ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

 中央構造線って何?

2018-06-19 22:31:39 | 日記











●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1



【映画】 日本沈没2006(Sinking of Japan 2006) 中央構造線 静岡県天竜川河口・長野県諏訪湖・新潟県糸魚川震源で地震発生


日本列島誕生
https://youtu.be/fHZoHTTW_vU


*******************************************************************
【●】「大地動乱の時代」への警戒を高める必要性
植草一秀の『知られざる真実』2018年6月19日 (火)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-fe20.html


昨日、6月18日の朝7時58分ごろ、大阪府北部を震源とするM6.1、最大震度6弱の地震が発生した。


大阪では1923年の観測開始以来最大の地震となり、死者や数百人の負傷者などの被害もが報告されている。


亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方に心からお見舞いを申し上げます。


深度の浅い地震の場合、余震が多数発生するとのことで、今後の余震に十分な注意を払っていただきたいと思う。


大阪での地震発生前日の6月17日には、群馬県地方で震度5弱の地震が発生している。


鹿児島県の桜島で爆発的噴火も発生している。


日本列島全体が地震活動期に入っている疑いが強い。


1994年に神戸大学教授の石橋克彦氏が


『大地動乱の時代―地震学者は警告する』 (岩波新書)
https://amzn.to/2ym5kZ1


41xqmty4mfl_sx288_bo1204203200_ を刊行された。


石橋氏は二つの重要な指摘をしている。


第一は、日本が地球上で最も地震が密集する場所の一つであるという事実。


そして、第二は、近年になって日本列島が再び「大地動乱の時代」に入ったと考えられるとの指摘である。


実際、1995年1月に阪神淡路大地震が発生・


2004年10月に新潟県中越地震が発生。


2011年3月には東日本大震災が発生した。


さらに、2016年4月に熊本県地方で大地震が発生している。


震度6以上の揺れを観測した地震発生回数は1994年ころを境に急増している。


その背景として震度観測地点数の増加があるとの指摘もあるが、日本における地震活動が活発化している疑いは濃厚である。


石橋克彦氏は1994年の著書で、70年程度を一つの周期として、1923年9月1日のいわゆる「関東大震災」以来70余年間続いた「大地の平和の時代」が過ぎ去り、地下に蓄えられたエネルギーが再び活発に振動し始めていると指摘している。


2016年4月に発生した熊本県益城町直下を震源とする大地震は、日本列島最大の活断層である中央構造線上の活断層が動いた地震であると考えられる。


1596年に発生した慶長伊予地震では、


9月1日に、愛媛の中央構造線・川上断層セグメント内M7.0規模の地震が発生。


3日後の9月4日に、豊予海峡を挟んで対岸の大分でM7.0-7.8の慶長豊後地震(別府湾地震)が発生。


この豊後地震の震源とされる別府湾-日出生断層帯は、中央構造線と連続あるいは交差している可能性があるとされている。


さらにその翌日の9月5日、これらの地震に誘発されたと考えられるM7.0-7.1の慶長伏見地震が京都で発生した。


こうした連鎖、連動関係に十分な警戒が求められる。


御嶽山が2014年9月に噴火した。


その後、2015年に九州地方で、口永良部島、阿蘇山、桜島の噴火が観測された。


さらに、草津本白根山でも噴火が観測された。


そして、本年3月には霧島山・新燃岳で爆発的噴火が発生している。


日本列島の火山活動の活発化が連動している可能性もある。


再び石橋克彦氏の指摘に戻るが、


「我が国は地球上で最も地震が密集する場所の一つである。先進経済大国で国の輪郭が見えないほど地震に覆い尽くされているところは他にない。これは日本列島が4つのプレートが関係する収束境界帯の真っただ中に位置しているからである。」


留意が求められることは、日本の原発が、危険極まりない地盤の上に建設されていることだ。


日本における最大級の活断層は、東西に延びる中央構造線と南北に延びる大地溝帯(フォッサマグナ)である。


この観点から浜岡原発の危険性が指摘されているが、この巨大断層の延長線上に近い位置に柏崎・刈羽原発がある。


実際、柏崎・刈羽原発では、1500ガルを超える地震動が観測されている。


福島の悲劇を再発させぬためには、日本列島のすべての原発を稼働停止し、廃炉にする決断が必要不可欠である。


これを日本の主権者の総意として確定することが必要不可欠だ。


★詳細はURLをクリックして下さい。



*******************************************************************
【●】どうも奇妙な予感がするのですよ。「日本は江戸時代に戻って行くのでは?」との予感、いや勘かな?まあ、よい事なんでしょうが。
投稿者:青トマト 投稿日:2018年 6月15日(金) 植草事件の真相掲示板
https://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/15309

