★★MAトラスト社長 浅野まことのここだけの話。★★

MAトラストの社長 浅野まことがここだだけの話をブログで大公開!!

PCB含有廃油の処理事業について

2011年11月28日 | 日記


(PCB廃棄物処理の経緯と現状について)

PCBは電気機器の絶縁油・熱交換器の熱媒体など幅広い用途に使用

されていましたが、昭和47年からPCBの製造、輸入、使用の禁止と回収

の行政指導が行われ昭和48年に「化学物質の審査及び製造などの規制に

関する法律が制定され翌年の昭和49年以降PCBも規制の対象となりました。

このPCB廃棄物による汚染を防止するため、平成13年に「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の

適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)」を制定し平成28年7月までに

PCB廃棄物の処理を完了させることを法的に義務付けました。

政府はPCB処理を生業とする日本環境保全(株)(JESCO)を全国5ヶ所に

設置するも処理が進んでおらず国会において問題になっています。一説では

日本国内にあるPCB含有廃油は約200万トンあると推定されておりますが

現状は10%の処理にも満たないと推計されており、

国(環境省)の定めた基準に合致する低コストで安全性を確保し、短期間で大量に

処理する技術は今だ完成していないのが実際です。


(安価で安全にPCB含有廃油を完全処理する技術)

上記のような深刻な状況下、PCB含有廃油の無害化処理法を

確立した企業から当社に事業構築とファイナンスを柱とする相談がありました。

まだ、小規模プラントの段階ですがPCB処理の権威による技術面のスクリーニングを

経ておりますので、本技術は、本物です。

PCB含有廃油処理に光を見出すといっても過言ではありません。

この技術にご興味のある企業様がいらっしゃいましたら下記までご一報下さい。

 

連絡先: MAトラスト(株)  

      TEL: 03-5564-5122 MAIL: info@ma-trust.jp 

コメント

12月4日(日曜日) MAトラストのランチセミナーを名古屋で開催!是非ご参加下さい

2011年11月23日 | 日記

 

皆さんこんにちは MAトラストの浅野真でございます。

寒さが日々増してきていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日もご案内をさせて頂きましたが、今年最後の『MAトラストのセレブランチセミナー』は

名古屋で開催させて頂きます。

現時点で約30名ほどのご参加申し込みを頂いておりますが、まだ少し席に余裕が

ありますので年末のお忙しいこととは存じますが、お誘い合わせの上、

ご参加頂けますようお願い申し上げます。

 

お蔭様でこれまでにランチセミナーを7回開催をさせて頂いておりますが、

アットホームな雰囲気と参加者全員が意気投合できる出会いの場は、いずれも

大変な好評を頂いておりますので、人脈形成や事業展開に大いにご活用頂きたいと

思います。

 

                        MAトラスト株式会社

                        代表取締役 浅野 真 

 

 

              - 記 -

 

 

MAトラストのセレブランチセミナー 第8弾@名古屋

 MAトラストが名古屋で出張セミナーを開催します!

 

 

【日時】12月4日(日) 午前10時(受付)~午後1時

【会場】 レストラン ツキダテ

     愛知県 名古屋市中区錦2-5-25 3F 袋町ビル

     最寄り駅 地下鉄伏見駅1番出口より徒歩7分、

     丸の内駅5番出口より徒歩5

     TEL(会場): 052-203-0077 http://tsukidate.info/top

    

【参加費】 4,000円  先着 50名様 

      (事前振り込みを原則としております。)

      会費お振込み先は下記のいずれかになります。

     

      □三菱東京UFJ銀行 門前仲町支店
       普通口座 4676519 口座名義 MAトラスト株式会社

      □ゆうちょ銀行 店名0一八(読み:ゼロイチハチ)店番018
       普通貯金 記号10150 番号 48106161
       口座名義 MAトラスト株式会社

      *お振込みが間に合わない場合は、事前にご連絡下さい。

 

