宇宙のはなしと、ときどきツーリング

モバライダー mobarider

運用開始から28年目! ただいまハッブル宇宙望遠鏡はセーフモードで待機中

2018年10月23日 | 宇宙 space
1990年にスペースシャトル“ディスカバリー”で打ち上げられたハップル宇宙望遠鏡。

運用開始から28年目に入っていたのですが、10月6日からセーフモードに入っているんですねー

原因はジャイロの故障。
予備のジャイロにも不具合が見られたので、運用モードの変更も検討しながら復旧作業が続けられているようです。


取っておいた予備のジャイロも使用不可

NASAのハッブル宇宙望遠鏡は1990年4月24日に打ち上げられてから四半世紀以上にわたり、太陽系内の天体から様々な星雲や星団、非常に遠方に存在する銀河まで多くの観測を行ってきました。

そんなハッブル宇宙望遠鏡ですが、これまでに何度か修理や機能の改修が行われたことがあります。

最後の修理は2009年に実施され、望遠鏡の姿勢を安定させるための新しいジャイロ装置が6個取り付けられました。
○○○
2009年にスペースシャトル“アトランティス”によって実施された修理ミッション
この6個のジャイロのうち2個はすでに故障していて、ハッブル宇宙望遠鏡の運用は残る4個のうち3個を使って続けられてきました。

そして10月6日午前のこと、運用中だった3個のうちの1個が故障してしまい、ハッブル宇宙望遠鏡はセーフモード(待機状態)に入ることになります。

実は、今回故障したジャイロには、1年ほど前から寿命を迎える兆候が見られていたんですねー
なので、故障そのものは予測できたことでした。

予想外だったのは、予備としてこれまで使わずに取っておいたジャイロの方。
電源を入れて状態を確認してみると、使用可能なレベルにないことが明らかになります。

このため、ハッブル宇宙望遠鏡はセーフモードに入ったということです。

現在、NASAゴダード宇宙飛行センターと宇宙望遠鏡科学研究所のスタッフは、分析とテストを進めていて、このジャイロを通常の状態に戻すための方法を検討中。

無事にジャイロが回復すれば、ハッブル宇宙望遠鏡は3個のジャイロを使った通常の設定で科学観測を再開できます。

もし、ジャイロを使用することが出来ない場合には、ハッブル宇宙望遠鏡は稼働させるジャイロを1個だけにして科学観測を開始するそうです。

ジャイロ1個での運用は、観測時間中にカバーできる空域が狭くなるのですが、科学観測を行う能力への影響は限定的なものになるようですよ。


こちらの記事もどうぞ
  宇宙の過去を探る史上最強の望遠鏡!
    
