宇宙のはなしと、ときどきツーリング

モバライダー mobarider

天の川銀河の中心部では、複数の“野良ブラックホール”が飛び交っている!?

2017年07月29日 | 宇宙 space
天の川銀河の中心には超大質量ブラックホール“いて座A*”があります。
この“いて座A*”周辺に、異常な速度をもつ小さな分子雲が発見されたんですねー

分子雲は、なぜこのような振る舞いをするのか?
疑問を解く鍵は孤立した“野良ブラックホール”にあるようです。

“野良ブラックホール”が巨大分子雲に高速で飛び込み、
重力で引き寄せられた部分が局所的に加速された結果らしいですよ。


恒星質量ブラックホール

天の川銀河内には、
太陽の数倍から十数倍の質量を持つ軽いブラックホール“恒星質量ブラックホール”が、
数億個存在すると理論的に予言されています。

でも、これまでに発見されている候補天体の数は60個ほど…
見つからない理由は、多くのブラックホールが伴星を持たず孤立した“野良”状態にあるようです。

恒星質量ブラックホールは、
その周囲に広がる降着円盤から放出されるX線を検出することで発見されてきました。

ただ、降着円盤を継続的に輝かせるのには、
ブラックホールのすぐ近傍に物質供給源となる伴星が必要になるんですねー

なので“野良”状態だと、降着円盤からX線が放出されず発見が出来ないということです。
  中間質量ブラックホールは球状星団の中心に隠れていた
    


特異分子雲を発見

今回、研究チームでは、
天の川銀河の中心核“いて座A*”から約30光年以内の領域をサブミリ波で分光観測。

東アジア天文台のジェームズ・クラーク・マックスウェル電波望遠鏡を用いて、
“いて座A*”周辺の分子ガスの運動と物理状態を調べています。

観測の過程では同領域内に、直径3光年程度と小型で、
周囲の既に知られている分子雲とは明らかに異質な運動をしている2つの分子雲を発見。

そして詳細な解析から、これらの特異分子雲はそれぞれが太陽の十数倍の質量を持ち、
太陽が1秒間に放出するエネルギーの約20兆倍もの膨大な運動エネルギーを持っていることが分かります。
  超大質量ブラックホールのそばに新種の分子ガス雲を発見
    


運動エネルギーはどこから?

膨大な運動エネルギーの起源として挙げられるのは、
超新星爆発との相互作用や重い原始星からの双曲流などです。

でも、2つの分子雲にその痕跡は見当たらなかったんですねー

このことから、既知の天体現象以外の“何か”が、
特異分子雲の駆動源になっていることが示されることになります。

そこで研究チームが考えたのは、
“点状重力源が巨大分子雲へ高速で突入し、
重力で引き寄せられた部分が局所的に加速されることで生じる”
っというシナリオでした。

この“突入モデル”によると、
  1.太陽と同程度の質量を持つ天体が、秒速約1000キロの超高速で分子雲に突入。
  2.太陽の十倍程度以上の質量を持つ天体が、秒速約100キロの高速で分子雲に突入。
のいずれかの場合に、発見されたような特異分子雲が発生するそうです。

1番目の場合、突入天体の候補としては、
天の川銀河の重力を振り切るほどの超高速度で運動する軽い恒星“超高速度星”が挙げられます。

でも“超高速度星”は、これまで天の川銀河中心部には発見されておらず、
大質量星やブラックホールの数に比べて極めて少ないことが理論的に予言されているので、
可能性は低いんですねー

一方、2番目のモデルでは、
突入天体の候補は大質量星か恒星質量ブラックホールと考えられています。

さらに、分子雲方向に大質量星のような強力な放射源の存在は確認されていません。

なので、今回発見された2つの特異分子雲の駆動源は、
“いて座A*”の周りを飛び交う“野良ブラックホール”という可能性が高いことになります。

天の川銀河中心部を飛び交う“野良ブラックホール”(イメージ図)

今回の研究は、天の川銀河の中心の超大質量ブラックホール近傍を、
複数個の“野良ブラックホール”が飛び交っている可能性を、
初めて観測的に示したものになります。

天の川銀河の中心核から30光年以内の領域には、
1万個以上ものブラックホールが潜んでいるという理論予測もあり、
その一端をとらえたという点で有意義な成果になるそうですよ。


こちらの記事もどうぞ
  駆動源は野良ブラックホール? 天の川を打ち抜く超音速の弾丸
    
コメント (1)

目指すは室戸のキンメ丼!

2017年07月16日 | バイク・旅・ツーリング
室戸といえばカツオを思い浮かべますよね。
でも室戸沖は全国有数の金目鯛の好漁場でもあるんですねー

今回は、この室戸岬沖の深い海から揚がる新鮮な金目鯛がターゲット。
ご当地グルメ“室戸キンメ丼”を食べるツーリングです (^^♪

ただ、室戸岬まで行って帰ってくるだけだとつまんないので、
岬をぐるっと回るルートを選択。

前から気になっていた、
讃岐の郷土料理“打ち込みうどん”と四国最東端にも立ち寄ります。

なので今回は長距離ツーリング。 たくさん高速を使うことにしました\(^o^)/
▲クリックでgoogleマップへ
高速を使ったのは自宅のある伊丹市から高松自動車道“引田”、徳島自動車道“脇町”~高知自動車道“南国”、徳島自動車道“徳島”~伊丹市。

