サーバー設定

今日は某都立高校のサーバー設定のためのお世話にでかけた。
その学校のサーバーはいろいろと調子が悪く、ご機嫌ななめになることが多い。
そうそう来てもいられないので、今日は徹底的に問題を解決することにした。

結局、グループポリシー関係の不具合がおきているらしく、ユーザーをOUから外すと大丈夫の模様であった。
また、それにあわせて、ログオンスクリプトやホームディレクトリなど、レガシーのものに変更した。これで、ほぼ問題がなくなった。

いろいろな意味で、「問題解決」は重要である。
大事なことは、「問題」を洗い出し、現実的な「解決」をしていくこと。
そこでは、トレードオフが重要になってくる。
つまり、「どこまで妥協できるか」ということ。

当たり前だが、そのためにも、解決策はいろいろとそろえておくに超したことはない。
とかく今回思ったことは、レガシーの知識も持ち合わせておくべき、ということかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

johoka.info 移設完了

johoka.info への移設を完了した。
2004年度の内容もTopからリンクを張ったので、参考にできるようになった。
リンク集もそろそろ充実させたいと思っているのだが、Webではなかなかはかどらない。
なんといっても、Wikiの方がリンク集つくるには相当楽だと感じている。

話は全く変わるが、最近Wikiに凝っていて、3年の総合的な学習の時間でも活躍している。
生徒も上手に活用し、Webページとは違う、「情報の中身」に重視した内容や組み立てを考える良い練習になるように感じている。
生徒も現在、「家でも行いたいので、公開Web上に移植して欲しい」といっているほどである。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

神奈川県情報部会研究大会

今日は神奈川県情報部会の研究大会があり、お邪魔させていただいた。
神奈川清陵総合高校で行われたが、まずは学校に行く時に坂が多くてびっくり。

前回のITCEの時に宣伝していた「共通テスト」の結果を見ても、なかなかおもしろい。
あまり「成績」に左右されていない、というところも、検索テストと共通点があるようだ。「実技教科」だからでしょうか!?

一番驚いたのは、「指導と評価の一体化」における冊子の内容と、横浜国立大学の中村祐治教授の講演である。
冊子の中身は、昨年度私が携わった、文科省の「教育課程研究指定校」事業の内容発展系であり、さらに、中村教授の話は、それに呼応するかのような講演であった。
私にとって、昨年度の疑問のいくつかのヒントを頂いたような内容であり、これは、本格的に「評価」に取り組んでいてこそ感じる疑問に対する回答も含まれていたように思う。
神奈川の先生は、こんなに進んでいるのか、と脱帽の思いであった。

いずれにしても、東京でもできることはたくさんあると感じた1日。
まずは、活用部会ででも、「確認テスト」「共通アンケート」はぜひともに実施してみたい。
そして、いずれは、神奈川や関東の他県と合同で実施できるようになれば、実情をつかみ私たちの授業展開の目安になるのかな、と感じている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

CALL教室

今日はt_fukuhara氏の学校にIT支援に行った。
東京都のCALL教室を見せて頂き、素晴らしいシステムにびっくり。
最近では、PCの能力もあがり、LLはPCで行うと、より幅も広がるだろう。さらに、英語の授業で、インターネットを使い、海外のサイトを調べたり生の英語放送も聞いたり、ということができるようになるに違いない。
しかしながらいつも思うのが、システムの設計と設定。t_fukuhara氏はシステム関係にも相当卓越した方なので、既存のシステムと上手に統合ができているようだが、一般的には、なかなかそうはいかないだろう。
このあたりの「現場での使いやすさ」が改善され、教員が授業に集中できるようなシステム構築を行政がサポートして下さると大変ありがたいと思うのだが・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「情報科準備室」移設

machida-ohara.com が随分と手狭になってきた関係もあり、別のレンタルサーバーを契約することにした。
新しいレンタルサーバーでは、容量1GB、メーリングリストも利用でき、さらにメールアカウントも任意の数作ることができるので、いろいろなことが「実験」できそうである。
また、それにあわせて「johoka.info」というドメインも取得した。近々再度引っ越しすることになりそうだ。
早速、開発委員会用のメーリングリストを作ってみた。思ったよりも簡単。
これで年間5000円+ドメイン管理料1800円ということだから、家のサーバーの電気代よりも安いかもしれない。家のサーバーはもうやめようかなぁ・・・。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

都高情研総会

今日は都高情研の総会があった。
関東大会をはじめ重要案件が承認され、関東大会に向けてまた一歩前進。
筑波大の生田教授に講演をして頂き、いろいろな現状報告があり、これも大変参考になった。
都高情研も、ずいぶんと新しい方に参加して頂けるようになり、まさにこれから、というところだろう。この件に関して、家庭教育新聞の取材もあった。
夜の部も、なかなか盛り上がり、「つれづれなるままに」のvitz3101氏とも交流することができた。
最近、出張続きでさすがに疲れも出てきているが、得られる情報を考えると、何のこれしき、というところ。
(家族のみなさんごめんなさい・・・・)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

CIECの研究

昨年度から、CIECという研究団体で、大学の先生や小中学校の先生とともに、情報検索の研究を行っている。
今日はその顔合わせがあり、私を含めて5人の先生方が集まった。
今年から、情報科メモ帳でお馴染みのt_fukuara氏も協力頂けることになり、さらに厚みが増す模様である。
原稿締め切りは6/15。う~ん、まずはここが一区切り。
今年は大会が新潟である。カンファレンスで無事に発表できるようにがんばろう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

関東大会下見

今日は情報科学部会にお邪魔したあと、他県の先生方と合流し、都立工芸高校へ関東大会の下見を行った。
しかしながら、いつみても工芸高校は立派である。うらやましい。
220人程度の視聴覚ホールがあるので、今回に限らずりようさせて頂いている。
ぜひともここをギャラリーでいっぱいにうめつくしたいものである。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

支援校会議

今日は東京のIT支援校が一同に集まる会議があった。
東京で、このようにIT支援校があるということは、非常にありがたいと思う。
研究会の講師や、学校のネットワーク利用に関するアドバイスなど、支援校を利用しない手はない。
他の東京の学校の先生も、何か困ったことがあれば、お近くの支援校に是非連絡してみてください。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

メディアリテラシー

現在、一つの題材のニュースを複数のサイトから調べ、どこが違うのか、なぜ違うと考えられるか、という授業を行っている。
以前、フィンランドの教育に関する授業のテレビ番組を見て、それをネット版に応用したものである。
ネットの場合、新聞や雑誌と違い、相当にリアルタイム性が入ってきており、時系列を上手に追わないと、ニュースに振り回されてしまう、ということがよくわかる。
この授業を始めた一昨年では、あまりネット上でのニュースはメジャーではなかったと考えられるが、最近は、どの検索エンジンからも1クリックでニュースに飛べるようになってきている。
ネットがメディアの1つとして相当定着してきている、ということだろうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