コメント

2018 オリオン座流星群 見ごろは10月22日だけど月明かりが邪魔

2018年10月21日 | 流星群/彗星を見よう
10月22日にオリオン座流星群の活動が極大になります。

母天体は5月の“みずがめ座η流星群”と同じハレー彗星。
地球がハレー彗星の通り道を、毎年この時期に通過することで現れるんですねー

彗星の通り道にはチリが残されているので、それが地球の大気に飛び込むことで、上空100キロ前後で発光して流れ星として見えます。

今年の極大時刻の予想は午前2時頃、流れ星が出現する放射点はオリオン座の右腕のあたりになります。
○○○

オリオン座流星群は速度が速いので明るい流星が多く見れるのが特長なんですが、今年は満月前の明るい月が3時頃まで夜空を照らしているんですねー

月明かりが邪魔をするので、流れ星が見やすくなるのは3時から明け方にかけてになります。

出現数は少なくなりそうですが、この時間帯は放射点も高く昇っているので観測には好都合ですよ。


こちらの記事もどうぞ
  夏の風物詩! ペルセウス座流星群の見頃は8月の13日
    
コメント

謎の光る点は砂丘から舞い上げられた砂塵の雲? 活発な衛星タイタンに新しい特徴を発見

2018年10月20日 | 土星探査 カッシーニ
地球以外で唯一、地表に安定した液体が存在しているのが土星の衛星タイタンです。

意外に思うかもしれませんが、厚い大気と湖、川、海を持っていて、太陽系の中で最も地球に似た天体と言えるんですねー

ただ、極寒の地表にあるのは水ではなく、メタンやエタンのような有機分子の液体…

地球では水の雨が降り、川となって海に流れ、蒸発してまた雨になるのですが、タイタンではエタンやメタンと言った炭化水素が循環しています。

今回、そのタイタンに新しい特徴が見つかりました。
どうやら、タイタンの赤道領域では大規模な砂嵐が発生しているようです。


土星探査機の観測データから分かった新しい特徴

NASAとヨーロッパ宇宙機関などが運用した土星探査機“カッシーニ”は、2004年から2017年まで土星とその衛星を周回して探査を行っていました。

今回、その膨大なデータの一部から、土星最大の衛星タイタンの赤道領域に、大規模な砂嵐と思われるものが発生していたことが分かってきました。

砂嵐が観測されているのは太陽系内では地球と火星のみ。
なのでタイタンは、太陽系では3例目の天体になります。

タイタンと言えば、地形や一風変わった炭化水素の循環について知られていました。
そこに、砂嵐という新しい特徴が加わることになります。


メタンやエタンが循環する極寒の環境

太陽系内の衛星として唯一、豊富な大気を持つ天体がタイタンです。

さらに、地球以外で表面に安定的に液体が存在する唯一の天体でもあります。

ただ、タイタンの表面温度は摂氏マイナス180度ほどで、存在している液体は水ではなく、主にメタンとエタンなどの液体のガス。

タイタンでは炭化水素の分子が蒸発して雲の中で凝縮、雨となって地表に降り注いでいるんですねー
○○○
液体のメタンやエタンが地表に存在するタイタン(イメージ図)


赤道付近に現れる謎の光る点

タイタンの気象は、地球と同じように季節ごとに変化します。
1年は長く地球の約30年にあたり、季節は7年ごとに変化。

特に、約15年ごとに訪れるタイタンの春分や秋分の頃には、赤道付近で巨大な雲が形成され、激しいメタンの嵐が発生しています。

“カッシーニ”は、タイタンの北半球が春分を迎えていた2009年頃に赤道付近を赤外線で撮影。
すると、通常とは異なる3つの光る点が見つかります。

当初、この光る点はメタンの雲だと思われていました。

ただ、タイタンで雲が形成される仕組みから考えると、この時期にこの領域にメタンの雲が発生することは物理的に不可能なんですねー

そして、この模様を詳しく調べてみて、雲とは違うものだと分かってきます。
○○○
3つの明るい模様(矢印の先)
中断の画像が模様が最も明るいときのもので、
上下は胴領域をその前後の期日にとらえたもの。


正体は大気中に広がる個体粒子の薄い層

この明るい模様は最短で11時間、最長でも5週間ほどで消えてしまったので、表面で凍結したメタンの雨や、内部から表面に流れ出て凍った物資である可能性は無いようでした。

さらに、化学組成の面からも表面の特徴ではないことが示されます。

考えられるのは、この特徴は表面に近い大気中に広がる固体粒子の薄い層だということ。

模様の位置がタイタンの赤道付近に存在する砂丘の真上にあたるので、この模様は砂丘から巻き上げられた砂塵の雲だと考えられます。

この砂嵐は、地球の乾燥した地域で発生する大規模な砂嵐“ハブーブ”と同じもののようでした。
“ハブーブ”は、雨で冷えた空気が下降することで突風が発生し、その風によってチリが舞い上げられる現象です。

タイタンの赤道付近では、メタンの嵐が同じような突風を発生させている可能性があります。

強い風や大規模な砂嵐によって、タイタンの砂丘は常に変化し続けているのかもしれません。
○○○
タイタンの砂嵐(イメージ図)

