くまきち日記

名古屋に住んでいる、くまきちのたわごと。

歩かなきゃ!!

2006-01-31 21:05:17 | 日記
派遣で働いている身では交通費が出ないため、普段は自転車通勤だ。
雨の日はバスで、乗り遅れたら歩く羽目になる。
昨日も家を出た時に雨が降っていたのに気づいたのだが
のんびりしていたためすでにバスは行った後。
大慌てで歩き、途中で小走りになったりして何とか始業には間に合ったが
冬だというのに汗だくになった。

今日はちょうどバスが来たので乗ったが、帰りは雨もやんだし歩いてきた。
会社と家の間はゆっくり歩いて約30分。
途中でアップダウンもあるため、毎日続けるといい運動になる。
運動不足だし、徒歩通勤にしたい気持ちはあるのだが
暗くて人通りの少ない道を通らなくてはならないため、
なかなかふんぎりがつかない。

もう少し暖かくなったら、思い切って歩いてみようかな。
代謝を良くするのを岩盤浴だけに頼ってるのもどうかと思うし。






コメント

これぞ幻の酒?

2006-01-30 19:48:32 | おいしいもの
菊姫という日本酒がある。
もともとダンナが好きな酒だが、吟醸ランクになるとフルーティで飲みやすく、
私の口にも合うおいしい酒だ。
その最高級といえるのが「菊理媛」。「くくりひめ」と読むのだが、
これこそ「百年の孤独」よりも手に入らないのではないだろうか。

ワンランク下の「黒吟」は購入したことがあるが、
それでも720mlで15000円といいお値段であった。
菊理媛に至っては720mlで25000円と非常に贅沢である。
ネットで見た限りでは全国均一の価格だと思われるが、店頭で見かけたことがない。

そういえば菊姫を普通に売っている店自体が少ないことに気が付いた。
蔵元である菊姫合資会社のサイトを見たが、
取り扱い店を決める時は必ず面接をし、
店主の酒の知識を確認し感想文を提出させた上で判断するという厳しさだ。
これだけこだわっているのだから当然だろう。どこでも買えるわけじゃないのだ。

蔵元がここまでする酒である。
こっちも「買おうと思えばネットで買えるし」などと考えるのは申し訳ない。
しかるべき店で主人の話を聴き、実際に手にとって購入したい。
「黒吟」を買った店でなら手に入る可能性はあるが
私みたいに、ご飯と一緒に酒をお茶がわりに飲むような人間には
まだまだ「菊理媛」を飲む資格などない・・・かもしれない。

いつかは飲んでみたいけど。






コメント

百年の孤独

2006-01-29 23:03:37 | おいしいもの
幻の焼酎といわれる「百年の孤独」を手に入れた。

私は日本酒派なので焼酎のことはよくわからないが、
それでもこの「百年の孤独」は店頭でほとんど見かけることがなく、
あっても1万いくらの値がついていて、到底手の出せるシロモノではない。
同じく幻といわれる「森伊蔵」も高額で、一升瓶4万以上もする。

今回、たまたまダンナのツテで九州出身の人に頼んだところ
3分の1程度の金額で入手してきたそうだ。

この値段の差はなんなんだ?

蔵元での製造本数が限られていて否応なしに高値がつくというのならわかるが、
地元で普通に安く手に入れられるものが、地方に行くと入手困難な上、
信じられないほど値段が釣り上がるというのは解せない。
日本酒でも「幻の」と謳っているものがあるが、何とか手に入れ飲んでみると
思いのほか美味しくなかったりするものだ。

私はこういうケースでおいしい!!と感動するほどのモノには出会ったことがない。
蓬莱泉の「空」を飲んだ時もそれほどおいしいとは思わなかった。
ここのは全体的に、私にとって甘いので高評価にはならないのだ。
逆に、1000円以下で買った小さな蔵元の日本酒は口に合ったりする。

まぁ味の好みもあるが、必ずしも高価なものが美味しいとは限らない。

コメント

飲みました

2006-01-28 00:59:00 | おいしいもの
久しぶりに飲みに行った。
ダンナが仲の良いプロデューサーとよく行く焼鳥屋だ。
たまたま歯医者と美容院をハシゴしたため、
待ち合わせて地下鉄で帰ってきたので、私も心おきなく飲むことができた。

串が一本30円~とお値打ちな上、味もいい。
中でも「皮カレー」は旨かった!!
皮カレーは通常の鳥皮にカレー粉をまぶして焼いてあるのだが、
亀田のカレーせんとか、やまとの味カレーを彷彿とさせる
カレー粉のチープな味わいがクセになる。

私の飲んだことのない日本酒の銘柄があったので頼んでみたが、
純米酒のわりに酒特有のアルコールくささがなく、
吟醸酒みたいな味わいでおいしくいただけた。

料理もお酒もおいしい上、ぐるなびのクーポンでお会計から10%引になった。
満足、満足。

  

