じいじのひとりごと

一人暮らし、ラブラドールのラヴが残り人生を伴走してくれます。

冬枯れ

2005年12月26日 | 日々のこと
東北北陸地方では、相変わらず低気圧と大雪に見舞われて、
1~2mにも及ぶ屋根の雪下ろしや雪かきの映像を見る度に
気の毒に思っています。
吹雪の中、特急列車が突風で浮き上がり脱線して死傷者がでた
というニュースもありました。何と過酷な気象条件でしょう。
救助活動も難航している様子でした。

この12月は、この地でも震え上がる寒さの繰り返しでした。
温暖なこの地で、たまには雪が積もって欲しいなどと言うことは
はばかられるというものです。

昨日今日は好天気で、久しぶりにカメラを持って河川敷を散歩しました。

0512262

どこも冬枯れで、さすがにもう桜の木の葉も残っていません。

河原柳はこれから最後に黄葉していきます、そして春には一番に芽吹くのですね。
0512264_1


今年もあと一週間、いろいろとあったけど、何とか一年乗り切れそう。
多くの人たちに感謝!


コメント

炬燵テレビと愚痴

2005年12月15日 | 日々のこと
寒さ続きで、相変わらず半冬眠状態。
コタツに入ってテレビばかり見ていると、脳が退化していくのが自覚されます。

耐震偽造事件の国会証人喚問、証人はいずれもつわもの揃いでのらりくらり。大したものだ。
喚問する議員も突込みがイマイチで歯がゆいばかり。
翌日のテレビワイドショーなどでは姉歯は正直に言ったと擁護論まで出る始末・・・ハァ?と言いたい。いくら弱い立場だったしとても偽造の張本人ではないか、証人喚問の後 彼はホッとした顔で、「スッキリしました」と喋っていたよ。もっともっと大きな根深い構造があって、これで幕引きとなることが無いように、この問題は徹底して解明して欲しいものです。
被害者はたまったものではないはず。

大企業では史上最高のボーナスとか、公務員もしかり、こちらはもう縁が無いので傍観するしかありませんが、好景気、金余りの一方では派遣・パートや年金で細々と暮らす人たちが増え続けています。社会の陰に隠れて外国人労働者も身近でも多く見かけるようになってきました。
二極化がますます進む、残忍な事件も後を絶たない。不安定社会への前兆のように見えます。

政府は小泉人気のこの機会にと、取り易いところから取る増税、医療費の見直し、憲法改正、日米関係の強化と矢継ぎ早に進めようとしています。
一方中国・韓国との関係悪化も気になるところです。仲良くすることに何か不都合があるのでしょうか。小泉さんはどうして靖国参拝にあれほどこだわるのか分りません。戦没者に哀悼の誠を尽くすのは良いことですが、それなら8月15日に国会で黙祷するなり、ご自宅で1人で哀悼の祈りもできると思うのですが・・・ポケットから小銭チャリン、よりもいいのでは。



コメント (1)

孫に会いたい

2005年12月04日 | 
孫たちにここしばらく会っていない。
いえ、先月入院中に見舞いに来てくれたのだから、まだ一ヶ月も経っていないのですが。

電話はしょっちゅう架かって来ます。
最近はrikuに代わり、1歳3ヶ月のyuuちゃんが受話器を独り占めして離さないらしい。
わけのわからぬ言葉を盛んに発してくるのに対して、かみさんは大声で根気よく応対しています。
「バアバ」、「ジイジ」という言葉が分るだけで喜んでいる始末・・・
次は年末にやって来るのかな
riku05-3

ここのところのいたいけな幼子に対する無残な事件には心を痛める。
孫の幼稚園では、先生が家まで送り迎えに来てくれるらしい。
よくもまあ丁寧なこと、と思っていたが、今はそこまで必要になってきているのかも。

これはメール便で送られてきたもの、USJで
riku05-2
riku05-1



コメント (4)