IT支援

都立N高校へ、IT支援にいってまいりました。

どの学校に行っても思うことは、やはり、情報担当の先生方がとても苦労されている、ということです。

苦労の内容も様々です。私がお手伝いしてすぐ解決するものもあれば、なかなか現場の先生レベルで解決するのは大変だ、という内容もあります。

特に、普通高校の先生方は、情報教員は一人しかおりませんから、その方がすべてを被っているケースが多いですね。

東京都では「個人情報」や新しく配備されるPCの問題もあるのですから、各学校でも「情報科の教員」にすべてを任せるのではなく、たとえば、分掌などにして人的に手厚くしていくなど、もっと「情報」に対し全学的な意識で取り組んでいく必要があるように感じています。

ホームページの運営管理や増え続ける情報資産の管理なども重くのしかかり、もはや、情報科の教員一人で解決できるレベルではなくなっている気がしています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コンピュータ等を活用した授業力の向上に関するフォーラム

都が主催する「コンピュータ等を活用した授業力の向上に関するフォーラム」に行って参りました。

メディア教育センターの清水先生の講演をはじめ、小・中・高の先生方からの実践事例およびパネルディスカッションがありました。

各方面で情報教育が注目され初め、これまでにいろいろな会がありましたが、今回一番に気を引いたのが「プレゼンの向上」と「質問の多さ」です。

小学校の先生の発表をはじめ、プレゼンテーションソフトの使い方がとても上手だと思いました。とても洗練されていて、見ていて大変わかりやすく感じました。

さらに驚いたのが、会場からの質問が「とても」多かったことです。

いつもでしたら「シャンシャン」と終わってしまうような会のように感じられましたが、とても質問が多く出て、ICT活用に関する議論を深めたい、という意識が見て取れたような気もいたしました。パネルに関しても用意周到で、発表者からもこちらが興味がありそうな面白い意見を引き出せていたように思えました。

私は高校の教員ですが、小学校や中学校の先生方の授業には、子供たちの年齢がら、できるだけわかりやすく教える上でのいろいろなノウハウが詰まっているのかな、と思っています。小中の先生方は当たり前に行っていることが、きっと私たちにとっては大きなヒントになることも多いのかな、なんて思っています。

いろいろな場面で、小学校から大学まで、学校の先生方が連携して情報教育の発展のためにお互いに協力出来たらすばらしいなぁ、と思っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

IT支援

午前中は担当する学校にIT支援に行きました。

午前中におじゃました学校は「特別支援学校」でした。当然、普通科の学校とは違うICT関係のシステムも入っており、また、教員の数も多くいらっしゃいます。となると、管理の部分もそれを念頭において考える必要もあります。
予定の時間も過ぎてしまい、私も力のなさを痛感するとともに、効果的な支援を心がける必要があるのかな、とも思いました。失礼をいたしました。

現在、情報通信システムの可用性の確保はもちろん、個人情報の保護やICT活用、他教員への研修など、学校現場は大きな変革を求められているように思われます。時代の流れや要請もありますから当然といえば当然なのですが、それに対する組織としての「フォロー」がないと、学校現場の「担当らしき人」=「コンピュータに詳しくて人がいい教員」に仕事がすべて集中してしまい、その方は「教員」としての本来の仕事ができなくなってしまう恐れもあります。

企業では、これらの作業は外部委託するか専門の部署をつくるのが一般的なのかな、と思います。常識的にも、「セキュリティポリシー」を管理職でもない一教員が職場に徹底させることなど個人で何とかできる次元の問題ではないですよね。

これらの何が問題で、何をすべきなのか、組織としてどのように解決できれば理想的なのか、ということも、同時に考えて行くだけでなく、多くの方々に納得して頂き、学校全体としてしっかりと解決していく必要があるのかな、とも思っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

都立学校合同説明会

都教育庁主催の都立学校合同説明会に、都立立川高校まで行って参りました。

何人かの情報科の先生や、異動されていった方など懐かしい先生にもお会いいたしました。

最近はいろいろな所で説明会が行われているので、中学生の出足はどうかな、とも思ったのですが、大変多くの中学生や保護者の方々においでいただきました。ありがとうございました。

