化遺産を取り上げている個所数
東京書籍423 教育出版344 清水書院320 帝国書院392 日本文教出版(旧大阪書籍)294 
日本文教出版346 扶桑社484 日本書籍新社372 自由社594
▼国際関係・文化交流を取り上げている個所数
東京書籍 73 教育出版 83 清水書院 86 帝国書院139 日本文教出版(旧大阪書籍) 95 
日本文教出版 91 扶桑社116 日本書籍新社190 自由社114
▼他民族の文化・生活等を取り上げている個所数
東京書籍 54 教育出版 78 清水書院 96 帝国書院 57 日本文教出版(旧大阪書籍) 81 
日本文教出版 37 扶桑社 40 日本書籍新社 53 自由社 40
▼東京に関する歴史的事象(身近な地域の歴史)を取り上げている個所数
東京書籍 98 教育出版 90 清水書院 71 帝国書院107 日本文教出版(旧大阪書籍) 76 
日本文教出版115 扶桑社120 日本書籍新社 82 自由社140
▼人権に関する課題を取り上げている個所数
東京書籍 44 教育出版 39 清水書院 18 帝国書院 42 日本文教出版(旧大阪書籍) 43 
日本文教出版 22 扶桑社 29 日本書籍新社 58 自由社 24

 
数を数えているだけで、優劣を評価しているわけではありませんが、6項目中3項目で自由社が1位になっていて、扶桑社の1位はありません。
 
今回の中学校歴史教科書採択は、新規参入の自由社以外は現行版のままですから、都教委の調査研究資料は自由社版のものを新たに作った以外は前回の平成17年度のものと同じです。自由社はこの調査研究資料で優位に立てるよう、“後出しじゃんけん”で人物の数や東京に関係する記述を増やしていました。
 
「つくる会」のある会員は浮足立って、この調査研究資料をあちこちに送っていましたし、東京支部掲示板の目立たない場所には調査研究資料へのリンクが張られました。しかし、まさかの扶桑社版採択。「つくる会」のある幹部は周辺に「八木が裏から手を回したに違いない」と語ったそうです。
 
数を数えただけの調査研究資料を鵜呑みにせず、教科書をきちんと読み比べて扶桑社版を採択した教育委員に敬意を表します。
 
さてここからが本題です。教育委員の良識の一方で、都教委事務局が作った調査研究資料がとんでもないデタラメだということが判明しました。
 
都教委のホームページ←クリック で調査研究資料をご覧ください。
 
「別紙2―1」「歴史上の人物名とその業績」の「扶桑社」のページに扶桑社版に登場する人物の名前があります。

日本武尊、弟橘姫…ここでまず「えっ?」と思います。扶桑社版の初版本(平成12年度検定、13年度採択、14年度使用開始)には「日本武尊と弟橘姫」というコラムがありましたが、現行版(16年度検定、17年度採択、18年度使用開始)ではそのコラムはなくなりましたし、本文や側注などを探しても日本武尊や弟橘姫の名前はどこにも載っていません。
武田勝頼も載っていません。伊達政宗は「豊臣秀吉の天下統一地図」に小さく名前があるだけです。ナポレオンもありません。なのに調査研究資料では載っていることになっているのです。
 

安藤昌益、平田篤胤、津田左右吉、中江兆民、内村鑑三、幸徳秋水、片山潜、小林多喜二、市川房枝。扶桑社版に載っていない人物が、都教委の調査研究資料では載っていることになっています。
 
ポイントは、これらの人物はすべて初版本には載っているということです。まさか、調査研究資料は初版本を元にしているのではないか…。平成13年度版の調査研究資料を入手して今年度の調査研究資料(17年度作成)と比較しました。扶桑社の現行版は初版本から大幅に改訂されているのに、今年度の調査研究資料は13年度版から韓非子ら数人の名前を削っただけで、ほぼ同じでした。
 
つまり、4年前に調査研究資料を作った都教委の職員は、教科書を詳細に読むのが面倒だからと手抜きをして、13年度版の調査研究資料のエクセルデータをいじって作成したのです。そして適当な仕事の結果、載っていない人物を10人以上も載っていることにしてしまったのです。
 
