嫌札幌~札幌が嫌いなブログ

札幌生まれ、札幌育ち、札幌在住な私が札幌を批判します。札幌嫌いな人集まれ!

現在の札幌

2014年01月31日 14時03分50秒 | 嫌札幌
かなり雪が降っちゃっていますね。そして寒い。

こんな日は私も滅入ってしまいます。


バイト決まりました。

2014年01月30日 16時30分23秒 | 嫌札幌
某工場に短期という形でバイトをめでたく採用していただきました。

早速来週から出勤予定ですが期間一杯まで続けられるかはちょっと微妙です。

工場の仕事は精神労働っぽくて大変そうという先行イメージがあって避けていたのですが・・・まぁその工場にもよるんだろうけど。

お正月に辞めたバイトから思うことがあって今回は工場にしてみました。

ただ工場の仕事で何かちょっとでも「楽しい」と思えることはあるのかというと微妙かもわかりません。

ただこれも私の勝手な先行イメージからくるものなので実際にやってみないとわからない部分のほうが大きいでしょう。

とにかくちょっとでも「楽しい」と思えるバイトにめぐり合うまで何回でもいろんなバイトをやってみようと思います。

そういえば正月に辞めたバイト先のレポートを書いてみようと思ってたけどどうでも良くなってきてしまったw

もしかしたら札幌社会でバイトをすればするほど実は何も残らずろくな思い出しか残らないじゃないかとさえ思ってきました。

一番大切なのはバイトをしても札幌社会に巻き込まれず悪影響を受けないことだろうか。

工場バイトはその点で人間関係にも巻き込まれずいいかなーとちょっとだけ希望があるのですがどうでしょうか。

まぁ何があってもめげずに懲りずに諦めずに色々やっていければいいと思います。

札幌で個人的に感じた人生観

2014年01月28日 15時28分27秒 | 嫌札幌
【札幌の土俵に立たない生活を送るには?】

ちょっと極端な例え話になりますがJR北海道の社長が自殺をしましたね。

実に不幸なお話です。

組織に巻き込まれると良心に反することでもせざる得ないなどというケースも起こりえるということです。

小さからずもそのようなケースを私自身もこれまでに経験をしたこともあります。

その結果として私は大嫌いな札幌社会、札幌の組織に入ることにどうしても抵抗があるのです。

なので出来る限り「札幌社会の土俵に立たない生活」を自然と意識しています。

では「札幌に住みながらも札幌社会の土俵に立たない生活」を実現するために必要な条件とは何か?

・経済的安定
・職業的安定
・家庭的安定

上記の安定を強固にしていくことが大切かもしれません。

これらの安定を強固にしていくことで自分が立つ土俵を選べるようになるからです。

その結果、自分が平穏な心で日々を過ごすことができるようになります。

自分の嫌なことをしなくていいのです。


【札幌社会に巻き込まれるな!】

本当に札幌人は見栄っぱりでプライドが高く実にくだらなく感じてしまうことがある。

そんなものに自分自身の平穏を犠牲にする価値がないという気持ち、考え方が出てきた。

札幌社会の札幌ゲームにつられて、くだらない競争に巻き込まれて疲労困憊しへとへとになっている人間が実に多い。

例えばそんなに欲しくないのに自慢できるから手に入れたいというものがあると思う。

そんなものはスルーをすることが大切だ。

例えば私なんて愛車は軽自動車、普段着はユニクロである。

車はそれなりの空間があって動けば良いし服も余程自分の似合わずダサくなく寒くなければいいからだ。

本当に自分が欲しいものを察知して手に入れていくことが大事である。
(その判断が出来ない人間も多いのかもしれないが・・・)

しかしまぁ自慢したくなる気持ちもわかります。お金があれば出来るのだから。

ただ個人的にはそこはおさえていったほうがいいように再認識をしてきた。

札幌社会の札幌ゲームのために目移りをして自分自身の平穏を犠牲にする価値などないからだ。

自分一人だけで道を踏み外す人は居ないのだ。

くだらない札幌社会のくだらない札幌ゲームにつられてはいけない。


【札幌社会、札幌ゲームの行く末】

例えば自分は昔こんなことをした!