また、他校のプレゼンの様子なども大変参考になります。やはり情報科の「血が騒いで!?」しまったりして・・・(^^;
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

都庁へ

IT普及支援校の会議があり、都庁へ行ってきました。

途中、空がとても青くすがすがしかったです。

このような「連絡会」を設けて頂き、情報交換ができてとても良かったと思う反面、お金が関係してくるため困難で仕方ないこととは十分承知なのですが、長い目で見た「事業の継続性」についてはもっと何とかならないものかと思いました。

いずれにしても、私たちは教科「情報」の教員であり、生徒への教育が本分ですから、何はともあれそれをベースに、まずは「良い授業」を目指して日々研鑽を積んでいきたいと思っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

情報モラル等の指導を普及するフォーラム

CECと東京都教育委員会が共催する「情報モラル等を普及するフォーラム」に参加して参りました。

小・中・高の事例発表の後、パネルディスカッション、最後に永野和男先生の講演で締め、という形式でした。大変勉強になった会でした。

事例発表では、各先生方の熱意や実践事例をお伺いすることができました。いつも思うのですが、やはり小学校の先生方の実践は大変参考になります。中学校の先生がおっしゃっていた実情や、「生活指導から入る」という点も大変納得がいくものです。高校の先生の発表も、思い当たる節がたくさんあり、同じ思いをしているおだなぁ、と共感いたしました。

永野先生が最後にとてもしっかりとまとめてくださり、「一般的なモラル」と「情報モラル」の関係等、とても参考になる内容でした。

なかなか中身の濃い研修会でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

IT支援校連絡会

夕方、東京都庁第2庁舎32階にて支援校連絡会がありました。

IT普及支援校の23校が一斉に会して情報交換などをおこなう会です。
前回の府中西校では参加できなかったので、久々の登板となりました。
指導主事の先生方も少ない人数で準備等、大変ご苦労されているようで、頭が下がります。

いろいろとお話をお伺いして思ったことは、いろいろな「不備」があるのは事実ですが、IT支援校の制度は私たちにとっても大切なものである、ということです。
・・・・と書いた所で、ちょっとキーボードを打つ手が止まってしまいました。

確かに大切なのは間違いないと思いますが、「支援校制度」って、本当に正しいのでしょうか・・・・。

昨日の会議でも随分と強調されておりました、「実績」を作って数値をあげることが目的であるならば、それは教育行政が本来行うべき仕事なのではないか、と思うからです。行政職には当たり前に1人1台ノートPCをリプレースし、そのリースアップした古いノートPCすら教員にあてがってくれず、教員にのみ費用対効果という名目で実績や数値を求めるのはどうも納得いきません。今やPCはあって当たり前の「用品」であるのはどこの企業をみても明らかでしょう。当たり前のことを説明するほど難しいことはありません。

#たしか、東京は税収がのびていて、基金も積み増している状況だと新聞で見た気がしますが・・・・。

他の先生たちの情報スキルを上げることは確かに大切だと私も思いますが、「教科教育の情報化」に詳しいから、情報科教員が1人増えるから、と言うことを理由に、自分たちの教科の内容もさておき、他の先生方のことばかりを気にしていてよろしいのでしょうか。都の研修には、他教科の研修はあるのに、教科「情報」のに関するものはありません。ただでさえ、教科「情報」に関しては、その内容についていろいろな角度からいろいろな意見が出されています。もっと自教科の内容を研修する必要があるのではないでしょうか。私たち「教諭」は、授業が主であり、「教育を司る」ことが本来の職務のはずです。

・・・なんてことを書いていたら、ついつい長くなってしまいました。

#「きれいごと」のような部分もありますけどね・・・

もちろん、指導主事の先生方を糾弾するつもりなど全くありません。非常に少ない人数で、ご自分の職務の範囲で大変頑張っておられると思います。ただ、その指導主事の先生方にも決定権がありません。これは、すでに組織の体制の問題になっていると思います。ここあたりの抜本的・横断的な「見直し」をお願いできたら、少しは私たちも報われるのかな、また、それとともに私たち教員も、本当に必要な所に、必要十分なお金をかけられるような現場での工夫も必要なのかな、と勝手に思ったりしています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )