★★MAトラスト社長 浅野まことのここだけの話。★★

MAトラストの社長 浅野まことがここだだけの話をブログで大公開!!

日本国債格下げと消費税引き上げは米国と菅政権の利害が一致

2011年01月30日 | 日記
今年1月27日、米国の民間格付会社スタンダード&プアーズ (S&P)は、
日本の財政の悪化懸念を理由に、日本国債の格付けを最上位から3番目の

「AA」から1段階引き下げて「AA-(ダブルAマイナス)」に格下げしました。
S&P
が日本国債を格下げするのは、2002年4月に「AA」から「AA-」に

引き下げて以来8年9カ月ぶりです。

これと時期を同じくして国際通貨基金(IMF)のコッタレリ財政局長は27日の
記者会見で、S&Pが日本の長期国債の格付けを引き下げたことについて、
「日本が中期的に全面的な財政再建を必要としているのは明らかだ」と述べ、
また、日本国債の9割以上が国内で保有されていることについて、
「財政再建を避ける理由にはならない」と述べS&Pの判断に理解を示しました。

同局長は財政再建の実現には、税制改革による歳入増が重要になるとの見方を

示した上で、「日本の消費税率はいまだに極めて低く、引き上げ余地は十分にある」

と強調し、IMFは同日発表した財政報告書でも、日本の財政再建の遅れを
指摘しています。


このS&PIMFの同じタイミングでの発表を見て「日本が標的にされる」と
確信しました。また、菅内閣は、これに乗じて消費税引き上げに突進するな
と思いました。

 

確かに、GDPに占める国債の比率が他国に比べて高いのは大きな問題です。
しかし、日本には、特別会計がありますので
収入が50兆円と考えるのは正確に
いうと間違っています。その特別会計は200兆円以上も
あるのです。

収入としては、250兆円あるのです。GDPに占める負債比率が問題なのだと

言われていますが日本は、GDP(収入)の半分が国家に吸い上げられる
仕組みになっているわけですから
官製経済が非常に大きな国なのです。 


僕は前から言っていますが、一般会計と特別会計を1つにまとめるべきです。

単式簿記でなく複式簿記を採用し、多年度予算を認めるべきです。

 この新しい巨額の予算を国会で予算審議して初めて役人の無駄遣いは無く
なるのです。

  

政権交代で、「特別会計の廃止」と「地方への補助金の一括交付」を心から

期待しましたが、管内閣は、一向に改革の本丸に踏み込もうとしません。

今の仕組みのままで消費税を上げることしか考えていないようです。

 

 

 

 

また、皆さんもよくご存知の通り、国債のほとんどは日本国内で消化され、
米英系の売り浴びせで財政破綻する懸念は少ないのです。

格付けは「金融兵器」だという指摘があります。米英の格付け機関は、

国際基軸通貨のドルを守ることを考えています。昨年のギリシャ危機の際も、

EU周縁諸国の格付けを引き下げてユーロ危機を誘発しました。

その後もドルの危機は拡大しており、今年、米国の地方都市のいくつかは
財政的に破たんすると言われており、日本もどうしようもないけれども米国も

状況としてはまずいのです。

 

そこで、日本の格下げをして、結果的にドルの防衛をしようとしているのだと

僕は見ています。

 

S&Pの格下げと消費税上げは、米国の戦略と菅内閣の目論見と一致しているのです。 

コメント

江戸は呪術都市として設計された

2011年01月29日 | 日記

 

平将門の首塚は大手町1丁目11号にある。(現在の三井物産本社ビルの隣)

徳川家康は江戸城の正面玄関である大手門を首塚に移し江戸の開発を始めました。

江戸の都市は平将門の首塚のある大手門から江戸城を中心として時計廻りに堀をらせん状に

掘り進めて開発をすすめていきました。この「の」の字型の堀に幕府は、江戸城から放射線状に

延びる五街道(東海道、甲州道、中山道、奥州道、日光街道)を整備していったのです。

この五街道と江戸城の堀と交差するところに、平将門の身体の一部を祀った神社を配置したのである。

 

首塚・・・大手門

胴体・・・神田神社 その先は日光道につながる。

手 ・・・鳥越神社は、浅草門橋にあり奥州道につながる。

首桶・・・世継稲荷神社は、田安門にあり中山道につながる。

足 ・・・築土八幡神社は牛込門にあり中山道につながる。

兜 ・・・兜神社は、虎ノ門から東海道につながる。

鎧 ・・・鎧神社は四谷門にあり甲州街道につながる。

 

このように平将門の胴体を祀る神田神社を首塚のある大手町から分離して江戸城の鬼門(東北)に

移して江戸の総鎮守とし、身体を祀る神社を五街道の起点に設置を構想したのは、幕府の宗教担当

ブレーンである南光坊天海でした。

なぜ、江戸幕府は、平将門を祀る神田神社を江戸の総鎮守としたのか?それは、朝敵であった平将門を

祀ることで江戸っ子が尊王思想を持たないようにしたのであった。

 

