渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う(パンセ) 渓流詩人の徒然日記 ~since May, 2003~

試飲

2018年08月31日 | 公開情報


口の奥で広がる不思議さ。
なんてのか、他のは舌先や舌の中頃から広がるの
だが、これは、そこを無視して奥域で到達点があ
る。なんてのか、ガバガバみたいな(笑)。太平洋ひとりぼっち、みたいな(笑)。

うまかぁねえな。テイストは面白いけど(笑)。
ロックにすると、あら不思議。複雑さが出て来
る。
これ、飲み方でかなり変わるスコッチだね。
この面白さはなかなか良いが、ストレート派の俺
には合わない。
これを作品として楽しむのなら、こういう方向性
は高評価になるかも知れない。
つまみはレーズンケイクよりもココナッツクッキ
ーが合うよ。普段はつまみ無しだけどね。
なんかが足りなくて、つまみが欲しくなる。
で、たまたま手元にあったのを少しいろいろ試し
てみた。
トワイスアップにするとフルーツの香りが出てく
る。

俺ね、あまり好きじゃないんだ。加水して表情を
変えすぎるウイスキー。

最初からガツンとCharのスモーキーを思わず歌い
たくなるこういうのが好きさ。



こいつは、ねえ、英信流の後輩と飲んだ時に、
嬉しいことに土産としてくれたのだけど、これ
はハマった。
なんせ畳表をかじった味だから(≧∀≦)
個性ありすぎだが、俺はドンズバだった。
スコッチとして客観的なお為ごかし評価なんて
どうでもいい。
シングルモルトもどこの産がどうだとかはどう
でもいい。
てめえの好みに合うか合わないかなんだよ。究極
は。提灯持ち評論家の出来合いの言葉なんて要ら
ないの。
プロのモノカキはそうとも言ってらんないのだろ
うけどね。
アマの素人が酒について評論家ぶってるほど馬鹿
らしいことはない。
じゃあてめえはどうなの?てなとこをまるきり
出さずに、カタログショッピングのお先棒担ぎ
みたいな作文をダラダラ書く。馬鹿かと。

でもって、このアードベックにはやられた。
後輩は一番Charのアレなとこ持って来やがった。
痛いとこ突くねー(笑)。
この酒、安くはない。
気を遣うなよ、とは思ったが、飲兵衛の卑しさで
お!ををを!てなもんで有り難く即頂戴した。
久々に会って帰りしなに「これ」と渡されたた
から、「うを!!」となった。
スモーキーといえばこれを出せ!てな位の代表格
だよね。人気ないけど(≧∀≦)
スモーキーてとこ含めて2ストバイクみたいで、
俺には丁度いいやぁ(笑)。
でも、俺はバイクでは煙出さないけどな。
人喰い人種康宏の弟子だから、人をケムにまくこ
とはあっても。

つーことで、ハディントンハウスは、広島のよし
みで、俺に合えば酒屋に追加仕入れ頼もうかと思
ったが、俺的にはパス。
酒としては十二分に面白い。
でもね。
化粧美人のように感じるの。俺には。
化粧騙しや人造改造って(芸能人ほとんどこれだ
けどさ。それが常識の某国なんて、俺からすると
論外てか、アウトオブ眼中)、俺は好きじゃない
のよ。
これは酒もバイクも居合も武術も。
誤魔化しのない素顔本性で勝負せんかい!みたい
な風に思う。

これらはあくまで好みね。
作品として、繊細な奥行きを作るのは大変なこと
だし、それを具現化しているのは、値段に関係な
く素晴らしいと思うのよ。
だけど好みはある。
化粧スベタ好きじゃないもん、俺。
なんての?作りはブスでも光る笑顔、みたいなの
あるじゃん。
それなんだよ、女も酒も。

あとね、「あたしは美人なのよー」てな思い上がりは見えるからね。女も酒も(笑)
男は黙ってても!そうそう節穴さんばかりじゃな
いぜい(笑)
なめたらあかんぜよ。


雨あがる

2018年08月31日 | 公開情報


18時50分。
はら?
雨あがって夕焼け出てきたよ(笑)。
まあ、嫌な予感は外れて万歳だ。


ハディントンハウス 〜スコッチ〜

2018年08月31日 | 公開情報





雨なので、外には飲みに出ず、家で飲むこと
にする。
市内のよく行くワイン専門酒屋さんの片隅に
これが眠ってたのをたまたま見つけたので
サクッと身請けしてきた。
広島県の中央酒販さんが輸入している安
スコッチ、いわゆる1000円スコッチだ。

ところがぎっちょん、ウイスキーにうるさい
ウイスキー・ライターのジム・マーレイ(60才
/英)が毎年出しているウイスキーバイブル
の2009年版で、このハディントン・ハウスに
100点満点
中ぬぁんと85.5点をジムはつけ
やがった。

これね、彼としてはかなり「よく出来たやつ」と
思ったんだろうね。

Jim Murray。1957年英国生。世界初のフル
タイムウイスキーライター。


で、まあ、このハディントンハウスなのだが、
ジムがどうしたとかで買ってきたのではない。
ボトルだよ、ボトル。
今のラベルではなく旧型のラベルのボトル
なのよ。
こういうのはね、今手に入れようとして手に
入らない。これはおいらは即買い(笑)。
中身おんなじでもボトルやラベルが違うと
それだけでおいらにとっては別物なのさ。
残念なところでは、ジョニーウォーカーの
200mmℓボトルが平べったくて反っている
スキットルタイプのボトルがつい最近消滅
してフルボトルのミニ版みたいなのになった。
こういうのはね、とてつもなく残念なの。
それまでの様式美を捨てるってのは。
バーボンなどでは蒸留所が同じならば
同じボトルを別な銘柄で使い回すという
のはしょっちゅうなのだけどね。たとえば、
ヘブンヒル蒸留所なんてのはそうだよね。

で、このハディントンハウスの現行ボトル
はこちらになる。


ま、ハディントンハウスについては、今でも
旧ラベルの市場在庫があるから、以前の
ラベルのを買えないこともないのだけどね。
おいらは、以前のラベルのほうが好きだなぁ。
今のはチープワインみたいだもの(笑)。

これ、旧型。あてはこちらが好き。


本国にはこういう嬉しいボトルもあるみたい。
おいらの好きな200mmℓ かな。
このボトルは欲しい。ほしいぞ。



俺なんてさぁ、バカだから、200mmの
J.T.Sボトルが日本には入ってこなかった
から、自分で10年のラベルを綺麗に剥がして
ほかの200mmのボトルにうまく貼り付けて
作っちゃったもんね(笑)。1998年に。
それ、東京に持って行ったら、撞球仲間では
大ウケしてたよ(笑)。
くれ!という奴続出だったけど、普段気前
のいいと云われるおいらでも、それはあげ
ない(笑)。
珍しいボトルとかって、結構空瓶になっても
あたしは取って置いてるのよ。
このたびの被災の断水の時に大役立ちだ
ったけどさ。数十本の空瓶が(笑)。
重なる物は廃品とするけどJ.T.S.など二度と
手に入らない瓶は一切捨てない。
(私は「処分」という単語を使う人間の感覚も
言語自体も大嫌いなので物を捨てる際に
「処分」という言葉は使用しない。中には
犬猫を処分とか言うバカもいるからね。
「その犬処分しろ」とか。お前がとっとと殺処分
になれよ、とかまじで思う)


でね、ところがさあ。どうやらここのスコッチ
屋さん、どうやら
コロコロとラベル変えてる
感じがするのよね。
こんなのもある。
ターキーのスコッチ版、みたいな(笑)。



カラーのもあるよん。


種類が違うのかも知れないけど、おらには
よぐわがんね(笑)。
まあ、今晩飲んでみるよ。

おいらは、ネット界で溢れてる素人ウイスキー
飲みの、余所から借りて来た言葉でしかカタ
ログ表現できない陳腐野郎たちは大嫌い
なので、そういうナッツがどうしたバニラが
どうたらとかいうのばかりを連ねる中身ペラ
ペラのレビューなんてのはしないからね。
あれね、自分ではいい気になってるのだろう
けど、ただの借り言葉の羅列だけで、何の
深みもないから。本人気付いてないみたい
だけど。
本当にウイスキーのこと解ってるのだろうか
と疑問に思うよ。てか、とにかく陳腐。
文章表現も下手というか、何かの書き写し
みたいなもので独創性もなぁ~んにも無い
しね。没主体性。
文章を書いて人に何かを伝えようという
視座が一つもない。
まあ、武術ヲタクのバカ蝉もそうだけど、知識
のコレクターというのは、ただ集めることだけ
が趣味で、そこから考察を掘り下げて自分
自身の独立自尊の所見を有するとかとは
無縁の種族なのだろうなぁ。
どこどこにこういうことが書いてあるとか
そんなのばっか。てか、それしか言えない。
「だからなに?」という反応しか真実のところで
は人々はしないということのその真実を知ろう
としない。
まあ、要するに中身がぺらぺらのぺらなんだよ
ね。得てして慇懃無礼の塊だし。

