こたじろうのブログ-太郎(初代)、小太郎(二代)、次郎(三代)、小次郎(四代)ー

◇シェルティの小次郎が散歩中に見かけた草花と日常の生活を紹介。
◇初代~三代は「物語」としてふり返る。

小次郎と春の草花-ジュウニヒトエ(十二単)ー

2021-09-19 10:38:06 | 春の草花

今回はジュウニヒトエ(十二単)だ。前回の「ムラサキシキブ(紫式部)」→「(宮中の礼装の)十二単」と連想したのだ。色も紫だし………。ま、季節は異なるけどね。因みに、由来は礼装の十二単(じゅうにひとえ)からだが、きらびやかではない。

<2021年4月11日> 美咲が丘

◇ こんな感じで咲いている。ん? 紫色は二つあるね? うん、一つはイチハツ(一初)だよ。ちょっと矢印を付けよう。

◇ 分かったかな? (アヤメ科の)イチハツが目立ってジュウニヒトエが目立たない。ここは、ムラサキシキブがあったところでもある。

一初 はこちら:Link先 → 小次郎と春の草花ーイチハツ(一初)-

紫式部はこちら:Link先 → 小次郎と赤い実の草木-ムラサキシキブ(紫式部)-

ジュウニヒトエの花をよく見てみよう。

◇ まっすぐに伸びて、花が重なっている様が、「十二単」に似ているといわれる。

 

◇ ん? 花は、キランソウ(金瘡小草)に似ているねえ!? 調べると、同じ「キランソウ属」だってさ。

キランソウ(金瘡小草)はこちら:Link先 → 小次郎と春の草花-キランソウ(金瘡小草)-

【ジュウニヒトエとキランソウ】

◇ 花の形や葉の形はそっくり。違いは、

◇ キランソウ(金瘡小草):匍匐(ほふく)性で濃い青紫色の花を咲かせる。

◇ ジュウニヒトエ(十二単重):茎は直立性で、花茎から穂状花序を伸ばし白~薄紫花を咲かせる。

ジュウニヒトエを勉強しておこう

【ジュウニヒトエ(十二単)】

◇ シソ科キランソウ属の常緑多年草。

  明るい林内や道端に生え、しばしば群生する。庭に植えられているのは、洋種のセイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)で、花の色は青紫で葉は紫色を帯びる。

◇ 原産地:北米。渡来時期は、江戸時代(推定)。

◇ 開花時期:4月~5月

◇ 由来は、花が重なって咲く様子を宮中の女官の正装である十二単にたとえたもの

【おまけ】

礼装の十二単(じゅうにひとえ)について、勉強しておこう。ネット情報だけどね。

【十二単(じゅうにひとえ)】

◇ 平安時代後期に成立した公家女子の正装。昔は袿(うちき)の枚数を「単(ひとえ)」で表し、2枚重ねると「二単(にひとえ)」といった。

◇ 十二単の構成は、上衣から次の通り。

① 唐衣(からぎぬ):装束の最上層。

※ 皇后の唐衣は白。

② 裳(も):表衣の上から腰の後ろ半身のみを覆う。平安時代は、巻きスカートのように着用されたが、重ね着でこの着用が不可能となり現在の形となった。

③ 表衣(うわぎ):裳の内側の最上層。

- 打衣(うちぎぬ):表衣の下に着る。

- 袿(うちき):打衣の下に十数枚を重ねる、現在は5枚。

④ 長袴(ながばかま):裳の退化による前の開きを覆うために登場した。着用者の年齢によって色を異にする。

⑤ 単(ひとえ):装束の肌着にあたる。

お終い

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小次郎と春の草花-マツバギク(松葉菊)ー

2021-09-12 22:19:57 | 春の草花

今回は、マツバギク(松葉菊)だ。「菊」の名前がつくが、キク科ではなくハマミズナ科。マツバボタンと名前が似ているが別な植物。別名のサボテンギク(仙人掌菊)は、サボテンのように乾燥に強く多肉質で厚い葉を持っていることに由来するが、サボテンとも全く別系等の植物、らしい。

<2020年6月16日> 美咲が丘にて

◇ 花がわかるかな? ボク(小次郎)の後ろにある赤い花だよ。ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)もあるけど………? 分かんない?

