MOVIE レビュー

映画と海外ドラマの感想とエンタメ情報を載せています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「アバター」の感想です。

2009年12月27日 | 映画感想 ア 行
お久しぶりの更新です。「アバター」を観てきたので、私の今年最後に観る映画となるのでUPしてみました。この映画は全編3D映画と言うことで公開前からすごく話題になっていましたが、私が観たのは3Dではなく2Dの普通の映画館だったので、それほどすごいと言える映像体験はできませんでした。確かにCGを駆使した映像は綺麗で壮大で目を見張るパノラマをみせてくれましたが、やはり3Dではないのでねぇ・・・ビックリ体験できませんでした。ビックリとまではいかないけど2Dでもすごい迫力でしたから映画館で観る価値は大いにあると思います。

キャメロン監督が構想14年、製作に4年もかけて描き上げた物語と言うだけあって、風景も登場人物も細部にわたりきめ細やかに作られていて、大半がCG映像だと分かっていても本当に存在するような荘厳な雰囲気さえ醸し出している映像でした。私が初めて公開前のスチール写真でアバターを見た時に、「目が異様に大きくて青い皮膚が気持ち悪い!」とか「CGばかりの映像じゃ親近感がわかない!」とかマイナスイメージが強くて「観たい度」は低かったんですけど、惑星パンドラの風景が綺麗だったから、「気持ち悪さ」は感じませんでした。この映画の根底に流れているテーマが、人類が永遠に解けないパズルのような物でもありますが・・・「人間と環境と侵略」と言うものだったので、すごくそれぞれの立場と行動が分かりやすくて、シンプルに感情移入ができて飽きずに観る事ができました。

主演のサム・ワーシントンさんが演じるジェイクは好感が持てたし、リアルにアバターに息を吹き込んでいたと思いますが、ジェイクが人間の側で動いている時の演技が淡々と演技し過ぎていて、顔の表情や言葉使いなど全てにおいて感情表現を抑えた演技に終始していたように感じたので物足りなかった気がしました。この映画を観ていて思い出したのが19年前にケヴィン・コスナーが製作・監督・主演を兼ねた映画でアカデミー賞やゴールデングローブ賞の作品賞に輝いた「ダンス・ウィズ・ウルブズ」とダブって見えた所でした。(これはパクリとか言うような批判的な見かたをして書いているのではなく、私は、単に今までの映画と同じようなシーンを探すのが好きなだけですけどね!

この二つの映画は起承転結が殆ど同じで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」では、南北戦争時代の一人の軍人とスー族との交流と、スー族の女性との恋愛模様が描かれ、最後は合衆国軍がインディアンに総攻撃を仕掛けてくると言う内容でした。その中でスー族と交流する主人公が、交流の様子を日記に書いていて、後にその日記が軍に押収されて主人公が反逆罪に問われて捕らわれてしまうと言うシーンがありましたが、「アバター」でも、主人公のジェイクが先住民ナヴィ族との交流の様子を日記風に映像でビデオに納めていた内容が、ナヴィ族への総攻撃の材料にされてしまい、その後、軍の侵攻を阻止しようとしたジェイクらが反逆罪で捕らわれてしまうと言う所もソックリでした。映画を見ていて思ったのが、この「アバター」は22世紀の話なのに、先住民と言えば、”原野で裸に弓矢”と言う南北戦争時代のインディアンとほぼ同じ発想と言うのがおかしくも有り、哀しくも有りと言う感じでした。

ちぇっくキャメロン監督はすでに「アバター」では3部作の構想ができ上がっていて、この第1作目がヒットすれば続編が決定するらしいです。もう各国での興行成績が初登場1位を獲得して大ヒットしているので3部作は決定したようなものですね!?それから、「タイタニック」を3D映画にする構想もあるらしいです。新しく撮り直すのではなく元映像を3Dに変換するらしい。「3Dタイタニック!」ってどうなんでしょう!?(^^ゞ

  • 私の採点≫採点表星4個です!