そして、ウイスキーのブログや素人レビュー
にはそういうのが非常に多い。
おまいさんねぇ、バーのカウンターでそういう
ことをのたまわってみなさいよ。一発でバー
テンダーや本職に嫌われるよ(笑)。
理由は「自分自身の定見と個別所見と独自
見解が不在」だから。
よくいるじゃん。バイクや車でもカタログ数値
だけ覚えてるだけの人。ほんとそれだけ。
だから、それで?なんだよね。
薄っぺらな表層は、すぐに表層雪崩を起こす
ので、だだ滑りなんだよね。
もっと深いところ、その製品や作品からその
作った人、携わった人の実体が見えてくる
ところまで肉薄する眼力を持てるかどうか、
またそれらが薄らとでも見えてきた時、自分
という自己との関係性を主体的にどう捉えて、
どう自己分析なり自己評価をするか、あるい
は世の人々とこの作品や製品の関係性や
結節点はどこにあるのか、等々まで思い至ら
ないと、製品や作品の鑑定や観賞評価なんて
ものはひとっつもできないもんなんだよ。
いくら上辺のカタログ数値みたいなのを言い
並べても人間洞察や人間不在だとまったく
言質そのものとしても力を持たないんだよ。

そゆこと。



三原豪雨

2018年08月31日 | 公開情報


槍のような大雨。
なんか、嫌な予感。
7月の嫌な予感は、未曾有の大災害となった。
現在、集中豪雨警報発令中。

バランタイン

2018年08月31日 | 公開情報



1000円の安酒の中ではこれがかなり好き
なんですけどね。
なぜ好きかというと、飲んで「うわウマい!」
てなのがちっともないのに「すんげまずい」と
いうのもないというところ。
かなり複雑な味で癖があるので、たぶん一般
的には好みがとても分かれるのだろうなぁと
思う安酒なんだよなぁ。
でもなぜかこの複雑さが自分自身は安心を
呼ぶという
ところが、無意識に好む理由かも
しれない。

不安定な複雑さが楽しいというか、なんと
いうか、ブルーノートの旋律のような感じ。
あえて完調ではなく、意図的に崩した不協
和音を入れることで不安感や緊張感を
静かに喚起させて心を捉えるというJAZZ
の香り、みたいな。

完成されていない、シンメトリーではない
個性になぜか惹かれる、というような。
全員同じ制服を着て、全員同じ方向を向い
て、一糸乱れず行動することに快感や
羨望を見るような向きにはこの手の酒
は好まれないかも知れない。


まあ、味や色や香りの好みというのは、あく
まで人それぞれの感受性の問題だよね。

 ⇒ ウイスキーノート 

ここのサイトはかなりまとまっている。
なんというか、筆者の好みも交えながら
語っている。
取って着けたような「己の言葉ではない
レビュアー専門用語の羅列」という薄っぺ
らな素人レビューがネット時代の今は多い
中、かなりしっかりした観点から冷静に
ウイスキーを解説していると思える。
J.T.S.ブラウンに一切触れていないのが
なんだかなぁ、ではあるが(笑)。

ウイスキーとは、ゲール語(アイルランド、
スコットランド、マン島の古言語)で「生命
の水」のこと。
それ、とてもよく解る。

決めた。
今夜は、カールトンにラスティ・ネイルを
飲みに行こう。
マン島ならぬスカイ島に思いを寄せて。
いや、王位継承権を巡って決起したのも
実らず、敗軍の将となりスカイ島に逃げた
が、首に賞金までかけられながら、裏切る
家臣は一人もいなかったというチャールズ・
エドワード・スチュアートに敬意を表して。
金で動かぬスコットランドの士たち。
チャールズは彼を護衛していたハイランド
の士のジョン・マッキノンに礼としての
褒美代わりに王家秘伝のドランブイの
製法を伝授した。
なんだか、グッと来る話だぜ。
酒に物語あり。物語の無い酒は無い。
なぜならば、酒は人が造るからだ。
人に物語があるように、すべての酒には
物語がある。主(あるじ)を裏切らない士と
感謝の恩賞。それの結晶がラスティ・ネイル
のドランブイだ。
かなりいかした逸話だぜ。
英国の歴史は王家のお家騒動の革命蜂起が
複雑に幾度も起きて来たが、そうした苦難
の中でも、主を裏切らない家臣団というのは
どんなに素晴らしいことか。
そして、そこで出てくる秘伝の酒だ。
こいつは飲まずにはいられない。ホント、
たまらないね。(財布に金も)