江戸の町づくりは呪術都市として設計されて出発したのでした。

 

我が、MAトラストの所在地はその神田にあります。

コメント

セミナーのお礼

2011年01月28日 | 日記

昨日開催させて頂きましたセミナーには多くの方にご参加頂き有難うございました。
ツイッターを見て参加された方も少なからずいらっしゃっいました。本当にびっくりです。

私からは「ものを広める技術」と題してお話をさせて頂きました。
ポイントとしては、下記です。

・IT産業革命によって売れるものと売れないものが明確に分かれる状況が
 益々加速する。

・経営資産として、人、もの、金、情報があるが、それぞれについて
 管理する方法がある。特に、情報については、セキュリティー、システム開発
 などに加え、「ものを広める技術」という概念を加えていくべき。

・マクドナルドの成功例など具体的手法を実例を挙げ、「ものを広める技術」は
 確かに存在する。しかもこれは学ぶことができ、経営者はこの技術を元に経営を
 していかなければならない。

そして、株式会社アンフィネより2月から発売となる「ヒト・コラーゲン化粧品」の
説明がありました。

・蚕の卵に人型遺伝子を埋め込み、人型コラーゲンを含む繭を生産。
 その繭からコラーゲンを抽出し化粧品に配合。
・人と同じ遺伝子なのでアレルギー反応はほとんどなく肌になじむ。
・蚕1000匹から1gしか取れない貴重な原料である。
・ヒト・コラーゲン以外に、プリフローというアイクリームも発売する。
 このアイクリームには、フランスでやけどの治療に使われている材料
 を含み、しわを伸ばす効果がある画期的な商品。

これらのプレゼンとともに、昔、紡績工場で働く女性の足はあかぎれでも
手はつるつるであった、その理由は、繭を触っていたからという逸話も紹介
されました。

同社のHPは http://www.infinie.bz です。ご覧ください。

                                      以     上

 

コメント

1月27日のセミナーは満席になりました

2011年01月25日 | 日記

1月27日開催の「MAトラストのビジネス戦略道場」は、定員一杯
となりました。もうこれ以上、会場に入れませんので申込を締め切らせて
頂きます。皆様には、心より御礼申し上げます。

浅野拝

コメント

悪徳10人衆を追い出せ!

2011年01月25日 | 日記

山ちゃんの日記を見るといつもスカッとします。
「悪徳10人衆を追い出せ」
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/18982aac79d01c5b60667bcab617ae7b

何のための政権交代だったのか、僕も含めそう思う人が本当に多くなって
ます。ネットの世界では特にその傾向が顕著です。
このままでは次の衆議院選挙では、岐阜は残念ながら惨憺たる結果と
なるのは目に見えています。

是非もなし、か。

コメント

医療も海外に進出する時代・・・・それもカンボジア

2011年01月18日 | 日記
東京・八王子にある北原脳神経外科病院が国内では初となる日本の医療の
進出を計画中だそうです。それも
カンボジア。

今年2月(もう来月です)に
株式上場を目指すそうです。
 
医師不足が深刻なカンボジアは、日本の医師免許で診療行為が可能なため、
日本から医師が行くことになるようです。
 
とうとう医療も海外に進出する時代がやってきました。
因みに、徳洲会グループはブルガリアの首都ソフィアに進出を果たしています。

コメント

成人式おめでとうございます 伝えたい言葉があります

2011年01月10日 | 日記

今日は成人の日ですね。成人を迎えられる皆さんおめでとうございます。

既に働いている人もいますし、大学生の人もいるでしょう。様々な立場と

思いで成人式を迎えられる方がいる方に贈りたい言葉があります。

 

僕は今年42歳になりますからもう成人式を2回分生きておりますが、

僕が二十歳の時は大学生で成人としての自覚は全くありませんでした。

今、巷で批判されている「成人式の幼稚園化」の対象となりそうな態度で

臨んでいたような気がしますので偉そうなことは言えないのですが・・・

 

今日の形態の成人式は、終戦間もない19461122日に埼玉県の現在の

蕨市(わらび市)で実施された「青年祭」がルーツとなっているそうです。
敗戦(1945年)により日本全体が虚脱の状態にあった当時、次の世代を担う

青年達に明るい希望を持たせ励ますため、当時の埼玉県蕨町青年団の

みなさんが青年祭を企画して小学校の校庭にテントを張って行ったのが

最初で、この「成年式」が全国に広まり現在の成人式となったそうです。

蕨市では現在も「成年式」と呼ばれています。

 

その後、国は「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を

祝いはげます」趣旨で翌年から115日を成人の日として制定しました。
それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになりました。
その後、1998年の祝日法改正(通称:ハッピーマンデー法)に従って2000年から
成人の日は1月第2月曜日となりました。

