★★MAトラスト社長 浅野まことのここだけの話。★★

MAトラストの社長 浅野まことがここだだけの話をブログで大公開!!

山本太郎トークライブ in 岐阜のご報告

2016年02月28日 | 未来予測研究会


昨日岐阜市内で開催の山本太郎トークライブ本当に多くの方にお越し頂き有難うございました。
アクティブG会場(18:15~20:00)は100名を超える参加者。参加者との握手&写真撮影も30分。

そして次の若宮町のライブ(20:30~22:30)会場も熱気に溢れていました。その様子が動画で
アップされていますのでご覧ください。

http://twitcasting.tv/yamamototaro0/movie/246196898

昨日だけで池田町も入れて2時間のトークライブを3か所で開催。太郎さん物凄いパワーです。

会の終了後、山本太郎さん、はたともこさん、そして事務所スタッフの皆さんを柳ヶ瀬の行きつけの
スナックにお連れして打ち上げをしました。

ここでも熱く2時間程語り合いましたが、「岐阜は人情味ある面白い人が多い。また来たい!」と
太郎さん言っておられました。

今日は山県市と郡上市でもトークライブがあります。多くの方のご参加をお願い致します。
ツイキャスでもライブ配信もあります。→http://twitcasting.tv/yamamototaro0

コメント

G20、薄氷の政策総動員 具体策、各国に委ねる 「緩和頼み」厳しさ増す

2016年02月28日 | 経済
G20、薄氷の政策総動員
具体策、各国に委ねる 「緩和頼み」厳しさ増す
2016/2/28 3:30 日経朝刊

 【上海=大越匡洋】中国・上海で27日閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は共同声明で「すべての政策手段」を総動員すると表明し、金融市場の安定へ強い危機感を示した。だが金融緩和に頼って経済を支えることは難しさを増し、各国の財政余力の差も大きい。具体策を各国に委ねる綱渡りの国際協調が続く。





 「最近の市場の変動の規模は世界経済のファンダメンタルズを反映していない」。今回の共同声明は、市場の激しい動きをけん制する異例の文言を盛った。そのうえで各国が金融政策に加え、財政、構造改革など「すべての政策手段」を検討し、成長の維持へ行動するメッセージを発した。
 市場激動の震源地とされたのは、議長国の中国だ。昨夏からの株式市場の混乱や場当たり的に映る為替政策で、中国当局の経済運営手腕に対する市場の信頼は揺らいだ。米国の利上げが重なり、景気が減速する中国からマネーが流出し、人民元の下落圧力が高まった。
 「具体的な構造改革のプランと元相場の安定策を含めたパッケージを示してほしい」。麻生太郎財務相は会議で、中国にこう迫った。ルー米財務長官も閉幕後の記者会見で「中国は市場メカニズムに基づく為替改革が必要だ」と注文した。
 一方、中国の楼継偉財政相が「我が国は財政余力がある」と表明。昨年末に中国指導部が決めた財政赤字の拡大という既定路線の範囲で、米国が各国に求める財政出動に応じる構えを示し、「政策協調」を演出した。
 もっとも、政策協調の具体像は見えにくい。G20として「現在の世界経済が危機にあるとは認識していない」(関係者)からだ。各国が一斉に為替介入に踏み切ったり、リーマン・ショック後のようにそろって財政出動に動いたりする「『狭義の政策協調』は想定していない」(同)。あくまで具体策は各国に委ねられる。
 市場の混乱の原因についても、中国をはじめ資本流出に直面する新興国からみれば、昨年末の米国の利上げがそもそもの引き金だとの思いが強い。共同声明で「機動的に」とした財政政策を巡っても温度差がある。ドイツのショイブレ財務相は会議閉幕後、記者団に「世界経済は市場の変動が示唆するよりも良い」と述べ、財政出動に慎重な姿勢をにじませた。
コメント

人口減の波 大都市にも 国勢調査5年で94万人減 工場地帯、進む空洞化 増える単身高齢者

2016年02月27日 | 日記
人口減の波 大都市にも
国勢調査5年で94万人減 工場地帯、進む空洞化 増える単身高齢者
2016/2/27 3:30 日経朝刊