例えば30代や40代の頃にこんな大きな仕事をしていた!

・・・と自慢をする70代の生活保護者を見たらどう思うだろうか。

上記の例はあくまでも例え話であるのだが、見栄っぱりでプライドの高い札幌人は実に多い。

札幌社会の札幌ゲームに乗った行く末だろう。

人が多く集まる札幌の街中に私が全く行かないようにしているのもある種の本能なのかもしれない。

認められたい、評価されたいと人が多い社会へとびこむとお金もかかります。

見せびらかしを辞めればお金はかかりません。

隠れて生きるとお金はたまります。


【札幌社会に惑わされず足元を見つめよう】

最近、素人のテニスの試合の研究話を聞く機会があった。

素人同士のテニスの試合ではミスショットをしない方が勝てるらしい。

自分のミスショットをどれだけ減らせるかが重要なのだ。

下手にスーパーショットをうってやろうなどとしないことで勝てるということだ。

・・・これは札幌社会で生きることについても言えるということだ。

自分で自分の首を絞めなければそれなりの人生を送れるということだ。

何故なら皆、上を目指して墓穴をほり奈落に落ちるからだ。

下を見て落ちないように注意しながらいきていくのも地味で時に退屈になるかもしれないが、

案外、時間がたてば自分が望むものになっているのかもしれない。

このような消極的姿勢も札幌ではありなのかもしれない。

札幌社会のくだらない札幌ゲームなどに惑わされず自分の足元を見つめながら調子に乗らず注意をして地に足をつけていこう。
コメント (2)

道外の方が思う札幌の幻想

2014年01月28日 14時45分01秒 | 嫌札幌
先日、札幌に出張で短期間滞在しているという生粋の本州人と仕事絡みで会う機会がありました。

関東から出たことが無いらしく札幌のことも殆どわからないとのことでした。

その立ち振る舞い方など一応は生粋の札幌人であり、日ごろ札幌人しか見れない環境下にある私には新鮮に見えました。

同じ国の同じ日本語を喋る同じ人種のはずですが、やっぱり違うのです。

札幌人であり札幌を拠点に生活をしている私と関東人であり関東を拠点に生活をしてきた方との違いかと思いました。

私には会ってたったの数秒で大体を予測しました。

・明らかに通常の札幌人とは違うということ
・おそらく札幌の人間ではないんだろうなということ
・もし札幌の人間だとしても札幌の型(土俵)にハマっていないタイプの人だろうなということ
・つまり只者ではないんじゃないかということ

そして話を聞いてすぐにその答えが出てきました。関東から出張で一時的に札幌にきているということを。

なるほどな、と思った。

話を聞いてみると年に2~3回ほどは仕事絡みで札幌に来ることがあるらしい。

また札幌のことを大変気に入っているとのことだった。
(生粋の札幌人である私に対する社交辞令でもないように私には見えた)

ただ話を聞いてみるとそれは典型的な札幌に対する幻想だということがわかった。

短期滞在故に札幌の表面的なものしか見ることができず、札幌の本質的な実質を見る機会がないのだろう。

これは札幌に住んで生活をしたことがないから幻想を抱いてしまうのだろうと思った。

実際に札幌に住んで生活をして札幌社会の中で札幌人と関わり合いながら生きていくという体験をすればその幻想から解き放たれるのではないかと感じた。

私としては日ごろブログに書いてあるような感じのことというか、とにかく「札幌の悪しき現状と観光客にはわかりにくい札幌の性質」などを説明したかったのだが、、、ちょっとそれはできなかった。

私も一応は常識人であるのでいきなり初対面の、それも仕事絡みの方に「実は札幌はこんなに悪いところなんですよ!」ど水を差すような話題を提供する気になれなかった。本当にもどかしい気分だった。

