開発委員会発表

「とうきょうの教育21」開発委員会の発表を新宿山吹高校で行いました。

今年度の開発委員会では、「教員の相互研鑚」ということを切り口に、「研究授業の効果的な方法」についての研究をおこないました。
直接的には授業内容や指導法、また、生徒に関係することではないので、例年とはひと味違った内容となりました。

指導・助言者には文部科学省の永井先生においでいただきました。

今回の研究は、自分としてもなかなか楽しく取り組むことができ、良かったと思います。今回私たちが開発した「SATSシステム」は、自分の中では、まだまだ改善の余地があるものだと思っていますので、今後も継続して研究して行けたら、と思っています。

具体的な研究内容については、都立学校に関しては、近々冊子が配られると思います。
参加者の皆様、また、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

公務多忙

今日は非常に多忙な一日でした。

当然授業も行い、さらに明日締め切りの「資料」作成や、明日の開発委員会で発表する資料の完成、ノートPCやネットワークのお世話、教務関係の作業お手伝い、予算関係や図書関係の発注などの仕事も行い、帰路についたのは21時45分頃でした。

結局終わらなかったものも多く、明日以降に持ち越しです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

IT新改革戦略

日文のメルマガに、首相官邸「IT戦略本部」の記事がありました。
その記事および関連アドレス(IT戦略本部)によると、e-japan戦略2に続くもので、教育分野では、「教員一人に1台のコンピュータ」ということなどが目標として掲げられているようです。

これはすごいことだな、と思う反面、東京都はいったいどうなるのかな、という危惧も同時に抱きました。

「e-japan」での「すべての教室にインターネットを」という目標も、種々の問題から東京ではどうやら実現しそうにもありません。あと数ヶ月ですから、これはいくら何でもむずかしいでしょう。

明後日に開発委員会の発表があり、その中でも少し触れようと思っておりますが、ICT機器の効果的な利用には、機械やネットワークのある程度の習熟が避けられません。十分に扱えないまま無理矢理ICT機器を授業で使おうとしても、教員が苦痛なだけでなく、時間もかかりかえって非効率的な授業になってしまいます。

そのためにも、「一人1台」は是非とも実現させて欲しい施策の1つだと思っています。

この施策が本当に機能して、そして、東京都でも空洞化しないように願わずにはいられません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1年生大会2回戦

1年生大会の2回戦です。

シーソーゲームで、はじめは負けていたのですが、途中逆転しながらも、結果は3点差で惜敗でした。

生徒にとっても、いろいろと学ぶことの多いゲームだったと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日は試合です

明日は部活の公式戦です。

市の1年生大会なのですが、先週の劇的勝利があるために、生徒もやる気いっぱいです。久しぶりに直接指導を行いました。

明日の大会もいい試合になるといいなあ、と思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

推薦入試

今日は推薦入試です。

仮設校舎でのはじめての入試なので、なかなか教務も気を遣っているようです。
校舎改築に伴い一足制になったので、掃除にも余念がありません。

本校の入試は書類と面接なので、当日は面接検査になります。午前中にほとんどの作業が終了し、午後は日頃たまっていた作業をたくさん行い、定時に学校を出ました。
普段は19~20時もざらなのに、入試の日に定時に帰れる、というのも不思議な気がした1日でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

推薦入試の準備

明日は推薦入試のため、今日は午前中で授業も終わり、準備です。

推薦入試・一般入試と、木曜日がつぶれる関係で、そのクラスの授業はつらいですね。

また、今日はプリンた制御ソフトの「不具合」のため、SEの方が来校、定時制の授業用に、自動プリンタ設定のログオンスクリプトを書いていってくれました。

知らないだけで、実は便利なツールがはじめから入っているのですね。今日みたものは、「自動的にネットワークプリンタに接続する」vbsでした。なかなか便利。

今度Wikiに書いておきたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中間発表

どのクラスでも、そろそろ「総合実習」の中間発表です。

中間発表では、中身を事細かに説明するのではなく、自分たちの研究内容についての骨組みと段取りを説明させるようにしています。
昨年度までは、単に発表して終わりだったのですが、今年は、「問題解決」を相当意識させており、自分たちの「目的」「問題」「疑問点」などが明確でないグループにはそれを質問し、「仮説」に関しても、何に関する仮説なのか、ということを相当ていねいに指導しています。
このあたりの論理構成が、「結果はこうです。以上です」とはならない上での大きなポイントの1つになるのかな、と思っています。

以下、生徒に話している内容です。

1.常に「自分たちの目的」を意識して調査を進めよう。
 ~ネット等で情報収集していくと、量が膨大すぎてしまい、片っ端からあつめていくと、実は何がやりたかったのかが隠れてピントがずれてしまうことが多い。
2.時間を有効に
 「期間」はあるけど「時間」はない。あと4回の授業で発表、ということは、明日、1限から4限まですべて情報の授業をやっていいから、それだけで調査を行いPP資料を作りWeb作成・リハーサルまですべて行いなさい、と同じこと。
できるだけ昼や放課後は残らずに、与えられた時間を上手に使って協力して制作すること。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京の教育21開発委員会

午前中に授業、午後は開発委員会に出かけました。

原稿の最終チェックと、来週の発表に向けての具体的なやりとりです。
補助資料など、だれが何を行うのかをチェックし確認しました。

発表は1/31(火)14:00~17:00 新宿山吹高校です。
私も、研究発表の説明担当となっています。

結構バタバタして、家に帰ったら9時でした。

教育関係者の方は、特に申し込みなど必要なくおいでになれますので、どうぞいらしてください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

打ち合わせ

夕方に産業協力情報授業の打ち合わせがありました。

午前中は授業はなかったのですが、主にLAN関係のお世話もあり、なかなかバタバタして大変です。入選業務もあり、さらには来年度の予算申請と、なかなか密度の濃い1日でした。

帰ったらフラフラの1日でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