 総務省が26日公表した2015年の国勢調査で、外国人を含む日本の総人口は
1億2711万47人と10年の前回調査に比べ94万7305人減った。大都市の人口減
が始まったことで生産や消費の担い手を膨らませた都市部が地方を補う日本経済の
構図に狂いが生じつつある。女性や高齢者の労働参加が進まなければ2030年の
日本の潜在成長率は0.6%分ほど下がるとの試算もある。初の人口減という新局面
への対応策は待ったなしだ。





 「強い危機感を持っている。大阪が一つになって働く場をつくりたい」。1947年の
調査以来68年ぶりの人口減に直面した大阪府の松井一郎知事は語気を強めた。
 人口の減少数が多かったのは、パナソニックのお膝元である門真市や町工場が密集
する東大阪市。東大阪市では大手企業の海外への生産移転による受注減や、後継者難
で工場の減少に歯止めがかからない。人口や企業の集積が弱まれば研究開発の力が落ち、
競争力低下にもつながる。
 産業空洞化や人口減は大阪に限った話ではない。厚生労働省によると経済成長が
進まなければ14年時点で6351万人だった就業者数は30年時点で5561万人に減る。
この場合、内閣府が足元で0.6%とみている経済の実力を示した潜在成長率を30年時点
で0.5~0.6%分ほど押し下げるとの試算もある。
 経済が成長し高齢者や女性の労働参加が進むと想定した試算でも30年時点の就業者数
は6169万人。14年より182万人少ない。労働力が減る中で潜在成長率を高めるには
技術革新などによる生産性向上が欠かせない。
 経済界からは「外国人労働力の受け入れ拡大を早急に議論すべきだ」(化学大手)
との声も強い。法務省によると15年6月時点で在留資格を持つ外国人は約217万人。
12年末に比べ14万人ほど増え日本人の人口減少を一定程度和らげている。
 もう一つ目を引いたのは、人口増加が続く東京の世帯当たり人数が、単身世帯の増加
などを受けて2.02と「2割れ」間近になったことだ。
 「高齢化」と「単身世帯化」が同時に進む首都圏。厚労省によると東京、千葉、埼玉、
神奈川では75歳以上の人口が、10年から25年の間に6~10割増と地方を超えるペースで
急増する。
 介護が必要な高齢者を家族だけでケアするのは難しくなる。地域全体で受け皿を整える
「地域包括ケア」の重要性が高まる。
 世帯人員が1.65人の東京都豊島区は、特別養護老人ホームの入所待機者が15年末で568人
にのぼる。現在は埼玉県秩父市と連携し、特養の整備や高齢者が健康なうちに地方に移り
住む「CCRC構想」を進める。
 高野之夫区長は「特養建設に必要な土地を区内で新たに確保するのは(適地が少なく)
難しい。秩父市と連携して区外での整備を検討する」と話す。首都圏と地方の連携は、
介護の受け皿確保の決定打になるのか。模索は始まったばかりだ。
コメント

3月7日(月)『未来予測研究会』 3月例会のご案内

2016年02月27日 | 未来予測研究会
関係各位

皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、3月7日(月)に『未来予測研究会』 3月例会を開催致します
のでご案内申し上げます。いつも通り、事務局長浅野真が今月の
テーマについて熱弁した後、幅広いテーマで講演を行い人気を博して
いる飛岡先生にメインスピーカーとしてご登壇いただきます。

お食事は、参加者同士の親睦を深めていただけるようビュッフェ式に
致しました。今回は、世界的に有名なジャズ・クラリネット奏者後藤
雅広氏がニューオリンズ・ジャズの数々を披露してくれます。ロシア
人ピアニスト、アレェクスェイ・ルミィヤンツェフの生演奏も存分
にお楽しみください。

お忙しいこととは存じますが、趣向を凝らした会にしてまいります
ので、万障お繰り合わせの上、ご出席いただければ幸いです。
尚、お食事の準備が御座いますので、出席の可否は3月4日(金)15時まで
にお知らせ下さい。既に参加表明をされている方はご連絡不要です。

それから、MAトラスト株式会社のHPもリニューアルしましたので、
お時間の御座いますときにご高覧ください。今年は、医療、美容、
健康の分野で、皆様に貢献できますよう精進してまいりたいと考えて
おりますので、何卒宜しくご指導ご鞭撻の程、お願い申し上げます。
それでは、お会いできますことをとても楽しみにしております。