【お食事】 陽光(ソレイユ) さし込む 陽だまり の フロア

      南仏プロヴァンスのリゾートレストラン感覚で

      コースランチをお召し上がりください。

       Menu Soleil(ムニュー ソレイユ)―― 

        ◆Entre:自家製スモークサーモンのサラダ&パン

        ◆Viande:牛ほほ肉と牛タンの赤ワイン煮込み

        ◆Cafe :コーヒーなど

        ◆Mignardise:ミニャルティーズ(小菓子)

 

【プログラム】

     1.受 付(10)

     2.開 演(10時半)

       ご挨拶  :MAトラスト株式会社 代表取締役 浅野真

       基調講演 :『究極の矯正治療:アクアシステム』

             ハーバード大学大学院教授:宮島邦彰先生        

              http://www.aquasystem-kyousei.jp/

     3.ランチ・タイム

     4.参加者の商材紹介、PRタイム & 名刺交換会

     5.散 会(13)

 

     * プレゼンテーションをされたい方は、プレゼン資料を事前に

       お送り下さい。また、配布資料がある方は50部ほどご用意ください。

       名刺交換会がございますので名刺を50枚ほどご用意下さい。

 

 

【お申し込み】お食事の手配の都合上、122日(金曜日)までに

       メールまたは電話&FAXにて下記までお申込み下さい。

 

       MAトラスト(株)担当 裕美・ルミィヤンツェヴァ

         TEL: 03-5298-7772  FAX:03-3252-8177

         メール: info@ma-trust.jp

 

 

  □ 124日    出席 (する・しない)

 

 

  ご氏名 :  _________________

 

  お電話 :  _________________

 

  MAILアドレス:_________________

 

                                 以   上

                                 

 

コメント (1)

副作用ほとんどない抗がん薬、浜松医科大が開発

2011年11月22日 | 日記


これは注目したいニュースです。

 浜松医科大(浜松市)は22日、副作用を軽減させる抗がん剤開発を進め、動物実験で 
 効果が得られたと発表した。 

 今後、臨床試験に入り、実用化を目指す。 

 研究グループの杉原一広准教授によると、悪性腫瘍(がん)は1~2ミリ以上になると、 
 栄養を取り込むため「新生血管」を生じさせる性質がある。グループは、アミノ酸が 
 つながってできる「ペプチド」の一種が、新生血管に集まりやすい特性を発見。 
 新生血管だけに薬が運ばれるよう、ペプチドと組み合わせた抗がん剤を開発した。 

 同大が、米サンフォードバーナム医学研究所と行った共同研究で、この抗がん剤を 
 がん細胞を持つマウスに投与したところ、従来の約40分の1の量で、19日目に 
 がん細胞がほぼなくなり、副作用は全く認められなかったという。 
 成果は、米科学アカデミー紀要(電子版)に発表された。 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111122-00000449-yom-sci 

コメント

【告知】 12月の資産運用勉強会のお知らせ 【各回限定20名】

2011年11月22日 | 日記

当社は、NNIグループとともに資産運用セミナーを開催していますが
12月の資産運用勉強会の日程が決まりましたので以下にご案内させて頂きます。
毎回多くの方にご参加いただいている人気のセミナーですので、参加を希望される方は
お早めにお申し込み下さい。特にセミナー後の異業種交流会では毎回、多くの奇跡的な
出会いとビジネスチャンスが生まれています。


【12月の資産運用勉強会】  【限定20名】

 主催: 資産形成研究会 協賛:NNIグループ、MAトラスト(株)

 講師: 新 邦昭 (株式会社エヌ・エヌ・アイ 代表取締役)
      主な著書: 『年金ゼロでも貯金1億円の資産運用術』(あさ出版刊)


◎第41回 12月7日(水曜日) 18:30~20:30
       セミナー&異業種交流懇親会
       参加費用:2000円(懇親異業種交流会を含む)


◎第42回 12月16日(金曜日) 18:30~20:30
       セミナー&異業種交流懇親会
       参加費用:2000円(懇親異業種交流会を含む)


