塾の「変化」

最近、塾や教材の広告が、ちょっと気になっています。
というのも、うちの息子宛にくる教材や新聞に入っている塾関係のチラシを拝見すると、なかなか「的を得ている」、と感じられるのが多いからです。

特に思ったのが、benesseの「知識の量を問う従来型の入試ではなく、『考える力』が求められるようになりました」というチラシ文です。

塾といえば、「合格実績をあげる」など、目に見えることが多いようなイメージがあったのですが、このbenesseに限らず昨今のチラシでは、「考える力」とか「将来社会で通用する」、「問題を解決する力」などと記載されています。

ストレートに思うに、「学校が理想的に追っていくべき内容」がずいぶんとアピールされてきているようです。学校の意識の変化が塾に影響を与えている部分もあるのでしょうが、それ以上に、世の中の教育に対する意識の「変化」を塾は敏感に感じとっているのかもしれません。

なかなか興味深い「変化」です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

生徒の作品を一覧に

とある先生から「生徒が作った作品をデジカメで撮ってあるのですが、それを生徒にPCを使って提示させるのに良い方法は?」という質問を頂きました。

解決手段はいくつかあるのですが、一番簡単な方法は、

「1つのフォルダーに画像データを入れ、Xpの「画像のタスク」から、スライドショーを実行する」

ということですね、というお話をいたしました。

これは意外と知られていないようで、Xpであれば無料でできるわけですから、ちょっとしたときに使わない手はないと思います。

ただ、これではコメントが入れられない、ということで、

「スライドソフトを使い、スライドに画像を貼り付けて紙芝居風にする」

という作戦も提案しました。こうすれば、吹き出しなどを画像に加えることもできますし、印刷のときも配布資料形式で出すことができますから、相互評価の時にコメントを集めるのに楽だったりもします。
ただ、この場合は、画像が多かったりサイズが大きいと、スライドのファイル容量が膨大になり、扱いにくくなってしまうこともあるので、若干の工夫が必要なこともあります。

結局、どちらの作戦をとるかは考えてからお決めになるようでしたが、結構いろいろな方法や機能があることにびっくりされておりました。

「ちょっとしたこと」を解決することって、IT活用をする上で結構大切なんですよね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

絶対評価と「ばらつき」

毎日インタラクティブの記事「高校入試:中学調査書、評価法でばらつき--県教委が緊急調査 /三重」を読み、これは三重だけでなく、どこにも起こりうる問題、と感じました。

中学校の調査書の内容を、相対評価から絶対評価に変えた時に、当然、このようなことは想定できたと思います。相対評価と絶対評価のどちらかが「完全に良い」わけではなく、双方ともに一長一短があることは当然のことでしょう。

しかし、もう1つ「びっくり」したことは、

「『音楽で5か4だったのは平均で53・9%』『保健体育で5か4だったのは52・7%』というのが県での平均」

ということです。つまり、半数以上の生徒が「5か4」という学校が大半ということで、ばらつきを考えれば、当然、

「『7割以上の生徒が4か5』という学校もそれなりに存在する」

ということになるわけですよね。

私が個人的に考えるには、「1」や「2」は付けづらいことを考えると科目内での評定平均値はある程度上昇こそすれ、「4」と「5」の割合自体はそこからそれほど大きくは変わらないだろう、とも感じておりました。
その点からすれば、相対評価の時には「4」と「5」で31%だったわけですから、「四日市市のある中学校では「4」と「5」があわせて36.5%」も、それほど「低い」数字とは言い切れず、むしろ、今までと比べても5%以上増えているのですから、これまでのいきさつを考慮した妥当な線だとも言えると思います。ほかにもこのような学校はあるのでは、とも私は思います。

しかし、そのような状況で県平均で20%以上も変わってしまう、ということは、4か5という高評価の素晴らしい生徒が大多数を占める学校が多数ある、という風にも読み取れます。

「実技科目」ですから良い点がつきがちなのは重々わかりますが、「情報」を扱う人間として、これらが「本当に実態を正確に評価しているのか」ということに関して、少し考えさせられてしまいました。

記事の中にもあるように、いろいろな意味で「生徒のため」ということもあるのでしょう。しかし、少なくとも、「正直者が・・・」という状況にはなって欲しくないと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Vistaでの仕様変更?

Vistaを利用していて、気になったことが1つあります。

「ログオン画面」を、いわゆる「ようこそ画面」からユーザー名とパスワードのタイプに変更しようとしても、Xpでは「ユーザーアカウント」の所にあった「ログオンやログオフの方法を変更する」という項目が、私のところのVistaにはないのです。

Ultimateが入っているので、元からできない、ということではないのだろうと探してみたのですが、やはり設定項目はどこにもありません。

そこで、早速、ヘルプとサポートから「ようこそ画面」で「検索」してみましたら・・・

なんと、「このバージョンのWindowsでは、ようこそ画面をオフにすることはできません」・・・とのこと。

えぇー!?