 

そこでですが、是非、皆さんにこうなって欲しいという思いを率直に

伝えたいと思います。3つしか言いませんよ。

 

是非、皆さんには、視野を広く持って欲しいと思います。

視野を広く持つためには勉強しなければなりません。視野を広くするには、

いい友達を持つことと、人生の先生というような人と早く出会うことです。

 

是非、皆さんには、自立して欲しいと思います。

自立というのは、自分の飯は自分で稼ぐということです。これで初めて一人前。

これが出来なきゃ何をいっても社会で通用しません。そのためには、これで飯を食うんだ

というものを早く持って欲しい。プロとアマチュアの違いは、プロというのは

それでお金をもらうということです。早くプロになって欲しい。

 

是非、皆さんには、感謝の心を持って欲しいと思います。誰に感謝するかは

皆さん自分で考えて下さい。

 

僕の記憶では、同じ年の人を一斉に行政が祝うのは、一生の内でも

成人式しかありません。こういうのを通過儀礼というのですが、

「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます」

という成人式の趣旨を大切にしていきたいと思います。

 

成人式を迎える皆さん、おめでとうございます。

  

平成23年1月10日 成人の日に捧げる 浅野 真

 

 

コメント (1)

第4回 MAトラストのビジネス戦略道場開催のお知らせ

2011年01月05日 | 日記

新年明けましておめでとう御座います。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

さて、早速ですが、好評の『MAトラストのビジネス戦略道場』の

ご案内をさせて頂きます。

 

今回は、今年2月発売予定である

世界初の『ヒトコラーゲンクリーム』について

株式会社アンフィネの代表取締役 大西様よりご講演頂きます。

 

当日は、世界初のヒトコラーゲンクリームを

手に取って是非お試し頂きたく、

無料サンプルを配布致しますので楽しみにしていてください。

美容・エステ関係者は特に必見です。

席に限りが御座いますので、お早めにお申し込みください。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  第4回 MAトラストのビジネス戦略道場開催のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■日 程:2011年1月27日(木)18:00~20:30(受付は17:30から)

■会 場:サニー貸会議室 4F(401) 

      東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル

        地図:http://s-kaigi.jp/access.html

 

■アクセス:

●JR『神田駅』西口出口より徒歩2分

●地下鉄 銀座線『神田駅』1出口より徒歩4分

       丸の内線『大手町駅』A2出口より徒歩8分

        都営新宿線『小川町駅』A1出口より徒歩8分

 

■参加費・申込み方法: 2千円(お弁当・お茶代込)、先着30名様

 

注: メール(info@ma-trust.jp)にてお申し込みください。

  定員が先着30名となっておりますのでお早めにお申し込み下さい。

  お支払いは、当日受付にて現金で承りますので、釣銭のないようご協力ください。

  尚、キャンセル時にも参加費が発生します旨、予めご了承下さい。

 

■プログラム

17: 30 - 18:00    受付

18:00 - 18:05  司会挨拶

18:05 -    基調講演1 :『広告戦略について』 

                    MAトラスト株式会社  代表取締役社長 浅野 真

         基調講演2 :『ヒトコラーゲンクリーム』

                     株式会社アンフィネ 代表取締役 大西 満

 

19:00 - 19:20   質疑応答

19:20 - 19:30   休憩

19: 30 - 20:00    企業PR

20:00 - 20:30   アンケート記入/名刺交換会

20:30         散会

 

*商材紹介のコーナーでプレゼンを希望する方は、

 商材の概要を添えてご連絡下さい。 

 

コメント

謹賀新年

2011年01月03日 | 日記

新年明けましておめでとうございます。

MAトラスト(株)代表取締役の浅野真でございます。

 

旧年中は大変お世話になりました。心より厚く御礼申し上げます。

2011年が皆様にとって輝かしい年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

昨年は、これまでの中小企業を支援するという当社の取り組みを発信すべく

MAトラストのビジネス戦略道場』を開催させて頂きました。

既に3回開催しましたが、実際に新しいビジネスができそうだとのとのご連絡を

頂いており、人と人が出会うことで新しいものが生まれることに大きな手ごたえを

感じております。

今後、更に内容を充実させて参りますので、皆様宜しく御願い致します。

 

当社の今年のテーマは『決断』です。『決断』とは『決めた以外は断つ』ことを

意味します。決断したことを徹底的に追及し行動して参りたいと思います。

 

さあ、2011年が始まりました。今年は政治・経済・海外情勢とも動く年になる

予感がしていますが、今年を良くするのも悪くするのも皆さん1人1人の心がけ

次第です。今年もよい年にして参りましょう!

 

簡単ではございますが、新年のご挨拶とさせて頂きます。

 

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

 

コメント