持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

Monthly report of YBR125 / Mar. 2016

2016年03月31日 | 2つの輪
2016年3月のYBR125無印は、久々に一ヶ月の走行距離が二千キロを越える、2287kmであった。
昨年10月に山から降ろして以来ずっと平地に置いていたが、通勤運用にも用いたので、距離が伸びた。3月1日に一度燃料を満タンにして、あとは3月20日以降の10日間ほどで乗っているので、一ヶ月ずっとバイクに乗っていたなら月間六千キロペースということか。
あまり広い範囲に出かけたわけではないが、久々の復帰と言うこともあり、気になる部分が無いかチェックしながら、舗装路からハードな廃道まで、走った場所はバラエティに富んでいたような印象がある。
燃費は一時悪かったものの、終わってみれば一ヶ月の総平均は52.0km/Lと、1~2月通しと同じ数字になった。直近3回に限れば55km/Lとなっていて、なんだか分けの分からない良さだ。もしかしていよいよ最後の花を咲かしているのか・・・?
メンテナンスは特になし。タイヤ空気圧の調整と、チェーンメンテを行っただけで、費用の発生するものは無し。今後の予定としては、あと600kmほどでオイル交換、また、後輪がだいぶ減ったので、そろそろ交換。これは廃車して部品取り化したKから移設の予定。前輪はまだ溝があるので、交換はもうしばらく先になりそうだが、前回交換から1万8千キロなので、キリの良いところで、あと2千キロ走ったら交換してしまおうかな。
クラッチレバーの戻りが悪いのは、クラッチワイヤーへのグリス注入でかなり改善されたが、これはリターンスプリングのへたりが原因だろうと考えられるので、交換しか根本的な修繕にはならないと思われる。まあ距離的に仕方ないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

準備万端

2016年03月31日 | どこかの空の下
やっぱり昨日は暖かかったんだな。すっかり蕾が膨らんでる。
夜帰ってきたので気付かなかったが、もう今日には日が昇って暖かくなれば、全部花開くことであろう。
夜には天気が悪くなるらしいし、近畿は日曜の予報が雨なので、金曜土曜の晴れ間がチャンスかな。
谷間に日が射すまで、もうすこし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枝垂れ桜

2016年03月31日 | どこかの空の下
ここはもう満開。
GWあたりに、いつも見ていく山寺の枝垂れ桜も、今年は早いのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝焼けの光

2016年03月31日 | どこかの空の下
やっぱり天気が悪くなってくるんだろうな。
午後には帰ってこれるような計画にしておくか・・・。
車で行っても良いんだけどさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明け方の月

2016年03月31日 | どこかの空の下
夜明けが近い。
月の色が暖かくなってきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SHIDARE

2016年03月30日 | どこかの空の下
ほんのりした夕焼けになった。
明日も天気が持つと良いな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花か霞か

2016年03月30日 | どこかの空の下
どこかで晴れ間はないものか・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくらさく

2016年03月30日 | 2つの輪
雨にはならないと思うが、だいぶん雲が厚くなってきた。
今回はめっぽう燃費が良い感じで、燃料計の針が真ん中を過ぎて、次の目盛りに達していないくらいしかガソリンを使っていないのに、400km以上走れていた。べらぼうに良いかなと思ったけれど、53.3km/Lと、そうでもなかったな。でもガソリン単価が114円にもかかわらず、2.1円/kmとは素晴らしい。
ガソリンが安い内になるべくフィールド巡回をこなしておくとしよう。
しかし今月はYBR125無印の調子がすごく良い。怖いくらいに良い。だいたい松本奈良間が片道700円台なんてのは、新車の頃でも800円台になれば良い方だった気がするので、メーターが狂ってきていると言うわけでもないし、なんだか理由が分からないな。最近はオイル交換しかしていないし、プラグも換えてない、エアクリの掃除もしていない。
唯一可能性があるのは、この急速な燃費の伸びが現れたのが、サビサビチェーンを廃油で洗って、車用の余りエンジンオイルにPTFEを混濁した特製油でチェーンメンテして以降なので、チェーンでのロス低減が関わっているような気はする。
チェーンの回りが良いと、スロットルのオンオフでトルクが乗ったり消えたりする時のギクシャク感がまったく無くなるんで、コーナリングで力を抜いてもバッチリ筋書き通りに出口へ向かって飛び出していけて、すんごく気持ちよくなったわ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良南部

2016年03月30日 | どこかの空の下
ずいぶん開いた樹もあるものの、満開まではまだしばらくありそうだ。
ダム湖畔では散り始めてる樹もあった。少しの違いでえらく違うんだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダスキン

2016年03月29日 | どこかの空の下
車のオドメーターが、100番100番となった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラットフロア

2016年03月29日 | 2つの輪
灯油ポリタンクも、薪も、同じようなもんだもんな。
燃料の積み方は共通だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一気に進む

2016年03月29日 | どこかの空の下
今日は久々に暖かい。
おかげで午前中だけで、桜がどんどん開き始めた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月と火星

2016年03月29日 | どこかの空の下
先週から、惑星をたどる月の旅シリーズだなあ。
今夜は土星も近い。明日はもう過ぎてるかな。
すっかり夏の星が出てくる朝だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨザクラ

2016年03月29日 | どこかの空の下
まだまだほころび始めだった。
でも、今年は早めかもなあ。3日か10日かと言えば、3日の方だろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

センターゼブラ

2016年03月28日 | 2つの輪
軽自動車で走っていたところ、左側からヒュンと抜くバイクあり。
ああ、関西すり抜け文化圏に来ると、中型でも原付みたいな走りをするのが多いなあと思いつつ、でも下手なのか度胸がないのか、その前の幅の広い3ナンバーミニバンは抜けないので、しばし前をフラフラするのを眺めながらついていく。
やがて信号が赤になって車列が止まると、ようやく右に出て停止線の先頭まで抜いていった。

この道路のセンターライン沿いは、白ゼブラゾーンが書いてあって、車はなんとなくゼブラを踏まないよう走るので、バイクの幅なら黄線を踏んだり跨いだりせずに車線内の白ゼブラを使って右追い抜きが可能なんだな。
車に乗っていると走行中に左から追い越しされるのはあまり頭に入っていないのでヒヤリとするが、こうしたセンター側にバイクレーンがあれば、どうしても渋滞しがちな四輪車と違って速く進めるバイクとの混合交通がスムーズになるだろうになあ。
確か、ドイツだったかヨーロッパでは、この形式で中央寄りにバイクレーンが設定されている道路があったと思う。
京都のように左側に二輪レーンが作ってあると、無いより良いながらも、人力の自転車と30km/h制限の原付とそれ以上の自動二輪の混在が危険な事もあるし、松本のように路側を自転車専用レーンにしてしまうと、そこに入れないバイクの車体長だけ車道の渋滞を伸ばす事になるし、単に幅広な道路だと、キープレフトの車とキープセンターの車が混在してバイクのアミダ抜きを誘うしで、あんまり安全とは言えなくなる状況を生み出す。
センターライン寄りのレーンで二輪を通すというのは、なかなか良い感じがする。突然右折レーンが現れた時の走り方に、通常車線の合流がどうなるか次第かな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加