くまきち日記

名古屋に住んでいる、くまきちのたわごと。

ヒョシンくん BlockMVでもチケットパワーを見せる

2017-10-31 00:02:51 | パク・ヒョシン






パク・ヒョシン ブロックMV『Beautiful Tomorrow』、4日だけで約2万6000名動員


パク・ヒョシンの7集ブロック・ミュージックビデオ『Beautiful Tomorrow』が上映後 初週だけで約2万6000の観客を集める気炎を吐いた。

30日 映画振興委員会(KOFIC)統合コンピュータ・ネットワークによると『Beautiful Tomorrow』は上映初日の26日から4日だけで2万6834名の累積観客数を記録した。
舞台挨拶で動員された観客(2,544名)を除いても2万4000名を超える観客が観覧したのだ。

『Beautiful Tomorrow』は大作の間でもボックスオフィス順位圏に安定して留まった。映画振興委員会(KOFIC)基準、初上映日の26日(木)から週末の間
計47のスクリーンで上映した結果『マイティ・ソー バトルロイヤル』『犯罪都市』『ジオストーム』『隊長キム・チャンス』など大作の間で堂々とボックスオフィス6位を占めた。

初の週末が過ぎても前売りの熱気は冷めずにいる。30日 映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワーク 午前リアルタイム前売り基準で『Beautiful Tomorrow』は
『マイティ・ソー バトルロイヤル』(36.4%)、『犯罪都市』(11.9%)に続き4.9%で3位を維持している。

CGVムービーチャートでも『Beautiful Tomorrow』の人気がわかる。CGVムービーチャートTOP7 30日(月)午前基準で前売り率2位(10%)、
観覧客5位を占め 非映画作品にもかかわらずムービーチャート上位圏にランクインされ よりいっそう注目を浴びている。

『Beautiful Tomorrow』はパク・ヒョシンの7集アルバム‘I am A Dreamer’収録曲を キューバを背景にした映像と共に新たに出会えるブロック・ミュージックビデオだ。
パク・ヒョシンが音楽的ソウルメイトであるチョン・ジェイルと共にアルバムを完成していく姿を収めた。
コメント

ヒョシンくん BlockMV 舞台挨拶に登場

2017-10-29 22:38:16 | パク・ヒョシン










パク・ヒョシン 舞台挨拶現場・・・‘新たな感動を共に感じたい’


パク・ヒョシンのブロック・ミュージックビデオ『Beautiful Tomorrow』のコンサートにも劣らない舞台挨拶現場が公開された。

パク・ヒョシンは26日(木) 7集ブロック・ミュージックビデオ『Beautiful Tomorrow』のCGV上映を記念してCGV永登浦、龍山、往十里の3ヵ所の劇場で舞台挨拶を通じてファンと会った。
この舞台挨拶は平日の昼間から行われた日程にもかかわらず 舞台挨拶が予定された6回の上映分2,554席が前売りオープンと同時に一瞬で完売しパク・ヒョシンの熱い人気を実感させた。

この日の舞台挨拶にはパク・ヒョシンと『Beautiful Tomorrow』で共に出演したチョン・ジェイルが参加して観客に感謝の気持ちを伝えた。
パク・ヒョシンとチョン・ジェイルは現場で直接観客を抽選して特別なプレゼントを贈呈したり、客席をいっぱいに埋めた観客と認証ショットを撮って楽しい時間を過ごした。

パク・ヒョシンは「ブロック・ミュージックビデオという初めて試みるジャンルだから悩みと欲が生まれて公開まで時間がかかったが 待って下さって感謝する」とし、
「7集アルバムは初心に帰って心から音楽に向かう気持ちで作ったアルバムだ。『Beautiful Tomorrow』を準備しながら7集の音楽が新しく聞こえて また別の感動を感じたので、
皆さんにもその感動を感じさせて差し上げたい」と上映の所感を伝えた。

