Windows8とWebサイトの変化

先日、Justsystemのサイトが「タイル」を意識した作りに変更されていることに気づきました。

Windows8も発売開始され、スマートホン、タブレットのように、直接画面をタッチしながら選択していくようなインターフェースが今後普及していくことになるのでしょう。すると、今までのように、小さな特定の画像や文字をクリックするよりも、ある程度の大きさを持つ「タイル」のような形でリンクを形成するようにすると、確かに操作しやすいのかな、という感じがしています。

iPhoneの画面で、文字列に貼られたリンクを見るときに、手の指ではどうしても思ったようにタッチできない場面もあった経験もありしましたので、妙に納得をしてしまいました。

反面、Windows7のデスクトップ画面で見たとき、かなり画面をスクロールしないと必要な情報が見られないような場面もありました。OSやブラウザで変更されるような作りにする、ということもできるのでは、と思います。

これを機に、だんだんとサイトの構成も変わっていくのでしょうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« SC-88pro   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。