液体のメタンが流れる川や、メタンの雨に浸食された地形、激しいメタンの嵐や大規模な砂嵐の発生…
とても活発な衛星タイタン、それでも太陽系の中で最も地球に似ている天体なんですねー


こちらの記事もどうぞ
  土星の衛星タイタンで液体メタンに浸かった渓谷を発見
    
コメント

ダークエネルギーの謎を解明できるか? すばる望遠鏡“HSC”を使った精密宇宙論のはじまり

2018年10月18日 | 宇宙 space
宇宙にある質量の大半を占めている暗黒物質“ダークマター”。

残念なことに、ダークマターは光では直接見ることができない物質です。
でも、ダークマターは質量を持っているので、その質量が生み出す重力によって光の経路を曲げることがあります。

なので、光が曲げられている箇所を調べていくと、重力源になったダークマターの3次元分布図を作ることができるんですねー

今回の研究では、すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ“HSC”を用いて、これまでで最も深く広いダークマターの3次元分布図を作成。

そして、この分布図から宇宙の構造の形成度合いを示す物理量が精密に測定されます。

さらに今回の研究成果からは、加速膨張を引き起こすダークエネルギーの謎にも迫ることができそうですよ。


銀河の形状から“重力レンズ”の影響が見えてくる

遠方銀河からの光は地球に届くまでの間に、途中にある銀河や銀河団に含まれる膨大な質量が生み出す重力によって、曲げられたり明るくなったりします
  アインシュタインの相対性理論が予言する、
  重力が光の経路を曲げる“重力レンズ”と呼ばれる現象。


この“重力レンズ”の度合いを調べると、レンズ源となった物質の3次元分布を復元することができます。
とくに、電磁波で直接観測ができないダークマターの分布を知ることができることが、大きな利点と言えるんですねー
  ダークマターは、質量を持っているけど光学的に直接観測できないとされる仮設上の物質。

今回、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究所のチームが行ったのは、満月約3000個分に相当する天域を観測して銀河の形状を測定すること。
すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ“HSC(ハイパー・シュプリーム・カム)”を使って、約1000万個の銀河が測定されました。

次に研究チームが行ったのは、作成した銀河の形状から“重力レンズ”を詳しく調べること。

そして作成されたのが、これまでで最も深く(過去の宇宙までさかのぼった)、広い天域をカバーした、過去に例がないほど高解像度のダークマターの3次元分布図でした。
○○○
ダークマターの分布図(青)。明るい領域ほどダークマターがより多く存在する。
年代別に測定することで異なる距離を調べることができ、3次元分布図が得られる。
白い部分は重力レンズ効果による、銀河の平均的な歪み方向。


“HSC”のデータにより標準的な宇宙モデルが分かってくる

“重力レンズ”の観測結果からは、宇宙の構造形成の進行度合いを表す物理量“S8”を測定することができます。

“S8”が大きい宇宙では、宇宙の構造がより進化し、より多くの銀河が存在することになります。

遠くの暗い銀河まで観測し、高解像度のダークマター地図を作成したことで、研究チームは高精度で“S8”の値を測定することに成功。
“重力レンズ”を用いた他のプロジェクトよりも遠い(過去の)宇宙の“S8”を得ることができました。
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/72/14/c7f4bb106693306511bb9dcf45f2b0e3.jpg
異なる年代の宇宙の観測から得られた宇宙の構造の進行度合い“S8”の測定結果。

この測定結果は、より近傍の宇宙にある銀河を用いたアメリカ中心の“DES”と、ヨーロッパ中心の“KiDS”の重力レンズ効果による測定結果とも一致することになります。

