ぼくは行かない どこへも
ボヘミアンのようには…
気仙沼在住の千田基嗣の詩とエッセイ、読書の記録を随時掲載します。

ウォーカー

2009-07-27 00:14:48 | 寓話集まで
      ウォーカー シティ・ウォーカー 巷を歩き廻るひと ウォーカー シティ・ウォーカー ショッピング・モールの買廻り客 夜の7時過ぎ 8時過ぎ 30パーセントオフ 50パーセントオフ ウォーカー フラフラのウォーカー 独り住まいの 侘び住まいの 失われた時を購って 見切られた夕食を求めて 総菜の パック詰めの 出来合いの 独り分の 30パーセント . . . 本文を読む
コメント

自由と束縛

2009-07-21 00:00:32 | 寓話集まで
自由と束縛 意思と構造 想像力は飛躍する 鎖を断ち切る 野生の 未開の束縛を脱却する 文明は形を創ること ものの ことの ひとの 文明は形づくられたもの 学び まねし 型に入る そもそも ひとは自分の生誕を選ぶことができない 死を選ぶこともほぼできない しかし その間はどうだ? どうして若者は制服を求めるのだろう ほんの少し前の若者は 制約をぶち壊すことを至上命令としたのに リーバイ・ . . . 本文を読む
コメント

幸福なスイーツ 

2009-07-14 00:02:40 | 寓話集まで
幸福なスイーツ 甘やかな菓子 撫で廻しこね廻し さくっと切るように混ぜあわせ ふわりと焼き上げる 幸福なスイーツ 甘やかな菓子 撫でまわしこね廻し かぶりつき 舐め廻し 吸い尽くし 幸福なスイーツ 甘やかな菓子 さくっと噛み ほろっと溶け 消えて無くなる 幸福なスイーツ 甘やかな菓子 聖夜の聖餐 生誕の前夜 イヴ アダムとイヴ 知恵と生死 生きよ 食べよ 十三人の聖餐の イヴ イフ 夜が . . . 本文を読む
コメント

霧笛14号が

2009-07-12 00:52:19 | Weblog
 霧笛14号が、出ています。  興味のある方がいれば、お送りします。  moto-c@k-macs.ne,jp まで、メール下さい。  ご希望が殺到しない限りは、謹呈できます。  今回の私の詩は「ふることのふみ?」といいます。  そのうち、ここにも載せますが。  本日のBGMは、気仙沼出身のシンガー「畠山美由紀」の最新作「chronicle」、ベスト版ですね。   . . . 本文を読む
コメント

悪足掻きするガキども 

2009-07-11 00:37:27 | 寓話集まで
悪足掻きするガキどもは いつも美しい ギター・ベース・ドラムの3人編成の シンプルなバンド 俺たちは悪足掻きしているぞ! 悪足掻きするガキどもは 永遠に美しい ホームベースみたいに 滑稽な形に足を大開きして がなるわめく ギターをかき鳴らす リズムに合わせて 左足を 左足だけを揚げて降ろして もくもくとベースを叩きつける ドラムはひたすらダダダとスティックを振り下ろす 進むべき道が 見 . . . 本文を読む
コメント

麦星

2009-07-07 22:30:12 | 寓話集まで
宵の空を見上げて ご覧あれが宵の明星 金星さ ああ ルシフェール 大天使の 堕天使の星 輝く美しい星 そして あれが土星 天体望遠鏡で見ると 環がくっきりと見える おお サタン サターン 我が悔恨をあがない給え 君 なんか勘違いが多いな 向こうに見えるのが 木星 ガリレオ・ガリレイが発見した衛星が見える おお廻る周る 衛星が廻る ジュピター 稲妻の 雷鳴の 神の神 至高の神 過去の神 唯 . . . 本文を読む
コメント

科学の子

2009-07-04 23:36:48 | 寓話集まで
空を超えて っとっとっとっ 星のかなた 来たぞ 原子力 ニュークリア・パワー ジェット・ロケット・ゴーゴーゴー 心優しい っとっとっとっ 壱拾萬馬力のゴッド・ハンド JRなら御茶ノ水駅最寄り 東京メトロは本ゴー3の科学の殿堂 西洋文明の伝道師 学士・博士が集まって 来る弐拾壱世紀の技術の粋 心優しく 洋才和魂の希望を乗せて ジェット・ロケット・ゴーゴーゴー 進め!進め!未来へ進め! 果 . . . 本文を読む
コメント (1)

去ねば都! 

2009-07-02 22:23:53 | 寓話集まで
逝ってしまえば皆観音様 言ってしまえば皆 天上無辺の愛 天井四角の(区切られた)慈悲 波止場に生まれ 波止場に背を向けて 波止場に帰り 波止場に死ぬ 限定されたライフ Xを捨てて Yを拾う 人混みはいつも悲しい 人気のない街並みはいつも懐かしい 俺は 点きの悪い百円ライターを何度も擦ってようやく煙草を喫う (あなたは命を大切にしない) ああ 俺は生まれたときから死んでいた いやそれ . . . 本文を読む
コメント (1)

山と山とのくぼたみに

2009-07-01 00:16:36 | 寓話集まで
山と山とのくぼたみに海を抱え ひとりには広すぎる土地 一生には狭すぎる土地 . . . 本文を読む
コメント (1)