◇ 分かったかな? ここは、美咲が丘の(とある)ゴミステーションの傍だ。ヒメツルソバはポリゴナムともいう。因みに、ヒメツルソバの花期は4月~11月と長い。

姫蔓蕎麦はこちら Link先 → 小次郎と秋の草花-ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)-

ズームしてみる

◇ あ、ボクの鼻が途切れちゃったよ! プンプン!

◇ ちょっと見には、“菊”の一種? とも思うよね。ところで、マツバボタン(松葉牡丹)に似ているというけど、どんな花だっけ?

松葉牡丹はこちら Link先 → 小次郎と秋の草花ーマツバボタン(松葉牡丹)-

ここらで、マツバギクの勉強をしておこう。

【マツバギク(松葉菊)】

◇ ハマミズナ科マツバギク属の多年草の種の総称。

茎は地上を這って先端が立ち上がる。茎は根本で分枝しクッション状の群落になる。 葉は多肉質の棒状。

  ※ 多種多様で、どこまでをマツバギクと呼ぶかは明確ではない。

◇ 原産地:南アフリカ 明治の初期に渡来

◇ 開花期は4月~5月(ランプランサス属)、6月~10月(デロスペルマ属)。

◇ 花は、濃い桃色の菊に似た花を咲かせる。他に、紫、赤、白、黄、オレンジもある

 【名前の由来】

◇ マツバギク(松葉菊)は、多肉質で松葉のような葉と菊のような花姿に由来。

◇ 別名のサボテンギク(仙人掌菊)は、サボテンのように乾燥に強く多肉質で厚い葉をもっていることに由来。

他にもないか? 探してみた。あった! ワンちゃん友達のララちゃんちの家庭菜園の所にも咲いていたよ。

◇ ボクの後ろだけど………。夕方で影が邪魔だね。

◇ ん? この角度もダメだね。ズームアウトして、場所も少しずらしてみるね。

◇ 斜面の所にあるんだよ。

◇ ここ、ララちゃんちの家庭菜園なんだな。「芋掘り」「ショウガ掘り」「ピーナッツ堀」をしたところだけと、覚えているかな?

芋掘りはこちら Link先 → 小次郎と芋掘り

花をよく見てみよう

◇沢山咲いている。

お終い

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小次郎と春の草花-キランソウ(金瘡小草)ー

2021-07-20 22:08:03 | 春の草花

今回は、キランソウ(金瘡小草)だ。雑草で、草地や土手などに生え、本州・四国・九州の山里、道ばた、公園、などでよく見られる。石垣の間やその下の地面に這うように広がるという。別名は、ジゴクノカマノフタ。よく見られると云うけど……。今回、初めて知った。

<2021年4月17日>

ここは、若松の高塔山だよ。

◇ キランソウはどこにある? 小次郎クンのすぐ前にあるよ! ん? どこ? どこ?

◇ ん? どこ? キミのすぐ右だよ! 矢印で示そうかね。

◇ えー! こんなんなの?

花にズームしていこう。

◇ ふーん、こんな感じなんだ!