日本人には未知の秘境といわれるスカイ島


ハーレーと好みの問題

2018年08月31日 | 公開情報



あくまで個人的な好みだが、こういうハーレー
はいいなぁと自分では思う。
ただし、私はハーレー乗りにはならない。
ハーレー乗りはスズ菌のようなもので、
バイクではなくハーレーという乗り物に乗る
自覚がある者たちのことをいう。
別名HD教(笑)。

私はオートバイ乗りであり、ハーレー乗りでは
ない。
好きなメーカーはカワサキだが、バイクで
一番出来が良いのはヤマハだと思っている。
また、乗りたい物は車種で選び、メーカーへの
こだわりはない。
事実、これまでカワサキ、ヤマハ、ホンダ、
スズキ、外車とメーカーにこだわらず乗って
来ている。
かといって「バイクならば何でもいい」という
ことではない。

たとえば、フライフィッシングのフライロッドが
そうであろう。
フライをやるフライマンは、フライロッドなら
ば何でもよいということは絶対にない。これは
絶対である。
それに近い。
たとえば私がハーレーに乗るとしたら、
ハーレーというブランドに乗りたいのではなく
車種で選ぶだろうし、これはカワサキでも
ヤマハでもそうだ。
車種=個体モデルへの傾倒はあっても、
スズ菌のようなカルト的な発想は私には
一切ない。

スズ菌やHD教は、「男カワサキ」ともかなり
違うんだよなぁ・・・。
カワサキ好きは結構サッパリしてるけど、
スズ菌やHD教は偏執的に異常に執着
するのよね。まるでヒグマが見つけた食い
物は自分だけの物だとする攻撃性を持つ
ような感じで。
ホンダ党や男カワサキのカワサキ男は
そういう感じとはかなり異なる。
まあ、なんてのか、いずれにしてもホンダに
しろカワサキにしろ、バイク乗りってのは
全員が変なの。なんだこれ(笑)。

以前ね、あまりに「4ストが・・・2ストが」と
言う人がいたから、「変わりませんよ。同じ
オートバイですよ」と言ったら黙っちゃった。
だって、了見がせめえんだもん(≧∀≦)
てめえの好みはガンとあっていいさ。
だけど「こうでなければ認めない」と人様
の好みまでてめえのモノサシでしのごの
言うなんてのは、味噌汁で面洗っておととい
きやがれってんだよ、トンチキが、ってね(笑)。
そゆこと。


レーシングキャップ

2018年08月31日 | 公開情報



乗り屋はサーキットのパドックやピットでは必ず
レーシングキャップを被っている。
また、レース後に表彰台に立つライダーは、ウイ
ナーズキャップというスポンサーのキャップを必
ず表彰台の上では被る。
一方、街乗りライダーも、オートバイを降りた時
用にはキャップを被る事が多い。
これは格好つけではなく、防寒防暑で頭部を守る
為と、あとヘルメットを脱ぐと髪がぺったんこに
なっているためだ。
髪の毛の多い少ないにかかわらず、頭部保護の為
には、野外では帽子を被ったほうがよい。

私はカウル付バイクでは、レーシングキャップを
くるくるとうまく丸めて、ツバをメーターとカウ
ルの隙間に差し込んでいる。
メーターには一切干渉しない。


この手のちょっとした小技ってあるよね。
ブレーキフルードタンクの液漏れを防止するため
に丸タンクにリストバンドを巻くとか。
あれはレーサーマシンでもやっていたけど、大昔
のレーシングライダーはボンビーだったからか、
軍手をちょん切ったのをはめてた(笑)。
確かアメリカンライダーが始めたと記憶している
が、後に見なくなった。
もしかすると脱落の危険から、レギュレーション
で規制されたのかも。
レーシングマシンは、ありとあらゆる部品を
ステンレスワイヤーロックしないとならない。
勿論ドレンボルトもハンドルグリップもだ。
ロックしなくてよいネジはカウルのワンタッチボ
ルトとスクリーンボルトくらいではなかろうか。
ブレーキフルードタンクのリストバンド巻きは、
今もレーシングレプリカ乗りの定番の「通」らし
い方式だが、今でも80年代初期のレーシング
ライダーの様式をレプリカ乗りたちが残し伝え
てるのがなんだか面白い。
こういうのは、密かに残し伝えられて今もそれが
生き生きと活きているという「文化」のような
ものなのではなかろうか。