◎第43回 12月21日(水曜日)  18:30~20:30
       セミナー&異業種交流懇親会
       参加費用:2000円(懇親異業種交流会を含む)


会場: NNIセミナールーム(上記、何れも同じ場所です。)

     東京都中央区日本橋室町1-12-15テラサキ第2ビル1F
     (最寄駅 東京メトロ 三越前駅 A1またはA4出口)
     地図: 
http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl


*お申し込み方法:
  参加者名、会社名、連絡先(TEL)、参加希望日、メールアドレスをご記入の上、

  info@ma-trust.jp までメールでお申込み下さい。追って確認メールをお送りいたします。

   お問合せ先: MAトラスト(株) TEL 03-5298-7772

*注意事項: 

  ・お申込みは、開催日の2日前までにご連絡下さい。先着20名ですので定員に
   なり次第、締め切りとなりますので予めご了承下さい。
  ・会費は、当日会場でお支払い下さい。

                                        以     上

コメント (3)

すい臓がん:微小カプセルで狙い撃ち 増殖抑制に成功 (10月24日付毎日新聞ニュース)  

2011年11月19日 | 日記


少し古いニュースですが治療が難しいといわれていた
すい臓がんの治療を前進させるニュースが出ていましたので
掲載いたします。注目したいのはナノ技術によるDDS
(ドラッグデリバリーシステム)です。

==毎日新聞(2011年10月24日)==

高分子製の微小カプセルに抗がん剤を入れ、ヒトの膵臓(すいぞう)がんを
移植したマウスに注射、狙い通りがん細胞に届き、がん増殖を抑えることに、
東京大などのチームが成功した。昨年から臨床試験を始めた。膵臓がんは
非常に治療が難しく、副作用の少ない薬になる可能性がある。

23日付の英科学誌ネイチャー・ナノテクノロジーに発表した。

 がん細胞の血管は物質が通り抜ける穴が正常細胞より大きいため、
適度な大きさのカプセルを使えば、がん細胞にだけ届く。
しかし、膵臓がんの穴は他のがん細胞より小さいことなどから、従来の
カプセルでは通り抜けられなかった。

 チームは、直径30~100ナノメートル(ナノは10億分の1)の抗がん剤を
包むカプセルを作製。ヒトの膵臓がんを皮下に移植したマウスに注射すると、
50ナノメートルより小さなカプセルはがんの内部に入り込み、がん増殖を抑えた。

 片岡一則・東大教授(高分子化学)は「スキルス胃がんなど他の難治性の
がんへの応用も検討したい」と話す。  (引用終)

コメント

WMCホイッスル(ABS樹脂製)が完成しました

2011年11月19日 | 日記

 

 

以前、金型が完成したことをご報告いたしましたがついにABS樹脂製の
WMCホイッスルが完成しました。

既に20万個の販売が決まっていますがこれから薬局、量販店などへ順次

販路を拡大して参ります。

また販売促進用グッズとしてもご活用頂けますので

本商品のお取り扱いにご関心のある方は販売元の

ワールドメディカルセンタージャパン(株)までお問合せ下さい。

  Tel:   03-3252-8170    Mail:  info@wmc-card.jp 

 URL:  http://www.wmc-card.jp

 

 

 

コメント (3)

12月15~17日開催のエコプロダクツ2011

2011年11月14日 | 日記

 

年も日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011が東京ビックサイトで

1215~17日の3日間開催されます。(入場無料)

今年は東日本大震災が起きたことから昨年以上の情熱を以ってに自然エネルギー、
環境と調和した商材やアイデアが展示され発表されることになると思います。
是非皆さんにも行って頂きたいと思います。

 

昨年は、エコプロダクツ大賞(農水大臣賞)が岐阜の本庄工業株式会社(代表取締役 中川稔之)

http://www.honjo-woodream.com/ に贈られました。実は、同社は2年連続のエコプロダクツ大賞

受賞で大変な快挙を成し遂げたわけですが、中川社長とは身内のようなお付き合いをして

いるので自分のことのように嬉しかったのを昨日のことのように記憶しております。

三連覇なるかが焦点ですが・・・・この賞には親近感があります。

 

