持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

最後の月の出

2012年12月31日 | 昨日の風
道がすいてるのは楽だが、店が早く閉まってしまい、食べ物を買うのに苦労した。
雪になるかと思ったけれど、結局良い天気になってきた。
さて、明日は休みにしよう。毎年年末年始は缶詰になるのだが、今年は珍しく切りの良いところで終われた。
どっか行こうかなあ。
コメント

錆びとった~

2012年12月31日 | 2つの輪
昨日は一日雨が降り続き、一昨日までの雪もすっかりとけて、今日はそれもやんで再び秋晴れのような青い空がやってきた。
気温はちゃんと冬なので、けっこう寒かったけどね。
それでも年末なので、年越しの満タンにすべく、YBR125Kにてひとまわり。

通る人もいない田んぼ道で、各部チェック。
積もった雪になでられて、雨で洗い流されて、なんだか普段より綺麗になった気がする車体だ。
しかし、チェーンが錆びちゃってたよ。てなわけで、チェーンにオイルをかけて、これにて本年の運用はおしまい。

雪道渋滞で平均移動速度5km/hとか、雪原をエクストリーム通勤したり、めちゃくちゃな走りになったおかげで、最後の給油は35km/Lだなんて数字になった。
まあ、普通じゃない季節だということで、致し方なしですわな。
コメント

ヨモギそうめん

2012年12月31日 | 昨日の風
水が冷たい季節は麺がよく冷える。それを暖かい部屋で食べる贅沢よ。
それ以上にさすが本場のそうめんは歯ごたえが違うなあ。
だんだん山が雪雲に覆われてきた。急ごう。
コメント

W90終了

2012年12月30日 | 昨日の風
この年の瀬になって、ウンともスンとも言わなくなった。
何台か使っている人がいたが、この前後のモデルに比べて90は割と早く壊れたり、水が入ったり、メーカーで新品交換してもらったものもダメだったりという話が多い中で、私の個体は長持ちした方ではあった。
サブサブに降格したものなので、大勢に影響はないのだけれど、この年末年始に1台減るのも計画が崩れるので、急遽今日中に1台デジカメ買いに行くかな。
やっぱり1年1台ペースで補充が必要だなあ。
コメント

チェーン装着で雪道ライディング

2012年12月30日 | 2つの輪

突然降り出した雪に、はからずも今シーズン初チェーンとなったYBR125Kであった。
しかしチェーンさえ装着すれば雪中無双で走れるのも、楽しくて笑えてくるもんだなあ


雪に梯子型を残しながら、ぐいぐい進んでいく。
惜しむらくは、前輪に装着できていないこと。前輪チェーン無しでは曲がらない止まらない滑るぐるぐる回るで、自由な操縦には遠い。
YBRのフロントフェンダー内にあるステーは、タイヤとのクリアランスをかなり狭めてしまうので、これを外すなどする必要がある。
これに対してGのフェンダーを既に購入して、これをステー無しまたはサイドのみのステー自作によって取り付けようと考えていたところなのだが、もう寒くて全然作業する気にならないので、一回雪が解けて気温が上がってこないと無理だなあ。
本当は、国道が凍る前に峠の外の世界に一旦出して改装作業をするつもりだったのだが・・・。


それにしてもこう寒いと、ライディングウェアで固めて動けないよりむしろ、冬山装備で自由な運動性と汗を逃す透湿性を重視した格好の方が良いな。
そしてYBRの軽さ、これはスノーアタックには非常に好都合だ。

でもこれくらいで、あんまりやんちゃなことは自粛しよう。今(に限らんが)あんまり危険な事をするわけにはいかないんだよね。
コメント (2)

キャブヒーターを切ってみた

2012年12月29日 | 2つの輪
一夜で雪国のように雪が積もって一面の銀世界になった。
せっかくなので、こういう高湿な日のデータを採るべくキャブヒーターの線を抜いて、エンストする条件を探ってみた。
横軸に気温、縦軸に湿度をとったグラフを示す。
基本的にヒーターを切った状態で走れるだけ走り、エンストが起きるまでは各気温ごとに湿度を記録した。
エンストが起きた時には、その時点の温度と湿度を記録し、一旦ヒーターをONにして調子が戻るまで走ってから再度OFFにしてエンストするまで走ってみた。

