岡山大学ワンダーフォーゲル部

日々の部活動の紹介などをさせて頂きます

リーダー養成: 毛無山(けなしがせん)

2013-11-23 15:48:57 | リーダー養成
こんにちは。りょうです。ここしばらく寒いですね。

11月の初めに私のPL(パーティーのリーダー)と、BengalのSL(サブリーダー)の養成として岡山県新庄村の毛無山(けなしがせん)に行ってまいりました。

レンタカーを借りて岡山道と中国道と米子道とを経由して新庄村は田浪まで。免許一年目ですが慣れてきました。
毛無山のふもとにある田浪キャンプ場で一泊しました。こちらのキャンプ場はトイレや炊事場が綺麗に整備されていて快適に過ごすことができました。
ところどころ紅葉も見られました。


翌朝暗いうちから登り始めます。山の家の横を通り、登山口に入ります。しばらく歩くと毛無山に行くルートと白馬山に行くルートに分かれますが、私たちは毛無山に行くルートで登ります。

途中に毛無大岩などという岩がありました。暗くて全容はよく分かりませんでしたが。

しばらくは樹林帯を往きます。
だんだん登るにつれて道が九十九折となり、周りに笹が目立ち始めます。


おいてかないで~

九合目には休憩舎があります。ここまでにとんでもない急傾斜はなかったように思います(渾身の駄洒落)。




うだうだ喋っているうちに山頂です。残念ながら曇で展望はあまりよくありませんでした。
山頂の標高は1,218メートル。結構ありますね。

石碑もありました。「祈願 國威宣揚 武運長久」と書かれてあります。裏面を見るとどうやら戦前よりあるみたいです。


ここから白馬山へと縦走します。ところどころ急になったりしますが、スイスイと行くことができます。
赤い実がなってました。秋ですね。何の実でしょうか?(オオカメノキか?)


白馬山頂上です。こちらは頂上まで木々が生い茂ってるので眺望はあまりよくないです。
ここからさらに朝鍋鷲ヶ山まで縦走することもできますが、ここで田浪キャンプ場へ降ります。


標高が高いので朝鍋鷲ヶ山方面の山が秋の色に染まっていました。
白馬山を降りてすぐはそうでもありませんでしたが、しばらく行くと急坂に! 悠長に紅葉を楽しむ暇もなく転げ落ちるが如く下っていきました。白馬山に直接登るよりは毛無山から登ったほうがいいと思います。

しばらく急な下りが続くと沢の音が聞こえてきて、しばらくするとゴールの山の家、キャンプ場に着きます。
Bengalも問題なくSLをこなすことが出来ました。ちょっと速かったけどね(笑)


投稿者:りょう
コメント

栂海新道その3

2013-11-23 00:09:33 | 個人山行
<3日目>
 前日の疲労がひどすぎ、目覚ましがなっても熟睡。
小屋泊のPTが出発する音で目覚めます。
なんと既に4:30。
大至急朝食を食べてから出発します。
 栂海山荘からの下りは非常に急な下りになります。
登りだったら大事だなと思いつつ、早めのペースで下って行きます。
 黄蓮山で一休みして下っていくと、黄蓮の水場にでました。
水場といっても沢のような感じです。
ここで持っていた水を全て入れ替え、さらに1Lの水を飲みました。
このあたりになるとだいぶ高度も下がっているので、喉が渇きます。

 水場をすぎてしばらくいくと、菊石山への登り返しです。
ここの登り返しはあまり大した事がなく、私は14分ほどで通過しています。
 菊石山をすぎると、今度は下駒岳への登り返しが待っています。
地図にも「急登」と書いてあった通り、かなり急な坂で何度か道ばたに座って休憩しました。

 下駒岳をすぎると、ふたたびだらだらと下ります。
そして、白鳥山への登り返し。
木が茂っていて見えにくいため、いきなり山頂に飛び出します。
疲れていた事もあって、この登りは本当にしんどかったです。
 白鳥山の山頂には白鳥小屋があります。
この小屋はなぜか小屋の天井に登れるようになっているので、山頂で昼食。