◇ これ、ロゼット状って言うんだよね。 

◇ こんな花なんだ。 ちょっと勉強をしておこう。

【キランソウ(金瘡小草)】

◇ シソ科キランソウ属の多年草

◇ 原産地:日本される。朝鮮半島、中国にも分布

◇ 開花時期:春から初夏(3~5月)

◇ 花は、径5 – 10㎜ の唇形花。上下二つに分かれた上唇は下唇よりもごく小さい。下唇は平らに大きく発達して3裂して大きく広がり、特に中央の裂片が長い

【薬効】

開花期の全草を乾燥したものは、筋骨草と呼ばれる生薬。高血圧、鎮咳、去淡、解熱、健胃、下痢止め、切り傷に効果があるとされる。

 【名前の由来】

◇ 和名のキランソウは諸説あり、はっきりとしない。

その1:ランに似た紫色の花を意味する「紫蘭草(しらんそう)」が転訛した。

その2:「キ」は紫の古語、「ラン」は藍色を意味し、花色から紫藍色に由来する。

その3:茎を地面に伸ばして群生する様を織物の金襴に見立てて「金蘭草」と名づけた。

 ◇ 漢名の金瘡小草の「金瘡」とは刀傷のことで、キランソウの葉を潰してキズに塗ると切り傷や腫れ物に効用があることから名づけられた。

 ◇ 別名のジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)は、葉が地面に放射状に広がる様を地獄の釜の蓋(ふた)に見立てた。薬効から、「医者がいらず=これで地獄に落ちないで済む」意味や、「病気を治して地獄の釜にふたをする」という意味が由来といわれている。

※ 医者が必要ないというところから、イシャゴロシ(医者殺し)の異名。

別な株を見てみよう。

◇ こっちの株はやや盛り上がっている。平べったくない!

別な角度から

お終い

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小次郎と春の草花-ギョリュウバイ(檉柳梅)ー

2021-07-09 09:57:19 | 春の草花

今回は、ギョリュウバイ(檉柳梅)だ。桃色の花が美しい。名前は、葉がギョリュウ(檉柳)に似て、花がウメ(梅)に見ることから。原産はオーストラリアとニュージランドで、太平洋戦争後に渡来したという。※ 開花は11月~5月らしいので「春の草花」とは言えない? ま、いいじゃん。

<2021年4月11日>

◇ ここは、JR美咲が丘駅近くのお宅。アマリリスがあったお家だよ。覚えているかな?

アマリリスはこちら Link先 → 小次郎と春の草花5-アマリリス-

◇ このギョリュウバイは、遠目に「トキワマンサク(常盤満作)」と思い込んでいた。今回、よく見ると、ん? 違うなあ?! と思った次第。

近づいてみよう

◇ 花は梅の花に似ているかな? 少なくとも、トキワマンサクとは違うよね。

◇ 枝が密集するので、生垣としても人気だそうだ。が、ここのお家はちょっと違うみたい。

◇ 梅の花に似ているかなあ? かなり違うよね。 ギョリュウバイの勉強をしておこう。

【ギョリュウバイ(御柳梅)】

◇ フトモモ科ギョリュウバイ属の常緑の低木。

◇ 原産地は、:オーストラリア東南部とニュージランド。渡来時期は太平洋戦争後、一般に流通したのはこの20年くらい。で、大きな木は日本では見かけないという。

  ※ 現地では3~7mの高さだが、日本では2~3m程度。

◇ 開花時期:11月~5月。

◇ 花の色は、白、薄いピンク、赤など。一重咲きと八重咲きがある。

 ※ 日本では「赤の八重咲き」が殆どだが、原産地では「白の一重咲き」が主流という。

【名前の由来】

葉の形が「御柳(御柳)という樹木の葉ににて、花が梅の花によく似ていることから。

【トキワマンサクとギョリュウバイ】

間違えた「常盤満作」と「檉柳梅」を並べて見た。

◇間違いやすいだろう? ま、詳しい人には、どうみたって違うでしょ! と言われるかも。

トキワマンサクはこちら Link先 → 小次郎と春の草花2 -トキワマンサク(常盤満作)-

【ギョリュウ(檉柳)とウメ(梅)】

名前の由来となった、檉柳の葉、と 梅の花 を見てみよう。

◇ うーん、よく分かんない!

お終い。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小次郎となんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)-実と種-

2021-07-07 23:50:54 | 春の草花

春に白い花を咲かせる「なんじゃもんじゃ」。その実と種を紹介する。挿し木ではなく、実生で増やすことに挑戦してみようかな。※ 実生(みしょう):草木が(つぎ木・さし木などによらず)種子から芽を出して生長すること.