  • 「 アバター / AVATAR 」 (12月23日(金)公開)

    上映時間≫ 2時間 42分

    製作年:製作国≫2009年 : アメリカ

    監督・脚本≫ ジェームズ・キャメロン

    出演≫サム・ワーシントン / ゾーイ・サルダナ / シガニー・ウィーバー / スティーブン・ラング / ミシェル・ロドリゲス 他

    ストーリー≫ジェームズ・キャメロン監督が「タイタニック」以来12年ぶりに放つ、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。【 22世紀、地球から遠く離れた惑星パンドラへとやってきた下半身不随で車いす生活を送る元海兵隊員ジェイクは、自らの分身となる“アバター”を操り、先住民ナヴィと交流するが、やがて鉱物資源を巡って勃発する人類とナヴィとの戦争に巻き込まれていく。】(映画サイトより抜粋)

    来日情報≫12月21日、ジェームズ・キャメロン監督、プロデューサーのジョン・ランドー他が来日。六本木ヒルズで行われたジャパンプレミアで舞台挨拶。

    ランキング≫ 全米興行成績は初登場 1位
              1月31日現在で7週連続1位獲得!
    Yahoo!ユーザー6段階平均評価 「 A 」(43190 ratings)
    米Yahoo!批評家6段階平均評価 「 A-」(14 reviews )


    TBは承認制にしていますので、すぐには表記されません。

    人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。
    『映画・DVD』 ジャンルのランキング
    コメント (31)   この記事についてブログを書く
    « 「ナイト ミュージアム2」の... | トップ | 2009年公開映画 MOVIEレ... »

    31 コメント

    コメント日が  古い順  |   新しい順
    http://blog.goo.ne.jp/du-rhum/e/9aaae62dcf1f84dcec6dcf8f4b37ea6a (えい)
    2009-12-26 23:13:55
    こんばんは。

    ぼくもこの映画は、
    惑星パンドラの造形にあると思います。
    夜、青く光る森などは、
    実際にあるのなら、
    なんとしても行ってみたいです。
    ただ、お話の方は、
    『ロード・オブ・ザ・リング』の感動にはほど遠かったです。
    なんて、なかなか言いにくいことですが…。
    レスです。 (ミスト(管理人です。))
    2009-12-27 00:28:44
    えいさん、こんばんは。
    そうですよね、行ってみたい魅惑的な惑星でしたし、
    自然との共存が次の命を育むんだと言うのがよくわかりました。
    人間とアバターの決着をどうつけるのかと思っていたら、
    まぁ最後は、収まる所に収まりましたね!

    ストーリーはヒネリも無く古典的なパターンでしたから、
    あの圧倒的な映像美がなければブーイングものかも!?
    お久しぶりです。 (kaoritaly)
    2009-12-28 08:07:12
    楽天がコメント書けないので、こちらに来ました。

    私も観に行きましたが、まだレビューは書いてません。

    で、ダンス・ウィズ・ウルブスを思い出したってところが、面白いなぁ~と。確かに言われるとそうですね。でも感動は、そっちの方がしましたけど。

    CGに頼り過ぎなのかもしれないですねぇ、これ。
    だけど、映像は凄く良く出来てました。3Dで2h40mはキツイ・・と思ったけど、想像よりはそれほどきつくなかったし、しかも字幕で大丈夫でした。
    やっぱり、大画面で見る映画ですよ。
    それと、えいさんと同じく、LotRほどの感動は・・なかったです、はい。
    レスです。 (ミスト(管理人です))
    2009-12-28 12:22:48
    kaoritalyさん、お久しぶりです。
    楽天の方は、スパムコメントやTBが多すぎてOFFにしたままです。(^^ゞ
    一杯禁止ワードを登録していてもキリがないという感じです。
    楽天のブログよりこちらのgooの方が訪問者数が何倍も多いのに、
    どうして楽天の方がスパムがすぐに付くのか不思議です。

    それは置いておいて・・・こちらにコメントありがとうございます。(^_^;)
    kaoritalyさんの感想楽しみ待ってますね!