昼食後、さらに下って行きます。
本来の予定では白鳥小屋で1泊するつもりだったのですが、用事が発生したので予定を早めました。
この辺りから道は里山ぽくなってきました。

 だらだらと下って行くと、シキ割の水場につきます。
ここが最後の水場で、もう最後まで水場はありません。
今年は流量が多いと聞いていましたが、割と少なかった印象です。
たっぷり水を飲み、さらにしっかり2L水を汲みました。

 シキ割をすぎると、金時坂という恐るべき急な坂に出ます。
ストックをバランスよくつきながら、下りて行きます。
この坂の存在だけでも、栂海新道は逆走すべきでないと断言できます。
 下り切ると、坂田峠に出ました。ここまでは車で来る事ができます。
一緒に歩いて来た社会人山岳会は、ここから貸切バスで帰って行きました。

 私はさらに歩き続けます。
なんとなく、ハイになっており快調なペースで進みました。
尻高山、二本松峠と進んで行きます。
写真は二本松峠。

 二本松峠をすぎると、入道山への登りに入ります。
平時なら何ともない登りなのでしょうが、疲労していた事もあり喘ぎ喘ぎの登りになりました。

 入道山を延々下って行くと、ついに車道に出ました。
この最後の下りの長かったこと、長かったこと。
地図で見るとさほどの距離ではないのですが、なかなか進みませんでした。
 車道を渡ると、ホテル親不知があります。
入浴だけもできると聞いていたので、行ってみると「入浴可能なのは15:00までです。」と言われてしまいました。
残念!
 仕方がないので、タクシーを呼んで親不知駅まで移動します。
タクシーが来るのを待つ間に、近くの階段を下りて海に出ました。
ついに、海抜0mへ到着!!

 親不知駅からは、北陸本線で直江津まで出たあと、長野を経由して松本に出て
後輩の北アルプスPTと合流し、翌日名古屋・米原・大阪経由で岡山に帰りました。
 大変な長文となりましたが、最後まで読んで頂いてありがとうございます。
これを読んで、栂海新道に行ってみようという方が1人でも出れば幸いです。


投稿者:シキ
コメント

栂海新道その2

2013-11-22 23:59:12 | 個人山行
<2日目>
 今日の旅程は長いです。
2:30にiPadが鳴って起床。
「山にiPadなんて!」とよく言われますが、
GPSもついているしバッテリーの持ちも良いので意外と頼れる相棒(板?)です。
 朝食の雑炊の始末に手間取り、4:45に出発。
朝日岳へと登り返します。
朝はガスがないので、朝日岳山頂からは白馬岳をはじめとする後立山連峰の山々が見えます。
山頂でご来光がおがめなかった事だけが、心残りです。
 千代ノ吹上から、いよいよ核心の栂海新道に入ります。
栂海新道とは、朝日岳から日本海沿岸の親不知までをつなぐ超ロングコース。
2000m級から一気に海抜0mまで下りれるのが魅力です。
そして、なによりすごいのはこのコースを作ったのは地元のさわがに山岳会さんという事です。
なので、栂海新道にはところどころこんなプレートがついています。

 下りなので快調に飛ばします。
途中のアヤメ平ではきれいなカライトソウ?が咲いていました。

 黒岩山で昼食。トースターを持参していたので、食パンをトーストして食べます。
トースターはソーセージを焼いたりと他にもいろいろと使い道があるので、オススメです。
 ここまで楽勝で来たので、エスケープを見送りさらに歩を進めました。
すると、ここでいきなり栂海新道が牙を向きはじめます。
距離が妙にかせげなくなりはじめます。
 ようやく、北又の水場着。
今晩の宿、栂海山荘には水場がありません!
ですから、ここから担ぎ上げる必要があります。
ここで、今日の行動水0.5L+明日の行動水2L+夕食.朝食用2Lあわせて4.5Lを汲み上げます。

