持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

封切キャンペーン

2009年11月30日 | はてなしの手前から
缶コーヒーを買ってみた。
デザインが5月封切の映画のタイアップものだったよ。
流れ流れてたどりついた時にはすでに冬が近づいてきてたよ。
日本は長いね。

今日もフィールド作業は後ろシフトでこれから現場へ向かいます。
コメント

新しいヘッドランプ

2009年11月30日 | はてなしの手前から
3Wヘッドランプに比べて、可動部が多いだけにどうかと思ったが、いまのところ故障は無い。
だが5Wと言うほど明るくは感じないな。

LEDが3色ついているが、青と緑は使い道が無いなあ。赤はセロハンつけるより水にも強く、けっこう明るいので使いでがある。
コメント

リュウキュウ

2009年11月29日 | なまもの
今週の課題は琉球列島の分布。
来週は本州の越冬地。

それにしても事業仕分け、各方面で波紋を呼んでますな。
今年は金になる仕事の縮小が更に続いたが、これ以上進むともう自然科学の分野で生きていくのは無理だなあ。
第3世界で細々食いつぶすだけの余生なら可能かもしれんが・・・。
とりあえず、再来週の説明会が末端事業者のかすかな期待の光だ。

さ、今日も夜まで外に行きますか。
コメント

新しい冬の風

2009年11月27日 | はてなしの手前から
今年も冬の旅を始める時がやってきたわなと。
年末と年度末のために一年があるような気がしないでもない今日この頃。
コメント

月が落ちる

2009年11月27日 | はてなしの手前から
半月が傾くと言うより真っ直ぐ西の空に沈んで行った。
まだ満月までは数日あるというのに、なんて明るい月の光だったことだろう。
それでも星がきれいなんだな。雲は流れて来ては去る繰り返しで、ずっと見えているわけじゃなかったけれど。
コメント

おだやかな海面

2009年11月26日 | はてなしの手前から
日差しがなくなって暑さも和らいだ午後です。
昼食は外で。
コメント

窓の外には落葉松

2009年11月22日 | はてなしの手前から
さて、枝の瑠璃懸巣でも見に行くか、雨ではないが(笑)
コメント

冷却される

2009年11月22日 | 2つの輪
めっぽう寒くなった午後の移動時に、前回同様クランクケース上部と、今回は同時刻で比較できるように外気温をハンドル部に取り付けて測定してみた。
外気は5℃から0℃で推移して、かなり強く冷やされたのだろう。エンジンの温度も通常走行で10~20℃、夕方の渋滞に巻き込まれた時でさえ25℃までしか上がらなかった。
通常の運転温度まで上がるには20~30分、停止後の一時的上昇から外気並みに冷え切るまでは2時間半~3時間といったくらいか。外気氷点下は平地ならけっこう真冬に近い日の条件だったからというのもあったでしょう。
こういう温度推移でしたが、今日は少し回して走りすぎたので、燃費は良くなかったよ(悪くはない)。
油温とも比較してみたいものです。
コメント

のち雪

2009年11月21日 | はてなしの手前から
午後は雪に降られたよ。いま外はマイナス8℃くらい。
明日動けるか?里まで出ないことには電車にも乗れんぞ。
コメント

新雪の峰

2009年11月21日 | はてなしの手前から
今日は穏やかで、雪にはならなかったよ
コメント

オイルポンプのドリブンギヤ

2009年11月20日 | 2つの輪
エンジン内部にこんな黄色いギヤがあるだなんて。
CawaiiぞYBR(の中)。

真面目な感想としては、こんなプラ部品でもよくもつもんだなあ。
累計何万回転したか分からないが、さほど摩耗してるようにも見えない。

ふと疑問に思ったので、デタラメな試算をしてみた。
70,000km÷平均時速35km/h=走行時間2,000時間
2,000時間=120,000分
平均的な回転数を4,000rpmとして120,000×4,000=4.8×10^8
5億回と言うか10の8乗のオーダーで作用して来たんだなあ。
そう思うと、黄色いプラスチックがますますカワイイ。