            ― 記 ―

  =========================

   3月7日(月) 『未来予測研究会』 3月例会 

  =========================


■日時 : 平成28年3月7日(月曜日)
◎受付: 17:30~
◎講演: 18:00 ~ 21:00 
(ディナータイム 19:30~)
■場所:  日本外国特派員協会
東京都千代田区有楽町1-7-1 (JR『有楽町』駅前) 
      有楽町電気ビル北館20階 

■月会費: 正会員は 税込21,600円 〔資料代、飲食代込〕、
    *初参加の方、正会員の後継者・同伴者は税込10,800円

■入会金: 税込10,800円(初回・ゲストは不要)  会員常時募集中!
      

*****************************



【講師紹介】


■飛岡健

株式会社現代人間科学研究所、株式会社未来と経営の研究所 代表取締役
東京大学工学系大学院博士課程修了。東大のロケット人工衛星の打ち上げ
・研究にも従事。昭和50年、新しい時代のニーズに答えるべく、現代人
間科学研究所を設立し、人文科学と自然科学の統合をはかり、商品・マー
ケット・消費者・科学技術を未来予測の視点から研究し、企業の支援をす
ると共に、政府や地方自治体関係の様々な委託研究に従事。日本全国を講
演に歩き、「明日の時代」を見る先見性に満ちた視点に定評がある。著書
多数、テレビ・ラジオ出演多数。http://mirai-yosoku.jimdo.com/



■浅野真 

岐阜市出身。東京大学文学部哲学科卒。三井物産株式会社に10年間在籍し
海外の石油・ガスパイプラン事業などを手掛ける。2003年コンサルティン
グファーム浅野プロジェクトを設立し、広告宣伝業、建設業、岩盤浴事業、
保育事業など多くの企業のコンサルティングを手掛け成功に導く。2006年
(株)大腸癌内視鏡研究所を設立し代表取締役として医療法人社団榊原厚
生会サピアタワークリニックの立ち上げと運営に従事。2008年2月、(株)
大腸癌内視鏡研究所の特別顧問に就任。MAトラスト株式会社設立。現在に
至る。http://ma-trust.jp/  



*****************************



【演奏家紹介】


■後藤雅広(ごとう まさひろ)

北海道出身。法政大学卒業後渡米、ニューオーリンズで現地ミュージシャン
と交流を持ち、同市の名誉市民に登録される。外山喜雄とディキシーランド
・セインツでプロ活動を開始、東京ディズニーランドで15年間演奏。1998年
に退団後はフリーで活動。自己バンドの他、中川喜弘とデキシーサミット、
浅草ハブ・デキシーランダース等に所属。老舗ライブスポット(スイング、
スイングシティ、関内BARBARBAR等)にて主に活動。録音CD多数、LAのサク
ラメント・ジャズジュビリーに1999年、2000年と連続参加。1999年に録音
した「ロッキン・イン・リズム」は月刊ステレオで2000年度のポピュラー部
門優秀録音年間第2位を受賞。


■アレェクスェイ・ルミィヤンツェフ

サンクト・ペテルブルク生まれのピアニスト。幼少から音楽に専念し、国内
外のクラシック作曲科、及びジャズ・ピアノ科で修行。25年間音楽学校で学
んだ異色の経歴を持つ。アメリカン・ラグタイムの世界に興味を抱き、世界
初のポピュラー音楽をオリジナルにより近い形で再現する為、日々楽譜の研
究に没頭、国境を越えて活動している。
http://homepage3.nifty.com/grandpasragtime/



*****************************



≪お申し込み方法≫    締め切り 3月4日(金)


以下のいずれかでお願いします。

   ↓ ↓ ↓ ↓


◆FACEBOOK 参加表明
https://www.facebook.com/events/452180651632037/



◆メール:info@ma-trust.jp 下記情報をお送りください。
  =========================
    会社名:
    住 所:
    氏 名:
    電 話: 
    メールアドレス:
  =========================


◆TEL 03-5298-7772  ◆FAX 03-6687-5275


◆SMS:裕美・ルミィヤンツェヴァの携帯 080-1047-5127




*****************************



お支払い: 会費は事前に下記口座へお振込みください。
      尚、振込後は、返金を致しませんので予めご了承下さい。


      +++++++++++++++++ 
       三菱東京UFJ銀行 門前仲町支店
       普通 1177180 MAトラスト(株)
      +++++++++++++++++