続いてチョン・ジェイルは「劇場という大きな空間で『Beautiful Tomorrow』をお見せし聴かせて差し上げられるというのは特権であり光栄だと思う」とし、
「我々が作った音楽が映像と一緒になって新しい生命力が生まれるのを感じたので、観客のみなさんもこの点を一緒に感じて下さったらありがたいと思う」と付け加えた。

一方『Beautiful Tomorrow』はパク・ヒョシンの7集アルバム‘I am A Dreamer’収録曲を美しい映像と共に新たに出会えるブロック・ミュージックビデオで、
パク・ヒョシンが音楽的ソウルメイトであるチョン・ジェイルと共にキューバで自由に音楽作業をしながらアルバムを完成していく姿が込められている。
26日(木)から全国31ヵ所のCGVで上映され、CGVホームページおよびアプリを通じて前売り可能だ。

『Beautiful Tomorrow』は初上映日の26日(木)映画振興委員会(KOFIC)情報基準、座席占有率1位(57.7%)、前売り率3位(3.7%)を記録した。




インスタにはヒョシンくんとチョン・ジェイルが仲良く笑う写真が
コメント

ヒョシンくん カラオケで“息”熱唱

2017-10-27 02:34:00 | パク・ヒョシン










カラオケのマイクでも‘歴代級’を誇るパク・ヒョシンの“息”ライブ


プライベートな場で気楽に歌う歌手パク・ヒョシンの驚きの歌唱力が聴く人の心をとらえた。

26日パク・ヒョシンは公式インスタグラムを通じて とあるカラオケで自分の歌“息”を歌う映像を公開した。

公開された映像でパク・ヒョシンは白い半袖シャツとジャージといった気楽な格好で歌を歌っている。

映像の中 パク・ヒョシンは特有の訴求力の濃い声と繊細な感性、優れた歌唱力を誇る。

パク・ヒョシンの知人と思われる男性は「ワー、あれが食事してだいたいじっと座って歌っている歌だ」と驚きながら「ヒョシン兄さん光栄です」と冗談を言った。

これにパク・ヒョシンはちょっと照れくさかったのかフフッと笑ったりもしたが、すぐに感情を整えて歌を続けた。 

歌のリフレインの部分でパク・ヒョシンはコンサート会場を彷彿とさせる爆発的なエネルギーと歌唱力を誇ったりもした。

この映像を見た多くのファンは「朝から耳を浄化して行く」「あれがどうやって大体じっと座って食事して歌った歌だなんて本当に信じられない」「早くカムバックして」等の反応を見せている。

一方 26日 CGVでは“息”“野生花”などパク・ヒョシンの7集収録曲が入った1時間のミュージックビデオ『Beautiful Tomorrow』が封切りされる。

『Beautiful Tomorrow』はパク・ヒョシンが直接舞台挨拶をするソウルの上映館だけでなく 京畿、プサン、済州など全国30ヵ所のCGVで上映する。


ヒョシンくんのインスタグラム
gooブログにはインスタ動画は貼り付けできないようだ・・・
コメント

ヒョシンくん BlockMV 前売り3位

2017-10-26 00:18:43 | パク・ヒョシン








封切りD-1..パク・ヒョシン、ミュージックビデオ『Beautiful Tomorrow』前売り率3位



歌手パク・ヒョシンの7集ブロック・ミュージックビデオ『Beautiful Tomorrow』が 封切りを明日に控えて高い前売り率を見せている。

25日午前9時基準で 映画振興委員会 映画館統合コンピュータ・ネットワーク集計によると パク・ヒョシンの『Beautiful Tomorrow』が4.8%で事前前売り率3位に上がった。
1位『Thor:Ragnarok(邦題:マイティ・ソー バトルロイヤル)』、2位『犯罪都市』に続き3位を記録したという。

23日にチケット前売りが始まったが 3日もたたずに前売り率3位に上がった。それだけパク・ヒョシンのカムバックに関心が高いことを証明している。
特に『Beautiful Tomorrow』は全国30ヵ所のCGV上映だけで封切りすることを考えると驚くべき記録だ。