花の開花~実ができるまでを見てみよう。

<2021年4月20日> 満開の花

◇ 「雪が積もっているようだ!」と形容される。近寄って見る

◇こんな花。

散っていく

<4月30日> 

◇ 散った直後はキレイだが、すぐに酸化して茶色になってしまう。ま、仕方がない。

実を見てみよう。※ 夏~秋にかけて、黒く熟すのだが………。今年はだいぶはやい!

<7月6日> 

◇ オリーブやブルーベリーの実に似ているかな?

◇ この実、鳥も食べないんだって。美味しくないのかな? それとも有毒? ※ ネットで検索してもわからない。

実をよく見てみよう。

実を割ってみた。

◇ 果肉が殆どない。実の中は殆どが種だ。これじゃ、無毒だとしても、食べるところがないよね。鳥もその付近を知っているのかもね。

お終い。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小次郎と春の草花-オウバイモドキ(黄梅擬)ー

2021-06-24 22:08:43 | 春の草花

今回は、オウバイモドキ(黄梅擬)だ。オウバイやソケイの仲間。オウバイは“落葉性”だが、本種は“常緑の葉”を持つ。由来は、江戸時代に渡来していたオウバイに花がにていることから。本種は明治初期に渡来。

<2021年4月3日>

◇ここは、美咲が丘から荻浦に抜ける道。途中に階段があり、車は抜けることができない。散歩中に、竹藪に直径5㎝ほどのキレイな黄色の花があった。調べると、オウバイモドキ(黄梅擬)のようだ。

◇ 全景はこんな感じ。これ、誰かが植えたわけではなさそう。うむ、野生化しているようだ。つる状に伸びた枝が枝垂(しだ)れている。

◇ 竹がなければ、もっとキレイなんだろうが………。

近よって、見上げてみた。

◇ 竹の方が目立つなあ!

◇ 花は、白交じり(しろまじり)の黄色で、オウバイ(黄梅)より華麗! といわれる。

◇ うーん、白色は、花の終わりのようにもみえるけど………。 

花に着目する。

◇ つぼみ

◇ 直径5㎝ほどの大きな花。

◇ これ、八重咲き? 調べると『花びらが6~10枚に分裂するのため、二重あるいは八重咲きに見えるのが特徴』だって。

ちょっと勉強しておこう。

【オウバイモドキ(黄梅擬)】

◇ モクセイ科ソケイ属の常緑広葉、半つる性の花木 ※ ソケイ属は

別名にウンナンオウバイ(雲南黄梅)、ウンナンソケイ(雲南素馨)があるが、中国雲南省に自生するわけではない。

◇ 原産地:ヒマラヤ地方。明治初期に渡来。

◇ 開花時期:3~4月。オウバイよりやや遅れて咲く。花の直径は4~5cmほどでオウバイより大きい。

◇ 花色は白交じりの黄色で、オウバイより華麗。花びらが6~10枚に分裂するため、二重あるいは八重咲きに見えるのが特徴。

◇ つる状に伸びる枝は、若いうちは緑色だが、古くなると灰色っぽくなる。枝の断面は四角い。

 【名前の由来】

◇ オウバイモドキは、明治初期に渡来したとき、江戸時代に渡来していたオウバイ(黄梅)に似ていることから。

◇ ソケイ(素馨)は、

  中国、五代十国時代の劉隠、その侍女に素馨という名の少女がいて、死んだ彼女を葬った場所に“素馨”の花が咲き、いつまでも香りがあったという伝説。

  花の色が白く(素)、良い香り(馨)がする花という意を語源とする説。等がある。

【香り】

◇ ソケイ属の植物を総称して“ジャスミン”と呼ばれ、白色または黄色の花を咲かせ、強い芳香を持ち、香水はジャスミン茶に利用される。が、オウバイモドキには香りはない! 