このPCがドメイン参加していないからなのでしょうか。ドメイン参加していてもオフにできないならば、ログオン時にドメイン全員のアカウントを表示させることになってしまうでしょうから非現実的なのでは・・・!? まあ、いくらなんでも、これはないのでしょうが・・・。

ちなみに、現時点の状況でも特に不都合ではないのですが、今まではXpHOMEでも、「ようこそ」画面をOFFにしIDとパスワードを意識して入れていたので、私にとってはやはりちょっと違和感です。

なぜこのような「仕様」になったのでしょうかね・・・。今まであった設定をなくしたのですから、きっと何か理由があるのでしょう。気になります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Vistaマシン組み立て&インストール

入選当日も過ぎたところで、ようやくVistaマシンを組み立てることができました。

結局、なんだかんだでHDD・DVDドライブ・キーボード・マウス以外はほぼ一式買い替えにしてしまいました。相当高くついてしまいましたが、これも「研究のため」ということで自分に言い聞かせ、納得、納得。

FDDとのDSP版Ultimateを購入したので、今までつけていたMOドライブもはずし、購入したFDDを取り付けました。購入したマザーはIDEは片チャンネルしかとれないんですね。DVDドライブを2台つないで終了です。

インストールも無事に終了、特に問題は起きませんでした。
さすがにグラフィカルですね。ガジェットも気がきいています。特にワイドモニターになったので、狭くも感じません。

ちなみに、エクスペリエンスのインデックスは、

プロセッサ(Core2Duo E6300):5.0
メモリ(NB PC6400 1G×2 デュアルチャネル):5.6
グラフィック(GF7300GT WDDM):5.9
ゲーム用グラフィック:5.3
プライマリハードディスク(サムソンSP2004C SATA200G AHCI):5.1

となっています。十分すぎる値なのですが、体感速度に関しては、それほど「早い!!」という気はしません。これも、Vista独特の「もわっ」という感じからでしょうか。

XpHOMEのライセンスとCDがもう1つあるので、これを組み込んでデュアルブートにしてみたら、速さの違いがわかったかもしれません(時すでに遅し(^^;)

ちなみに、Vistaマシンにはソフトはまだ特に何も入れていません。・・・というのも、意外とVistaに正式対応しているソフトが手元にないんですね。OfficeXPと一太郎2005等はサブマシンに入れてしまっているので、Office2007とJUSTSuiteを購入したら、Vistaに組み込んでみようと思っています。

しばらくはサブマシンとVistaマシンは併用、メールも併用です。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

一般入試

今日は一般入試でした。

入選業務は何回行っても緊張します。特にリスニングテストに対しては、失敗の可能性があるあらゆる要素をチェックし手を打っておきます。

これも毎年のことですが、「内線電話利用禁止令」を出してもらいます。・・・というのも、内線電話には校内緊急放送の機能がついているため、つい間違えて校内放送の番号を押してしまわないようにするためです。もちろん、普段の授業から間違えて押すことなどはまずないのですが、念には念を入れるわけです。

その他、近所を走っている「宣伝カー」にもお願いをしたり、廊下で音量をチェックをしたりと、全員で厳戒態勢をとっています。

おかげさまで、本年度も本校では特に問題もおこらず終了しました。
「ちゃんとできて当たり前」のテスト、受検生のためにも事故がなくて良かったとホッと胸をなで下ろしました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

WinXPのアクティベーション

今日は入試前日準備でした。放送機器の点検や会場の準備等、入念に行います。
特に本校では前年度と比べて倍率も上昇、受検会場の確保も大変です。
とにかく明日、受検性のためにも滞りなく無事に済んで欲しいものです。

さて、今日の夕方、22インチのワイドモニターが来ました。
キューブPCからデジタルでつないでみましたが、さすがに広い!! 使い勝手もとても良いですね。ドット抜けもなく、完璧です。
唯一、デジアナの切り替えがパネルでのセットアップからのようなので、両方を2系統として使い分けようと思っている私にとっては、そこが不便です。まあ、値段が値段なので、良しとすることにします。

1つ想定外のことがおきました。

サブマシンのキューブPCは今まではWinXPのHomeだったのですが、共有等の問題もあり、先日までメインマシンで使っていたパッケージ版のXPProに、HDDもIDEに載せ替えてクリーンインストールで載せ替えました。ちなみに今まではSATAの200Gドライブです。

このときは特にアクティベーションをしても問題がなかったのですが、内蔵のIDEドライブが非常に遅く、さすがにたまりかねてSATAのものに戻してさらにクリーンインストールしアクティベーションした所、「アクティベーションに問題がある」とのこと。