 ここからのザックの重さは殺人級でした。
ストックをフル活用しながら必死に這い上がります。
犬ケ岳山頂ではもはや死にかけていました。

 犬ケ岳山頂から下る事10分。
今日の宿、栂海山荘につきました。
無人の山小屋で、これもさわがに山岳会の方が作られたものです。

 無人小屋なので1000円とリーズナブルではありますが、私もワンゲラーの意地があります。
この晩もテントを張って眠りました。
このルートしんどいにも関わらず意外と人が多く、夕食は他の方と会話しつつ楽しく食べました。
ちなみに、この日の夕食はミートソースのリゾット。
またしても、後片付けが面倒でした・・・


投稿者:シキ
コメント

栂海新道その1

2013-11-22 23:49:48 | 個人山行
こんにちは。4回生の某OBです。

 かなり遅くなりましたが、今年の夏に栂海新道に行った時の記事をアップします。
えっ?この時期になった理由ですって?それはサボっていたら、
いつの間にやら週末にはOB会という時期になってしまったからです。
さすがに、OB会までには書かねば・・・

 さて、8/10に南アルプスPTと共に岡山を出発しました。
この日は、名古屋・松本・信濃大町を通って平岩駅まで移動。
南小谷から先は列車が不通になっていて代行タクシーでの移動となりました。
もちろん、全て青春18切符です。
虫の羽音が目立ったので、平岩駅前にテントを張って眠ります。

<1日目>
 朝、5:00頃に起床。
駅前には何にもないので、買って来たおにぎりで朝食にします。
6:20のバスで出発。蓮華温泉へと向かいます。

↑蓮華温泉
 ここから花園三角点、朝日岳を経由して朝日小屋まで一気に登るという、かなりの健脚向けコース。
OBなので普段のトレには参加しておらず、不安になりつつアタック開始です。

 このような道をたどってひたすら歩いて行きます。
天気は快晴で、花園三角点まで来た時には水の残量が1Lを切っていました。
花園三角点の水場で水を補給します。
 その後も長いこと、長いこと。
歩いても歩いても次のポイントにつかず、道を間違えたかと不安になる事もしばしば。
しかし、これは翌日に比べれば屁でもない事を私は知る事になります。
もっとも、この日は水場が多かったので暑くても水をあまり持つ必要はなかったのが救いでした。
 そして、ようやく朝日岳山頂に到着した時にはガスっていてまわりの景色があまりよく見えないという悲劇。
 気を取り直して、さらに30分ほど歩いてようやく朝日小屋着。

 平らなテン場なので、テント泊でも快適です。
ここからは、よく白馬岳が見えました。
水が豊富にあるので、夕食はほたてソースのパスタです。
夕方には白馬岳がきれいに見えました。

→次回に続く


投稿者:シキ
コメント

リーダー養成: 成羽天神山

2013-11-18 21:10:37 | リーダー養成
こんにちは。ジョージです。先日リーダー養成で高梁市の成羽天神山に行ってきました。

岡山市内から車で2時間半ぐらいで着きました。道中綺麗なところがあったので写真

を一枚。



紅葉が綺麗でしたが、山行当日は生憎の天気で雨天山行になりました。


登山口の駐車場から1時間少々で鈴振崖に着きました。晴れたら景色がよさそうですが、

ガスで何も見えませんでした。確か去年もこんな天気だったような…



頂上付近の分岐はいくつか分かれていますが、看板と地図を見ながら迷わず進むことが出来ました。



ロードを100mほど進み、再び登山道に入ってブッシュ気味に笹の中を少し登ると山頂に着きました。

樹林帯の中の山頂だったので、眺望は全くありません。

記念撮影では何故かこのポーズが流行りました。


りょう君。


そして私。どやぁ



下りは濡れていた石段でところどころ滑りながら下りました。

はこまるのSLデビュー山行でしたが、まずまずの出来でしょうか。

ちなみに山行の前日に登山口付近の廃校に肝試しに行ってきましたが、ベンガルが一人だけノリノリでした(^^;)

真っ暗で雰囲気もかなり怖かったです。きっと何も映ってませんが一応写真を撮りました

のでどうぞ。


(追記 てっちゃん: 何故かこの画像だけアップロードに手間取りました)


投稿者:ジョージ
コメント