宇宙のはなしと、ときどきツーリング

モバライダー mobarider

“ビーナス・エクスプレス” 燃料切れでミッション終了へ…

2014年12月22日 | 金星探査 ビーナス・エクスプレス
ヨーロッパ宇宙機関の金星探査機“ビーナス・エクスプレス”が、
燃料切れとなり、金星の有毒大気に落下して燃え尽きる見込みです。
金星の軌道上を周回する
ヨーロッパ宇宙機関の“ビーナス・エクスプレス”
(イメージ図)

“ビーナス・エクスプレス”は、
8年間にわたり金星の詳細な分析を行ってきた無人探査機です。

これまで、地球とほぼ同じ大きさと質量を持つ金星についてのデータを、
科学者に提供し、重要な結論へと導く手助けをしてくれました。

同機が収集したデータからは、金星の地質学的な活動が今でも活発で、
かつては地球と同じような海が存在した可能性があることを明らかにしています。


2005年11月に打ち上げられた“ビーナス・エクスプレス”は、
2006年4月11日に金星の周回軌道に投入され、金星の探査を開始します。

当初2年を予定していたミッションは数回延長され、昨年の春に最後の冒険に出ることになります。

宇宙探査機は通常、車や航空機のような燃料計を備えていないので、
推進剤の残りを正確に把握はできません。

推進剤が尽きるのを待ちながら捨て身の「おまけミッシン」として、
今年5月~7月には、高度を約130キロまで下げて大気抵抗の調査を行ったんですねー

さらに11月末には、わずかな希望に賭けて、
科学観測が可能な高度に戻すためのエンジン噴射を試みるのですが、
そこで推進剤が尽きたようで、姿勢を制御できず安定した通信ができなくなります。

ここで、運用続行を断念。

“ビーナス・エクスプレス”は来年の1月ごろに金星大気に突入し、
飛翔を終えるようです。
コメント

通信ができないのは燃料不足のため? 金星探査機“ヴィーナス・エクスプレス”

2014年12月12日 | 金星探査 ビーナス・エクスプレス
金星を探査している探査機“ヴィーナス・エクスプレス”と通信できなくなったようです。

通信が途切れたのは11月28日のことで、
それ以来、ヨーロッパ宇宙機関が持つアンテナと、
NASAが持つ深宇宙ネットワークのアンテナも使い、
通信回復の努力が続けられてきました。

そして12月3日から、断片的なのですが“ヴィーナス・エクスプレス”から、
データが送られてくることに…

それによれば、
“ヴィーナス・エクスプレス”の太陽電池パドルが太陽のある方を向いていること、
そして、それに伴って機体全体がゆるやかに回転していることが分かったんですねー
ヨーロッパ宇宙機関によれば、
11月26日から30日にかけて、“ヴィーナス・エクスプレス”のスラスターを噴射、
軌道の高度を上げる運用を行ったんだとか。

そのため燃料がなくなり、
アンテナを地球の方に向けることが出来なくなったようです。

現在、“ヴィーナス・エクスプレス”の記憶装置に残っているデータの受信が試みられています。

無事に受信できれば、
「通信途絶時に“ヴィーナス・エクスプレス”何が起きたのか?」
が分かるかもしれません。


“ヴィーナス・エクスプレス”は、2005年11月9日に打ち上げられ、
2006年4月11日に金星に到着、以来8年以上にわたって観測を続けている探査機。

当初予定していたミッションはすでに完了し、
現在は延長ミッションに入っていました。

でも、燃料の残りが少なくなっていることや、
機器が劣化していることなどから、ミッションの終わりが近くなっていたんですねー

また、今年6月18日から7月11日にかけては、
軌道高度を大きく下げて、金星大気の上層部に突入。

その抵抗でブレーキをかけて軌道を変える、
“エアロ・ブレーキング”と呼ばれる技術の試験も行われています。

ある意味、捨て身に近い試験だったのですが、
これが行えたのも、すでにミッションを十分にこなし、
いつ運用が終ってもおかしくない状態に近づいていたから…

“ヴィーナス・エクスプレス”との別れが、近づいているんですね。
コメント

金星探査機“ビーナスエクスプレス” 最後の軌道上昇へ

2014年07月17日 | 金星探査 ビーナス・エクスプレス
2006年から金星の観測を行っている
ヨーロッパ宇宙機関の探査機“ビーナスエクスプレス”が、ミッションの最終段階を迎えています。