*キャンセルポリシー:当日・前日100%、2~5日前まで50%  



*****************************



主催: MAトラスト株式会社
                           以  上

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□   
MAトラスト株式会社:http://ma-trust.jp/ 
『未来予測研究会』:http://mirai-yosoku.jimdo.com
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-4-14シャルム内神田901号室     
   TEL:03-5298-7772 FAX:03-6687-5275
   裕美・ルミィヤンツェヴァ:080-1047-5127
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
コメント

上海株急落、6%安 G20控え人民元先行きに不安

2016年02月26日 | 株式市場
上海株急落、6%安
G20控え人民元先行きに不安
2016/2/26 3:30 日経朝刊

 【上海=土居倫之】中国・上海株が再び不安定になっている。上海総合指数は25日急落し、下落率は前日比6.41%安と約1カ月ぶりの大きさだった。26日に上海で開幕する20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に通貨、人民元の先行きに対する不安が高まり、株式市場で売りが先行した。



 上海総合指数の終値は2741だった。上海株は前日に心理的な節目の3000に近づいており、投資家による当面の利益を確定する売りが出やすくなっていた。また上海短期金融市場で短期金利が上昇傾向なことも嫌気された。上海総合指数は午後の取引時間に入って急速に下げ幅を広げ、下落率は一時7%に迫る場面があった。
 中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁は25日、人民元について「(複数の通貨で構成する)通貨バスケットに対する連動を高める」と述べ、対ドルでは変動が大きくなるとの見方を改めて示した。易氏はまた中国経済について「改革と安定の微妙なバランスをとる」として、大規模な改革による市場の混乱を避ける考えを示した。
 財政省の朱光耀次官は「2016年は国内総生産(GDP)対比の財政赤字の比率を高める」と経済の安定に向けて財政政策を一定の範囲内で積極化する方針を明らかにした。
 中国がG20で資本流出入規制の強化を表明する可能性は低いとみられるが、市場では人民元安に対する中国の対応に注目が集まっている。中国では資本流出傾向が強まっており、元安圧力が高まっている。
 中国の1月末の外貨準備高は前月に比べ995億ドル(約11兆円)減り、減少幅は過去最大だった2015年12月以来の大きさだった。上海外国為替市場での人民元の25日午後4時半時点の対ドルレートは1ドル=6.534元で小動きだった。
コメント

米シェール大手7社、昨年の赤字4兆円 産油量なお高水準 サウジなど調整滞る一因

2016年02月26日 | 資源・エネルギー
米シェール大手7社、昨年の赤字4兆円
産油量なお高水準 サウジなど調整滞る一因
2016/2/26 3:30 日経朝刊

 【ヒューストン=稲井創一】地中のシェール層から原油や天然ガスを生産する米国のシェール
企業の経営が一段と厳しくなっている。大手7社の最終損益は2015年12月期で計約370億ドル
(約4兆円)の赤字に落ち込み、前年の約110億ドルの黒字から一転した。強気の経営は影を潜め、
投資を大幅抑制して財務重視に姿勢を転換した。一方、産油量はなお高水準で、サウジアラビア
やロシアなど米国外の産油国の生産調整が滞る一因になっている。