もっとひどいのは、「別紙2―2」「我が国の文化遺産を示す事項一覧」です。

なんと平成13年度版と今年度版は一字一句同じです(念のため書きますが、17年度版と今年度版が同じなのは当然ですが、13年度版と17、21年度版が同じなのです)。すさまじいインチキです。「※事項は巻末の索引から抽出した」とありますが、刀剣、渡来文化、日本語、和歌、伊勢神宮、音仮名、平仮名、訓読み、片仮名、密教、宋銭、似絵、踊り念仏、軍記物、伊勢参り、大嘗祭、農書、町人文化、湯島聖堂、日光東照宮、大陰暦、元号の22語が、索引にないのにあることになっています。そして、この中には、索引だけでなく全く載っていないものも多くあります。
 
他社の分も似たり寄ったりのようです(詳細は都教委が調べてください)。
 
こんなデタラメな調査研究資料を元に、平成17年度と今年度の2回の採択が行われたのです(19年度に行われた立川国際中等教育学校、武蔵高付属中の採択も合わせれば3回)。
 
今年度の調査研究資料には自由社の分が加わっていますが、4年前にデタラメ職員が数えた8種類の教科書のデータと今年数えた自由社のデータを結合した調査研究資料に整合性など期待できません。
 
この調査研究資料は17年度も今年度も都内のすべての区市町村教委や国立中、私立中に送られて採択の参考にされたはずですが、誰もデタラメぶりに気付かなかったわけです。だったら、こんなものを作るのはやめたらどうでしょうか。
 
4年前にデタラメな仕事をした職員の氏名の公開、処分と経緯の公表を都教委に求めます。そして、記述の数を数えるだけの調査研究資料の在り方を根本的に見直すよう要求します。
 
連絡先 project-justice@mail.goo.ne.jp
トラックバック ( 0 )

★当ブログは「つくる会」とも「再生機構」とも一切無関係です

※この記事は産経デジタルのイザ!ブログに掲載されたもののアーカイブです。
前回エントリー
で、「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝会長が扶桑社版の採択成果を横取りして、自由社版と扶桑社版のシェアを足すのではないかと警告しました。「まさか勝利宣言の記者会見でもして、そんなことをしゃべるんじゃないでしょうね」と書いたら、本当に文部科学省の記者クラブで会見して話したそうです。
 
つくる会ホームページ←クリック には「『つくる会歴史教科書』が2万冊を突破!」とか「採択率は1.68パーセント」などと、合計した数字が宣伝されています(例のタイのガラクタの表紙←クリック いつまで使うのでしょうか)。↓

 
ちなみに教科書改善の会の見解はこちら←クリック です。
 
このように、このブログの「つくる会」内部情報が極めて正確であることから、「つくる会」や自由社とつながっているではないかと疑う人もいますが、当ブログは「つくる会」や自由社とは関係ありません。日本教育再生機構、教科書改善の会、扶桑社、育鵬社、産経新聞社、日本会議、安倍晋三元首相とも一切無関係です。
 
ここでお伝えしていることは、私たちプロジェクトJが集めた独自情報と読者の皆様からの情報提供を元にしています。内紛情報も教科書採択情報もそうしたルートで入手しているのです。
 
藤岡信勝会長は、ここに書かれていることを「つくる会」や自由社への誹謗中傷と言っているそうですが、どこが誹謗中傷なのでしょうか? 具体的に反論してください。もし間違っている部分があれば訂正させていただきます。
 
当ブログは以前から連絡先アドレスproject-justice@mail.goo.ne.jpを公開して反論をお待ちしていますが、毎日寄せられるのは情報提供ばかりです。引き続き反論をお待ちしています。
 
例えば、
・自由社版教科書が安重根を「韓国独立の志士」と称賛したり、秀吉の朝鮮出兵を「朝鮮侵略」と表記していることは嘘ですか?
・安重根を取り上げる一方で、扶桑社版にある阿倍仲麻呂、菅原道真、岡倉天心、乃木希典を削除したというのは嘘ですか?
・特攻隊を「自殺攻撃」と貶めているというのは嘘ですか?
・市販本の表紙が、インターネットで買ったタイのガラクタの写真だというのは嘘ですか?
・チャンネル桜で、教育出版が取り上げている姜が山川出版社の日本史広辞典に載っていないと言っているが、実は載っているというのは嘘ですか?

 
前回指摘した通り、横浜市教育委員会で当ブログの内容を発言した委員がいて、藤岡信勝会長は「正論」で「指摘は的確であり、脱帽せざるを得ない」と言っているのに、どうして元の資料が誹謗中傷なのですか?
 
