情報科授業研究

一般にはなじみの少ない高等学校普通教科「情報」の教育実践・教材研究について紹介します!

「まじめにひたむきに仕事をしないと人の心はうてない」

2016-05-03 | 聴講
今日は世田谷美術館に行ってきました。芸術に全く縁のない私がなぜ世田谷美術館に行ったかというと、企画展「竹中工務店400年の夢―時をきざむ建築の文化史―」を観るのと、企画展に関連して、小川三夫棟梁の講演会があり、ぜひお話を聞きたかったからです。この企画展は6月19日までです。



12時に美術館に着いて、まず講演会の整理券をもらいました。70番台でした。講演会は14時からだったので、それまで企画展を観ました。入ってすぐのところに鵤工舎で製作した模型がありました。桔木などの軒の構造模型がわかりやすく、写真を撮れないのが残念でした。仕口の現物が置いてあって、木材の大きさや、仕口の精巧さに興奮しました。

そのあとの展示は、竹中工務店が手掛けた建物の写真と模型が主でした。

14時からいよいよ小川棟梁の講演「技を伝え、人を育てる」です。定員140名でしたが、座れるところが無いくらい満席でした。これまで小川棟梁の書かれた本を何冊か読んでいて、ぜひ生でお話を聞きたいと思っていたので、ご本人が登場された時には興奮しました。実際にお話を聞いて、本で読んだことをより詳しく理解できました。

お話を聞いて、宮大工でも学校教育でも共通することがあると感じました。小川棟梁は、「教えると甘えが出る」「教えない」「学ぶ意欲が出るまで待つ」「そのためには学ぼうとする雰囲気が無くてはならない」と話されました。「たくさん無駄をさせることで無駄を省けるようになる」ともお話されました。学校にもそういった環境づくりが大切なのだと思いました。

「まじめにひたむきに仕事をしないと人の心はうてない」

自分はまだまだ甘いと思い知らされました。これからも精進していきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京木工場見学

2015-12-08 | 教材研究
今日の午後は、課題別学習「生産技術入門」を受講している生徒21名を連れて、清水建設東京木工場を見学させていただきました。生徒は初めてですが、私は昨年に続き3度目です。

ショールームを見学した後、工場見学をしました。工場では実際の加工の様子を見学できました。

以下、生徒の感想です。
  • 東京木工場の第一印象は、厳しい人が多いということでした。一つ一つの仕事に相当な集中力を使っているから注意散漫なのは許せないのだと思います。また、材料を本当に大事に使っていると思いました。
  • 東京木工場を見学して、私が生活の中で使っている木材について知ることができた。職人さんの技術が丁寧かつ作業が速くて日本の技術をすごいなと思いました。
  • 普段私たちが授業で使っている木材の詳しいことを知ることができた。家にある家具や授業で使う木材の使い方を考えなおさなければならないと感じた。モデルルームに展示されていた小物がすごく丁寧に作られていて、東京木工場の方の技術は素晴らしいなと感じた。
  • 消防法や費用など問題がでてくる現代において木目のデザイン性やあたたかさを生かせる単板という技術はとても良いと思いました。それによってものづくりの可能性が大きく広がるので様々なデザインの建築物の構想ができると思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

困難の中にこそチャンスがある

2015-12-06 | 雑談
今日の『下町ロケット』(TBS)第8話。

帝国重工が手掛ける国産ロケットのキーデバイスであるバルブシステムのコンペに敗れた佃製作所。帝国重工の財前部長に対し、佃氏はアインシュタインの言葉を引用して、もっと良いものを作って必ず持ってくることを告げました。

「挫折を経験したことがない者は、何も新しいものに挑戦したことが無いものだ。」
Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.

「困難の中にこそチャンスがある」
In the middle of difficulty, lies opportunity.

