宇宙のはなしと、ときどきツーリング

モバライダー mobarider

最後のミッションは彗星への着陸。探査機“ロゼッタ”は9月29日に降下開始

2016年09月26日 | 彗星探査 ロゼッタ/フィラエ
2014年11月、人類は初めて彗星に探査機を着陸させることに成功しました。

ただ、着陸機の“フィラエ”は機体の固定に失敗し、
日が当らない場所に傾いて着地してしまい、太陽光による発電が出来ない状態に…
バッテリーを使い果たした“フィラエ”は冬眠モードに入ってしまいます。

いっぽうで相棒の探査機“ロゼッタ”は、
その後約2年間も彗星の上空から数多くのデータを地球に送り続けてくれています。

でも、そのミッションもついに最後の時を迎えるんですねー

この9月末に“ロゼッタ”は彗星に着陸し、
その後最後のデータ収集に取りかかることになります。
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星


着陸予定場所

最近、ヨーロッパ宇宙機関は“ロゼッタ”の着陸予定場所の画像を公開しました。

その場所は、ふたつの岩を合体させたように見えるチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の、
小さい方の岩の先端近く。

その場所は無事着陸できることを祈るためか、
調和や秩序を司るエジプトの女神にちなんで“マアト”と名付けられています。
“ロゼッタ”の着陸予定場所“マアト”

“マアト”には石がゴロゴロ散らばった鳥肌のように見える部分と、
真っ暗で深そうな穴があり、そこからは激しいガスやホコリが噴き出しているようです。

見るからに荒涼としていますが、だからこそ探査する価値があり、
ここからチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の形成を理解するためのカギが、
見つかるかもしれないんですねー


どうやって彗星ができるのか

“マアト”の穴は、壁の内側の構造が変わっていて、
壁の表面が3ミリのボールをくっつけ合わせたみたいになっています。

これは彗星が形成されたときの無残りだと考えられている。

ロゼッタミッションにとって重要な課題は、
彗星がいかにして彗星になるのかということを突き止めることです。

小さな氷のかたまりが、いかにして集まり、凝固してまとまっていったのかを、
“マアト”の壁にある構造を調べることで、答えにつながる何かが得られるかもしれません。


ミッション最後の計測

“ロゼッタ”は9月29日に降下を始め、30日に着陸する予定です。
“ロゼッタ”の最後の1週間の動き。
彗星を周回していた“ロゼッタ”は29日に降下を始める。

そのとき、搭載された“オシリス狭角カメラ”は、
彗星上の複数の穴をより良くとらえるために角度を合わせ、
地球との交信を絶つまでの間、詳細な画像を撮り続けることになります。

“ロゼッタ”が最後に到着するのは、
“ディール・エル=メディナ”と呼ばれている幅130メートルの穴のわき。
(穴の中が横目で見えるイイ場所に降り立ちます。)

質量分析計による大気中の物質の計測や、ホコリの取り込み、
太陽風に対する地表の反応もプラズマ計測機で記録するなど、
カメラ以外の観測機器も最後の仕事を始めることになります。
彗星へ着地寸前の“ロゼッタ”のイメージ図

そして“ロゼッタ”が最期を迎える場所“マアト”は、
最近見つかった“フィラエ”と同じかたまり側にあります。

なので予定通りなら、
“フィラエ”と“ロゼッタ”は最後に数キロの距離に近づくことになります。

ミッション終了後には、
二つの探査機が寄り添ったように太陽を離れて行くことに…
最後のミッションが成功するといいですね。


こちらの記事もどうぞ ⇒ ついに発見! 行方不明の彗星着陸機“フィラエ”

コメント

ついに発見! 行方不明の彗星着陸機“フィラエ”

2016年09月20日 | 彗星探査 ロゼッタ/フィラエ
彗星に着陸した後に行方不明になり、
今年7月末に運用を終えていた着陸機“フィラエ”が見つかったんですねー

“フィラエ”は親機“ロゼッタ”が撮影した画像から見つかったのですが、その“ロゼッタ”もミッション終了まで残り1か月…
ギリギリのタイミングでの発見でした。

  彗星着陸機“フィラエ”の復旧を断念… 交信用システムはオフへ


ロゼッタの画像に写っていたもの

画像はヨーロッパ宇宙機関の彗星探査機“ロゼッタ”がとらえたものでした。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星を周回していた“ロゼッタ”は、
彗星表面約2.7キロの高度から“オシリス狭角カメラ”により撮影。

9月2日に撮影され、その2日後に地球に届いた画像には、
3本脚のうちの2本を伸ばした“フィラエ”の機体がはっきりと写っていました。
岩陰にとらえられた“フィラエ”。
機体の角度から着陸後に通信困難となった理由も見てとれる。