今朝は整備無しの小ネタのみ。さあ今週の仕事も今日で終わりだ。
明日は出かけたいぞ。でも予報は雪だ、残念。
コメント

里の秋

2009年11月19日 | はてなしの手前から
標高が低い場所の落葉樹もいい色になってきました。
今日明日で体調を戻さねば。
コメント

クラッチ板の交換

2009年11月19日 | 2つの輪
続けて、この際クラッチプレートとフリクションプレートも交換してみた。
 何年か前の中南米仕様のYBR125やXTZなどでは、クラッチプレートの枚数も多いようだが、ここまで特段トラブルもなかったので、やっぱりこれもYBR用でクラッチプレート326円×3枚、フリクションプレート903円×4枚を新品にした。
 だが、初期部品もそんなに減ってないよ!クラッチプレートは新品の厚さ2.9mmに対して、約7万km走ったものが2.8mmと、厚さも変わらなければ段差も表面も劣化しているようには見えない。これはそのままでも良かったな。フリクションプレートも、表面がテカテカに磨かれてるかと言えばそんなこともなく、新品と見た目ほとんど変わらない。
 まあ、全部で5千円くらいの消耗品交換なので、たまには良いでしょう。念のためと考えれば、クラッチプレートだけ3枚1000円を年に1回交換するというのも気持ちいいんじゃないかという気がする。クランクケースガスケットを毎度換える必要もないということも判ったし。
 さて、これでまたしばらく慣らしのつもりで、次のオイル交換まで古いオイルで走ってから流し出すとしよう。油紙に包まれていたので、新品カスもそんなに出ないとは思うんだけどね。
 予防交換なら10万kmに一回、この分だと寿命まで使い切るつもりなら15万kmはもったような感じでした。さすが道路事情が日本ほど良くない国向けの製品はマージンが大きくとってあるんだろう。なんか70とプラドを下から眺めた違いを連想した。
コメント

クラッチスプリングの交換

2009年11月19日 | 2つの輪
 最近ルーチン以外にやることが無くなってきたYBRの、久々に初めてやる整備です。
今のところメインマシンになっているので、安定的に乗り続けられるよう、トラブルのリスクがあるカスタムに手を出す気はしない。そこで各部リフレッシュ程度にとどめている。
 今回の作業はクラッチ関係。特に滑り始めたという感じはまだし始めていない。でもホントに大丈夫なのか?実は既に滑っているのではないか?
 ただ、気になる点として、クラッチレバーの戻りが悪くなっているというのがあった。定期的にクラッチケーブルへ注油しているので滑りは良いので、スプリングに着目。XTZ用とかTT-R用にしてみるという手もあったけれど、どうやらYBR用が一番安いので(1個210円)、もうこれでいいよ。てなわけで、通販で注文→また3日で届く。
 外した初期部品のサイズは28.85×1.50で、これに対して新品は29.40×16.50と、やや大きい。画像のように新品は水色にペンキがぶっかけてあったが、古い初期部品にもかすかに色が残っている。ホントにカスかよという程度。擦れてはげたのではなく、長い時間をかけて徐々に分解したような消え方だった。
 外径が違うことから、このパーツも予告無くマイナーチェンジしたんだろうな。長さの違いは、これがヘタリの原因かと思えるものだった。交換しただけでずいぶんレバーの感触が変わった。戻さなくてもちゃんと戻るよ。

結論:クラッチスプリングは5万km程度、できればもっと早く換えても良い。交換しなくても走れなくなるわけじゃないけど、毎日使うクラッチの感触なので、実に新車に戻った気分が味わえる、4つでたったの800円であった。
コメント

さぶてかん

2009年11月18日 | はてなしの手前から
カインズの冬用手袋を買ったので、試しに走り出したけど、こりゃかなわん。
まだ氷点下じゃないので耐えられるけど、脱ぐとかじかむ。
一定の威力はありという事だな。
コメント