パク・ヒョシンはコンサートとミュージカルでなければ会うのが難しい歌手だが『 Beautiful Tomorrow』封切りを迎えて舞台挨拶を決定したことが高い前売り率に現れているようだ。

パク・ヒョシンは封切り当日 CGV永登浦、龍山、往十里など3ヵ所の上映館で6回の舞台挨拶を通じてファンと出会う予定だ。この舞台挨拶にはブロック・ミュージックビデオに一緒に出演したミュージシャン 
チョン・ジェイルも参加する。

『Beautiful Tomorrow』はパク・ヒョシンが初めてリリースする‘ブロック・ミュージックビデオ’形式の作品で、これまで歌謡界で このような形でミュージックビデオを公開したことがなく期待を集めている。

異例の劇場で公開する『Beautiful Tomorrow』には 昨年発売した7集アルバム“I am A Dreamer”の収録曲を美しい映像と共に鑑賞できるのが特徴だ。優れた映像美と甘い音楽を入れた。

先に公開された予告映像で パク・ヒョシンがキューバを背景に7週プロデュースを共同で行ったミュージシャン チョン・ジェイル、キューバの少年と一緒にさまざまな場所で歌い
全体のナレーションをパク・ヒョシンが消化した点が魅力的だ。

パク・ヒョシンの所属会社グローブ・エンターテインメント関係者は「今回初めてリリースするブロック・ミュージックビデオを通じて これまで見ることができなかったパク・ヒョシンの新しい姿に出会える」とし
「アーティストがファンのためという気持ちで企画から編集までスタッフと共に長い間努力した結果なので たくさんの愛情と関心をお願いする」と伝えた。





ヒョシンくんのインスタグラムには試写?を見るチョン・ジェイルの姿が




コメント

ヒョシンくん BlockMV グッズも登場

2017-10-25 00:27:53 | パク・ヒョシン
チケットが順にオープンしているが、すぐ完売している。さすがヒョシンくんのチケットパワー!!

ポスターやブックレットなど、封切に合わせて26日からCGV内のシネショップで販売するようだ。
でも販売するショップは龍山アイパークモール、永登浦、汝矣島、仁川、天安ペンタポート、大田、蔚山三山の6ヵ所だけ。
コメント

ヒョシンくん BlockMV 上映館で舞台挨拶に登場

2017-10-21 00:39:11 | パク・ヒョシン
26日の封切り当日、ソウル市内3ヵ所のCGVでチョン・ジェイルと共に舞台挨拶に登場!! この6回はチケット争奪戦になりそうだ。行けないから関係ないけど。
ちなみにチケットオープンは23日。
コメント

ヒョシンくん BlockMV 上映館を公開

2017-10-20 23:36:51 | パク・ヒョシン














パク・ヒョシン Block MV『Beautiful Tomorrow』、全国30ヵ所のCGVで上映


‘音楽大将’パク・ヒョシンの7集アルバムを60分のブロック・ミュージックビデオにした『Beautiful Tomorrow』の上映館情報が公開された。

ブロック・ミュージックビデオは正規アルバムに収録された曲3分の2以上でストーリーを作って一遍の映画のように制作したもので チャン・ジェヒョク監督が開拓した新しいジャンルだ。