絶対にあきらめない強い意志を感じました。感動しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和光教研

2015-11-22 | 学会・研究会
今日は和光中学校・高等学校の教育研究集会(和光教研)に参加しました。和光教研に参加するのは7年ぶり2度目です。午前中ははじめの会のあと、公開授業と授業検討会、午後は分科会と全体会がおこなわれました。



公開授業では、高校3年選択科目「プログラミング演習」と中学1年「技術」の授業を参観させていただきました。

プログラミング演習の受講者は生徒は9名(男子6名、女子3名)でした。授業では、Arduino UnoにつないだLEDを制御するプログラムをScratchで作るという内容でした。それに紙で作った家をかぶせてクリスマスのオーナメントにしていました。Arduinoは学校のものらしく、持って帰れるのは紙で作った家だけでした。パソコンはMacBookでした。ブレッドボードにLEDや抵抗を配置していくわけですが、ブレッドボードの仕組み自体を理解していない生徒が半数くらいいて、配線するのに時間がかかっていました。

技術の授業は木工室で、テープカッターの製作でした。セロハンテープをはめるホイール部分の製作で、鋸を使って木材を正方形に切断し、ボール盤を使って穴をあけ、さらにそれを8角形になるように切断していました。廊下には授業で作った生徒の作品が展示されていました。

午後は第2分科会「『なぜ?』を大切にした和光中学のルールづくり」に参加しました。参加されていたのは、和光中高の教員の方と私と同じ他校の教員、大学生、一般の方、40人弱でした。

最初に報告者(生徒会担当教諭)から、和光中学校でのケータイ電話の取り扱いについて生徒会の取り組みについてお話しいただきました。たくさんの資料を用意していただき、詳細に説明をしていただきました。予定時間を超える1時間強の報告でした。興味深かったです。

次に、参加者が5つのグループに分かれ、グループごと意見交換、全体での意見交換を交互に2時間弱おこないました。私のグループは、和光中高の先生が2名、私立中高の先生1名、大学生2名と私の6名でした。それぞれの立場の意見を聞けて勉強になりました。生徒会担当教員は7年ほど変わらないそうで、だからこそ、これだけ生徒に寄り添った取り組みができるのかもしれないと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

挑戦し続ける限り、必ず答えは見つかる

2015-11-15 | 雑談
プレミア12の中継のため、1時間押しで始まったTBSドラマ「下町ロケット」第5話。

ドラマの中での印象に残ったセリフ。
「何かを成し遂げようという大きな夢の前では大企業も中小企業も帝国重工も佃製作所もない。いいものを作りたいというたった一つの想い、技術者としてのプライドがあるだけだ。」
「どんな難問でも挑戦し続ける限り、必ず答えは見つかる。」

佃航平氏かっこいい。そうですよね。感動しました。

でも挑戦し続けるのが難しい。世の中、難問だらけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

STEM STUDY NIGHT #2

2015-11-13 | 学会・研究会
今日は仕事が終わった後、STEM STUDY NIGHT #2に参加するため、関内にあるさくらWORKSに行きました。新宿三丁目駅から日本大通り駅まで乗り換え無しで行けるので、便利になりました。



最初に同志社中学校の沼田先生からのご報告がありました。大変お世話になっている先生です。同志社中学校は私立の中高一貫校で、受験が無いので、モチベーションを引き出すのが仕事だと話されました。私の勤務している学校も中高一貫校なので、同じような状況があります。中学生は何で学ぶのかに疑問を感じています。そこで沼田先生は、授業時間以外でさまざまなイベントを企画し、この指とまれで実施しています。いつもエネルギッシュな取り組みに感動します。私も同じような取り組みをしてみたいですが、まず生徒が集まらないのではないかと思い、一歩を踏み出すことができません。

沼田先生は他にも海外でさまざまな活動をされていて、その行動力に圧倒されます。いろいろな国の学校の状況が聞けて勉強になります。

次に広尾学園の金子先生がお話しされました。学校の紹介の中で、教師の「都合」と生徒の「未来」という話しをされ、教師の都合が優先されれば、学校は衰退していくと述べられました。確かにその通りだと思いました。感動しました。1人1台の情報機器を持たせて、校内ではWi-Fiが使えるそうです。せっかく生徒が情報機器を持っているのだから、授業だけで使うのはもったいないと話されていました。目から鱗でした。また生徒がMIT+K12 Videosを翻訳したというお話にも驚きました。