前に少しこのような事を書きましたねえ。

徳川幕府が「鎖国」と後世に評される「管理貿易」が出来得て、フィリピンのような植民地支配を免れ得たのは、幾つもの内外の幸運によるものでした。

外的には、覇権交代を経て、旧教国家の覇権から新教国家の覇権に移る時期、丁度その時に徳川家康が新教国家を貿易の主な相手として選ぶことが出来たこと。

そして、日本、朝鮮、中国が旧教国とも新教国とも遠くて侵略支配を受けることを免れた。

日本においては戦国時代を経て強力な軍事態勢が存在したこともありますが、やはり地理的条件が大きく寄与したと考えられます。

今現在においては、覇権交代というより、新教国から始まってそれを引き継いできた覇権の衰退時期となり、米国は覇権を閉じて行きます。

そうなりますと、丁度、江戸時代のように、日本の周りではバランス均衡の時代となるのです。

こうなると、明治維新から始まっての明治体制国家の対外膨張政策が不要となります。

既に、第二次大戦で挫折経験をしており、明治体制は破綻しているのですが、この歴史経験を米国支配の下での安定・安住により意識して教訓化してこなかった、これなかった故に、無駄な復古論を振りかざすアベ政権を誕生させているのですが、

既に、米朝会談により、復古アベ路線は挫折に至っております。

しかし、挫折を意識し得ないのが日本国民の意識なのです。

現在のアベ政権を戴く日本の政治体制は、

朝鮮出兵を取りやめた秀吉死後の豊臣政権の有様と同様に例えられます。

停滞と迷いの時期である訳です。

豊臣政権は、やがて、強力な徳川勢力が存在したこともあって急速に滅びて行くのですが、

アベ政権下の日本は、確かに政治は停滞致しておりますが、いまだ強力な徳川勢力なんかは存在しないし、いま無いものは芽がないのですから、先にも無いでしょう。

では、どうなって行くか?

これは、豊臣政権の滅び方ではなく、平家政権の滅び方となってゆき、

平安秩序から鎌倉武家秩序に移ったような展開となって行くだろう。

藤原摂関政治が崩れて平家政権に移行した。

これは、明治体制が崩れて戦後自民党政治に移行したことを例えることが出来るのではないか。

藤原摂関政治も平家政権も内在的な無理が祟った(たたった)。

明治体制も戦後自民党支配も無理が祟った。

やがて、武家幕府政治に移行する。これは、例えです。

そして、外的条件としては、徳川幕府体制の幸運な、世界覇権均衡状態を迎えることになる。

こうなってくると、日本人は何をしなくても(苦笑)、努力しなくても(苦笑)、考えなくても(苦笑)、江戸時代的平和安定の時代を迎えられるのではないか?

いや、結論的には、苦労しなくて成果は得られないから、やはり苦労するでしょうね。

当たり前だよ。怠け者に私は用は無い。

先の投稿で、第二次大戦敗戦の教訓から母親が得て私に伝えたもの。

「日本人はユダヤ人の離散(ディアスポラ)の苦難を自分の事として捉えて学び、国を失った民族の飛散を自らが迎えないように心掛けなければならない」と伝えてくれたもの。

それをいつも心に置いて活きてきましたが。

しかし、ローマ支配の下で崩壊離散の運命を経たユダヤ人と日本人は同じ経験をしなかったので、

私は、この母の残してくれた教訓は、大多数日本人には当てはまらないと考えるに至っています。

日本人の大多数が、この島から連れ去られて奴隷として使役されるとか、完全に他国の領土となるとか、そのような運命を免れたので、

その事により、完璧な機能する体制としての幕藩体制を崩してしまって無頭の商工農の群国家、言い換えての「崩れ封建制」を活きて、

自分で運命を切り拓く気概を持たずに活きることが出来てしまった。

このような国民にユダヤ人の運命は教訓として捉えることは出来ないだろう。

詰まりは、国の運命、民族の運命、それを意識しての打開努力によりアベ自民党支配の平家政権的体制への切り崩しが始まるのではなく、

土着的武家に政権担当が移ったように、生活、利益、安定、それらを求めての志向が新しい政治のスタイルを志向し形成させて行くのではないか。

その新しいスタイルが、外的均衡条件に呼応して安定した時代を獲得して行くのではないか。

そのように考えるのです。



★詳細はURLをクリックして下さい。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

*


《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34



7

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ





******************************************************************



コメント