シェールオイルの掘削装置(1月、テキサス州)=ロイター




原油価格の指標の一つである北米産WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)
の価格は15年の1年間で約4割下落した。
 「足元の1バレル32ドル台ではやっていけない」(デボン・エナジーのデビッド・ハーガー
最高経営責任者=CEO)
 「生き残るには50~60ドルへの上昇が必要だ」(パイオニア・ナチュラル・リソーシズの
スコット・シェフィールドCEO)
 24日には米テキサス州ヒューストンで開催した米国最大の石油業界の会合でシェール企業
幹部の悲鳴が相次いだ。デボンとパイオニアは優良鉱区を抱え、生産の効率向上でも主導する大手だ。
 24日までに発表された両社を含む米主要シェール企業7社の15年12月期決算は売上高の急減と
多額の減損処理で、大幅に悪化した。シェール各社はコスト削減を競い、生産・開発投資を大幅
削減する構えだ。16年の投資の15年からの削減幅について、デボンが75%、ヘスは40%と計画する。
 新規投資抑制で、原油掘削に使用する設備リグの稼働数は2月19日時点で413基とピーク時の
約4分の1まで激減。ところが足元の米原油生産は日量約910万バレルで、直近の最高だった
15年6月から約50万バレル減っただけだ。15年9月時点の米エネルギー情報局(EIA)は
16年1~3月期には日量884万バレルに減ると予測したが、節目の900万バレルをなかなか
割り込まない。米原油の約半分とされるシェールの生産が高水準なためだ。
 これはサウジアラビアとロシアを軸とする米国外の主要産油国の間で表面化した生産調整を
滞らせる一因になっているようだ。サウジのヌアイミ石油鉱物資源相は23日のヒューストン
での講演でシェール関係者を前に「政府と業界はリバランス(供給過剰の解消)を探るべきだ」
と述べ、価格安定への協調を訴えた。石油輸出国機構(OPEC)の盟主であるサウジと
米シェール企業は低価格にどこまで耐えられるか互いを試している。
 採算悪化でも産油量がなかなか減らない理由の一つは技術革新による生産性の向上だ。
大手でも信用力を裏付ける現金の確保に迫られているとの事情もある。安値でも高生産を
維持して一定の収入を確保するためだ。シェール企業の多くは借入金で開発資金などを手当て
してきたが、業績悪化で返済能力への不安が高まり、負債の借り換えを迫られるケースもある。
 さらにシェール開発に詳しい関係者は「掘っただけで生産に着手していない油井の在庫がある」
と指摘する。各社は14年後半に油価の急落が始まる前、猛烈な勢いで掘削を進めたので、こうした
「在庫」がなお多いとされる。目先の現金を得るため、在庫の油井で生産を始めるというわけだ。
 シェール企業は単独での生き残り指向が強く、いまの時点では再編の動きは鈍い。一方、石油
メジャーのエクソンモービルとシェブロンが米南部のパーミアン地区で、遅れていたシェール開発
に力を入れる動きがある。
コメント

【人気商品】 驚異の消臭くつ下「宇宙のくつ下」が大人気です。http://u0u0.net/sxTY

2016年02月21日 | ネット通販

国際宇宙ステーションで使用された消臭くつ下「宇宙のくつ下」(厚手タイプ、薄手タイプ、男女兼用) 銅繊維(特許)が
匂いの素を絶ちます。


お買い求めは当社ネット通販からお願いします!

当社ネット通販
宇宙のくつ下(厚手タイプ) 1足   
宇宙のつく下(薄手タイプ) 1足 

商品の説明: goo.gl/YRp530

 

 

 

コメント (1)