すでにパク・ヒョシンの所属会社グローブ・エンターテインメントは11日 公式youtubeを通じて30秒の予告映像を公開した。

映像の中にはキューバの夜道を歩いているパク・ヒョシンが 自身の音楽と人生についての思いを静かにささやく。

パク・ヒョシンは「音楽は僕を完成させたが 僕を押さえつける思い影でもあった。世界のどこでもその陰で僕は自由ではなかった」と語る。

また 今回のブロック・ミュージックビデオで見せようとする「見知らぬ風景の中で新しく聴く僕の歌」というメッセージを伝えた。

26日から上映予定のパク・ヒョシンの7集ブロック・ミュージックビデオは 全国30ヵ所のCGV上映館で見ることができる。
『Beautiful Tomorrow』上映CGVは
▲ソウル8ヵ所(江南、大学路、松坡、往十里、汝矣島、永登浦、龍山、弘大)、
▲京畿/仁川8ヵ所(東灘、ソプン、水原、安山、オリ、仁川、一山、坪村)、
▲江原2ヵ所(江陵、春川)、
▲大田/忠清3ヵ所(大田、天安ペンタポート、清州西門)、
▲光州/湖南2ヵ所(光州ターミナル、全州孝子)、
▲プサン/大邱/慶尚6ヵ所(大邱、大邱スタジアム、西面、センタム、蔚山三山、昌原ザシティ)、
▲済州老衡 の計30館だ。

グローブ・エンターテインメントは「昨年 単独コンサートCGV生中継公開の時 共にできなかった方たちが多くて残念だった」とし
「アーティストとスタッフが長い間悩んで準備したミュージックビデオだけに できるだけ多くの方に披露したい気持ちで 全国30ヵ所で上映を決めたので 多くの関心をお願いする」と伝えた。

前売オープン日程は 今後グローブ・エンターテインメントSNSを通じて公開される予定だ。
コメント

ヒョシンくん BlockMV 上映館を発表

2017-10-19 21:15:44 | パク・ヒョシン
ついに『Beautiful Tomorrow』の上映館が発表。全国30ヵ所で、うちソウル市内は8ヵ所。でもCGVホームページでの前売はまだ載ってなかった。

コメント

ヒョシンくん BlockMVの予告編を公開

2017-10-12 20:14:15 | パク・ヒョシン








パク・ヒョシン、7集ブロック・ミュージックビデオ“Beautiful Tomorrow”予告編公開、
CGV上映迫る



パク・ヒョシンの7集アルバムの感動を余すところなく収めたブロック・ミュージックビデオ“Beautiful Tomorrow”が予告編を公開してついにベールを脱いだ。

グローブ・エンターテインメントは10月末 CGVで会うことができるパク・ヒョシンの7集ブロック・ミュージックビデオ“Beautiful Tomorrow”の予告編を
YoutubeとCGVホームページで公開した。

公開された約30秒の予告編にはパク・ヒョシンがキューバを背景に 7集のプロデュースを共同で行ったミュージシャン チョン・ジェイル、キューバの少年と一緒にいろいろな場所で歌う姿が
感覚的な映像で収められて、予告編全体にパク・ヒョシンの声がナレーションで挿入されて没入度を高める。

特に「音楽は僕を完成させたが 僕を押さえつける重い影でもあった。世界のどこでも その陰で僕は自由にできなかった。見知らぬ風景の中で新たに聴く僕の歌」というパク・ヒョシンの独白のナレーションは 
このブロック・ミュージックビデオを通じて伝えようとする音楽の意味が何なのかを暗示した。何よりこのブロック・ミュージックビデオ全体のナレーションをパク・ヒョシンが直接引き受けたとわかって
歴代級‘耳に贅沢な’映像になると予想される。

また予告編に収められた美しい映像美もまた このブロック・ミュージックビデオをより一層注目させる理由だ。短い映像だがキューバの路上、海など風景を美しく表現し 本編に対する期待感を集める。

グローブ・エンターテインメント関係者は「今回はじめてリリースするブロック・ミュージックビデオを通じて これまで見ることのできなかったパク・ヒョシンの新しい姿に出会える」とし、
「アーティストがファンのための気持ちで企画から編集までスタッフと一緒に長い間努力した結果なので 多くの愛情と関心をお願いする」と伝えた。

パク・ヒョシンの7集正規アルバム“I am A Dreamer”の収録曲を美しい映像と共に見ることができるブロック・ミュージックビデオ“Beautiful Tomorrow”は 
10月26日(木)CGVを通じてファンに会う予定で、具体的な上映館の情報は追って公開される。