コメント

便利、だけど不健康

2006-01-26 21:57:21 | 日記
昨日から左肩が痛かった。岩盤浴でも良くならなかったので、
今日マッサージの後で鍼を打ってもらった。

治らない・・・相当ガンコな痛みだ。

まぁ一日中同じ姿勢でパソコンに向かっているのだから当然だろう。
ひたすら単純な入力作業だから、眠気というおまけまでついてくる。
しかも一日終わると、明らかに視力が落ちているのがわかる。

就職した頃はパソコンはおろかワープロすらなかったのに
いまやパソコンがなければ仕事にならないという時代である。
確かにパソコンは便利だ。
だが社内の連絡メールもデータの管理もそれに頼りきっているから、
使えなくなった時の弊害は大きい。
昨年、水害で会社の1階にあるサーバーがやられて
一日パソコンが使えなかったことがあったが、
その日はほとんど仕事ができなかった。

文明の利器を使いこなしているように見えるが、
実は振り回されているのは私たちなんじゃないだろうか。


さぁて今からは洋くんのドラマ。今日も夜中まで撮影だそうだ。
カゼはもう治ったみたいだし、がんばってね  









コメント

同録失敗・・・

2006-01-25 22:53:07 | 日記
昨日の夕方、ダンナから夜9時15分からのNHKの同録を頼まれたので
HDDレコーダーをセットし、のんきにブログなど書いていたのだが、
夜中にダンナが帰宅してDVD-Rに落とそうとして愕然とした。

チャンネルがひとつズレてる!!

手動で録画予約をした際、チャンネルのキーを押し過ぎたのだ。
クライアントに頼まれていた番組だったとのことだが、録れなかったものは仕方ない。
しかもすぐ後の「アンフェア」はきっちり録れていたのだ。
ダンナは怒りを通り越して呆れていたが、明らかにチェックが甘かった私のミスである。

実は前にも同じミスをしているのだ。
その時も別のクライアントの依頼だったのだが、全然関係ないお笑い番組が録画されていた。
洋くんの出る数少ない番組なら、予約の画面を何度も見直して
ぬかりなく録画するのだが、そうでない場合はチェックが甘くなるんだな。


・・・反省

・・・これからは気をつけよう 


コメント

「本人確認]なんとかして!!

2006-01-24 21:22:26 | 日記
昨日ダンナが銀行の窓口に行く用事があったので、
パソコン用の資金を私の講座から引き出してもらうべく
念のためメモに一筆書いて持たせたのだが、あっさり却下された。
本人確認が厳しくなっているのでダメなんだそうだ。

ダンナが私の代わりに窓口で引き出す場合は、
私の免許証か保険証がいるのだそうだ。しかも原本。
さらにダンナも免許証などの身分証明書が要るとのこと。
思わず「何それ?」と言ってしまった。
なんで原本なわけ? コピーじゃダメなの?
免許証持ってかれたら、その日一日車に乗れない。
保険証だってダンナが失くさないとも限らない。

かねてから思っていたのだが、銀行ってとこは考え方が何かおかしい。
窓口じゃ身内ですら簡単にお金を下ろせない。
信頼できる相手だからわざわざ印鑑と通帳を託して窓口に出向いてもらっているのに、
カウンターで本人じゃないとわかった瞬間から疑いの目で見られる。
ATMならカードと暗証番号さえ手に入れれば、他人でも引き出し放題。
犯罪が起きる確率が高いのはどっちかというとATMなのに。
本人確認にしたって、そもそも写真の入っていない保険証で一体どうやって
「この人は○○さんである」と判断できるのか不思議でならない。
ひとさまの大切なお金を預かる銀行が、
単純に「保険証を持って来た人=本人」という事にしていいのだろうか?
だったら友達に通帳と印鑑を預け、私の代わりに窓口に行ってもらったとして、
目の前にいる人間がニセ者だと見破る行員がどれだけいるだろうか。

私はいるとは思えない。結局この程度なのだ。
「本人でないとダメ」という規則を掲げているから、
形式的に本人確認をやらざるを得ないのだが、
顔は登録されていないから確認のしようがない。
だから明らかに別人とわかる場合には、ここぞとばかり厳しく言ってくるのだ。

だがこれからの時代、本人であることの確認が
こんな生ぬるいやり方でいいのだろうか?
住民基本台帳とかいうのがあるが、これだって紙面上のもので
100%本人であることの証明にはならない。
免許証はすべての人が持てるわけではないから、
それこそ日本に住む人全員に写真入りのIDカードを持たせた方が賢いと思う。
役所は税金使うんなら、もっと頭も使えっつーの。

銀行は結局休みを取って行くことにした。
ダンナもそうそう時間があるわけじゃないし、書類とかめんどくさいからね。
それにしても銀行の規則って、うっとうしいし納得いかない。
ホント、何とかならないものだろうか。









コメント

家電総とっかえ?