二・二六事件と謎のスクープ 80年前のメディアに思う

2016年02月21日 | 政治
中外時評 二・二六事件と謎のスクープ 80年前のメディアに思う
論説副委員長 大島三緒
2016/2/21 3:30 日経朝刊

 その日から間もなく80年になる。1936年2月26日の朝、いわゆる皇道派の青年将校が約1500人の下士官と兵を率い、首相官邸などを襲った二・二六事件である。
 昭和史の大きな転換点となったこの出来事は、メディアにも激震をもたらした。
 内務省が記事差し止めを命じたため当日夕刊に事件のニュースは載らず、かたや青年将校らは東京朝日新聞社の襲撃に及ぶ。銃口を前にし、活字ケースを倒され、しかし主筆・緒方竹虎は毅然と対応したとされる。
 とはいえ各紙とも事件の性格を測りかね、報道解禁となった27日朝刊以降も右往左往したようだ。表現も当初の「蹶起(けっき)」から「叛乱(はんらん)」へ。紙面は公式発表が中心だった。あとは「戒厳令下の帝都」の雑観記事ばかりが目立つ。
 日本経済新聞の前身である中外商業新報も例外ではない。しかし、じつは水面下で、驚きのスクープをつかんだ記者がいたことはほとんど忘れられている。
 その人、和田日出吉はもともと時事新報で活躍したジャーナリストだった。社会部長兼論説委員として「中外」に移ってきて間もない和田は、事件の朝、騒然とした編集局で一本の電話を受ける。
 「もしもし、栗原です」と相手は名乗った。聞き覚えのある声……青年将校のひとり、栗原安秀中尉に違いない。「いま、どこにいる?」「首相官邸にいます」。かねて面識のある男が、占拠した先から連絡をよこしたのだ。まさかの展開である。
 「そちらに乗り込ましてもらいたい」。栗原に告げるや和田は息せき切って社の車を飛ばした。そして銃剣をかいくぐり、官邸にたどり着き、栗原との面会に成功する。無残に荒らされた邸内を取材してまわり、将校らが、岡田啓介首相と思い込んで殺害した後に布団をかぶせた秘書官の遺体を目にしてもいる。
 これが紙面で報じられていれば大スクープだったが、特ダネは日の目を見ることなく日々が過ぎた。やがて事件から5カ月後。「中央公論」8月号に突如、肩書なしで和田の手記が登場する。
 「二・二六事件 首相官邸一番乗りの記」。こう題した一文は、いま読んでも迫力十分である。伏せ字がかなり多く、随所にぼかした言い回しもあるから発表にこぎつけるのに相当苦労したに違いない。しかし編集後記いわく「この記録は歴史的に残るものとして本号の圧巻である」。
 まさに「歴史的」記事なのだが、これほどの特ダネも不十分なかたちでしか世に問えなかった当時のメディア状況を、あらためて心に留めておく必要があろう。くだんの和田と栗原の電話も当局は察知しており、憲兵隊が「中外」本社に踏み込んでいる。
 麹町憲兵分隊曹長だった小坂慶助の回想記「特高」によれば、小坂らは守衛にピストルを突きつけて社内に乱入、和田を一時検束した。小坂はこの経緯を「人騒がせの一幕」と振り返っているが、記事公表が異例の形になった背景をうかがわせる話である。
 さて、あらためて事件当時の「中外」紙面を眺めれば、それでも1936年はまだ世の中は平穏だった。「家庭と婦人」欄は春の最新モードを紹介し、社会面では大雪に見舞われた街の様子をユーモラスに描いている。
 和田の記事を載せた「中央公論」8月号も寄稿者は多彩だ。三木清や長谷川如是閑、芦田均……。名だたるリベラリストが筆をふるっていた。こういう人たちがものを言えなくなるのは、あっという間のことであった。
 事件の翌年には日中戦争が始まり、社会から急速に自由が失われていく。青年将校らの意図がどうであれ、結果として「二・二六」は軍部の暴走を後押しして破滅への道を開いていったのだ。
 そういう端境期に謎の多いスクープを放った和田だが、わずか2年ほどで「中外」を辞して満州(現・中国東北部)へ渡る。そして女優の木暮実千代と結婚して引き揚げ、戦後はもっぱら売れっ子の旦那として生きた。
 「彼は『中外』で自ら小説も書いていたんです。ちょっと早めに出社して夕刊の連載を書いたんだぞって、懐かしがっていましたね」。木暮のおいに当たる作家の黒川鍾信さん(77)は、和田からよくそんな話を聞いた。
 その作品は「二・二六」の約2カ月後から150回ほど掲載された人情もの「燕子花(かきつばた)」である。この異能の人は、そうやって息苦しい時代をしのごうとしていたのかもしれない。
コメント

シャープ、液晶生産集約 2工場の一部ライン停止 中国スマホ向け不振

2016年02月21日 | 企業研究
シャープ、液晶生産集約 2工場の一部ライン停止
中国スマホ向け不振
2016/2/21 3:30 日経朝刊

 シャープは不振の液晶事業で国内の生産拠点を集約する。8月末に天理工場(奈良県天理市)
で液晶パネルの生産をやめるほか、三重工場(三重県多気町)の一部でも生産停止を検討する。
中国のスマートフォン(スマホ)向けの販売が低迷し、液晶事業は2016年3月期に300億円の
営業赤字に転落する見通し。外部のスポンサーによる支援とは別に、主力の液晶事業で赤字を
自力で食い止め、経営再建を加速したい考えだ。







