ぼくは行かない どこへも
ボヘミアンのようには…
気仙沼在住の千田基嗣の詩とエッセイ、読書の記録を随時掲載します。

やまうちあつし 思い出す ブイツーソリューション

2020-02-27 23:51:25 | エッセイ
 宮城県詩人会のやまうちあつしさんの詩集。昨年11月10日刊。 やまうちさんは、人あたりよく温厚でやさしく仕事もそつなくこなす印象で、私としても信頼がおける好ましい人物である。 とかいうと、詩人としては、誉め言葉になっていないみたいにも捉えられるかもしれない。無頼の大酒のみで女にもだらしない、みたいなほうが優れた詩人みたいなイメージかもしれない。まあ、そういう大詩人も確かにいたということではある。 . . . 本文を読む
コメント

柿木 伸之 ヴァルター・ベンヤミン― 闇を歩く批評  岩波新書

2020-02-27 00:05:22 | エッセイ
 柿木氏は、1970年生まれ、上智大学、同大学院で哲学を学び、現在広島市立大学国際学部の教授とのこと。 ある時代には、年下の男性の書くものは、あんまり読まなくてもいいな、と思っていたが、いつのまにか、すんなりと読めるようになってしまった。國分功一郎とか、ああ、東浩紀とか、そうそう、大沢真幸、齋藤環だって二つ年下だ。学ぶべきことを学んだ学者には、学ぶべきことが多い。今になってみると、逆に年上の思想家 . . . 本文を読む
コメント

法治国家としての日本は崩壊の危機にあるのか?

2020-02-22 11:47:40 | エッセイ
 どうにも悲しい話題が続く。 私たちが若いころには、歴史は進歩すると期待していたものだ。その当時は悲惨なことがまだ世界に多々残っているけれども、ゆくゆくはその悲惨な状況は改善されると信じていた。悲惨なことはすべて解決して、人類すべてが幸福な暮らしを営めるようになる、とまでは思わなくとも、少なくとも、牛歩のごとくであっても、世の中は改善していく、進歩していく、基本的人権がもっと尊重される社会が実現し . . . 本文を読む
コメント

「外貨を稼ぐ」? (2020・2.6三陸新報への投稿)

2020-02-09 11:01:26 | エッセイ
※2月6日(木)、三陸新報に投稿として掲載いただいたもの。 気仙沼市役所の新庁舎建設場所が、「旧気仙沼市立病院跡地」とすると決まったようだ。三陸新報にも掲載されているが、市のHPにも市長記者会見資料として掲載されている。https://www.kesennuma.miyagi.jp/sec/s002/020/030/050/010/100/010/2020-01-28_zaisei.pdf 私自身 . . . 本文を読む
コメント

霧笛132号 編集後記

2020-02-05 22:29:49 | 霧笛編集後記
◆十一月十五日(金)古町シーキャンドルにて、年に一度の朗読会。西城、東吉、正典、せつえ、良子、遊人、洋甫、千田が参加。ゲストに、高橋昭次と店主後藤氏が各々ギター弾き語りで。あくまで内輪の行事であるが、観客は二名。高橋は気仙沼ロック界の大御所、レゲエ、ブギと昔の曲を演奏。年輪を重ねた渋い歌、こんな小さな町にも現代日本芸術文化の蓄積はある。この声、歌の心地よさ。十代から六五歳までギターを弾いて歌って生 . . . 本文を読む
コメント

詩の一行は

2020-02-05 22:17:55 | 2015年4月以降の詩
詩の一行は神の恩寵である心を尽くして求め与えられる奇蹟のように出会い生成する海辺の苫屋の窓に金色の絵具で書き記すガラスの向こうに海と岬とがある求めて与えられる求めずして与えられず文字を描くことをせずに言葉を書くことはできないかたちを描くことなしに意味を書くことはできない空気を震せることなしに言葉を語ることはできない私の肉体において書くことが生成する私の肉体において語ることが成就するたとえば海が光っ . . . 本文を読む
コメント

誰も知らない黄昏どき

2020-01-24 21:57:03 | 2015年4月以降の詩
誰も知らない黄昏どき湾の奥から滑るように船が出るあなたはじっと前を見たままで広々とした船室に座る船室にはだれもいない私は壁にもたれてあなたの後ろ姿を見るともなく見ている昼間のうちに何度も肩を抱き湾口の島への船着き場を探し巡航船は燃料を満たして船橋に行き先を表示する港のカフェの窓際のソファに二人で腰を掛け入り江を眺めて背後の山脈に陽が落ちるころ一緒に店を出て浮桟橋まで歩く   ※魚市場のネオンサイン . . . 本文を読む
コメント

