ICTEデザイン講習会(第2回)

ICTEデザイン講習会(第2回)があり、東亜学園高校に行って参りました。

今日が投稿締日のとある学会での発表論文も追いつかず、一時は参加を断念しようかとも思ったのですが、第1回も参加できずになみだをのんでいたため、今回は1時間だけでも参加しようと思い、何とか頑張って16:00過ぎには到着しました。

思ったよりもたくさんの方が参加されており、その中には見た顔もちらほら。短い時間でしたが、貴重なお話やヒントをお伺いすることができ、無理をした甲斐がありました。

第3回にははじめから参加できるように何とか調整したいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

XpSP3適用後のトラブル

WindowsXPsp3が配布されたのは一昨日記した通りですが、それを適用した後のトラブルとその対処を記しておきます。

1.現象
 WindowsXPsp2まで当たっているdellのvostro10002台をアップデートすべく、まずはsp3をあててみました。ここまでは良し。
 その後、さらにMicrosoftUpdateを当てたところ、15件くらいのアップデートが表示され、ダウンロードまではできているようなのですが、2台とも常に「コンピュータの原因で失敗」してしまい、アップデートできない状況となってしまった。

2.試行錯誤
 1台ならともかく、2台いっぺんなので、これは・・・と思い、キャッシュの削除やリブートなどを行ったのですが効果無し。ちなみに、それらのアップデートはoffice系も多く含まれていたため、試しにOfficeUpdateで行ったところ、問題なくパッチ当て成功。
 どうやらMicrosoftUpdateに原因がありそうな感じ。

3.どうもらちがあかなくなり、googleで検索をかけてみることに。
 いくつか対処があり、サービスをリスタートするなどありましたが効果無し。
 ただ、ログがあることに気づき、そのエラーコードで再度検索。結局、このブログがヒット、この通りに対処したら見事に復活しました。
 たくさんパッチ当てをしましたが、トラブルがおきたのはこれらdellのみです。dellの「特性」なのでしょうかね。とにかくGazeboさんに感謝です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

遠足

遠足の引率で、渓谷でのバーベキューに行ってきました。

「情報」はバーチャルの中での出来事がおおいのですが、バーベキューなどはかまど作りから火起こし、食材の調理など、リアルな世界が満載です。それも、版のメンバーと上手にコミュニケーションをとって行わないと、なかなかおいしい食事にありつけません。

 そのように考えると、これらなどのリアルでの体験は非常に重要ですね。最近常々思うのですが、まずは自分たちで実際に(リアルで)行ってみて失敗も含めて経験してからバーチャルの世界に入ると、バーチャルの良さも生きてくるのかな、なんて思っています。いきなりバーチャルだと、どうも感覚がつかめなくて意味が薄れてしまうような気がしています。

 さて、話しを戻しますが、どんなにコンピュータが発達しても、コンピュータは人間にはなれない、むしろ人間に「奉仕」する立場なのでしょうから、コンピュータの向こうにいる人間を意識し、常日頃からコミュニケーションの訓練をつんでおくべきなのかな、なんて思っています。

 難しいことをかきましたが、実際は生徒もとても楽しんでいたようです。よかったよかった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

WiindowsXP SP3が配布開始

WindowsXP SP3が配布開始されたようです。

連休中、半日かけて新しいノートPC7台中5台にOffice2003分も含めそれぞれ70件のパッチを当てたばかりだったので、もう少し早くでてくれていれば・・と思いながら、早速残りの2台にあててみました。

本日配布されたばかりだったこともあってか、ダウンロードに非常に時間がかかりました。適用にもそれなりに時間がかかりましたが、70件が15件(くらいだったと思う)ほどに減ったので、まあ幾分短くなったという所でしょうか。

ただ、SP3もIE7は入っていないため、IE7を別に当てなければならないので、作業時間はそれほどは変わらないようにも思えます。
そういえば、IE7を入れてSP3を当てると、IE7がアンインストールできなくなるようですね。このため、普段使いのノートPCには、一旦IE7を削除してからSP3を当て、その後再びIE7を当てるようにしてみました。まあIE7をIE6に戻すことはまずないとは思うのですが、念のため。

さて、新しいノートPCにSP3を当て、さらにIE7を当てたとき、ほぼ2台同時に「アップデートが常に失敗する」という「トラブル」が起きてしまいました。
パッチのダウンロードは完了し、自動更新で「準備ができました」状態になっているのですが、アップデートがすぐに異常終了、「適用されませんでした」となってしまいます。

これにはハマりました。結果的には解決できたのですが、長くなりそうですので、明日以降にまとめて記したいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

今年度の授業

私の授業では、毎年、できるだけ「教え込まない」で、自分で考え解決していくことを重要視しています。コンピュータの操作方法やソフトの基本的な使い方もしかり、わからないことはまず自分で友達などに聞いて解決しなさい、と話していましたが、今年はどうやらそのレベルで授業を行うのは難しく、全体に対して何らかのフォローをしないといけない状況のようです。

昨年度までのここ数年来、中学校での「情報とコンピュータ」が浸透してきたせいか、PCの基本的な扱いやアプリケーションの基本操作など、ほとんどの生徒は入学時には問題がない状況が続いていたのですが・・・・

今年度の入学生を見る限り、直感的ですが、昨年度までとは違って「基本的な操作が身についていない」と思われる生徒が大変多く見受けられるように感じています。話を聞いてみると、「中学校で全くPCを使わなかった」という生徒も一人二人ではありません。昨年までの、ほぼ全員がワープロソフトを使ったと申告している状況とは打って変わり、ワープロソフトを「全く扱わなかった」という生徒もクラスに10人前後、「ちょっと立ち上げただけであまり扱っていない」と回答した生徒を合計するとほぼ全体の半数になってしまうような状況で、私も大変びっくりしています。表計算ソフト、プレゼンテーションソフトもほぼ同様かあるいはそれ以下の状況です。

どの中学校も、3年間での技術家庭5単位175時間のうち、おおむね35時間(実際は27~8時間程度でしょうか)程度は必修である「情報とコンピュータ」を行っている「はず」だと思うのですが・・・

もちろん、生徒の「勘違い」や、改築・改装など、PCを使えなかった理由が別にあったのかもしれませんし、中学校の技術科の先生も、いろいろと事情があったのかもしれませんが、もし、生徒の言葉を丸ごと信じるとすれば、これはある意味「未履修問題」に発展するようにも感じています。「問題点」があるならば、整理して早急に対処すべきでしょう。

いったい中学校で何が起きているのでしょうか・・・。

残念ながら、私もよくはわかりませんが、はっきり言えることは、生徒は「教えられてこなかった」ため、高校で大変な苦労をしている、という現実です。
最終的には生徒に「しわ寄せ」がいってしまいます。

次期学習指導要領では、中学校の選択分野がすべて必修になるなど、内容的にもいっそう踏み込んだものになるようですが、これらの現状を目の当たりにして一抹の不安を感じるのは私だけでしょうか。

大学の先生方が、高校での「『情報科』未履修問題」をどのように感じているのか、少しだけ理解できたような気持ちになりました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

連休明け

連休も終わり、ようやく身の回りも少し落ち着いてきました。
気がつくと、ちょうど一ヶ月たってしまっておりました。

また少しずつ書き記していきたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )