ぼくは行かない どこへも
ボヘミアンのようには…
気仙沼在住の千田基嗣の詩とエッセイ、読書の記録を随時掲載します。

2017-02-18 00:46:48 | 詩集 湾Ⅲ 2011~14
旅は気持ちを高揚させる 日常とは別のしかたで われわれを興奮させる   千年に一度 の事件の現場が ひとを高揚させないわけがあるだろうか そこで その現場で はしゃいでいる若者を 咎めることができるだろうか 若者たちが記憶にとどめ いつか再び語り出すことを待ってはいけない だろうか   そう 記憶にとどめる 巨大な鉄の塊がそこに とどめられて . . . 本文を読む
コメント

2016-11-30 22:38:38 | 詩集 湾Ⅲ 2011~14
鉄の塊 くすみきった赤と青の漆黒の 不安定な形態で H型鋼の支柱でようやく支えられ いつまで いつまで そこに居座っているのか 抗うように ざらざらと無数の刺のように   軽々と海に浮かび 巨大な群れをなす生命を追い求め 透明な水を切り裂き鮮やかに光る刀の塊りを 一網打尽にすくいとって 数多の生命を奪った 数多の生命を供給した 人間の生命をつなぐために . . . 本文を読む
コメント

実物の銀幕  港町・Kポートにて

2016-11-30 22:34:32 | 詩集 湾Ⅲ 2011~14
切りとった大きな窓 床面からの掃き出しの大きな窓 窓際に二人がけのテーブルとイスが並んだ その向こうに内湾の狭い水面が見える 対岸にコンクリートの建物 4階建てや3階建てが数棟 流された木造家屋が跡地のなかに残り 小高いところに 屋内体操場を上に乗せたコンクリートの校舎 かまぼこ校舎と呼ばれたランドマーク (エッフェル塔もできた当時はかまびすしいパリっ子の不平のタネだった) . . . 本文を読む
コメント

波 湾Ⅲ2011~14から

2016-07-23 20:58:52 | 詩集 湾Ⅲ 2011~14
光る海 晴れた日に青い空の下きらきらと輝いている海 静かな海   小さな波がいちめんに波だっている そのひとつひとつに 日の光が映っている   三方を海に囲まれた岬に立って 私は海を見ている 茫然と 呆然と 光る海を 光る波の集まりを 眺めている   おまえは何を考えているのか 何を思い出しているのか 問いかけられているかのように . . . 本文を読む
コメント