晴れて気温が上がっても残雪の中のたんぼ道では湿度が高いせいか、昼間でもエンストを起こすことはあるのだな。
車道からは雪が完全になくなった幹線道路では、多少湿度も低くなっており、ヒーター無しでも大丈夫なようだ。
昨日のように湿った雪がジャンジャカ降っている時は、測っていれば100%くらいだったのだろうか。
ちょっと反応も遅く湿度計の精度が高くないので、もっといろんな天候の日にデータ数を稼がないと正確な話はしにくいところだが、なんとなくの傾向を掴んでみるべく試してみた程度といったところだ。
まあヒーターをつないでおけば、それでエンストするようなことは無かったので、こんなのは実運用の上で不要な実験ではあるのだが。

考えてみればYBRの根城の目の前にある堰からは常に水の飛沫が発生して、車が腐るのも異常に早いほどの湿度であるにも関わらず、寒い日でもエンスト不調が起きたことはなかった。
もしこのキャブヒーターが湿度条件を超える能力を持つものだというのが本当であったとしたら、こんな小さなパーツ一つでえらく効果があるのだな。
確か昔パーツ検索したら2,500円程度のものだったような気がするので、日本人にとっては効果比で大して高いものでもないと思う。ついてないならサッサと着けるのが、無用な不満を言う時間の無駄を削減できるというものだろうなあ。
コメント (3)

みるみる積もる

2012年12月28日 | 2つの輪
おかしい。出発するときは雪のゆの字もなかったのに・・・。
ああチラホラ雪が降ってきたわいなと思ったのも一瞬で、あっという間に積もってきた。


こうなると自然に渋滞が始まる。こっちも轍しか走れないのでそれで良かった。
しかし、国道でこれでは、時々交差する県道市道に入ったとたん恐ろしいことになりそうだ。
ついに曲がったところで、もう路面ほとんど真っ白、轍がとけていそうに見えながら、両足をついても滑る。
とけた端から凍っているようだった。

これはノーマルタイヤでは徐行すら無理と、速攻で歩道に乗り上げて、携行していたタイヤチェーンを装着した。まだ前フェンダークリアランスの問題を解決していないので、後輪のみ装着だ。
両足をふんばろうにも滑って立つことすら無理、前輪のブレーキをかけようもんなら滑って倒れてしまいそうになるので、動くのもブレーキをかけるのも後輪のみの一輪駆動(いやそれモトモト)。


鏡面凍結でも、新雪でも、やっぱりチェーンは最強だなあ。後輪だけだったので曲がるときだけは極々慎重で走ってきたが。

雨にすらならず、最初から雪でしかも短時間に積もる今日は、今シーズン一番の厳しい日だったように思う。
えらい日になったが、チェーンさえあればゲートが閉じていない場所ならどこにでも行けるということも分かって収穫のある日にもなった。
コメント

YBR125Kでキャブヒーターの効用を探ってみた

2012年12月28日 | 2つの輪
寒い季節になったのではあるが、YBR125Kを運用する分には、別段変わったことは起こっていない。しかし巷には寒い朝にエンストが起きるといった話があるので、どういう条件を与えればそれが起こるのかの再現を試みた。普段乗っていて不具合が起きないのは、私のYBR125Kにはキャブヒーターが装備されている、また、YBR125無印のVMキャブはインテークが金属のため、エンジンの発熱がキャブに伝わることで、キャブ自体の温度が一定以上に保持されることによるのではないかというのが、最ももっともらしい仮説である。
そこで、YBR125Kのキャブヒーターを切ってみた。本体の配線を抜いただけの簡単なお仕事である。


今朝の気温は走り出しがマイナス2℃、通りがかった山間部では昼間でもマイナス6℃程度の場所もあったが、停止時のエンストや、再始動の困難は起きなかった。むしろ感触がいい感じだったのは、ヒーターにとられる電力が無くなったことによるプラスの効果ではないかとも思えた。気温が相当に低くても、キャブヒーターがないとエンジンが不調になり走れないわけではないようだ。
そんな具合で調子よく走っていられたのが転換したのは、午後になり天候が急変してからだった。平地に下りて気温はむしろ上がり、マイナス2℃ほどになったのだが、雪が降り出した。すると渋滞の中で待っていると回転数が落ちてエンストしてしまう。
おおこれが話題のそれか、と。アクセルで回転を維持するのも面倒になると止まってしまう。再始動はセルのスイッチひとつでできるが、頻繁だと面倒だ。
てなわけで、渋滞で止まっている間に外した配線を再び差し込んで接続した。つなげば即解決とはいかなかったが、ヒーターが作動して暖まってきたのだろう、およそ5分ほどでエンスト症状は消えた。なるほど湿度が高い時にはキャブヒーターの有無による差が明確に出るというのは正しそうだ。電熱でキャブが暖まる時間が冷えた状態からだとプラスもう数分なら、最初から快調に走り出すべく長めの暖気運転をしたい人には目安になる時間にもなろうか。