藤岡信勝会長はこのブログの指摘について「松本謙一が悪い」「文部科学省に訂正申請する」と周囲に話しているのに、どうして誹謗中傷なのですか? ここで指摘した個所を訂正するなら必ずご連絡くださいと呼びかけました。引き続きお待ちしています。
 
あるブログによると、8月3日に開かれた「つくる会」東京支部の幹事会で、恐らくこのブログを指して「自由社を誹謗している人を訴えたらどうか」と言った人がいるそうです。どの部分が誹謗ですか? 訴える? 正気ですか? 言論には言論で答えてください。
 
産経デジタルにねじ込んでも無駄ですよ。規約に違反してませんから。仮にここが使えなくなっても他で問題提起するだけです。情報発信はやめません。ネット言論を弾圧できると思っているのは中国共産党とあなたたちくらいでしょう。
 
藤岡信勝会長は八木秀次さんに謀略文書を流されたと妄想して訴えた裁判の2審と、扶桑社に教科書を出すなと訴えた裁判の両方で全面敗訴しました。扶桑社を訴えた裁判は控訴を断念しましたが、八木さんを訴えた裁判は上告するのでしょうか。最高裁に上告するには憲法判断の誤りなどの理由がないとできないのですよ。「つくる会」の内部情報によると、2日夜の理事会で「もうやめたらどうですか」という意見が出たそうですね。少しは周囲の忠告に耳を傾けたらどうでしょうか。
 
良識派の教科書が2種類できるのかと思ったら、自由社版はプチ自虐教科書でした。「つくる会」一部首脳は教科書正常化運動の大同団結の障害になっています。大局的見地に立ち、教科書正常化運動の前進という「公」の利益のために、教科書発行から撤退することをお勧めします。
 
このブログには全国から膨大な情報が集まってきています。あまり絡んでくるようなら、それらの正確な情報を公表して、徹底的に言論で反撃します。
 
連絡先および情報提供先project-justice@mail.goo.ne.jp
  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
自由社版教科書記述検証連載
★安重根を取り上げ志士と称える自由社版教科書-扶桑社版からの改悪<上>
★自由社版教科書で菅原道真も乃木希典も消えた-扶桑社版からの改悪<中>
★特攻隊を「自殺攻撃」と貶める自由社版教科書-扶桑社版からの改悪<下>
★進化論から始まり部落史を詳述する自由社版教科書-扶桑社版からの改悪<4>
★自由社版 そんなに支那が 好きですか-扶桑社版からの改悪<5>
★スクープ!『日本人の歴史教科書』表紙はタイのガラクタ-扶桑社版からの改悪<6>
★「ポツダム宣言様ありがとう」の自由社版教科書-扶桑社版からの改悪<7>
★悪党のくせに(笑)悪党を書かない自由社版教科書-扶桑社版からの改悪<8>
★藤岡信勝会長、独禁法に違反してませんか?-扶桑社版からの改悪<9>
★乃木大将削除を開き直る「つくる会」理事-扶桑社版からの改悪<10>
★秀吉の朝鮮出兵を「侵略」と書く自由社版-扶桑社版からの改悪<11>
★自由社版「ラスコーの壁画」はニセ写真だ-扶桑社版からの改悪<12>
★みんなニコニコ古墳を造ったと描く自由社版-扶桑社版からの改悪<13>
★錦の御旗で威圧したと書く自由社版-扶桑社版からの改悪<14>
★ナチスのユダヤ人迫害を消した自由社版-扶桑社版からの改悪<15>
★編集趣意書から「太平洋戦争」史観の自由社版-扶桑社版からの改悪<16>
★石原慎太郎を載せても都教委は採択しないぞ自由社版-扶桑社版からの改悪<17>
トラックバック ( 0 )

★扶桑社と自虐・自由社のシェアを足さないでください藤岡信勝会長


扶桑社から絶縁された「新しい歴史教科書をつくる会」が自由社という出版社から出した教科書が横浜市の18区中8区で採択されたことについて、「つくる会」の藤岡信勝会長が「正論」10月号に報告を書いています。そこに紹介されている教育委員会でのやりとりの中で、委員の小濱逸郎さん(評論家)はこう発言しています。
 