ここ最近は、低い軌道で大気の調査を行っていたのですが、
7月中旬には再び高度を上げ、そこから自然落下して運用終了になる予定なんですねー
金星大気を抜けて上昇する“ビーナスエクスプレス”(イメージ図)

“ビーナスエクスプレス”は、5月中旬に所定のミッションを全て終えてからは、
金星の引力と軌道修正によって高度130キロ付近まで軌道を下げ、
大気の調査を行っていました。

機体が受ける大気抵抗から推算される大気濃度は、
高度165キロで1000億分の1kg/m3、130キロでは1億分の1kg/m3となりました。
ちなみに、地球の海面では1kg/m3なんですねー
また、探査機の太陽電池パネルの温度が急激に上がるようすも想定されていて、
将来の探査機設計に活かされることになります。

7月中旬の間は、再び高度を上げているところで、
燃料が尽きなければ26日までに高度460キロ以上の軌道に入り、
それ以降は自然落下して、今年中に最期の時を迎える予定そうです。
コメント

金星の大気圏に突入! 探査機“ビーナス・エクスプレス”

2014年06月26日 | 金星探査 ビーナス・エクスプレス
ヨーロッパ宇宙機関の金星探査機“ビーナス・エクスプレス”が、
金星の厚い二酸化炭素の大気を静かに降下して、高度130キロまで到達しました。
金星大気の上層で太陽風の荷電粒子を浴びる
“ビーナス・エクスプレス”(イメージ図)

金星の周回軌道を飛行中だった“ビーナス・エクスプレス”は、
3週間かけて二酸化硫黄の雲をかき分け、存在の可能性が指摘されている弱い磁場を探索し、
低層大気に関する情報を収集する予定なんですねー

また、将来のロボット探査で応用が期待されている、
大気抵抗を利用して減速、軌道を制御する“エアロブレーキング”もテストするそうです。

すべてが計画通りに運んだ場合は、
再び大気層から浮上し、数か月間データを収集してから、
今年の後半には最後のメッセージを、地球に発信する予定なんだとか…
まぁー 探査機の状況や残燃料の量によっては、計画が変更を余儀なくされる可能性もあるそうです。

2005年に打ち上げられた“ビーナス・エクスプレス”は、
2006年4月に金星を周回する極軌道に投入されています。

南極では高度6万6000キロ、北極では高度250キロと偏った軌道を飛行しながら、
地球に最も近い惑星のデータを、休むことなく収集し続けてきました。

8年後の現在、観測運用は終了したのですが、
これまでに蓄積された豊富な観測データからは、かつては地球そっくりの高温の惑星について、
新たな疑問が数多く提示されてるそうです。
コメント

加速が進む金星の暴風“スーパーローテーション”

2013年07月25日 | 金星探査 ビーナス・エクスプレス
周期243日という非常にゆっくりとした自転をしている金星。

この金星の表面を、わずか4日間で一周する謎の暴風“スーパーローテーション”が、
過去6年で大幅に加速していることが分かりました。

ヨーロッパ宇宙機関(ESA)の金星探査機“ビーナスエクスプレス”の観測から、
南緯50度から北緯50度までの領域で、上空70キロに出現する雲の動きを追跡。
すると、2006年には時速300キロだった風速が、最新データでは400キロにまで加速していたんですねー



“ビーナスエクスプレス”がとらえた
金星大気とその動き
手動で4万5000個、
自動プログラムで35万個にもおよぶ
雲の模様を追跡
これにより長期の加速をつきとめた



この結果は、ロシア宇宙科学研究所と日本の産業技術総合研究所による研究から判明していて、
他にも短期スケールでの風速の周期変動が明らかになっています。
でも、この中には説明のつかない新たな謎も含まれていたりします。

日本の金星探査機“あかつき”も、2010年に“ビーナスエクスプレス”に合流し、
共に“スーパーローテーション”の解明に取り組む予定だったのですが、メインエンジンのトラブルにより金星周回軌道投入に失敗…
今は2015年の再挑戦を目指しているところです。

2006年から続く“ビーナスエクスプレス”の観測ミッションも、今は終盤にさしかかっているところ。
なので、“ビーナスエクスプレス”の最後のミッションは、“あかつき”の到着まで持ちこたえることだとか。

なんとか2015年まで頑張って、“スーパーローテーション”の謎を解明してほしいですねー
コメント