【オウバイ(黄梅)とソケイ(素馨)】

由来となっている「黄梅」と「素馨」を見てみる。(ネットから引用)

お終い。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小次郎と春の草花-モッコウバラ(木香薔薇)ー

2021-06-21 20:48:08 | 春の草花

今回は、モッコウバラ(木香薔薇)だ。常緑つる性低木。枝にはトゲがないので扱いやすい。花は白か淡い黄色。各々一重と八重がある。名前の由来は「香りが良いバラの木」もしくは、「木香(インド原産のキク科の多年草)に似た香りがする」ことから。

<2021年4月3日>

◇ 美咲が丘のとあるお宅。近くに「田邉」さんちがある。ボクの「たなべ」は「田邊」なので、“へん(辺)”の字体が異なる。うむ、木香薔薇には関係がない。

◇ 花は3㎝程度で薫り高い花という。ん? ボクの鼻だと分かるけど………。そんなに香りはしないよ? 

◇ 花をよく見ると「八重咲き」。うむ、八重咲きは殆ど香りがしないらしい。ふーん、そうなんだ。

花は、蕾~満開のものまで混在して一堂に会している。全部楽しめてラッキーだね。各々に着目してみる。

◇蕾。

◇ 開花中かな?

◇ 満開! 確かに八重だね。

ボク(小次郎)は、どうなった! わかった、わかった!

◇ うむ、この写真だと小次郎と木香薔薇のコラボと言えるね。 木香薔薇を勉強をしておこう。

【モッコウバラ(木香薔薇)】

◇ バラ科バラ属の常緑の低木。強健で育てやすいが生育も旺盛で10m位まで成長する。

◇ 原産地:中国。江戸時代に黄色の八重咲きが渡来したのが最初といわれる。

◇ 開花時期:4~5月。直径2~3cm程度の小ぶりな花を、枝の先に5~10輪くらい房のようにたわわに咲かせる。

◇ 花色は白か淡い黄色で、は一重と八重咲きがある。

 【香り】

“木香”の香りに似ているが、黄の八重咲きは微香で、白の一重咲きはやや香りが強い。一方、八重咲きは白と黄共に殆ど香りがしない。

 【名前の由来】

インド原産のキク科の木香という芳香性のある生薬にも使われる植物に香りが似ていることからつけられました。

※ 黄色のモッコウバラ(木香薔薇)は、皇室の秋篠宮眞子様のお印にもなっている。

名前の由来になっているモッコウ(木香)について調べてみた。(ネットの情報)

◇ モッコウ(木香)はインドのカシミール原産多年草。ワシントン条約の規制対象植物とのこと。

◇ ふーん、薬になるんだ!

【おまけ:山吹と木香薔薇】

以前紹介のヤマブキ」の家と「モッコウバラ」の家はとても近い。モッコウバラを撮影した後に、ヤマブキを見かけた。そして、「これ、モッコウバラですか?」「いや、ヤマブキですよ」「エッ、あの山吹色の“ヤマブキ!”ですか?」となったのだ。うむ、無知を露呈してしまった次第

山吹はこちら Link先 → 小次郎と春の草花-ヤマブキ(山吹)-

比較してみる。

◇ 比較すると違いが分かるけど、別々だと間違わない? とも思う。ま、専門家に言わせると「全く違うでしょ!」といわれそう。

お終い。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小次郎と春の草花-ブラシノキ-

2021-06-08 22:45:38 | 春の草花

今回は、ブラシノキだ。 ビンを洗う「ブラシ」に似ているかららしいが………。渡来時期(明治中期)に(今の)ビンブラシはあったのか? 調べると、実験で使う試験管の洗浄ブラシのことらしい。花は穂状花序。ブラシの毛に見えるのは雄しべの花糸で、花弁や萼は開花後にすぐ落ちる。花序の先から枝が伸びるという珍しい特徴を持つ。