朝食はあったか讃岐うどん

6月10日(晴れ)。
四国霊場八十八番結願所大窪寺前にある八十八庵。

香川~高知(室戸岬)~徳島を回る長距離ツーリングになるので7時に出発です。

距離を稼ぐため高速を使って四国に上陸し、
引田インターで高速を降りて県道40号を西へ。
東かがわ市で給油を済ませると、
国道377号に入り八十八庵さんに向かいます。

朝食べて来なかったのでお腹はペコペコ (T_T) お遍路さんが立ち寄る八十八庵さんは、開店時刻は早めの朝8時なんですねー なので、ここで朝食を頂こうという訳です。
名物の“打ち込みうどん”

注文したのは八十八庵さんの名物“打ち込みうどん”!

運ばれてきた鉄鍋の中には、
ダイコン、ニンジン、サトイモ、ゴボウなどの野菜がゴロゴロ (^○^) あとネギと豚肉も入っていました。

うどん入り豚汁と思いきや、山椒が効いた白みそ仕立て、
薄味で少し甘みがあるやさしい味。
冬のツーリングで立ち寄りたいアツアツうどんでした。

港町にある大衆料亭へ
小学校をリユースした天体望遠鏡博物館

朝ご飯の後に国道377号を走っていて見つけたのが天体望遠鏡博物館

小学校をリユースした施設で、
各地の天文台で活躍していた望遠鏡を展示しているそうです。 ただ開館時刻まであと1時間…

もちろん今回は先を急ぐのでパスして、
高速に乗るため国道377号~国道193号を走って、
徳島自動車道の脇町インターへ。

ココから高知自動車道の南国インターまで一気に走り、
港町にある大衆料亭

高速を降りてからは海沿いの国道55号をスイスイっと南下していきます。

目指すのは創業大正14年の老舗(大衆)料亭の“花月”さん。
今回のメインイベント“室戸キンメ丼”を頂きます。

室津漁港にある“花月”さんに着いたのは、
ちょうど団体客が食事を終えた13時過ぎ。

予約している事を伝えると2階の座敷に案内され、
すぐに“室戸キンメ丼”を注文。
“室戸キンメ丼”関東だと静岡県下田が金目鯛料理で有名ですよね。

運ばれて来たのは、金目鯛の照り焼きと季節の刺身を盛り付けた丼。
中岡慎太郎像(室戸岬)

そこに金目鯛のあら汁と漬物、金目鯛の出汁が付いてきます。
お刺身は金目鯛とヨコワと… あと忘れちゃいました (^^ゞ

プリプリ照り焼きとお刺身でご飯を半分ほど食べた後に、
残りは熱い金目鯛の出汁で鯛茶漬け!

出汁を多目にかけてサラサラーっとかっ込むのがオススメ。 
脂ののった金目鯛の甘みと出汁が合わさってウマ~でした。

2つの味が楽しめる丼。 これで結構お腹がふくれました (*^_^*)

室戸からはひたすら北上
道の駅 宍喰温泉

室津漁港から少し走れば室戸岬に到着。

メインイベントのキンメ丼も食べたし、
なんせ、ココからは帰り道なので気が楽です。

まずは徳島に向けて国道55号を北上するのみ。
良い天気だし道も空いていたので、マイペースで走る事ができました。

昼からはかなり暑くなっていたので、
休憩しているよりも走っている方が、風を受けて気持ちが良かったですねー

途中、トイレ休憩と給油をはさんで、
福井町あたりで右折して県道26号~県道200号を走ります。
灯台までの1本道


そして到着したのが四国最東端。
本日最後の立ち寄りスポットの蒲生田岬です。

道路が終わるとそこにバイクをとめて、
1本道を歩いて行くと急な坂があらわれます。
ここを登り切ると蒲生田岬灯台です。

小さな灯台は四角の窓が付いた珍しい形で、
晴れた日だと大鳴門橋や淡路島、和歌山県まで見えるんだとか。
この日は残念ながら遠くは見えませんでした。

ちなみに、この場所から和歌山(の紀伊日ノ御碕灯台)に向って、
蒲生田岬灯台

左手側が瀬戸内海、右手側が太平洋になるそうですよ。

ここまでの走行距離480キロほど。
“かもだ岬温泉保養センター”で汗を流してから帰るつもりでしたが、
少し疲れが出てきたので暗くならないうちに出発です。

とにかく下道(国道195号~県道24号~国道55号)を徳島まで走れば、
後は高速に乗って帰るだけっと気楽に考えていたのですが、
徳島市街で渋滞に遭遇…

まぁー 仕方ないですね。
開き直って給油を済ませ、30分ほどの我慢で少しずつ車が流れると、
あっという間に徳島インターが見えてきました。

もう何もイベントは残って無いので帰りの高速は休憩なし!
明るいうちに明石に上陸することができ、予想外の速さで帰宅できました。

家について思い出したのは室戸のキンメ丼。
2度楽しめた丼は、味よしボリュームよしで大満足 (*^_^*) 1,500円はコスパ◎です。
室戸では15店舗ほどで提供されているので、今度は他の店にも立ち寄りたいですね。


こちらの記事もどうぞ
  隣の県なのに遠回りして…  岡山“ぶたかば重”ツーリング
    
コメント