金子先生のお話のあと、広尾学園高校1年生の1人がプレゼンをしてくれたのですが、とても堂々としていて素晴らしかったです。取り組みもおもしろいものでした。

3人目は面白法人カヤックの深津さんがお話しされました。Kocriという電子黒板アプリを中心に、開発のお話をされました。とても面白そうな取り組みをされていました。文部科学省の「学校のICT環境を整備しましょう」にも触れられていました。

休憩をはさんで最後にMozilla Japanの赤塚さんがお話しされました。Fabbleの取り組みを中心にお話しされました。とても面白かったです。

最後に30分ほど、登壇者とフロアとのディスカッションがありました。

とても刺激的な内容で、楽しく勉強しました。自分にはまだまだやらなければならないことがたくさんあることを認識しましたが、どうやって理解者を増やしていき、実現するのか、その辺は道筋が見えていません...


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

技術は人を支える。人間社会を豊かにする。人を幸せにする。

2015-10-25 | 雑談
今日の「下町ロケット」第2話。

佃航平氏は法廷でこう話しました。

「技術は人を支える。人間社会を豊かにする。人を幸せにする。これこそが技術の本当の力なんじゃないでしょうか。」
「私が今日、娘のことで喜びを感じたのは特許のおかげなんかじゃない。この服のシワをどうやったらもっと簡単に伸ばせるか。ただそれだけを思ってアイロンを創り上げた技術者の想いがあったから。そういう技術者を守るためにこそ、特許があるべきなんだ。」
「培ってきた技術力だけは決して奪われない。」

そう、その通り! 技術の力ってすごい!
涙が止まりませんでした。

今日の放送は痛快でした。

本当に技術者には頭が下がります。
そういう、日本の技術力に子どもたちが目を向けられるような授業をこれからもしていきたいと思いました。

余談ですが、ドラマの中では、ついこないだ行ったばかりの国立科学博物館の日本館2階が出てきて、「この場所あそこだっ!」って1人で嬉しくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国立科学博物館

2015-10-16 | 教材研究
今日は小雨の降る中、上野にある国立科学博物館を見学してきました。上野に行ったのは何十年ぶりか記憶にないです。

地球館2階の「科学と技術の歩み」を中心に見てきました。年代測定法などは勉強になりました。

日本最初の真空管型電子計算機FUJICが展示されていました。もっと大きいものかと思っていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜美林中学校授業見学

2015-09-10 | 教材研究
今日の午前中は、東京都町田市にある桜美林中学校を訪問しました。東京都心は台風の影響で大雨だったようですが、町田は降っていませんでした。

初めに今年の夏に引っ越したばかりという技術室を見せていただきました。中学校舎から道路を挟んだ建物の4階にありました。技術室は、3年生の授業で、ハーフクラスで使うということで、作業机が5台ありました。工具棚も、生徒用棚も整備されていて、使いやすそうでした。ハーフクラスで実施するには十分な広さでした。今後は1クラスが入れるように作業台を整備していく計画もあるそうです。


高校のパソコン室でおこなわれていた情報の授業を少しだけ見せていただいた後、中学校舎に戻り、3・4時間目は技術科の授業を見学させていただきました。

見せていただいた授業の内容は、2年生のScratchでのゲームプログラム製作でした。ただのゲーム製作ではなく、入力装置や出力装置を自作したり、ポスターを製作したり、生徒が自主的に取り組めるようなさまざまな工夫がされていました。生徒は熱心に製作に取り組んでいました。

生徒が工夫して作れるような小物がたくさん用意されているなど、学ぶところがたくさんありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタ産業技術記念館

2015-08-30 | 教材研究
今日は、トヨタ産業技術記念館を見学しました。様々な機械が動態展示されていて、とても勉強になりました。学ぶことが多すぎて1日では回りきれません。

型鍛造の実演では、実演終了後にうちの子どもたちが興味を示していると、できたものをくださいました(下写真)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加