<2021年5月18日 ー美咲が丘ー>

◇ ここは、ふれあい通り。まっすぐ下っていくとJR美咲が丘駅につづく。正面の向こうに見えるのは可也山だ。ちょっとケヤキの街路樹があるので分かり難いけど………。 

ブラシノキにズームインしていく。

◇ 確かに、ブラシのように見えるね。

◇ 赤いのがとても目立つ。ところで、これは花なのか? とも思う。

赤い花にズームしていこう。

◇ 確かに、ビンを洗うブラシに似ている。並べて見てみよう。

◇ 確かによく似ている。ブラシのように見えるのは雄しべで、先端が金色に輝いているので「キンポウジュ(金宝樹)」の別名があるという。

◇ 先端の部分もビンを洗うブラシに似ている。名前は、ホント「言い得て妙」だね。ビンブラシだけを見てみる。

◇ 100円ショップにもあるね。

◇ ん? これは? 

◇ 終わりかけの花だね。 ちょっと、勉強をしておく。

【ブラシノキ(ブラシの木)】

◇ フトモモ科・マキバブラシノキ属 常緑性花木。別名にキンポウジュ(金宝樹)、ハナマキ(花槙)がある。

 ※ ビンを洗うためのブラシそっくりの姿なので英語ではBottle Brush(ボトルブラッシュ)と呼ばれる。

◇ 原産地:オーストラリア、ニューカレドニア。明治時代中頃に渡来と言われる。

◇ 開花期:5月~6月。

◇ 花:赤色又は白色のブラシのような花が咲く。ブラシに見えるのは雄しべで「花糸」と呼ばれる。

花を(ネットのきれいな写真で)よく見てみよう。※ 出典:植物の生態散歩

◇花穂の長さは5~20cmほど。5個の花弁と5個の萼片は開花後すぐに落ちるので咲いている時には無くなっている。
◇雌しべは1本で雄しべより長い。雄しべの先の葯が、金粉がついたように輝くので「金宝樹」の別名がある。
◇花序の軸は花が終わったあとも成長を続け、再び葉をつける新しい枝となり、また翌年に花序がつく。
◇花後に付く果実は数年間枝に付いたまま落ちない。

以下は、以前に紹介したもの。このブラキノキは毎年5月中旬頃が見頃のようだ。

<2018年5月13日>

5月13日に散歩していると、赤い特異な花が咲いている。ん? 以前からあったかな? 因みに小次郎は気づくことなくドンドン歩いて行く。おーい、小次郎、ストップ。記念撮影をしよう。

◇ 小次郎は、どうでも良い、といった感じ。

◇ 下っていくと、美咲が丘駅

◇ わー、赤いブラシが沢山!

◇ これから咲くのもあるみたい。

お終い。

【写真一覧】小次郎とブラシノキ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小次郎と春の草花-アマドコロ(甘野老)-

2021-06-04 20:48:05 | 春の草花

今回は、アマドコロ(甘野老)だ。山野に自生する落葉性の多年草。名前の由来は、太い根茎の形がヤマノイモ科のオニドコロ(鬼野老)に似ていて、甘みがあることによる。

<2021年4月17日 -北九州市若松区 高塔山にて->

◇ 小次郎クン、ここは「アマドコロ」があるんだって、探しにいこうかね! ん? 分かった。ボク、甘いものは好きなんだよ!

◇ 小次郎クン、勘違いしてないか? 『あんみつや団子などの和菓子を出すお店の “あまみどころ(甘味処)”』じゃなくて、植物の“アマドコロ(甘野老)”。白い花だよ!