<自由社が加わったので、(教育委員の間で)散々議論した。自由社は一長一短というべきか。長所は、中身が濃い。詳しく書かれている。大人が読んでも面白い。短所としては、文字が小さいし、ルビがよく見えない。自分が年寄りだからかな……。女性の歴史が強調されているのは結構だが、津田梅子のところで誤植がある。「英語塾」とあるが、「英学塾」でないのか。ところどころに間違いがある。人名索引に大和田建樹(「鉄道唱歌」の作詞者―藤岡注)が載っているが、この人物がどんな人物なのか、私は知らない。登場人物が多いが、一方で当然載っているはずの岡倉天心、菅原道真、阿倍仲麻呂が載っていない。本文の記述はしっかりしていて面白いが、中学生として、この教科書は少し難しいのではないかという感じもする>
 
小濱逸郎さんの発言について藤岡信勝会長は
<この発言を読むと、実に細かく目を通していることがわかる。自由社について長所と短所の両面を見ている。指摘は的確であり、脱帽せざるを得ない>
と書いています。
 
藤岡信勝会長が自由社版の欠陥を認め、解任された元自由社教科書編集室長、松本謙一氏のせいにしていることは前回述べましたが、「短所」「指摘は的確」という表現で初めて公に表明したわけです。「実に細かく目を通している」のではなく、小濱さんが述べていることはすべて当ブログで指摘した事実です。実は小濱逸郎さんは当ブログの読者なのです。脱帽していただいて恐縮です、藤岡会長。
 
藤岡信勝会長が書いている審議の要約はおおむね正確ですが、隠している部分もあります。横浜市教委が公開した会議録←クリック によると、小濱逸郎さんはこうも言っています。
 
<せめて菅原道真は載っていてほしいですね。例えば、自由社の97ページですが、陶祖李参平、私は馴染みにくいのですがご存じですか。記述の中で「捕虜にしてつれかえり、自分の領国の発展に利用した」という記述は、強制連行したかのようなイメージを与えるものと思いました>
 
これも当ブログをお読みになっての発言です。小濱逸郎さんは自由社版の自虐・朝鮮隷従記述についても指摘したのです。
 
さて、前回予告した通り、先週は
・藤岡信勝、西尾幹二氏らが扶桑社を訴えた訴訟で藤岡氏らが全面敗訴(東京地裁)
・藤岡信勝氏が怪文書を流されたと妄想して八木秀次氏を訴えた訴訟の控訴審判決で藤岡氏が全面敗訴(東京高裁)
・大阪の浪速中と愛媛県今治地区(今治市と上島町)で扶桑社版新規採択。愛媛県教委が継続採択

という出来事がありました。
 
8月いっぱいで教科書採択は終わりました。扶桑社版を使っている私立中はほぼ継続採択ですが、兵庫県の甲子園学院中が「つくる会」に「自由社版に替えたい」と早い段階で伝えてきたそうです(つくる会内部情報)。自由社版を採択したのは横浜の8区とそこぐらいでしょうか。
 
藤岡信勝会長は「正論」の文章の最後にこんなことを書いています。

<栃木県大田原市と東京都杉並区及び東京都は、前回同様、扶桑社を採択した。扶桑社版もまた、藤岡信勝を代表執筆者とする「つくる会」の教科書であることに違いはない。これらを含めると、2%ラインにどこまで近づくか、今後判明する最終結果が楽しみである>
 
ずうずうしいにもほどがあります。「扶桑社版もつくる会の教科書」で、採択は自分のものだというわけです。まさか勝利宣言の記者会見でもして、そんなことをしゃべるんじゃないでしょうね。発行差し止め訴訟で負けたことを真摯に受け止めるべきじゃないでしょうか。
 
当ブログで連載してきた通り、自由社版は扶桑社版とは全く性格の違う教科書になっています。「つくる会系教科書」なる言葉で両方の採択を足して計算するのは、左翼の発想です。
 
名誉毀損訴訟で2審も勝訴した八木秀次さんは報道機関へのコメント←クリック で「訴訟という形での妨害ははなはだ迷惑です」と述べています。藤岡信勝会長の「自分の周りは謀略が渦巻いている」という妄想や「何が何でも藤岡信勝個人が輝き、注目を集めなければいけない=スターリン、毛沢東、金日成と変わるところは無い個人崇拝誘導、独占支配体制の確立」(by松本謙一の告発文←クリック)は、保守国民運動全体にとって非常に迷惑です。2つの裁判で全面敗訴したことで、少しは目を覚ましてください。
 
まずは、この自己診断チェック←クリック をやってみてください。
  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
当ブログは読者の皆様からの情報提供で成り立っています。project-justice@mail.goo.ne.jp
トラックバック ( 0 )