    来年公開のジョニー・デップの映画も3Dらしいけど、
    3D映画が主流になっていくんでしょうかねぇ?
    この映画はストーリーは二の次で映像を見せたかったんでしょうね!?(^_^;)
    ストーリーが複雑だと3D映像を堪能できないでしょうから!
    でもこの映画は観てみたいなぁ3Dで!
    アバター見ました (まっちゃん)
    2010-01-01 22:31:56
    アバター3DしかもiMAXで
    音も良いし、画面もでっかくすごい迫力でした。
    決して飽きないのですが、途中3回ほど時計を見てしまいました。
    西部劇のインディアンですね。
    おっしゃる通りダンスウィズウルブスの未来版ですね。
    3Dは字幕が浮いて見えるのがずっと気になりました。日本語版の方が良いかも。
    素晴らしい映画でした (おすぎ)
    2010-01-01 23:17:09
    あまりにも感極まって、泣いてしまいました。

    私の子はダウン症です。

    この子と同じ部類に入る子等があの星の先住民だとすると、主人公の足の不自由な方が、江原さん?を、イメージいたしました。

    地球は、もともと、自然と共存していたのです。
    命あるものを、射止めるときは命をいただく重みを感じながら、殺していたのです。

    縄張り争いをして、戦争をし、生み出したものは、悲しみ。
    しかし、戦争のおかげで、武器を手に入れ、弱肉強食の関係が出来ました。

    武器を持たない弱い国、場所。一番地球を大事にしている「弱いもの」の絶滅が、すでにはじまっています。

    私たちは、今、この映画をみて、「映像がどうだ?」や「演技がどうだ?」と議論するよりも、これから、この美しい地球をどうやって守っていくかを考えていくべきではないでしょうか?
    レスです。 (ミスト (管理人です))
    2010-01-03 02:26:50
    まっちゃんさん、こんばんは。
    3DのiMAXですかぁ!良いですねぇ!
    できればiMAXで観たいものです。
    他のブロガーさんの感想を読ませて頂いていても、
    3Dだと字幕が見づらいと言うのをよく見掛けましたわ。
    もし機会が有れば、吹き替え版を観た方が良さそうですね。
    今回の声優さんは良かったらしいけど、たまに話題性を持たせる為に、
    タレントを使ってる時がありますが、あれは止めて欲しいですね!
    レスです。 (ミスト (管理人です))
    2010-01-03 03:17:00
    おすぎさん、こんばんは。

    >私たちは、今、この映画をみて、「映像がどうだ?」や
    >「演技がどうだ?」と議論するよりも、これから、この美しい地球を
    >どうやって守っていくかを考えていくべきではないでしょうか?

    ★すみません、私は映画と言うのは娯楽だと考えているので、
     単純に、その映画の映像や演技についての感想を持てば良いと考えます。
     
     もちろん、そう言う教育的な見地から観る人が居ても良いと思いますが、
     私は、基本的には娯楽映画から道徳を学ぶものではないと思っています。
     ただ、無意識の内に何か思想的な影響は受ける事はあると思いますし、
     そこから何かを学ぶべきものを見出す人は素敵だと思いますよ。

    でも、自分が生きていく中で、本を読んだり、映画を観たり、
     学校、職場、社会での他人との関わりや、いろんな体験など、
     その実体験の中で道徳や地球環境を考えていくべきものです。

     映画は実体験ではなく、非日常を仮想体験する娯楽です。
     私は、映画とは映像や俳優さんの演技を語り合うものだと思っています。
    はじめまして♪ (猫人)
    2010-01-06 12:16:12
    こんにちわ、ミストさん♪

    あたくしは3Dでの鑑賞でしたが、
    これは2Dでも面白いと感じる事のできる作品だったかなぁと。
    内容的には冒険ファンタジーの王道なので
    娯楽エンタメとして抜群の構成だったと思います!

    相互リンクの件、感謝感激でございます♪
    旧作のレビューがメインで新鮮味がほとんどないあたくしの映画ブログですが、
    “映画は楽しくみる”をモットーに日々奮闘中です。
    今後ともよろしくお願いします~!(^^)!

    色んな映画の話題で盛り上がりましょうね☆
    レスです。 (ミスト (管理人です))
    2010-01-07 00:19:18
    猫人さん、こんばんは。

    ストーリーは、もっと未来形の展開だと思っていたんですけど、
    まさしく映画の王道でしたね!(^_^;)
    昔の西部劇の未来形と言えば未来形ですけどね!?(^^ゞ

    こちらこそ相互リンクありがとうございます。
    私が観るのは、アクションとかサスペンス、SF、
    ファンタジーとかが中心なので、ほんとにジャンルが偏っているんですよ!
    猫人さんは、私と違って色んなジャンルの映画を観ておられるようなので、
    感想を読ませて頂くのを楽しみにしています。

    コメントを投稿

    ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

    関連するみんなの記事