2006-01-23 21:22:35 | 日記
おとといパソコンの蓋が引っかかって開かなくなった。
前日まで何の問題もなく使えていたのに、蓋の閉め方が悪かったのかびくともしなかった。
どうせ買い換えるんだからと止め具を壊さんばかりの勢いで引っ張ってみたが開かず、
遅く帰ってきたダンナに頼んだらあっさり開いた。
捨てられる身であることを自覚して、反抗的な態度に出たのかもしれない。

電化製品はいっせいに壊れるというが、うちは今まさにそんな感じである。
ダンナがこの間から「テレビにノイズが入る」としきりに気にしているし、
私はごはんを炊く時に炊飯ジャーからブーッというブザー音がするのと、
HDDレコーダーが再生時にカラカラと音がするのが気になる。
昨シーズン買ったばかりのファンヒーターも灯油クサイし、なんだかなあという感じ。

だが「何かあった時のため」の貯金を10年物の投資にまわしてしまったため、
それこそどれか一つ壊れただけでもピンチである。
今のところ無事なのは冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、掃除機だが、
これらも結婚した時に買ったものだからもう13年目。
いつ壊れてもおかしくない時期に来ている。
そういえばドライヤーも、ちょっと前は使うとコゲ臭かった。

テレビはデジタル放送との絡みもあるから買い替えには見極めが必要だし、
HDDレコーダーも次に買うならW録できるのにしたい。
炊飯ジャーは「通販生活」に載っているIHジャーにしようかとひそかに考えているが、
市販のほうがメンテも簡単だしなぁ、などと色々思い悩んでしまうのだ。

ダンナの星座は何かの占いによると「今年はお金がたくさん出て行く」そうだ。
私もパソコンを買うため定期預金が半分になるし、すでにお金には恵まれない年になりつつある。
とりあえず家電の総とっかえだけは避けたい。
少しでも長持ちしてくれることを祈るばかりである。
コメント

小田和正ってすごい

2006-01-23 00:45:34 | 日記
NHKの番組で小田和正を特集していた。
私がオフコースのファンになったのは中学校の時。
友達の影響で見た「NEXT」のビデオだから解散した後ということになる。
当時は「男の人なのになんであんな高い声が出るんだろう」と思ったものだが、
58歳になっても澄んだ声は変わらない。むしろ良く通るようになっている気がする。
これってすごいと思う。

もちろんのどを痛めたり、コンサートで走り回るための体力をつけるため
ジムに行ったりと苦労はあるようだが、
生まれ持った声は変えようがないから、まさに天から与えられた声なのだろう。
声質の良くない私にとってはうらやましいのひとことである。

実は私はソロになってからの小田和正はほとんど聴いていない。
オフコースのレコードやカセットテープは買い込み聴きまくったが、
それはロックっぽいものからバラードまで色々なタイプの曲があったからだ。
解散後の彼の音楽は、すぐに「小田和正だ」とわかるものばかりで、
アルバムを買ってまで聴こうとは思わなかった。
私の音楽の好みが洋楽へと変わっていったせいもあるかもしれない。

それでもあの声はドラマやCMで流れていた。
少し前の生命保険のCMでは、曲と映像がこれ以上ないほどマッチして
見るたびに涙が出そうになった。
そして「やっぱり小田さんはすごいな」と改めて感じたのだ。

コンサートには同年代の男性も多いという。
番組でも映像が流れたが、普通のサラリーマンというかオジサンがほとんどだった。
耳がおかしくなる大音量のライブじゃなくて、終わったあと何となく癒されている。
普通のオジサンたちに「ああこの人も頑張ってるんだ」と勇気を与えてくれる。
それが小田和正のコンサートじゃないかと思う。

これからも続けて下さい。いつか私も行きたいと思うはずだから。


コメント

困った天気予報

2006-01-19 21:55:34 | 日記
今日は洋くんのドラマの2回目だ。
その予告をバックに、テロップだけの天気予報が流れた。
こういう天気予報は非常に困る。
もとはといえばヤン坊マー坊天気予報の頃からそうだった。
ついバックの映像に見入ってしまい、
終わってみると肝心の天気などまったく見ていないのだ。

映像といっても大したものじゃない。
飲料メーカーのであれば、おいしそうにドリンクを飲んで談笑する若者たちだったり、
アミューズメントパークのなら、カラオケやゲームで遊ぶ楽しげなカップルだったり。
番宣やタレントを起用したもの以外はおそらく低予算で制作されているのだろう。
素人に近いようなモデルを使っているため、動作がいちいち大げさだったりして、
いかにも「演技してます」風のわざとらしさにあふれている。
それがまたツッコミどころとなっているのだ。
もしかしたら私は無意識のうちにそれを楽しみにしているのかもしれない。
だから映像にばかり目が行ってしまうのだろうか。

それにしても「この曜日のこの時間はコレ」みたいに
流れる映像がいつもと同じにもかかわらず、毎回天気を見逃す私ってバカ?
さっきもドラマの予告に集中し、明日の空模様はわからずじまいだった。
おまけに洋くん出てないし・・・


おっと、もうすぐ10時。
さて、ドラマを見ることにするか。


コメント