どうやって発見したのか

“フィラエ”は2014年11月に“ロゼッタ”から分離され、
史上初となる彗星への軟着陸を果たすのですが、
機体の固定に失敗し弾みで飛ばされてしまいます。

岩陰に入ってしまった“フィラエ”は太陽光発電が出来なくなり、
着陸の3日後にはバッテリーを使い果たして冬眠モードに入りことになります。

それでも、彗星が太陽に接近した2015年6月と7月には、
“フィラエ”は短いながらも目を覚まし“ロゼッタ”と交信するんですねー
  彗星着陸機“フィラエ”と6月24日以来の通信に成功! また途絶えることに…

でも“フィラエ”の正確な位置は分からず…

電波を使った捜索により、ある程度の範囲まで絞り込まれていたのですが、
離れたところから撮影された低解像度画像には、
あまりにも多くの候補物体がありすぎたんですねー

ただ詳しい画像解析によって、ほとんどの候補が外されていくと、
ある1つのターゲットが“フィラエ”である可能性が高まっていきます。

そして、1ピクセルあたり5センチという高解像度の画像の中に、
脚やパネル、カメラといった“フィラエ”の特徴が見え、
このターゲットが間違いなく“フィラエ”であると分かりました。
“フィラエ”のクローズアップ


“ロゼッタ”の最終ミッション

“ロゼッタ”は2014年夏から、
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の周回探査を続けてきましたが、
そのミッションも間もなく終わることになります。

“ロゼッタ”は9月30日に、彗星の表面へと降下して至近距離から観測を行い、
彗星の内部構造の秘密に迫る予定です。
  彗星探査ミッション延長へ、“ロゼッタ”は彗星に着陸するかも…

そう、二度と戻ることのない片道ミッションを実施することになります。

ミッションも残すところ1か月を切った今、
“フィラエ”の姿がとらえられ、驚くほど詳細にその機体を見ることができました。

着陸機“フィラエ”の捜索が終わったことで、
“ロゼッタ”に残されたのは彗星への着地だけとなりました。

最後に楽しみなのは、彗星にさらに接近した“ロゼット”から送られてくる画像ですね。


こちらの記事もどうぞ ⇒ 彗星探査機“ロゼッタ”がガス噴出と地すべりを観測

コメント

彗星探査機“ロゼッタ”がガス噴出と地すべりを観測

2016年09月12日 | 彗星探査 ロゼッタ/フィラエ
ヨーロッパ宇宙機関が2004年に打ち上げた彗星探査機“ロゼッタ”。

2014年には搭載してていた着陸機“フィラエ”が、
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸するなどの活躍をしているんですねー
2月19日に噴出活動があったチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。
“ロゼッタ”のオシリス広角カメラで撮影。

今回は“ロゼッタ”が新たに観測したのは、彗星で発生したガス噴出と地すべりでした。

太陽を周回していたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は、
2015年8月には太陽に最も近づく近日点を通過しています。

それによって彗星が熱せられ、今回のガス噴出につながったようです。

報告によると今年の2月19日、
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星のアトゥムという場所で噴出活動が始まります。
噴出活動があったアトゥム

この活動をとらえたのが、彗星の35キロ上空を飛行していた“ロゼッタ”の搭載機器、
ガス/プラズマ検査偏光子や粒子感知器でした。

ガス噴出の途中には粒子感知器が多数の粒子の放出をとらえ、
またガスやプラズマの増加、そしてガス自身の30度ほどの加熱も観測されていました。

さらに、この噴出は彗星内部というよりも、彗星の氷が熱せられたことでガスになり、
それが地すべりを発生させたものと見られています。
彗星探査機“ロゼッタ”
赤字は活動をとらえた観測機器。

このように彗星探査で様々な活躍してきた“ロゼッタ”ですが、
今月(9月)末にはミッションの終了が予定されています。

さらに彗星に降り立った“フィラエ”も交信が断念され、実質的に活動を終了…

10年を超える航海を続け、
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の観測と、史上初の着陸をやってのけた“ロゼッタ”と“フィラエ”。
ご苦労様でした。

 
こちらの記事もどうぞ ⇒ 彗星着陸機“フィラエ”の復旧を断念… 交信用システムはオフへ

コメント

彗星着陸機“フィラエ”の復旧を断念… 交信用システムはオフへ

2016年08月02日 | 彗星探査 ロゼッタ/フィラエ
10年を超える航海を続け、
2014年8月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着した探査機“ロゼッタ”。

その“ロゼッタ”には“フィラエ”という着陸機が搭載されていました。

“フィラエ”は、
2014年11月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の表面に降下するのですが、
着陸時に機体を固定する“銛(もり)”の発射に失敗…
機体は数度バウンドした後に、
太陽光の届かない影になったエリアに着地してしまいます。

史上初の彗星への着陸に成功した“フィラエ”ですが、
太陽光による充電が行えず、電力を使い果たしてしまい、
しばらくすると冬眠モードに入ってしまいました。

その後、彗星が太陽に近づいて太陽電池が再充電されると、
昨年の6月に“フィラエ”は目を覚ますことになります。

ただ、“ロゼッタ”を介して断続的に8回の通信を行ったものの、
7月9日に再び交信が途切れてしまいました。


“ロゼッタ”ミッションの継続

これまで“ロゼッタ”は、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星を周回し、
万が一“フィラエ”が復旧した場合の通信に備えてきました。
ただ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は太陽からどんどん遠ざかるので、
“ロゼッタ”の発電力も低下していくんですねー