コメント

バラード歌手たちのカムバック・・・ヒョシンくんも

2017-10-12 00:48:27 | 韓国エンタメ









キム・ドンリュル~パク・ヒョシン~ソン・シギョン、興行性・作品性保証
‘間違いないバラード歌手たちが来る’



名前だけでも大衆の心を揺さぶる人たちがいる。キム・ドンリュル、ソン・シギョン、パク・ヒョシンが彼らだ。興行はもちろん作品性を保証し
聴く人の心まで揺さぶる歌謡界の‘蜜のように甘い声帯’がカムバックするというニュースが次々と聞こえてきている。

キム・ドンリュル、ソン・シギョン、パク・ヒョシンがカムバックするというニュースだけでもすでに「キャーッ!」とはじける歓声が聞こえるようだ。

真っ先にカムバックする人はソン・シギョンだ。ソン・シギョンは10月末デジタルシングルを発売する。まだ正確な日は決まっていないが 今月中に新曲で歌謡界に出撃する。

“僕に来る道”“あなたですね”“君のすべての瞬間”“二人”“君は感動だった”“フィジェ”等ひとつずつ列挙するのも大変なほど多くのヒット曲を持っているソン・シギョンが
新曲を発表するのは2011年以降6年ぶりだ。その間ドラマ『応答せよ1994』『星から来たあなた』『雲が描いた月明かり』『青い海の伝説』OSTに参加したことはあるが。

歌謡界関係者が 今回の新曲はソン・シギョン特有の甘い声が引き立つ曲で この季節にあまりにもよく似合うと口を揃えているだけに あなたの耳が蜜に浸るようにしっとりする日は遠くない。

‘音源強者’パク・ヒョシンも新曲発表準備に拍車をかけている。

パク・ヒョシンは新曲発表のために曲作業に邁進している。具体的な発売日程は決まっていないが 新曲はシングル形式で発売される。

今回リリースする新曲のプロデューサーにはパク・ヒョシンと 7集『I Am a Dreamer』の共同プロデューサーとして活躍したチョン・ジェイルが共に行う。
パク・ヒョシンはすでに“野生花”“Happy Together”等ヒットデジタルシングルの作詞、作曲および7集プロデュースを通じて完成型アーティストとしての姿を見せたことがあり 
今回のシングルに対する期待感もまた高まっている。

パク・ヒョシンは昨年10月 6年ぶりの正規7集『I Am a Dreamer』発売後 単独コンサート、ミュージカル『ファントム』、ファンミーティング等で今年中盤まで空白なく活動を続けてきた。
その後も休みなく音楽作業に没頭して新曲で帰ってくる準備をしている。

またいつ出てくるのか。その日が音楽ファンの祝祭日であるキム・ドンリュルもアルバムを準備中だ。

キム・ドンリュルは10日 自身のSNSに“Recording with London Symphony Orchestra@Abbey Road Studio”という文と写真をアップした。
写真の中でキム・ドンリュルはイギリス ロンドン・シンフォニーオーケストラと共にカメラを見つめている。これと関連してキム・ドンリュルが新しいアルバムを準備しているのではないかという推測が出てきた。

事実 この写真は7月に録音現場を入れた写真だ。いつからだと語ることもないキム・ドンリュルは着実に録音を進めてきた。そしてその作業がいつ終わるのかも予測できず 
新しいアルバムがいつ出るのかは今のところわからない状況だ。だが熱心に録音を進めているという事実だけでも音楽ファンの期待感は最高潮に達している。

キム・ドンリュルの直近のアルバムは2014年10月に発売された6集『同行』だ。

特有の中低音の声で胸に響く歌を作るキム・ドンリュルは アルバム作業を几帳面に行うことで有名だ。そうした努力の末にいつ聴いても良い名曲が誕生した。
いつ出るか正確にはわからないがアルバムのクオリティは保証ものだ。

名前だけでも何より大きな存在感をあらわす彼らが 最近ユン・ジョンシン、IU、赤いほっぺの思春期がトップを守ってきた音源チャート市場にどんな風を起こすのか気になる。
コメント