嫌札幌~札幌が嫌いなブログ

札幌生まれ、札幌育ち、札幌在住な私が札幌を批判します。札幌嫌いな人集まれ!

札幌市内(下界)に用事を作るリスク

2017年02月17日 23時31分36秒 | 嫌札幌
ところで私はリラクゼーションマッサージマニアである

月に2回は札幌市外の格安リラクゼーションサロンに行って癒しと贅沢を堪能しているし、

過去には短期のリラクゼーション講座を受講した経験もあるほどだ。

札幌は嫌いだが無類のリラクゼーションマッサージ好きであるのだ
(↑ここ笑ってほしいところw)

ところで最近気になっている手法のリラクゼーションマッサージがある。

ズバリ、ヘッドマッサージである

凄く気になっているのだが、どうしても札幌市内の店舗に行くには抵抗が…

どうしてかって?

只でさえ客層の女性色が強そうで行きにくいし、浮きそうだし、札幌特有の接客の酷さも加わって邪険扱いされてしまうのではないだろうか?って思うからだよ。

仮にサロンに問題が無かったとしても、店舗に辿り着くまでの道のりや自宅に帰るまでの道のりで札幌特有の現象(ストレス)で台無しになってしまいそうなことも懸念材料である(w)

私にとって札幌市内に用事を作って済ませるということは一般の人間が危険区域に立ち入るほどのリスクがあることと同義なのだ。

ヘッドマッサージを受けてみたい!…けど危険(リスク)を冒してまで行こうかどうか?

ここ最近はそんな葛藤が渦巻きながら悶々としている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
« ネオ札幌人への登竜門で厳し... | トップ | マイノリティの生き方 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブログ拝見しております (名無し)
2017-02-18 14:52:46
はじめまして。
私も札幌、札幌市民が嫌いなのでブログ楽しみにしております。
過去のブログでも「札幌市民は人をじろじろ見てくる」と言う記事に強く共感致します。
これからの更新も楽しみにしております。
Unknown (通りすがり)
2017-02-18 16:28:43
(¬_¬)ジロジロ←はっきり申し上げて精神異常者以外の何者でもありませんよね。
イカれてるよ札幌市民。
気色悪い視線… (spike55)
2017-02-18 18:29:32
何の変哲も無い通行人を、目力あふれる視線(据えた目?)で圧倒するのには、
ほとほと参ってしまいますね。ご丁寧に、すれ違い後に振り返ってまで
見回す人もちらほらと。歩きスマホも真っ青です。

札幌人とは確定できないまでも、札幌駅に停車中の電車車内をジーっと
見つめる視線も不快、uシート車両とか特急列車が珍しいのか、あるいは
クロスシートへの僻みなのか…。

札幌では、我が身だしなみや振る舞いを振り返るチャンスを多数提供して
くれていることに、感謝の心を持ってみますか…。

っていうか、札幌人が我がフリ正せ(毒)
はじめまして (Unknown)
2017-02-18 18:33:29
当方、昨年から札幌住まいをしておりますが、「札幌市民は道を譲らない」ということに非常にストレスを感じておりました。本日、同じ意見をお持ちの管理人さんのブログを拝見しまして、大変救われた心持ちです。これからも更新を楽しみにしております。
飽きた。。。 (アンプラグド)
2017-02-19 00:56:20
しばらくぶりに拝見しました。
ひとつ気になったことがあるのですがよろしいでしょうか。以前からこのブログを、おぉ、マジかそうそう、うーんそうか、なるほどと、頷いたり膝をポンと叩いたりしながら楽しく見ていました。 今日、久しぶりに見て気付いたのですが、管理人さんの最近の記事、エピソードで、昔披露されたものと内容が全く同じものがいくつもあったのです。管理人さんがこのブログを始められてから既に数年経過しているので、管理人さんご自身も、過去に披露したエピソードの一つひとつまで明確に覚えてはいらっしゃらないのは無理のない話で、そのことについて意見するつもりはありません。ただ、エピソードだけでなく、管理人さんの主張、というか、記事、エピソード、文章の構成、オチ。というかラストの管理人さんの主張、叫び(?)を含めたブログの内容全てにおいて、マンネリ感が覆いつくしている疑念が拭い去れないのです。自分以外にもそのような感想を持つ人は潜在的に相当数いるような気がしています。
管理人さんが年頭に掲げられたテーマ「パワーアップ」を実現される為にも、この辺りで一度、ブログの内容、構成について再考されてみてはいかがでしょうか。偉大なるワンパターンという言葉もありますが、音楽などの場合でも、キャリアを積んだベテランが何年も新譜をリリースせず才能の枯渇や、創作への意欲、情熱を失い、過去の作品の再編集版やセルフカヴァーでお茶を濁し、次第に古くからの熱心なファンな離れていく。。。このブログの行く先にそんな未来が垣間見えました。
余計なお世話なのは承知しているつもりですが、どうしても気になったので書かせていただきました。失礼、生意気な言葉の数々、お許しください。


良く理解をさせて頂きました (管理人)
2017-02-19 14:19:13
>>アンプラグド 様

貴重なご意見、ご感想を頂きありがとうございます。
まず大前提としてアンプラグド様のおっしゃること、よーーーーーくわかりますよ。
最近になってブログを見つけて頂いた新しい読者様にとっては新鮮でもあり真新しくもあり共感できる内容であればあるほどに暇つぶしも兼ねて楽しく(?)読んで頂けるのかもしれませんね。

ですが古くから読まれているオールドな読者様の中にはアンプラグド様が感じられているように物足りない面も出てくるでしょうし、新たな手法が欲しいのでしょうし、長年の積み重ねがマンネリに繋がっている面があることも理解しております。

そこで私は思うことがあるのです。
私は私なりに札幌の悪しき実態を一人でも多くの方に知ってもらうために頑張っているつもりがありますし、まだまだ努力が足りていないんだなと実感するときもあります。

例えばこれはブログに書いていないことですが、
独自にメディア方面に情報を提供してみたり、他の業界人に独自にコンタクトをとってみたり、能力があって信頼が出来る方には時に相談をしてみたり…
読者様から頂いたメール等にはどんなに忙しくとも私なりに真剣になって返信をさせて頂き、お役に立てるようにしていますし、
時にお茶会開催のご案内をさせて頂いたり、過去の参加者様には私からも迷惑にならない程度にご連絡を差し上げたり、、
私なりの企業努力はしているつもりです。

ですが世間や他の一般的な読者様にとっては私の頑張りや努力を求めているのではなく目に見える「結果、形、生産性」を求めていると思いますし、それが世の常なのかなと思います。
ある意味では非常にシビアで孤独な世界です。
何かをやるということはこういうことなのだなと身を持って感じることもありますし独特の難しさも時に感じます。
ですのでその感覚と私の気持ちをご理解頂ける読者様が居られた際には私は相当に救われますし、更新活動をしていく上での非常に大きな励みにもなるのです。

それから一つ。
「飽きた。。。」というアンプラグド様のタイトルですが、思われるのは結構です。
ですがそれを発言するのは少し筋違いなのではと思います。
私はこのブログを他者から報酬を頂いて運営しているわけではありませんし、ボランティアで書いているわけでもありませんし、他者を楽しませるお笑い芸人等でもありません。
人が作ったブログという形の上に乗っかってきて、勝手に楽しみ、勝手に飽きた。。。ですか…

今は一人でも多くの方に「札幌の良くない面」を知って頂くことで各々が次のステップに活かして欲しいという思いでブログを運営し、時に読者様とのお茶会を開催したりしています。
その目的を達成していくためには絶対にブログの更新を辞めないことです。
細く長くでいい、ゆっくりと着実に取り組んでいこうと続けています。

上記に私の正直な気持ちも書かせて頂きましたが、
もしこれが報酬を受け取る仕事という形でしたら上記のようなことは思っても書くことは出来ません。
それに、アンプラグド様のおっしゃることも理解させて頂いておりますし、当ブログの方向性に関して考えてくださった正直な気持ちを提供して頂いているからだなと良く理解をさせて頂きました。
そういったアンプラグド様のご意見、ご感想を真摯に受け止めて今後に活かしていくことも必要なことだとも良く理解をさせて頂きました。

アンプラグド様がマンネリを感じている半面で私は札幌嫌いな個性と情熱に関しては本気です。
他の札幌嫌いな読者様とは温度差があるかもしれませんが、真剣に向き合って話をしてくださる方であれば何時でも私は話をさせて頂きたいと思っております。
今後とも末永くよろしくお願い致します。
Unknown (Unknown)
2017-02-19 15:55:26
街の中心部は様々な目的を持って人が集まる場所なので、ハイキングやバードウォッチングで森の中を歩いているときとは違い、歩いていて自ずと人に視線が向くことはごく自然なことではないかな、と思います。自分自身を振り返って考えると、素敵な人がいるな、とか、こんなファッションの人最近よくみるな、とか、そんなに能動的に見ている訳ではないと思いますが、家から目的地までのあいだには必ず人を何らかの形で見ます。というか目に入るんです。そして、それは、ほとんどの人にとって、避けようのないことなのでないかと思います。それが、ジロジロと、なのか、ガン見なのかは自分では分かりません。が、少なくとも見ている自分の側としてはそんな意識で人を見ているつもりはありません。やはり、同じ人間としてどこかで興味や関心が多少なりともあるから見るのだと思います。それが全くない街の中心部というのを想像すると、それはそれでかなり不気味な街でしょうね。行き交う人全員、俯いて自分の足下をひたすら見つめ続ける。。。 ロボットのような冷たく無機質な光景。管理人さんとここにコメントを寄せている皆さんは、札幌がそうなって欲しい、と本気で思われているのでしょうか。お聞かせ願いたいと思います。
違う違う…! (管理人)
2017-02-19 17:02:55
>>Unknown様