  ※ 甘味処:読みは「あまみどころ」または「かんみどころ」。

◇ キミの左側のが「アマドコロ」だよ! ふーん、そうなんだ。食べられるのかな? うん、春の新芽は山菜として食用になるんだって! ぼく、時々は草も食べるよ。

近よって観察してみよう

◇ 一瞬、スズラン(鈴蘭)? とも思ったが、確か、スズランの花は壺状だったよね。後で調べてみよう。因みに、スズランは有毒なので注意しよう。

もうちょっと、よく見てみる。

◇ ふーん、こんな花なんだ! ちょっと、勉強をしておこう。

【アマドコロ(甘野老)】

◇ キジカクシ(ユリ)科アマドコロ属の落葉性の多年草。別名はイズイ(萎蕤)

  春の新芽は山菜となり、秋には根を掘り上げ乾燥して煎じ薬として利用される。ただし、果実は有毒。冬の間は地上部が枯れ地中の根の状態で冬を越す。

 ※ 同じ仲間に姿がそっくりなナルコユリ(鳴子百合)、別名のイズイの名をとった近縁種の ヒメイズイ(姫萎蕤)などがある。

◇ 原産地:日本、朝鮮半島、中国。

◇ 開花時期:4月~6月。春になると茎を出して葉の付け根から1、2個の筒状の白花を下向きに咲かせる。

◇ 花は、先端が緑色がかっていて少しだけ開く。

 【名前の由来】

◇ アマドコロ(甘野老)は地中の根茎の姿形がヤマノイモ科のオニドコロ(鬼野老)に似ており甘みがあることから名付けられた。

   ※ オニドコロ(鬼野老)はアクが強くそのままでは苦い。

◇ イズイ(萎蕤)は、漢名を音読みしたもの。

たしか、美咲が丘にもあった

<2021年4月10日 ー美咲が丘3丁目->

◇ ここは、ボクんちのすぐ近くだよ。いろんな草花を植えていて、散歩時に楽しませて貰っているよ。

◇ 確かに、葉の付け根から2個の筒状の白花を付けている。

◇ また、先端が緑色がかって少しだけ開いているので、確かにアマドコロのようだ。

【アマドコロ(甘野老)とナルコユリ(鳴子百合)】

 とてもよく似ているらしい。違いを調べてみた。※ 出典:「鑑定の根拠[前編] アマドコロ、ナルコユリ」他

◇ 茎の違い(これが一番確実)

茎をつまんでクルクル回す。茎のゆるい角(かく)張っているのが引っかかるのがアマドコロ。まったくのつるんつるんなのがナルコユリ

◇ 葉の違い

アマドコロは幅広の葉で、やや楕円形。ナルコユリは笹の葉に近いくらい細い。

◇ 花の数

 アマドコロが花梗に1~2花を付けるに対し、ナルコユリはその名のとおりで鳴子のように3~5花を付ける。

※ なる-こ(鳴子):田畑を荒らす鳥をおどし追うのに用いる具。小さい板に細い竹管を糸で掛け連ねたものを縄に張り、引けば管が板に触れて音を発する。(広辞苑 第六版)

◇ 鳴子。ネット(taneya.jp)より

【スズラン(鈴蘭)】

◇ うむ、壺形の花だよね。※ ネットより

お終い

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小次郎と春の草花-イチハツ(一初)-

2021-05-30 15:05:23 | 春の草花

今回は、イチハツ(一初)だ。一八、鳶尾とも書く。アヤメ類の中で一番最初に咲くので「一初(いちはつ)」の名があるという。美咲が丘のお宅でみかけて、家の方と「アヤメですか?」、「いや、アヤメではなく、えーと、確か、イチハツという名前」との会話。うーん、関東にいた頃は「水郷潮来あやめまつり」「葛飾菖蒲まつり」だったので、つい、「あやめ」「ハナショウブ」「カキツバタ」となってしまう。

<2021年4月11日>

◇ ここは、美咲が丘3丁目。フウセントウワタ(風船唐綿)があったところだよ。

フウセントウワタはこちら Link先 → 小次郎と秋の草花ーフウセントウワタ(風船唐綿)-

全景からズームインしてみていこう。

◇ ここは、いろんな花が植えられている。

◇上から眺めてみた。

◇ 4月11日でこの状況。アヤメやハナショウブは6月頃だから、ずいぶん早い。一初(一番最初に咲く)由来通りだね。

◇ つい、アヤメでしょ! と思ってしまう。 違いについても調べてみた。後で記そう。

◇ 花の根元がトサカ状になっているのがポイントだって! ちょっと勉強しておこう

【イチハツ(一初)】

◇ アヤメ科アヤメ属の 中国に分布する多年草

◇ 原産地:中国 渡来時期は室町時代。(本州、四国、九州、沖縄)