その後は問題なく走ることができたので、BS25キャブ車においては雪の日にはキャブヒーターの効果絶大だと評価するとしよう。
なるほどキャブヒーターが無いモデルでは、このようないらぬ苦労が上乗せされるのか。これは大きく違うわ。
しかし電力消費も馬鹿にならないのか、晴れた寒い日には切っておく方が良いかもしれないとも思った。寒さでバッテリーが弱ってきたのかもしれないので、こんど一度補充電してみるか。
コメント (6)

野良スケート

2012年12月28日 | 昨日の風
今日は久々に長野県内での外回り。
とりあえず今週中にしておきたい仕事は終わったが、月曜になったらもう一件行かねばならないところができてしまった。

さてそんな道中で少し上の方にある池の脇を通ったときに目に入ったのは、全面結氷していた姿であった。もう1羽のカモ類すらいない。
凍っていたら渡らないわけにはいかないだろう。それが冬のさだめである。
でも真ん中が薄くて踏み抜いたらいやだよね。
素直にヘタレて、底まで凍った周縁部だけで靴で滑って遊んできました。
コメント

つき

2012年12月28日 | 昨日の風
まだ満月ではないらしい。
昨夜はオリオンのすぐ上だったな。
コメント

枯れ色

2012年12月27日 | 昨日の風
今朝もよく晴れて気温が下がり、夜露もバリバリに凍っていた。
暖気に気をつかう大型バイクと違って、やっぱり小型はお手軽で良いな。こんな日でもすぐ出かけられる。
てなわけでYBR無印で京都と大阪に行ってきた。外回りもとりあえず終わったので、また移動する。
昼になって曇ってきたので、また昨夜のように吹雪になる前に出よう。
身体が3つくらい欲しい年末である。
コメント

ほんのり照らす

2012年12月26日 | 昨日の風
昨日まだ離れていた木星を昼の間に追い越してしまったかのような、ノリノリの明るい月が頭上に高く上がった。
でもまだ満月ではなさそうだ。

月光によってほんのりと浮かぶ、一本の竹。
静かに冷えた夜になったもんだ。
コメント

暫定3車線供用開始

2012年12月26日 | 昨日の風
平日も休日も渋滞しまくるので、イマイチ料金を払っても速く行ける気がしない東名阪。
湾岸と旧線が3+2で走ってくるのに、その先が2車線じゃパンクするのは当たり前と言えば当たり前すぎる。

車線の幅を狭くして3車線化するというのができあがったということで、通ってみた。
新名神との合流分離の3車線が一旦2車線になるところは混みめだったものの、3車線になってからは急に流れ出した。
言うほど狭く感じないのは、一般道規格の1号線の方がより速く流れているのと比べてしまうからだろうか。
まあでも、幅超過の特殊トレーラーなんかは高速は使わないだろうから、別にこれでかまわないな。

でも、夕方の交通情報では、やっぱり十数キロの渋滞ができているそうだ。
やっぱり根本的にこの区間は道がなさ過ぎる。渋滞必至の四日市まわりか、どうやっても速くはならない員弁経由では、東名阪でノロノロ楽に行くのを選んでしまうんだろう。

そうそう、茶柱タツとエコロ爺さんの絵が描いてある製茶工場か何かの壁に、ピンクの何かが描き加えられていた。ちょっと前に気づいたのを思い出したので、今年の途中で増えたんだろうな。
コメント

平地は晴れていた

2012年12月25日 | 昨日の風
風はやや冷たいながらも、平地は全然たいしたことないな。
街へ出るべく、YBRに乗り換えた。ここんとこお使い用途にしか使っていないので、無印にはもう2ヶ月も燃料入れていないや。
年越し前に満タンにしに行こう。
コメント

乾いてきた

2012年12月25日 | 昨日の風
雪が今すぐ降ってきても良いような曇り空ながら、降らないので道路も乾いてきた。
でも寒いな。
コメント