アンケート発表資料作成

今日から授業も再開です。

2クラスで次回の発表にむけての発表資料作成を行いました。

夏休みが間にあったせいか、ややペースを取り戻すのに時間がかかったグループもあったようですが、積極的に良く取り組めていたと思います。

スライドソフトで資料を作成するにあたっては、既に学習したスライドの構成(どのような内容をどのような順番で示すか)や情報伝達の工夫(図解やアニメーションなどの効果的利用)が大切になってきます。これらは「レポートの書き方」や「プレゼンテーションの授業」を参考にするように指導しています。

まずは「アンケート実習」という簡単な「プロジェクト学習」を体験し、自分たちで組み立てる学習の要点を学んでいって欲しいと思っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

学校再会

夏休みも終わり、本日から学校が再会です。

今年もあっという間の夏休みでした・・・。
「充実」していることもあってか、毎年、短くなっているような気がしています(^^;

9月以降も行事などが目白押しです。体を壊さないように頑張っていきたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

市内大会

部活の市内大会順位決定戦がありました。

リーグ戦は24日に終わっていたので、本日はその結果によるフルゲームの試合です。
リーグ戦は関東大会と重なってしまったため、副顧問の先生とコーチに任せる形になってしまったので、生徒には申し訳ない気持ちで一杯だったのですが、結果を聞いてみると実は「いい試合」をしていたようで少し安心いたしました。自分たちで考えて活動ができる、ということは、結果はともあれとても素晴らしいと思います。

結果は、生徒のがんばりもあって勝利を手にとることができました。

私たちはプロではありませんから、勝ち負けにこだわりすぎることよりも、まずは部活を行うことによって精神的にも成長していって欲しいといつも思っています。今日も、その成長が感じられる試合でした。

いろいろ大変な問題もあるとは思いますが、より高きを目指してがんばっていきましょう!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

まなび第3回

東京都の研究グループ「まなび」情報部会の第3回が都立K高校にてありました。

前半は聖徳大学の木下先生のお話で、評価に関するお話もあり、いくつか質問をさせていただきました。ありがとうございました。

後半からは、次回に行う研究授業の内容についての全体協議です。ざっくばらんなのですが、非常に建設的で具体的な議論ができるのは、この会の大きな特徴なのかな、と思います。

皆さんがそれぞれの実践を持っており、それを「ああでもない、こうでもない」と「たたいて」いく形は、なかなか素晴らしいですね。密度の濃い話し合いができたと思います。

夜の部も、私は早めに失礼するつもりが、「すごい雨」の影響もあり、結局最後までおつきあいすることになりました。結果的にさらに「充実した時間」になりました。

いろいろな会にできるだけ参加し、私自身、もっともっと知識を深めていきたいと思っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

怪我の功名!?

SSSからの帰り、みんなで浜松にてウナギを食べることにし、浜松ICで降りました。

始めに行った鰻屋が定休日(!!)ということで、急遽 t_fukuhara氏が検索能力を駆使、近くに「うな竹」という店を発見しました。

東京では食べられないメニューということで、「うなぎ茶漬け」を頼みましたが、これが絶品!!

「おすすめの食べ方」に従い、はじめは普通に食べました。量もさることながら、鰻がベトベトしておらずポクポク、皮もぱりっとしており、タレも決してくどくなくて非常に上品な味でした。これだけでも十分に美味しかった!!

その後茶漬けにいたしましたが、これまた昆布ダシが良く効いていて、全くくどくなく上品なおいしさ!! おなかいっぱいなのですがまだ食べたい、という感じさせるようなウマさでした!(^^)
いやー、それなりの値段もしましたが、これは食べて大正解だったと思います。

久々に「これはすごい!!」というものを食べた気がしました。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

東西での味付け

SSS2007から帰ってきました。

昨日は四日市に宿泊しましたが、コンビニで買い物をしたところ、棚にて、カップうどんが「関西風」に代わっていますという掲示を発見、そういえば以前の総合実習で生徒が調べて発表していたのを思い出し、やはりこれは教員として確かめてみなければいかん(^^; と、購入し、宿で食べてみました。

カップ麺ですと、どうしても濃い味になってしまうような傾向があるように感じました。そのせいか、う~ん、25年前に岡山で初めて食べたうどんの時ほどの「衝撃」ではありませんでしたが、私はやはりこのような塩での味付けが個人的には好きです。

いくつか買って持って帰ってきたので、東京で買ったものと今度食べ比べてみようと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

SSS2007

SSS2007に参加させていただきました

昨年度は非常に参加したかったのですが色々な事情でどうしても参加できず、涙を飲んだいきさつがあったので、本年度は万難を排して参加する体制をつくりました。この研究会は、自分の中では、今後の情報教育に対して大きな影響を与える予感がするような会だと感じています。

yoshi_satoさんや、t_fukuharaさんたちと一緒に、早朝から車で鈴鹿に向かいました。

午後一番の特別講演は、佐治晴夫博士による「リベラルアーツとしての宇宙教育」でした。佐治先生のお話しは初めて拝聴いたしましたが、大変わかりやすく、また興味深い内容を提示して頂き、学問の奥深さをひしひしと感じました。特に、普段から良く言われております、「生物を勉強するなら、物理をしっかりとやっておいたほうが良い」という意味が非常によくわかる講演で、大変参考になりました。