◇ 開花時期:4月~5月。アヤメ類の中では比較的早く、最初に咲くと言う意味からイチハツ(一初)と呼ばれる。

   ※ アヤメ属の中では、シャガ(著莪)が最も早く開花する。

◇ 花は、外花被片3枚と内花被片3枚があり、外花被片は倒卵形で下垂し内花被片は斜めに開く。

※ 外花被片にトサカ状の突起物が付いておりイチハツの大きな特徴となっている。

【名前の由来】

◇「一八」「一初」は、アヤメ類の中では比較的早く、最初に咲くと言う意味から。

◇「鳶尾」は、漢名から。

   ※ 葉が剣形のため、火災を防ぐと云う俗信から、わらぶき屋根に植えた。

 【菖蒲と花菖蒲】

◇ 「花菖蒲」は、端午の節句で馴染みの「菖蒲(しょうぶ)」に葉が似ていることと美しい花が咲くことから“花菖蒲(ハナショウブ)”と呼ばれる。

※ ショウブ化のショウブ(菖蒲)とは全く別の植物である。

◇ 漢字の「菖蒲」は、ショウブやハナショウブは“菖蒲”で構わない。が、アヤメの漢字表記は“文目”が正しく“菖蒲”は誤用という。

-----

「アヤメ」、「カキツバタ」、「ハナショウブ」、「アイリス」、「イチハツ」の違いを調べてみた。ま、ネット情報の抜粋だ。

※ 他にも葉などの違いもあるようだけど………

◇ うーん、“外来種”と書いたけど、室町時代に渡来だから、日本古来と外来と分ける必要はないかもね。でも「ジャーマン(ドイツ)」「ダッチ(オランダ)」の名前が付いているし………。

----

ちょっと、昔を懐かしんでみよう。ん? 年を取った証拠だって?

【水郷潮来あやめまつり】

◇ 潮来あやめまつりの様子(※ネットより)

◇ アヤメ園近くにて-1989年(平成元年)5月5日ー    太郎(初代):1983年~1998年

  ボク(太郎)はアヤメ園よりは、原っぱのほうがいいんだよ。

【水郷潮来:茨城県潮来市】

◇ 霞ヶ浦、利根川などに面した水郷で有名な都市
◇ 江戸時代に利根川水運の港町として栄え、現在は水郷筑波国定公園の一角。
◇ 水郷潮来あやめ園を中心としたあやめ(花菖蒲)の名所や川を巡る十二橋めぐりといった水郷特有の観光名所を有する。

 

【葛飾菖蒲まつり】

◇ 堀切菖蒲園。(※ネットより)

◇ 自宅にてー2003年(平成15年)7月21日ー  小太郎(2代目):1994年~2006年 次郎(3代目):2000年~2013年

小太郎と次郎:ねえねえ、パパ。どこかへ遊びに行こうよ!

パパ:先月(6月)に堀切菖蒲園に行ったじゃん! 行った証拠写真はないけど………。お家でのんびりしようよ。

【堀切菖蒲園:東京都葛飾区堀切】

◇ 綾瀬川沿いに位置し、江戸系花菖蒲を中心に200種6000株の花菖蒲が植えられている。
◇ 江戸時代には「江戸百景」に数えられ、名所案内や紀行文、鈴木春信・歌川広重の浮世絵に登場する。
◇ 見頃は6月の中旬。例年6月初旬~20日後に葛飾菖蒲まつりが開催される

もとにもどって、イチハツを観賞しよう。

お終い。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする