嫌札幌~札幌が嫌いなブログ

札幌生まれ、札幌育ち、札幌在住な私が札幌を批判します。札幌嫌いな人集まれ!

最初から最後まで「ありがとう、すみません」が一つも無い

2018年01月14日 20時47分58秒 | 嫌札幌
先日、前の賃借人に敷金を送金してやっと縁を切ることが出来た

結局この賃借人は入居時の際から一切の挨拶も無かった。

その前の賃借人は直に挨拶に来ていただいたし、次に決まった賃借人も直に挨拶に来ていただいたし、

直に来なくても普通は電話で挨拶くらいはするのが礼節であり社会常識だと思うが、この賃借人にはそういった概念は無かったのだろう。

そして退去時の際の鍵&遅刻事件である。

振り返ってみると最初から最後まで「ありがとう、すみません」がこの賃借人からは一つもなかったね。

そんな賃借人を振り返ってみるとまるで一部の中国人や朝鮮人を見ている様だった。

よくここまで自己中心的(DQN)になれるものだなと理解に苦しむ限りである。

そりゃ一定の割合で何処の地域にもこういった類の人間が居るのは当然知っているが、

札幌にはこういった類の人間が当たり前のように存在しており多すぎるのだ

あの賃借人にもお子様が居るようだが、あんな賃借人に育てられて将来どんな大人になるか直ぐわかるよ。

こんな一家に大事な自宅を3年間貸していたのかと思うと、最低だったなと思う。

終わりよければすべて良しという言葉もあるが、

振り返ってみると最初から最後まで最低で、その最後に最低な退去のされ方をされたために3年間借りてもらってありがとうという気持ちに全くなれなかった。

3年間と言う貴重な人生の一部を家族と共に過ごした場所に対して最後まで大切にしないんだなーと思ったよ。

そういった賃借人の対応と根っこにある本質が見えた時に大体あの一家の行く末がわかるね。

「一生札幌社会の底辺で消耗してれや」って気性の荒い人なら言うんじゃないかな?

ま、最低だったけどこっちとしては家賃の滞りが無かっただけでもラッキーだと思うことにしよう。


はい、この話はもうおしまい!

弁護士事務所に相談するも全く相手にされず…

2018年01月04日 14時42分31秒 | 嫌札幌
頭のおかしい賃借人の件で札幌中央区にあるI弁護士事務所に相談をしてみた。

が、全く相手にされず…

最初から余所余所しく冷たく機械的な対応であった。非常に感じが悪い。

簡単に言えば典型的な札幌らしい対応で話にならなかったのだ。

所詮こちらは素人なので今後何かあった際の対応などもわからなく、前の賃借人が常識の通じない相手であるため今後において何をされるかわからない予防策として相談をしたのだが…

「何が問題なんですか?鍵が返ってきたならこのままで大丈夫だと思いますので何かあってからまた来てください」と払いのけるような対応であった。

「あ、これは話にならず、こちらの状況に一緒に寄り添って話を聞いてくれないタイプだ」と即座に判断して早急に打ち切ることにした。

何かがあってからじゃ遅いし、その際には早急に対処できるように予防線を張るために相談をしていることがわからないのだろうか?

傍から見ると札幌市内にある数ある弁護士事務所のうち、この事務所はたまたまハズレな1件だと思われるのかもしれないが、

この事務所に限った話ではなく札幌にはこういった類の環境が顕著に多すぎるのだ。

あまりに機械的に処理をされ、冷たく余所余所しいという札幌気質なのだ。

最初から期待はしていないが札幌だとこれが普通なのである。


追記
結局のところ弁護士事務所にこの様な対応をされてしまった時点でこちらに出来ることはキチガイ賃借人に対して身辺に警戒をすることくらいである。
ここではない他の話を聞いてくれる弁護士事務所に相談をしてみるという手もあるが何だか気持ちが萎えてきてしまった。
こちらは既に頭のおかしい賃借人との出来事を時系列的に文章にまとめて準備までしているので決して只の冷やかしの類ではない。
頭のおかしいDQN賃借人に対して危機管理力の元に動いているのに全く向き合ってくれないI弁護士事務所の対応に行き詰まりを感じた。

頭おかしいキチガイ賃借人…

2018年01月03日 17時28分08秒 | 嫌札幌
結局、昨年の12月末に郵送で残りの鍵が返ってきた

既に次の賃借人が入居している状態だというのに…

もちろん「すいません」の一言も何もあるわけがないし、寧ろ開き直って凄くふてぶてしい態度に殺意を覚える。

返ってこない鍵のために交換をしようと業者と次の賃借人と事を進めていただけに本当に迷惑をかけられた

敷金を返すために電話をして振込先の口座を聞くと「今わからないから後日でもいいか」と返答がきた。

もう二度と声も聞きたくないし関わり合いになりたくないので「なら手紙に書いて送ってくれますか」と言うと、

個人情報なので手紙では無理、との返答。意味わからん。

電話でも手紙でも何も変わらないと思うのだが…

ほんと頭のおかしいキチガイ賃借人に迷惑をかけられている


追記
後日にまた電話で敷金を振り込む口座を教えてもらうことになるが果たしてすんなりいくのだろうか?
そして敷金を返した後は今後一切関わり合いになりたくないが大丈夫だろうか?
一般的な常識が通じないキチガイDQNなだけに安易な予測が危険だと凄く感じている。
3年前の入居時の際から挨拶も無かったし、今回の件で退去の立ち合いを通して初めて前の賃借人に会ったわけだけれど、
こんな頭おかしいキチガイDQN一家に自宅を貸していたのかと感じた。

常識のない賃借人の対応に一苦労する…w

2017年12月22日 19時37分24秒 | 嫌札幌
前記事の続き
(参照:札幌では当たり前(笑))

前記事に書いた常識のない賃借人(奥さん)に一苦労している

結論から言うと、その後も予想通りに鍵が返ってくることも無ければ、その旨の連絡も今までに一切無し。

そうこうしているうちに次の賃借人も決まったため、それに合わせて鍵を交換することにしたのだ。

そのため常識のない賃借人(奥さん)に鍵の交換費用を折半してもらうように連絡をすると拒否られたのだ

先月11月末までが契約期間のため11月末の時点で鍵を返してもらっていない時点でおかしいのだが…

常識のない賃借人(奥さん)が言うには旦那が海外に行っていて12月25日になれば返すことが出来ると今更になって言うのだが、仮に100歩譲ってもそれなら11月の立ち合いの時点で言うべきである。

11月末になった時点で鍵を返してもらっていない時点でそもそもおかしいことがわからないのだろうか?
(そもそも前回の立ち合いの時点で全て返すべきだと思うが…)

し・か・も、
(↓ここが本格的に頭おかしい)

次の賃借人が決まったんならその旨の連絡をしてくださいと言うのだ

それは常識のない賃借人(奥さん)には全く関係のないことで契約が切れる11月末の時点で鍵を返すのが筋だということがわからないのだろうか?

契約書には鍵を返してもらえない場合は鍵の交換費用を負担してもらう旨のことが書かれている

それを今になって12月25日になら返すことが出来るとか、その鍵を持っている旦那が海外に行っていたからとか、次の賃借人が決まったならその旨の連絡をしてくださいとか、最後の最後までグダグダ言い出す始末。。。

↑頭おかしすぎるだろ…

「どこの誰が鍵を持っているのかとか知らないし、何処にその鍵があるのかとか知らないし、それはそっちの事情でこっちには全部関係ないですから!」

…と、こちらが怒り口調で言ってやっと収まる形になったのだが、この先もスムーズに物事が進むのだろうか。

今日の話である。


追記
札幌ではこういったレベルの人間は本当に珍しくない。
特にこのタイプは札幌女性に多い。
どうしたらここまで愚かな自己中になれるのか不思議である。
結局は札幌ウイルスに感染し、貧して鈍しているのだなと思う。

札幌では当たり前(笑)

2017年11月29日 16時03分53秒 | 嫌札幌
【常識のない賃借人】
 
 3年前から札幌某区に自宅を貸しており、賃借人の家族に貸していたのだが…

つい最近に賃借人(奥さん)から退去するとの連絡がきた。

退去の際に立ち合いのために自宅に向かったが賃借人(奥さん)は平気で遅刻をしてくる始末。

遅れてくること自体は構わないのだが、遅れる旨の連絡も無ければ到着後も平然としており「すみません」の一言さえもない…

この時点でもう大人としての常識を疑う(呆)友達でも学生でもないんだから…

そして賃借人の奥さんからは鍵を返してもらったのだが、その旦那さんも自宅の鍵を持っている状態であり、近々に郵送にて返送すると聞いたのだが…

立ち合いから10日以上経った今でも返送されてこない

今思えば郵送で返すって時点でもおかしいとも思うが、その郵送でさえも現時点で返ってきていないのも…もう全部おかしい(笑)

ハイ、こういった非常識さにも慣れてますわ(呆笑)



【某不動産会社J】

 新しい賃借人を募集するべく某不動産会社Jに仲介を頼んだけれど、

その担当者から「今日の5-6時に連絡します」と言われていたにもかかわらず全く連絡はなし。

ハイ、こういったことにも慣れてます(呆笑)

前の担当者もそんな感じの人だったし、この業界はそんなものなんだろうなと慣れてますわ(呆笑)
(前回の担当者の記事:やってくれました)

ただの大勢いる中の小さな案件のお客の一人っていうのもあるだろうし、若い顧客だから安心してなめているんだろうなーと思いますわ。


教訓
札幌では当たり前(笑)