 シャープは台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業などから出資を含めた支援を受ける協議を続ける
のと並行し、かねて液晶パネルの生産体制を見直す検討を進めていた。事業の採算をあらかじめ
改善し、資金支援を受けた後、早期に成長路線に回帰するための布石を打つ狙いがある。
 天理工場の生産停止や三重工場の一部を止める方針は、既に取引先に伝えている。天理工場は
1991年に稼働し、液晶の草創期から生産や開発を支えてきた。研究開発機能を残す一方、スマホ
向けの新型パネルの生産を停止。約130人いる生産の人員は三重県などのほかの拠点に配置転換する。
 亀山工場(三重県亀山市)と並ぶ大型拠点である三重工場は15年に第1工場を閉鎖済み。
第2、第3工場に生産を集めて稼働率を高めようとしたが、販売低迷が続いて第3工場も稼働率が
3割程度まで落ち込んでいる。このため第3工場に2つある生産ラインのうち1つを停止し、
スマホ向けの一部などの生産を亀山工場に移管する方向だ。
 シャープは15年3月期に巨額の最終赤字に転落した。高橋興三社長は当初、16年3月期に通期
で800億円の営業黒字目標を掲げたが、看板である液晶事業の損益が予想以上に悪化。450億円の
営業黒字を見込んだ液晶事業は、中国のスマホ市場が減速した影響を受け、昨年10月末に300億円
の赤字転落見通しへと下方修正した。
 海外のテレビ事業を縮小するなど構造改革に取り組んでいるが、液晶事業の不振が経営全体の足
を引っ張っており、リストラが急務と判断。ラインの停止という抜本的な手段で採算改善を急ぐ。
コメント

奇跡のキノコ?! たもぎ茸

2016年02月19日 | 未来予測研究会

 

「たもぎ茸」の画像検索結果   「たもぎ茸」の画像検索結果
  鮮やかな黄色のたもぎ茸

 

先日、たもぎ茸というキノコを大分県で実際に生産して販売している
農家の方とお会いして紹介を受けましたので紹介したいと思います。

北海道や東北の山奥で夏場だけしか自生しないキノコで
幻のキノコと呼ばれていたそうですが、現在は、ハウス栽培をする
方法が確立されているようです。

別名を出汁キノコといって天ぷらにしてもキノコの風味は損なわれず、
水炊きにしても他の出汁が要らない位、うまい
出汁が出るそうです。

たもぎ茸の特徴は、写真にあるように鮮やかな黄色。花以外であれだけ
鮮やかな黄色のものはあまりありません。
関東のスーパーでは見たことがありませんが、野菜コーナーに
置いてあったら必ず目に止まると思います。

そして、たもぎ茸の特徴は下記の4つ。

➀栄養価が高く美味しい
  他のキノコに比べて非常に高い栄養価があり美味しいのが
  特徴です。

➁エルゴチオネインという抗酸化物質が高含有。

  このエルゴチオネインは、化粧品の原料に使用される
  非常に高価な抽出物です。

③セラミドが高純度で含有。
 セラミドは、もともと皮膚の組織のひとつで肌の角質層の細胞と
   細胞の隙間を埋めてつなぎ合わせています。
皮脂膜をはじめとした肌の
  脂質は、水分の蒸発を防ぎ、外的刺激から肌を守る重要な役割をしています。
  アトピー肌や敏感肌は、一般に「セラミド」と皮脂分泌が低下した状態にあるそうです。

 ④β-グルガンが豊富
  β-グルガンは、免疫力を高めガンを予防する効能があるといわれています。


上記4つの特徴から「奇跡のキノコ」と言われるのも分かりますね。



これまでに様々な研究がされていて、メタボリックシンドローム、血糖値、血圧、肌の老化、

便秘に効果があるとされています。
たもぎ茸の研究をされている
山口武津雄・医学博士は、下記効果があると
発表をされています。
 

  
タモギダケ 山口武津雄・著

1.免疫力の強化作用

2.活性酸素除去作用

3.各種ガンの予防と改善

4.糖尿病の予防

5.エイズなどの抗ウィルス作用

6.コレステロールの低下作用

7.アレルギー性疾患の予防と改善

8.血圧の正常化作用

9.心臓病、心筋梗塞、脳血栓の予防

10.慢性肝炎の改善

11.肥満と便秘の改善

12.インフルエンザの予防

13.貧血症状の改善


たもぎ茸の効果については、西華クリニック院長の新井基夫博士、
元金沢大学教授の池田哲郎博士も報告しています。


たもぎ茸注目ですね。

 

コメント