9月末まで続く“ロゼッタ”自体のミッションを考えると、
なるべく使用電力を抑える必要があります。

さらに、太陽から離れつつある“フィラエ”が復旧する見込みは、
電力や温度の面で、ほとんど無いことが確実になってきました。

  “フィラエ”は表面温度が摂氏51度以下になると二度と作動できなくなる。

そして今回、“ロゼッタ”に搭載された交信用システムのスイッチを切ることが、
決定したということです。

今後、残った時間と電力で“ロゼッタ”がどのような発見をしてくれるのか、
“フィラエ”の分も頑張ってほしいですね。


こちらの記事もどうぞ ⇒ チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星表面の氷は水と確認
コメント

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星表面の氷は水と確認

2016年01月26日 | 彗星探査 ロゼッタ/フィラエ
探査機“ロゼッタ”によるチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の観測データから、
彗星の表面に水の氷が存在することが決定的になりました。

いっぽうで、2014年11月に彗星に着陸した“フィラエ”は、
通信が途絶えたまま… 復活はかなり難しくなっているようです。


彗星表面にあった水の氷

ヨーロッパ宇宙機関の彗星探査機“ロゼッタ”は、
2014年の夏にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着し、
周囲を飛行しながら観測を行ってきました。

到着後間もなく取得した赤外線観測データの分析からは、
可視光線で明るく見えていた“イムホテプ”領域中の幅数十メートルほどの2地点に、
水の氷が含まれていることを確認しているんですねー

彗星から噴き出すガスの主成分は水蒸気ですが、
これまで水の氷は地表下にあると考えられていて、
表面にはほとんど見られていませんでした。
“イムホテプ”における水の氷の赤外線観測結果。


作られ方が違う複数の水の氷

それぞれの地点で純粋な水の氷は約5%を占め、
残りはすべて暗く乾燥した物質でした。

さらに、水の粒子には2種類あることが分かり、
1つは大きさが直径数十マイクロメートルで、
もう1つは約2ミリメートルでした。

いっぽう、アヒルのような形をした彗星の首の部分にある、
“ハピ”領域で見つかった粒子は、
大きさが数マイクロメートルしかありませんでした。

このような、様々な大きさの氷の粒子が意味しているのは何でしょうか?

それは形成メカニズムと、
形成されるまでの時間的スケールの違いと考えることができます。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の一日(自転周期)は12時間ほどで、
“ハピ”にあるとても小さな粒子は、
日々起こる氷の循環(凝結)によってできる薄い霜の層と関係しているようです。

それとは対照的に、
数ミリメートルサイズの粒子は、ゆっくりと時間をかけてできたようで
それが、ときどき浸食によって露出しているようです。

マイクロメートルサイズの粒子が典型的なサイズだと仮定すると、
観測されたミリメートルサイズのものは、
焼結や太陽の熱による、昇華といった二次的な氷の結晶の成長で説明できそうです。

現在研究グループでは、
彗星が太陽に近づいた昨年の夏ごろに得られたデータの分析を進めています。

これにより、熱の増加で表面に露出した氷が、
どのように変化したのかを調べるつもりなんですねー


彗星着陸機“フィラエ”のその後

着陸機“フィラエ”は、
2014年11月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の表面に降下するのですが、
太陽光の届かないところに着地してしまいます。

太陽光による充電が行えない“フィラエ”は、
電力を使い果たしてしまい、しばらくすると冬眠モードに…

その後、彗星が太陽に近づいて太陽電池が再充電されると、
昨年の6月に“フィラエ”は目を覚ましたんですねー

“ロゼッタ”を介して断続的に8回の通信を行ったものの、
7月9日に再び交信が途切れてしまいます。

それでも“フィラエ”復活への試みは続けられ、
今年の1月10日には、太陽電池パネルに積もったチリをふるい落としたり、
パネルを太陽の方向に向けたりするコマンドが送信されます。

残念ながら“フィラエ”からは何の信号も届かず…
ただ予定では、あと数回はコマンドを送信するそうです。
1月8日付けのロゼッタのブログの表紙。

今後、彗星は太陽からどんどん遠ざかり、状況は悪くなるばかりです。

1月の末には彗星は太陽から約3億キロも離れてしまうんですねー

そして表面温度が摂氏51度以下になると、
“フィラエ”は二度と作動できなくなります。

“ロゼッタ”自体のミッションは9月末まで続きますが、
“フィラエ”については相当厳しい状況になっていて、
1月末までに応答がなければミッションは終了になるようです。


こちらの記事もどうぞ ⇒ 彗星に大量の酸素分子があった!? 探査機“ロゼッタ”が検出
コメント