 

エコプロダクツ2011

日時: 1215(木)~17日(土) 10:0018:00(最終日は17時まで)

場所: 東京ビックサイト

後援: 経産省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、厚労省など

URL: http://eco-pro.com

 

 

 


コメント

がん細胞: 近赤外光で破壊、マウスで成功 米チーム (毎日新聞)

2011年11月07日 | 日記

近赤外光で破壊、マウスで成功 米チーム (毎日新聞)


今日の毎日新聞1面の記事です。
今年夏にtweetしましたが近赤外線は来年のキーワードになりそうです。

 

コメント

医療機関・介護事業者・調剤薬局様向けファクタリング&ご融資業務仲介開始のご案内

2011年11月07日 | 日記


医療機関・介護事業者・調剤薬局様向け
ファクタリング&ご融資業務仲介開始のご案内

当社は、医療コンサルティングを事業の柱に据えておりますが、
この度、三田証券(株)の投資銀行事業部と業務提携をし
医療機関・介護事業者・調剤薬局様向けにファクタリングと融資業務の
仲介サービスを行うこととなりましたのでご案内させて頂きます。

今後、事業者様の様々な資金ニーズに対応させて頂きたいと思って
おりますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

サービスの特徴は以下になります。

Point1. 最大で診療報酬など請求額の4ヶ月相当の資金調達が可能です。

Point2. 診療報酬など請求額に対する掛目は最大95%です。

Point3. 審査から実行まで最短1週間のスピード対応を致します。

Point4. 資金ニーズに応じてファクタリング支払額が毎月調整可能です。

 

【業務提携先】

 三田証券株式会社 http://mitasec.com/
 設立 19497月 資本金5億円
  代表取締役社長  三田 邦博
  所在地  本店     東京都中央区日本橋兜町3-11
         大阪支店  大阪市中央区南本町1-7-15

  

++++++++++++++++++++++++++++++++
 MA
トラスト株式会社   http://www.ma-trust.jp
 代表取締役 浅野 真
  101-0047  東京都千代田区内神田2-3-10東ビル4

  Tel:  03-5564-5122  fax :  03-3252-8177
  Mail :  info@ma-trust.jp  
++++++++++++++++++++++++++++++++

コメント

世界で最初のリカバリーエンジン内臓充電器を開発した会社 

2011年11月07日 | 日記



バッテリーバンクシステムズ(株)というバッテリーに特化した面白いビジネスを
展開されている会社がありますので
ご紹介します。

この会社の社長は、バッテリーの現場を歩いてバッテリー診断等の
リコンディショニング技術が進歩していないことに目をつけました。

使用する前の新品のバッテリーのデータはメーカーにありますが、使用中の
バッテリーの状態を知るデータは皆無。
そこで、産業車両に搭載され使用中の
バッテリー特性を計測記録する診断器を独自開発して調べてみると、
バッテリー問題の解決策が見えてきました。こうして誕生した装置が、
特許のサイクルプログラムリカバリー充電器です。

この充電再生器でバッテリー再生を専門とする工場。その後さらに、
より迅速でよりトータルなサポートを目指して、バッテリーバンクサービスへと
発展させました。


バッテリーの再生が、エネルギーの節約を実現することで、平成18年度に
愛知県よりエコタウン施設整備事業として支援を得、また、愛知県環境賞も
受賞しています。

平成19年度には、経済産業省より、“環境負荷低減”及び“競争力を有する
新たなビジネスモデルの創出”に資する新規性・オリジナリティ・競争力の高い
「グリーン・サービサイジング事業」
にも採択されています。

ということでこの会社は、これからはバッテリーが重要になるということでバッテリーの
メンテナンスと関連機器を販売しています。

現状、同社の製品は、産業用用途がメインですが、今後、EVカーや太陽光発電の
普及と
ともに頭角を現してくるものと僕は確信しています。

・・・・ということでこの会社、注目していて下さいね。

コメント