おっしゃることはわかるのですが、Unknown様が言われていることは「世間一般的」な感覚だと思います。
それは札幌人に限らず何処の地域に行っても自然とあることなのはここに私も含めてコメント欄に書き込んでいる経験者様のみならず誰でも認識をしていることが大前提です。

私を含めてここに書き込まれている読者様の体験談というのは札幌で起きている「札幌的」な謎にジロジロと見てくる札幌人特有の独特な現象だということです。
札幌にしか住んだ経験が無い方や、逆に他地域出身で札幌に住んだ経験が無い方には理解が出来ませんし一般的に信じられないことだということも重々わかっていますよ。

仮に他の地域でも札幌と同じような現象が起きているのであれば、札幌で同じ現象が起きても何も違和感や嫌悪感を覚えることが起き得ませんし、こうやってコメントを頂いて話題に上がる事態にまで発展しないのではないでしょうか?

札幌だと何故かジロジロと見られる現象
Unknown様には信じられないことだと思いますが、これは読者様同士で集うお茶会でも良く出てくる代表的な話題の一つにもなっています。
札幌だと何故かジロジロと見られる不快感、他地域ではUnknown様が提唱されている「世間一般的」な感覚はあるにせよ、札幌の場合はそれとはまた違った不快な感覚の「札幌的」なジロジロと見られる現象があるのです。

2016.4.11 嫌・札幌オフ 「札幌あるあるvol.5.5」にて会終了後に私が参加者様を車にて自宅まで送って行った際の事ですが、
赤信号待ちの際に歩行者が私たちの方を何故か見てきたのです。
その際に参加者様がこう言いました。

参加者様「なぜか札幌の人はいちいち見てきますよね」

この参加者様は札幌以外にも本州各方面に住まわれた経験がある方です。
ですが札幌だとそれをストレスに感じるくらいに不快になるということは同じ形にせよ札幌独特のものがあるのではないでしょうか。


最後に1つ。

>>それはそれでかなり不気味な街でしょうね
>>ロボットのような冷たく無機質な光景
>>管理人さんとここにコメントを寄せている皆さんは、札幌がそうなって欲しい、と本気で思われているのでしょうか。

既に札幌中心部は不気味でロボットのように冷たく無機質な街になってしまっていますよ…?
初めまして (W)
2017-02-19 23:40:47
初めまして。道産子ですが、地元は札幌ではありません。現在は札幌在住です。
生まれが札幌外で現在住が札幌だからなのか札幌の人間の冷たさが顕著に感じられます。
今は札幌が嫌いです。
勿論、全ての札幌人に当てはまる訳ではありまが、基本的に札幌人が嫌いなので、このブログには共感出来る部分が多いです。
これからも拝見させて頂きますのでよろしくお願いします!!
Unknown (Unknown)
2017-02-20 05:29:11
管理人さん、コメントへのお返事、ありがとうございます。2/19の15:55にコメントした者です。
私の感覚が管理人さんの仰るとおり「世間一般的」かは自分ではわかりません。が、人にジロジロ見られる、ということを世間話などのときネタにする人は、少なくとも自分の周りにいませんし、自分も話題にしません。自分のことで言えば、思春期の頃、人の視線がやたらと気になった時期があったかな、と思い出します。思春期には、多かれ少なかれそういった傾向は強まるような気はします。管理人さんをはじめとする札幌人の視線が気になって仕方ない、と言われる方々は、年齢は様々と思います。ちょうど思春期にあたる年齢の方ももしかしたらいらっしゃるのかもしれませんね。もし、二十歳を過ぎた方でそれでもまだ人の視線が気になって仕方ない、というのであれば、問題はまた別のところにあるような気がします。このブログが札幌を嫌う為のブログなので、坊主憎けりゃ袈裟まで。。。で札幌人のやること為すことすべてが気に入らない、だから札幌人は人をジロジロ見てきて不快、というのはわかるのですが、成人した普通の人は、そこまで他人の視線を意識しないものなのです。特に、仕事などで忙しく動いているような時は。それは、仕事に集中している為だし、人の視線に構っている余裕がない為でしょう。たまの休日街へ買い物に出かけるようなときでも、人の視線を気にして、わざわざ自分から好き好んで不愉快のタネを探しにいったりはしないものです。他にやるべきことがありますし、時間がもったいないですし、人生を楽しみたいからです。
管理人さんをはじめ、札幌人を嫌う方々は、札幌人は人をジロジロ見てきて、かんじ悪いよねー、という話で盛り上がるのでしょう。お茶会のときなどは特にそうなのでしょうね。そうすることでストレス、鬱憤が少しでも晴れるなら、それは皆さんにとって良いことなのでしょう。ただ、気になっているのは、それだけでは根本的な問題は何も解決されない、ということです。とどのつまり、心の問題。問題は皆さんの心の在りように集約されるのだと自分は思います。こういうことを言うとまた、それは札幌人がそうさせるのだ、悪いのは○○な札幌人だ、○○するのが典型的悪しき札幌人の特徴である、というような言葉が返ってきそうなのは容易に想像がつきますが(笑)。長くなり、すみません。