井出栄策/柏木一惠/加藤忠相/中島康晴 ソーシャルワーカー―「身近」を革命する人たち ちくま新書

2020-01-06 09:38:03 | エッセイ
 革命だという。 身近を革命する。 市民革命とか、共産主義革命とかではない。 これまでの世界史のなかで起こった革命とは、また、少々違う革命。比喩としての言葉の使い方ではある。「改革」と言えば、穏当な表現ではあるだろう。しかし、あえて革命という言葉を使う。 ベルリンの壁崩壊以降は、革命などという言葉は流行らないはずだが、あえて使うという、そこには、なんらかの固い志があるのだろう。 そうだな。地方分権 . . . 本文を読む
コメント

堀畑 裕之 言葉の服 ―おしゃれと気づきの哲学 トランスビュー社

2019-12-23 23:38:59 | エッセイ
 堀畑 裕之氏は、生年月日が、この書物自体にも、ネットでも出てこないが、同志社大学の大学院で哲学を学び、ドイツに留学も経験して、1995年に文化服装学院に入学とあるので、博士課程満了後すぐということであれば、27歳前後ということになる。そこから逆算すると、1968年前後の生まれとなる。 だとすれば、1956年生まれの私と丁度一回り違うことになるわけだ。50歳を過ぎたところか。 1998年に、パタン . . . 本文を読む
コメント

野口裕二 ナラティブと共同性 青土社

2019-12-01 10:25:05 | エッセイ
 副題は「自助グループ・当事者研究・オープンダイアローグ」。 野口氏は、1955年生まれ、東京学芸大学教授。専門は臨床社会学、医療社会学とのこと。ナラティブ・アプローチについて、研究を進められてきたようだ。 ナラティブ・アプローチは、社会構成主義に基づくらしい。社会構成主義とは、では、どういうものか、ということになるが、ウィトゲンシュタイン、カント、デカルト、と哲学史をさかのぼって、こういうものだ . . . 本文を読む
コメント

東畑開人 居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書 医学書院

2019-11-26 21:53:39 | エッセイ
 最近、読書の医学書院率が高くなっていて、編集者として白石正明氏という名前が頻繁に登場する具合になっている。 さて、この本は、衝撃的な本である。冒頭から、ぐいと引きつけられ、そして最終章に至って、さらに衝撃を受ける。今の時点で、私に読ませるために上梓された書物、とすら言ってしまいたくなる。私にとって、衝撃的な本であった。そして、もちろん、私にとってのみでなく、ケアだとか、福祉だとか、医療だとかに関 . . . 本文を読む
コメント

ロバート・キャンベル 井上陽水英訳詞集 講談社

2019-11-12 21:17:00 | エッセイ
 これは、『英訳詞集』だけの書物ではない。ページ数でいうとほぼ三分の一が訳詞で、残り三分の二は、ロバート・キャンベル氏による陽水の歌詞の読み解きであり、取り組んだ英訳についての解説書であり、井上陽水本人との対話の記録である。 新聞の書評に載っていて、買い求めた。 私にとっては、英訳された歌詞自体も興味深いものであるとしても、むしろ、前半の解説部分の方が読みたいところである。歌詞の方は付録、とすら言 . . . 本文を読む
コメント

首相夫人の礼装のこと

2019-10-29 21:05:38 | エッセイ
 安倍総理大臣の昭恵夫人の、「即位礼正殿の儀」でのファッションの件がいろいろ取りざたされている。 いいとか悪いとか、相応しいとか相応しくないとか、私としてはどちらでもいいというか、まあ別に構わないんじゃないのとも思う。 ただ、なんか不思議な感じはした、とは言いたい。 これまで、こんなことが問題になるケースはあんまりなかったような気がする。 ドレスコードという点では、許される範囲内には納まっていると . . . 本文を読む
コメント

霧笛131号〈編集後記〉

2019-10-24 22:44:35 | 霧笛編集後記
◆あっという間に秋の彼岸、定年退職してからもはや二年半ともなる。しかし、なんだろう。ふと気づくと、追い立てられるような気持ちが失せている。人生において何ごとか成し遂げねばならぬという切羽つまった思いは消えたように思える。世に出ねばならぬ、名を上げねばならぬ、とどこかで思いこんで生きてきた。七月に五冊目の詩集を上梓した。四~五〇歳代にかけて、仕事のこと、文化芸術にかかること、ひとりでやったことは一つ . . . 本文を読む
コメント

斎藤環 オープンダイアローグがひらく精神医療 日本評論社

2019-10-23 20:06:01 | エッセイ
 この本は、タイトルにオープンダイアローグという言葉を含んでいるが、オープンダイアローグという画期的な方法の紹介を主眼に置いた書物ではない、ように思える。精神医療における方法であるが、もっとひろく福祉、教育の分野で大きなパラダイム転換をもたらすきっかけともなりうる対話を中核に据えた方法の、シンプルな紹介のための本ではないように見える。 端的に「オープンダイアローグ」を学びたいという読者には、すでに . . . 本文を読む
コメント