しかしまー、生粋の本州の人間と対面をして色々な意味で本州の風を受けました。

帰りの車の中で私は思った。

「はぁー、何やってるんだろ俺。早く本州に用事(仕事)を作って定期的に本州に行く生活を作りたいな。」と。

そしてこうも思った。

「やっぱり札幌人と本州人の気質は違いすぎるなー。俺はなんて狭い世界(札幌)で生きているんだろう」と。

札幌に閉じこもって生活をしている自分がちょっとだけ嫌いになっていた瞬間でありました。

まぁ足元を見つめながら淡々と札幌の土俵に立たない生活を意識してこれからも生きていくことは変わらないかと思います。

とりあえず今回の体験を通して私の中で一つのテーマが生まれましたw

「道外の方が思う札幌の幻想」を正しく打ち破ってみようじゃないかということです。

まぁそれは札幌が嫌いなHPを作る際にでも後々にやっていきましょう。

札幌ゲームから降りる

2014年01月25日 08時52分39秒 | 嫌札幌
世の中にはマネーゲームという言葉があるのをご存知だろうか。

それと同じに札幌社会にも特有の札幌ゲームというものがあるように感じる。

この札幌ゲームから脱するにはどうすればいいのだろうか?

方法はおそらくこの二つのみだ。


1.札幌から引っ越す
2.札幌に住みながらも札幌社会の土俵に立たない生活


1については手っ取り早く簡単だ。物理的に札幌から生活の拠点を移せばそれで完了できる。その後はどうなるか私にはわからないが。

さて、2についてだが結論から言うと札幌に住んでいる誰もができるわけではないのかもしれない。

大体の人間が義務教育を受けた時点から札幌社会の影響(洗脳)を受けて育っていく。

そして大体の人間が将来的に何らかの社会に属して研修(洗脳)を受け仕事をしていくのだろう。

学生生活、仕事生活、私生活の中でさえも札幌の中の様々な人間、組織、社会に属しながら影響を受けていく。

このようにして完全に札幌社会に洗脳され、札幌社会の土俵に立ってしまうのかもしれない。


札幌社会の土俵に立たないようにするには、この札幌社会の影響を認識して捨て去っていくことが大切かもしれない。

この記事を読んで「札幌社会の土俵?意味がわからない」というような感想が出る方はどっぷりと札幌社会に浸かっていると考えていいかもしれない。もっともそのような方が大半かもしれないが。

そもそも大多数の札幌人には「札幌社会の土俵」という概念さえもないはずだ。

その概念を認識して初めてスタートラインに立つことができるであろう。


ではそれを認識した後にどうやって札幌に住みながらも札幌社会の土俵に立たない生活を実現させるか?

もしかしたら答えは人の数ほどあるのかもしれない。

何故ならば個々によってサクセスストーリー(札幌の土俵に立たない生活)があるはずだからだ。

自分が何をしたいか?どうなりたいか?自分が良いのか悪いのか。意外とそれがわからない人間も多いのだ。
(大体の人間がとりあえず進学するなり就職するなりバイトをするなりして札幌社会に属することによって札幌の影響を受けてしまう)

本来その答えは自分しかわからないはずである。なので相談を求めてもアドバイスは出来ても答えまでは出すことができない。

他人の答えはあくまでもその人の経験談であり自分の経験ではなくその時点で自分の人生ではなくなるからだ。

これらを思考ではなく自分の心から認識することが大切ではないかと私は最近思っている。

ハート>>>思考であり、思考はあくまでも方向性を決定付けるものではないかと最近よく思う。


この記事の後半からは自己啓発っぽいような内容になったが読まれた方には鵜呑みにしないでいただきたい。

サクセスストーリー(札幌の土俵に立たない生活)に至るまでには人それぞれの方法があると思うからだ。

その方法を知っているのは実は当の本人のみである。
コメント (2)