★★MAトラスト社長 浅野まことのここだけの話。★★

MAトラストの社長 浅野まことがここだだけの話をブログで大公開!!

熊本・大分 地震500回超 避難所で1人死亡

2016年04月18日 | 地震
熊本・大分 地震500回超
避難所で1人死亡 日本経済新聞 夕刊 2016/4/18 15:30
 熊本県を中心に相次ぐ地震で、警察や消防、自衛隊は18日、行方不明者の捜索に全力を挙げた。被害が大きい同県南阿蘇村では依然、10人前後の安否が分かっていない。14日以降に発生した震度1以上の地震は500回を超えた。熊本県内では18日午前までに家屋の全半壊・一部損壊2423棟が確認され、さらに増える見通し。(関連記事総合面、社会2面に)



 同県によると、18日午前の時点で、一連の地震による死者は計42人。家屋倒壊などによる負傷者は約2800人、うち重傷者は346人。同日午前9時時点で約10万4900人が避難している。国土交通省によると、土砂災害の被害は18日午前6時時点で熊本、宮崎、大分、佐賀、長崎の5県で計71カ所に上る。



 熊本県阿蘇市では避難所にいた同市の女性(77)が17日、急性心不全で死亡。14日から続く地震で避難者の死亡例が確認されたのは初めて。震災関連死の可能性がある。

 16日未明に震度6強を観測した本震から丸2日たち負傷者の生存率が著しく下がるとされる「発生後72時間」が近づいている。自衛隊などは18日朝、南阿蘇村で行方不明者の捜索を再開した。熊本県八代市は18日、地震で市役所本庁舎が損傷し倒壊する恐れがあるとして封鎖することを明らかにした。同県では幼稚園や小中高校など460校以上が休校を決めた。

 九州旅客鉄道(JR九州)は同日、14日の地震で脱線した九州新幹線の車両を線路に戻す作業に着手する。ただ、運転再開には時間がかかる見通し。在来線では、鹿児島線の荒尾―熊本間の運転を18日午後に再開する。博多―熊本間を行き来できるようになる。

 気象庁によると、14日から18日正午までの震度1以上の地震は531回。マグニチュード3.5以上の発生回数は2004年の新潟県中越地震を上回り、1995年以降に内陸や沿岸で起きた地震では最多となった。

コメント