岡山大学ワンダーフォーゲル部

日々の部活動の紹介などをさせて頂きます

ポンポン山

2013-01-24 22:02:06 | 個人山行
こんにちは、というよりは初めまして。岡山大学ワンダーフォーゲル部の1回生、りょうです。
大学生になってから山に登り始めた新参者ですがよろしくお願いします。
冬休みを利用して昨年12月28日、地元の山に登ってきました。年明けて大分経ったのに今更!?と言われるかもしれませんがご容赦を(笑)。
山の名前は「ポンポン山(地形図にも載っているれっきとした山の名前ですよ!)」。標高は四捨五入して679m。
大阪府と京都府の府境にある山です。
この山に登った理由は単純に名前が面白いからという、ただそれだけなんです(笑)。
わりと整備されていて良い感じのハイキングコースでした。

地元は京都なのですがバスの本数が少ないので京都側から行くのは断念。大阪は高槻市からバスで登山口へ向かいました。


川久保という集落からスタート。渓谷コースと尾根コースに分かれます。今回は渓谷コースを通ります


立派な石碑があります。林道記念碑と書いてあります。


渓谷沿いに歩いていきます。
さらに進むと進むと分岐があります。どちらに行ってもポンポン山にはたどり着きますが、今回は左に向かいます。


整備された道に出ました。ここは東海自然歩道の一部となっていて、途中にある本山寺というお寺の参道でもあります。


記念の石碑がありました。これまた立派な石碑。
ずんずんと進むと本山寺に到着します。770年ごろに創建されたとありますから相当歴史があるお寺みたいです。


意味深な看板。


こちらには立派なトイレもあります。


登山道は本山寺を通り抜けます。お堂の裏から舗装されていない道となります。


鞍馬などから来る天狗が休息するという大杉です。祠もありました。


さらにずんずんと進みます。途中から雪がちらついてきましたが、ここでは積もり始めています。
こんな道がしばらく続いた後に頂上に着きます。


頂上です! いえーい!
軽く雪が積もってました。


晴れていたら景色もいいはず……


帰りは出灰(「いずりは」と読みます)の方面の登山口を利用しました。こちらは先ほどの道とは違い少し急です。
写真もブレブレですね。

そして出灰のバス停に到着! ……ってあれ?
1分の差でバスを逃してしまいましたorz
近くの無人販売所で売ってるミカンを食べつつ、1時間強バスを待ったのでした。
個人的に頂上の展望が良い山が好きなので(今回は視界が悪かったですが)非常に満足できました。
関西方面にお住まいの方は登ってみてはいかがでしょうか……。


投稿者:りょう
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

鷲ノ山

2013-01-06 09:46:57 | 個人山行
こんにちは、岡山大学ワンダーフォーゲル部のてっちゃんです。

あっという間の正月でしたね、正月太りには困ったものです。

今年は初日の出を近所の里山で迎えようと思ったのですが

途中で面倒臭くなって諦めてしまいました…。


さて、去る12月28日に香川県は国分寺町の鷲ノ山(322m)へ登ってきました。


狭箱山(はざこやま)から見た鷲ノ山です。右が249mピークで左が鷲ノ山。2/2追記


登山口は麓の古刹、鷲峰寺(じゅうぶじ)の裏にあります。


登山道には隣の249mピークとの鞍部までミニ八十八か所があります。

249mピークへは道が荒れているらしく、ヤブ漕ぎが必要とのことでした。
今回は249mピークへは行かず反対側の鷲ノ山山頂(322m)を目指します。


この山はギザギザとした独特の山容で、ピークが4つあります。


第一ピークと第二ピークの間は結構な急登です。2/2追記

第二ピークと第三ピークの間の稜線からは西に展望が開け、府中湖と飯野山が綺麗に見えます。


稜線上から見た、府中湖と飯野山。2/2追記


第三ピークには祠があり、一見山頂のようですが南側の322mピークへの道が続いています。


第三ピークから見た山頂。2/2追記


山頂は落葉樹が茂っており、岩があります。

岩の上から僅かに東側に景色が望めますが、冬以外では眺望はないと考えてよいでしょう。


山頂の岩の上から見た、六ツ目山(317m)、伽藍山(216m)、狭箱山(158m)です。2/2追記

山頂から第三ピークへ戻り、石舟方面の道から下ります。


雨上がりでしたので、第二ピーク前後の(小規模の)急坂では滑り易く、部分的に張られたロープが心強いです。

コースタイムは2時間弱ですが、ピークへ登っては鞍部へ下り、また次のピークへ登るといったコースで、

ちょっとした縦走気分が味わえました。


投稿者:てっちゃん
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2013-01-01 00:00:00 | 日記
 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 当部の部長は現在コミケに出張中でございますので、代わって安全対策委員長の古川より新年の御挨拶を申し上げさせていただきます。

 さて、当部は昨年も事故無く無事に活動を終えることができました。これも日頃よりOBの皆様、他大学の皆様、大学関係者の皆様のご協力あっての賜物でして、この場を借りて厚くお礼を申し上げます。

 昨年度の活動をあげますと主なものでも、北アルプスPTは後立山連峰の縦走、南アルプスPTは鳳凰三座の縦走、北岳登山、八ヶ岳の縦走と日本を代表する山脈を征服して参りました。また、第49回中国四国合同ワンデリングの主幹校を仰せつかり、この大イベントを主催するという名誉にもあずからせていただきました。その他にも、石鎚登山や県内最高峰である後山登山など多々の活動を行って参りました。

 当然これらの活動の大前提となるのは、無事な下山であります。安全面の最高責任者として、その点については特に心を砕いて参りました。例をあげますと、就任後計画書の事前審査制度の導入や事故対の強化など、安全第一をモットーに改革を進めました。改革と申しましても行ってきた事は些細な事にすぎないとは分かっておりますが、それでも歴代の委員長の中では最も仕事をした中の1人ではないかといささか自負しております。

 一方で、後輩諸君への指導が十分でなく リーダー養成において後輩が先輩方に御迷惑をおかけするという失態を犯した事は誠に申し訳なく思っております。研修等再発防止策は徹底したつもりではありますが、そのような失態を事前に防げなかった事は私の不徳の致すところであり、この場を借りて改めてお詫び致します。

 まもなく私の任期は終わり後任者に引き継ぎますが、後任者に対しても私同様に引き続き御指導・御鞭撻をお願い申し上げますと共に、皆様の御健勝と御発展を祈念致しまして、当部の新年の御挨拶とさせていただきます。


投稿者:シキ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加