ずいぶん前にも内蔵のドライブ等を換えた時にOfficeで起きたことがあったのですが、今回は夜中の12時です。画面の指示に従って、フリーダイアルにかけます。

音声ガイダンスに従って画面の文字を入力、それでもダメというので、電話でつないでもらいます。夜中の12時なのに、かかるのかな・・・・!? と思ったら、結構すぐにつながりました!! これには感動。
事情を説明すると、新しいキーを発行してくれる、とのこと。そのキーを入力したら元通り。いやー、結構すんなりでした。

この間、およそ10分。恐らくこれらの処理方法も相当研究しているのでしょう。MSもなかなかやるものです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新潟へ

新潟県長岡市にて、新潟県教育委員会とCECが共催する「情報モラル普及フォーラム」で発表をしてまいりました。

まずはじめに群馬大学の下田先生から携帯利用についての発表、次に新潟県警のご担当者からの発表、そして最後が私から高等学校での実践事例発表、という段取りになっておりました。

私の発表は3時過ぎから、ということで、2時過ぎにお伺いすればよい、とのこと。調べてみると、町田から長岡へは実は3時間弱でついてしまうんですね。朝の1コマの授業を行い、2コマ目に入ったところで出かけました。

1本早い新幹線に乗れたこともあり、会場へは1時過ぎに到着、昼食を食べましたが、これがとてもおいしい!! さらに値段もリーゾナブル!! さすが長岡!!

さて、せっかくの機会ですから、下田先生と県警の方のお話も拝聴させていただきました。
下田先生の話がとにかくインパクトがありました。時間の関係もありあまり十分にお話できなかった、とのことでしたが、メディア論という立場から、特に携帯についての情報モラルの必要性とその緊急性に警鐘を鳴らしており、わたしも「これは・・・」と考えを新たにいたしました。お話の内容をお伺いして私の内容も調整するつもりでしたが、私の実践が「生ぬるく」感じてしまいそうで、ちょっと恥ずかしくもなったりいたしました。

気をとりなおして、私の発表です。携帯関連は下田先生から、データ的なものは県警の方からそれぞれ発表がありましたので、私は広義の「情報モラル」として、著作権や情報リテラシー等の内容も交えてお話をさせていただきました。午後からずっと缶詰で3本目の発表、ということもあり、どうかな、と思ったのですが、先生方もとても熱心で、私も感心いたしました。

その中で、1つだけ話しそびれたことがありました。

それは「著作権」のところで、外部のWebの内容をそのまま自分のWebにコピペしてしまう、ということを防ぐ方法として、「これは生徒が書いたっぽくないな」というページのネタを探すために、その文章の中の特徴的な1文をそのままネット検索にかけてしまう、という方法です。本当は実際に提示しようと思っていたのですが、ネット環境がない、ということで、携帯をつなぐのも忘れてしまっておりました。
考えてみたら「たいしたことではない」のですが、これは結構生徒にもインパクトがあり、どのクラスでも「おぉー」っと声があがります。「やっぱりダメなんだ」「バレちゃうんだ」という意識がすくなからずとも芽生えるようですので、Webの作成等を始める直前あたりを見計らって行っています。

発表も無事に終了、帰路につきました。本当は宿泊して温泉にでも行きたいのですが、明日は入試の準備です。

今年は本当に雪がない、とのことで、積もっているどころか、雪そのものも道路に見当たりません。周りの山々も「まだら模様」です。
おみやげを買い、17:30頃の新幹線にて帰りました。

非常に密度の濃い1日でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

総合実習の発表が終了

総合実習の発表がすべてのクラスで終了しました。

今年の総合実習は、広報が少し遅れたこともあってか、特に他校の先生方にあまり多くおいでいただけなかったのが残念でしたが、今日は数名の来校者もありました。やはりギャラリーが多いと良い意味で緊張感が漂っていいですね。

今年の総合実習は、「問題発見」から丁寧に指導しましたが、どのグループも興味深いテーマで行うことができていました。やはりその成果が現れているようです。
来年度に向けては、問題の解明やそれに向けての構成にも少し手を入れていければ、と思っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ビデオカード購入

夜、家にあるAGPカードを下取りに、PCI-Eのビデオカードを買いに行きました。

Vista購入の下取り特典と、ビデオボードが重点買取品目になっている、とのことで、結構いい値段で下取ってもらえ、さらに新しく購入したカードが3000円引き、とのこと、たまっているポイントも利用し、実に数百円で買い替えができてしまいまいした。

ちょっと得した気分・・・ですが、買った「おおもと」の値段は、それほどかわらないんですね。でも、同じチップでもPCI-EはAGPと比べて値段が安いようですから、モノ自体はよくなった、ということでしょうか。

いずれにしても、良い買い物をしたと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