ただ、“重力レンズ”の観測から測定された“S8”は、ヨーロッパ宇宙機関の赤外線天文衛星“プランク”の観測から予想される値よりもわずかに小さいものなんですねー

この違いは、測定の統計的誤差による見かけ上のことなのでしょうか?
それとも、現在の標準的宇宙モデルに何か綻びがあるのでしょうか?
○○○
左は今回の“HSC”など重力レンズの観測が支持する宇宙モデルに基づくシミュレーション結果、
右は“プランク”の観測が支持する宇宙モデルに基づくシミュレーション結果。
“S8”がわずかに大きい“プランク”の支持する宇宙では、“HSC”の宇宙に比べより構造が進化している。

さらに、宇宙のエネルギーの大半を占めていると考えられていても正体不明の存在“ダークエネルギー”の謎も存在しています。

今回の“HSC”の結果は、全計画のたった約10%のデータを用いたものなので、今後得られる“HSC”データにより標準的な宇宙モデルへの理解がさらに深まれば謎が解明でき、ダークエネルギーの正体も解明できる可能性がありそうです。

今回の研究成果は、これらの謎の解明に向けた“HSC”による精密宇宙論の最初の第一歩といえますね。


こちらの記事もどうぞ
  すばる望遠鏡“HSC”が描き出した最初のダークマター地図
    


コメント

中緯度領域の2.5倍も赤道領域の自転が速かった! 太陽のような恒星の自転周期を調べてみて分かったこと

2018年10月16日 | 太陽の観測
質量や年齢が太陽と似た恒星の観測から、これらの星の自転速度は太陽と同様に、緯度の高いところよりも赤道の方が速いことが明らかになりました

ただ、太陽とは異なり、赤道付近の速度は中緯度に比べて2.5倍も大きいようです。


太陽の自転周期は緯度によって異なっている

太陽の自転周期は、赤道付近では約25日なんですが緯度が高くなるにつれて長くなり、極付近では約30日にもなります。

つまり、赤道付近の自転速度は緯度の高いところよりも速いということになるんですねー

これは太陽が液体(気体)で構成されているから起こる現象で、このように緯度によって速度が異なる回転を差動回転(微分回転)と呼びます。

もちろん、太陽と似たような恒星も同じように差動回転しているはずなんですが、これまで分かっていたのは赤道付近が高緯度部分よりも速いということ、詳細は不明なままでした。


星の内部を伝わる音波を利用して星の構造を調べる

今回の研究で用いられたのは、星の内部を伝わる音波から星の構造を調べる“星震学”の手法でした。

アメリカ・ニューヨーク大学アブダビ校宇宙科学センターの研究チームが、NASAの系外惑星探査衛星“ケプラー”の観測データから、質量と年齢が太陽に似た13個の恒星の自転を正確に測定。

その結果、これらの恒星の赤道領域が中緯度領域の約2.5倍の速さで回転していることが初めて明らかになります。

赤道領域が速いという点では太陽と同じなんですが、太陽の場合には赤道の自転は1割ほど速いだけです。
この点で観測された星とは大きな違いがありました。

これまで数値シミュレーションで考えられていたのは、こうした恒星がこれほど大きな差動回転を維持することはできないということ。
そう、この結果は予想外のもので、理論の正当性が問われることになります。
○○○
緯度によって自転速度が異なる。青い矢印が長いほど速くなる。


恒星の自転を理解すれば太陽嵐のことも分かってくる

太陽の自転は、太陽の磁場を発生させるうえで決定的な役割を果たしていると考えられていて、熱心に観測や研究が行われてきました。

でも、その詳細はまだはっきりと分かっていないんですねー

太陽の磁場は大規模な太陽嵐を引き起こすことが知られています。

太陽嵐は、しばしば人工衛星に障害を発生させたり、地球の送電線にダメージを与えたりすることがあるので、磁場発生の仕組みを理解することは、私たちの生活においても極めて重要なことといえます。

恒星の自転と地場の生成についての理解が進めば、磁場を生み出す物理的なプロセス“太陽のダイナモ機構”に関する情報を得るうえで、大いに役立つようですよ。


こちらの記事もどうぞ
  太陽がもたらした強度“G4”の磁気嵐
    
コメント