パネルディスカッションは、加藤和幸先生(金城学院高)、米田謙三先生(羽衣学園中・高)、浦田 治 先生(三重県立四日市南高校)、田邊則彦先生(SFC)という豪華メンバーで、「高校普通教科『情報』の授業実践を省察して」と題し、いままでの実践を主に「負」の側面から見るような見た上で今後を検討していくような議論の展開がおもしろかったと思いました。今回は私は質問を遠慮してしまいましたが、議論も大変白熱し、主催者が狙っていたと思われた「夜のネタ」が増えたことは盛り上がりを作る意味で大変良かったのかな、と思っています。
いろいろな組織から賛否両論が出ている状況ですから、多くの角度から検討を重ねることは、見つめ直す意味でも大変効果のあることなのかな、と感じています。

夜の部もアンプラグドで大変もりあがりました。
私自身も多くのセッションに参加させていただき、いろいろなヒントを得られた気がしています。また、日頃の実践も、このように違う形でも実践できるような事例を多く作って行けたら、と感じるような会でした。

いろいろな意味で私にとって実りある会となったと思っております。ありがとうございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )

関東大会

本年度の情報教育研究会による関東大会が、東神奈川にある神奈川総合高等学校で行われました。

今回は関東の合同研究大会としては3回目、神奈川大会になりますが、関東組織主催では第1回の大会ということになります。

まずびっくりしたのが、施設・設備の立派さと、受付や案内にあった「手書き」の書の看板です。ニクい演出だと思いました。さすがですね。

午前中には総会と、東工大の赤堀先生の講演がありました。
赤堀先生の講演は先日8/7に都の研修会でも拝聴いたしましたが、毎回、実にツボを押さえたお話で、なるほど、と感心いたします。

前回は小学校や中学校、また、高校も多くの教科が対象でしたので、教育の情報化に関する面のお話が中心でしたが、今回は教科「情報」の大会ということもあり、「情報科」という切り口からのお話が多く参考になりました。特に、私も「情報」で「総合実習」を行っているということもあり、大学でのプロジェクト学習は興味を引きました。
本当は質問もさせていただきたかったのですが、時間が押していることもあり、今回は遠慮いたしました。残念・・。

昼食時は午後の分科会打ち合わせとポスターセッションです。
ポスターセッションでは、神奈川県新入生テストを都高情研で行った結果を発表させていただきました。思いのほか多くの先生方がブースを訪れて下さり、ありがとうございました。

午後は分科会とパネルディスカッションです。
特別参加の宮城県(ありがとうございました!!)による「P.SITE」と神奈川県の「情報関係基礎」「新入生テスト」レポートの司会をさせていただきましたが、どちらも素晴らしい実践で、大変参考になりました。特に「情報関係基礎」についての調査研究は、先日の神奈川県情報部会研究大会での質問による所が発端とお見受けいたしましたが、時間がない中でよくここまで調査したなあ、と、神奈川のフットワークの軽さと行動力に敬服いたしました。「P.SITE」も、埼玉が同じような企画がある、ということが判明したこともあり、お互いに情報交換し完成度を高める「きっかけ」ができて良かったのかな、とも感じています。

パネルディスカッションは、SFCの田邊先生コーディネートのもと、大阪の米田先生、尚美学園大の小泉先生、そして茗渓学園の大貫先生と実力派の先生方でした。さすが田邊先生、手慣れたコーディネートで先生方のお話を上手に引き出されており、私も大変参考になりました。特に、関西の先生においで頂き、関西の熱心な研究や実践を積極的に発表していただくことで、関東もさらに刺激を受けることができたのかな、と思います。

やはり一番の収穫は「懇親会」かな、と思います。
中華街の素晴らしい料理店で、普段は「情報」が少ない「情報科」の先生方が、他県の様子も含めていろいろな情報交換ができたのは非常に有意義だったと思います。何といってもヒューマンネットワークが大変重要な要素であることは間違いがないと感じています。
来年は全国大会に向けて準備を進めていますので、このネットワークがまたさらに広がるのがとても楽しみです。

最後になりますが、この素晴らしい大会を企画し運営してくださった役員および幹事の先生方、神奈川県の情報部会の先生方、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )

市営体育館での部活

近所にある市の体育館で、部活動がありました。

校内の体育館が改修に入るため、これから年度末までは、外コートまたは外部の施設を使っての部活動になります。

生徒は、せっぱ詰まっているようなイメージでいるようですが、私自身は、逆に練習の質や施設のありがたみを感じることができ、さらに、練習試合など多くの機会ができることになるので、決してマイナスには思っておりません。
(が、私の体が引率でとられるため、私自身は厳しい毎日が待っていますが(^^;

実際、練習日なども昨年度並みかそれ以上、また、練習試合の回数は昨年度とは比べものにならないくらい多くあります。

自分の力で変えられないことは憂いてもしょうがなし、逆に利点を大きく生かすような策を考えて実施していって欲しいと思っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )