嫌札幌~札幌が嫌いなブログ

札幌生まれ、札幌育ち、札幌在住な私が札幌を批判します。札幌嫌いな人集まれ!

M社のディーラーに行ってみたのですが

2014年10月27日 02時41分53秒 | 嫌札幌
去年の今頃に縁あってM社のディーラーで車を買いました。

特に車が好きなわけでもなく車に全く詳しくない自分ですが、去年の今頃にM社の車を買ったことでM社に多少は愛着がわいています。

次にまたディーラーで車を買う機会があればM社で買おうと思いますし、M社ということで広島カープを多少は応援したい気にもなります^^:


ところで昨日、札幌市内の某とんかつチェーン店で食事をしていると、すぐ隣にM社のディーラーがあることに気づきました。

まだ車を買い替える予定など全くありませんが、最近のM社からどのような車が出ているのか見てみたかったので軽く寄ってみようと思いました。

食事を終えた後すぐに寄ってみたのですが、驚くことに店舗従業員から1度も顔を合わされることも無く、入店時の「いらっしゃいませ」退店時の「ありがとうございました」の一言も言われることがありませんでした。

混んでいたわけでもないだけに(私の中の)常識的にありえないと思いました。

そのような光景というのは例えば札幌市内のコンビニなどでは何も珍しくなく当たり前のような光景なのですが、ディーラーでもそんなことがあってしまうのかと驚きます。

私はM社に愛着があってM社の車には若干の興味がありますが、その店舗でだけは絶対に買わないと心から思ってしまいました。

そんな感じで僅か2分ほどで店舗を後にしました。


私の風貌からして新車なんて買わないと決め付けて「いらっしゃいませ」の一言も無かったのでしょうか?w

私のファッションが上下ユニクロだったから新車なんて買わないと決めつけて「いらっしゃいませ」の一言も無かったのでしょうか?w

私が庶民的な某とんかつチェーン店で食事をしていたから新車なんて買わないと決め付けて「いらっしゃいませ」の一言も無かったのでしょうか?w

まぁ冗談ですが、客商売を舐めすぎというか、札幌社会の接客を象徴するような光景ではあったなーと思い返しています。

お客である以上は一定の平等性を持ってある程度は対等に接客しろっつーの

・・・と私は思うのですが、これって世間の一般常識的にはどうなのでしょうか?

北海道の人間はおとなしいので無いのでしょうが、個人的には「ここの店舗はいらっしゃいませもありがとうございましたの一言もねーのか!」と玄関先で怒鳴られても仕方が無いレベルだと思います。
コメント (7)

最近はなんだかなー。。

2014年10月27日 02時16分02秒 | 嫌札幌
最近は自分の甘さにとことん負けています。

ネオ札幌人(*)になるためにこれをしたい!ネオ札幌人(*)になるためにもっとこうしたい!・・・

色々あるのですがハングリー精神に欠け中途半端に現状に満足しているためか、現状維持に努めてしまっている毎日で攻めの姿勢を全く感じません。

ある種の充電期間と思えばそうなのかもしれませんが理想としてはやっぱり攻めていきたいです。

札幌社会の攻略法=ネオ札幌人(*)への道に繋がる自分なりの答えと自分の才能が見えているだけに本当にもったいないなーと自分でも思います。

実際の行動に移して自分の能力をフルに発揮していくことが出来ていない自分を不甲斐無いと思うと同時に自分の甘さに甘えてしまうのが厄介です。


ほんと喝を入れてもらいたいです。 by札幌が嫌いな管理人

個人的にどうでもいいですが

2014年10月22日 13時10分12秒 | 嫌札幌
そういえばですが札幌ハムファイターズがCSでソフトバンクに敗れました。

もつれにもつれて最終戦まで行ってしまいました。

私の場合は札幌ハムファイターズの対戦チームを応援するという独特な楽しみ方をしているのでソフトバンクが勝って一安心です。最後までヒヤヒヤしましたねー^^;

というわけで札幌市の隣にある某商業施設でファイターズありがとうセールを行っていたので昨日行ってきました。

別にちっともファイターズを応援していませんでしたが、いいとこ取りをしようという姿勢で。

まぁ結局欲しいものがあるわけでもなかったのでセールの恩恵はあまり受けれず無難な日用品を買っただけでしたが。

来シーズンも札幌ハムファイターズの対戦相手を応援するという形でパリーグを楽しみたいと思います。

久々の夜更かしです

2014年10月21日 02時55分23秒 | 嫌札幌
気づけばですが今夜は久々の夜更かしです。

そして久しぶりに札幌市内のスーパーに行きビールとおつまみを買ってきました。
(スーパーで水商売風女と顔が合ってテンションが下がりましたが)

最近では札幌を避けて隣にある石狩市で日用品などの買物を済ませるようになったため、札幌市内のスーパーで買物をすることが超久しぶりな感じがします。
(石狩で買物をするのが楽しくてしょうがなく紳士用下着、靴下、バスタオルなどを十数着買ってしまいました^^;)

そしてスーパーからの帰り道、大嫌いな札幌の夜空を見上げながら私はこう思いました。

「やっぱり札幌って嫌な街だな」「本当に魅力の無いつまらない街だな」「違う地域で生まれ育てば全く違った自分が居たんだろうな」「ここ(札幌)に居ると人嫌いになっちゃうな」「俺も疲れてるんだな」と。


大嫌いな札幌の深夜の静寂さと夜空が私をソッと癒してくれる by札幌が嫌いな管理人


そしてこうも思いました。

最近の自分は(仕事にしろ趣味にしろ嫌・札幌活動にしろ)攻めの姿勢が欠けているなーと。

こんな狭くて魅力の無いつまらない街=札幌に住んでいるのだから、黙っていても楽しいことなんてあるわけがないなと。

もっと攻めて攻めていかないと何も切り開かれないし何も変わっていかないなと。

根性、気合、ハングリー精神、ここら辺が最も私に欠けているところだなと反省しました。

中途半端に恵まれて現状の生活に満足してしまっているのが厄介だなと思います。

いっそ無一文になって札幌社会から飛び出して放浪の旅でもしてみたいと妄想をしたり、いっそ全く新しい新事業などを立ち上げて全く新しい生活を作ってみようかと妄想をしたり、何だかんだ現状の生活に物足りなさを感じているのかもしれません。

私は札幌社会に身を置いているうちは普通の生活に決して満足できないんだろうな。

こんな魅力の無い狭い街=札幌に住んでしまっているのだからこそ攻めていかないと!と最近の停滞気味の自分自身を猛烈に反省をしました。


何度も自分の甘さに負けてきた男です。本当に頑張りたいと思っています by札幌が嫌いな管理人


がんばりましょう。

寂しい限りです

2014年10月19日 20時21分23秒 | 嫌札幌
最近かなりショックなことがあって2週間近く経った今でもひきずっている今日この頃です。
参照:札幌の飲み屋には行きたくない

さっきまでも友人と電話で相談をしていたところで、それに対する今後の方向性を決めたところです。

よくある話というか、自営でやっている仕事絡みでの件ですが・・・

今まであるバイトのお手伝いさんが作業をしやすいように散々お膳立てをしてきたのですが平気で顔に泥を塗られたことに私自身が我慢できなくなりました。

この1年間作業をしやすいように、楽しく楽に時給を稼がせることをテーマに、これ以上無いくらいに凄く気を配ってきたつもりでしたが、自分の顔に泥を塗られたその瞬間に私の中の何かが一気に崩れました。
(何があったかということは書くことはできません。ごめんなさい。)

さすがの私ももうそのバイトさんの面倒を見れません。無理だと思いました。

2週間近く経った今でも嫌な感情に溢れて腸が煮えくり返っています。

今まで作業を手伝ってもらってきたことには本当に感謝感謝なだけに、バイトのお手伝いさんのことを嫌いになってしまうことは本当に辛いことでもあります。

寂しい限りです。残念です。

そして俺もまだまだだなーと自分の力の無さに悔しいです。


無理はしないでと言い聞かせ、仕事を楽にやってほしいと頼み込み、天候の悪い日などは無理に来させず、これ以上無いくらいに融通をきかせ、バイトの終了時間5分前には必ず終わらせ、業務終了後には必ず労い、地味で退屈な作業を細く長く楽して楽しく続けられるように散々努めてきたと思います。

甘やかしすぎるのもダメなんだろうかと、これまでの方針を考え直してみましたが原因はそこではないということもわかっています。

そしてこの温すぎる方針でやっていくことは労働環境が酷く異常に働きにくい札幌社会に対する私自身の挑戦でもあります。

それつまり、ネオ札幌人(*)に繋がる道だと位置づけています。

この挑戦はまだまだ続きそうです。


*ネオ札幌人とは?
→札幌に住みながらも札幌社会の悪影響を受けず札幌社会の土俵に立たずして札幌社会の好影響を受けて札幌社会を楽しむことが出来る大多数の典型的札幌人とは違う特権階級的存在。
コメント (2)