MOVIE レビュー

映画と海外ドラマの感想とエンタメ情報を載せています。

映画『オーロラの彼方へ』のテレビ版 「シグナル/時空を超えた捜査線」 WOWOWで放送・・・

2017年09月25日 | シーズン1で打ち切りドラマ
海外ドラマや映画のエンタメニュース記事を原文転載しています。

『オーロラの彼方へ』ドラマ版、1シーズンでキャンセル
2017年05月13日付記事転載 (AXNより)

デニス・クエイド、ジム・カヴィーゼル主演の映画『オーロラの彼方へ』(2000)のテレビ版「フリークエンシー(原題) / Frequency」が、第1シーズンでキャンセルになったと The Wrap などが報じた。

同映画は、ニューヨークでオーロラが見える日、亡くなった消防士の父(デニス)と無線で連絡が取れることに気付く殺人課の刑事(ジム)を描いたもの。テレビ版では刑事が女性に変更され、父親も元刑事という設定。二人は交信によって未解決殺人事件を一緒に捜査し、絆を深めていくが、“バタフライ・エフェクト”によって、現在に思わぬ影響をもたらすことになる。

製作陣はキャンセルされた場合、ファンのためにストーリー中の出来事がどういう結末を迎えたかを説明する映像をCW局のウェブサイトにアップする予定だと3月の時点で言っていたが、正式なキャンセルのあと、これについての発表はまだされていない。


【 ↓ 追記です ↓ 】
製作陣はキャンセルされた場合、ファンのためにストーリーの中の出来事がどういう結末を迎えたかを説明する映像をCW局のウェブサイトにアップする予定だと3月にコメントしており、約束が守られたようだ。

約3分半の映像には、レイミー・サリヴァン(ペイトン・リスト)と時空を超えて連絡を取っていた父親フランク(ライリー・スミス)がどうなったかや、彼らが力を合わせて追っていた連続殺人犯の行く末などが明かされている。


「シグナル/時空を超えた捜査線 / Frequency(原題)」2016年リメイクTV版


2000年に公開された映画「オーロラの彼方へ / Frequency(原題)」のリメイクTV版ドラマ「シグナル/時空を超えた捜査線 / Frequency(原題)」は10月 3日(火)よりWOWOWプライムにて放送がスタートしますが、シーズン1(全13話)で打ち切りとなっています。アメリカでの放送は2016年10月から2017年1月まででした。

私は映画は未見ですので内容は知りません。それで少し調べてみたら、死後の父親の魂のようなものと30年後に無線交信をすると言う霊的なファンタジーものではなく、その時点では、まだ父親が死んでいなくて、死ぬ前日の父親と時空を超えて無線が繋がったようです。なので、その後父親が死ぬと分かっているので、明日の惨事を未然に防ぐ事ができるかも知れないと言う展開のようです。でも、過去を変えると、現在も当然変わってしまうので、その辺、どう言うストーリー展開になって行くのか気になります。

何か、映画の方を見たくなってしまいましたわ!ついでに、この映画の米批評サイトの評価を見たら、批評家が70%(124人)、観客が81%(135,726人)と、高評価でした。これ邦題で損した系の映画ですね。

「オーロラの彼方へ / Frequency (原題)」2000年 映画版- Trailer


人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。
コメント