そして、外出には帽子大切。これはバイクに限ら
ず、登山、ハイキング、キャンプ、野球、ゴル
フ等々には必携かと。
サッカーやラグビーで帽子を被らないのは、あれ
は「脱帽」を礼儀とする紳士のインコートスポー
ツが起源だからですね。
なので、フットボールは約束を重んじるので、一
度試合日を決めたら雨だろうが雪だろうが試合を
決行します。
最近の、勝ち負けだけにこだわって汚いプレーを
してまでも勝とうとするサッカーの各国のプロ選
手たちは、やってることはフットボールなのかど
うか甚だ疑問。
相手どついたり蹴倒したりしてズルして勝って、
はて、それは何、と?
オートバイのレースでも並んだバイクを蹴れば
相手すっ飛んでいなくなりますけどね。それは
もはやスポーツの競技ではないでしょう?
また、相手を痛めつけることを「技」とする武道
なんてのは、だからイタい俺様大将の勘違い人間
が多いのだけどね。自分が生死をかけないくせに
スポーツをお遊びと小馬鹿にしてふんぞり返るの
ばっか、自称武術家なんてのは。本物の熾烈でシ
ビアな殺し合いもしたことないくせに。お花畑の
お遊びはチミたちだっちゅーの(笑)。脳がゴリ
ラみたいのばかりだしさ。武道家に人格を期待す
るほうが間違ってます。
要は「ミスったら死ぬ」というところに一切いな
いくせに偉そうなお為ごかし並べて人を睥睨した
がるのが自称武術武道家。人間的には感心できな
い種族の代表です。
モータースポーツのレーシングドライバーやライ
ダーは常に死と隣り合わせのところに己を置いて
いる。自称武術武道家などはスポーツメンとは
比べようもない。
自称武術武道家などは、人類史的にもかなり人と
しては下劣な種族だ。
真のスポーツマンは正々堂々としている。
特に若い純真な人たちほど清らかだ。

ただね、今の若い人は室内でも着帽のまま
という礼儀知らずが多すぎるね。
これはメディアに出るバカな芸人はじめ、
親が躾けていないから。
父親母親のことを他人に「うちのお父さんは」
とか、「お母さんが」と言う若者も凄く多い。
これも礼儀知らずで親の躾がなっていないから
ではあるが、小学生ではないのだから、若者
自身も自覚しないと社会人となっては恥ずか
しい。
さしあたって、人の常識として室内では脱帽
せよ。
外ではいいよ~ん。

サーキットでは帽子必着。
これは全日本選手権筑波。GPクラスは
ライダーだが、F3クラスはチームからは
この時は助太刀メカニックとして参加した。
白のマルボロキャップが私。





バイク事故

2018年08月31日 | 公開情報




台数と人数合わない。
3-3-2人乗りか。

1992鈴鹿南コースミニバイク8耐

2018年08月31日 | 公開情報

1992鈴鹿南コースミニバイク8耐


レースネタが続くが、こちらは1992年の
ミニバイク耐久レース。
この当時、青木三兄弟の長男宣親や
原田哲也選手は全日本250で
大活躍
していた。原田選手は全日本
選手権で
この年日本チャンピオンに
なっている。
翌年の1993年には原田は世界チャン
ピオンとなった。日本人初の世界王者だ。

この1992年は既にバブルははじけて
いるが、まだまだロードレースは盛んだ
った。
この2年後から、ガクンとモータースポーツ
人気が斜陽していく。
日本のメーカーもどんどんスポーツ市販
車の開発から手を引いて行き、1990年
代中ごろから若者はオートバイに乗らなく
なる。
若者たちは陰にこもり、1995年に登場
したインターネットが2005年あたりに
一般的に大普及してからは、ネット民
だらけになってしまった。
得意技は、表ではきちんと物を言わず、
陰でコソコソ人の悪口や揶揄中傷を
したり、人種差別を匿名の陰に隠れて
放言することだ。
不健全。人としての心が不健全。
それが時代の象徴であり、
そのことは、
若者がオートバイに乗ら
なくなった時代
とピタリと合致する。


オートバイに限っては、その国内の流れ
に変化が見えてきたのはここ2年ほど
である。
現在二十歳前後の若者たちがまた
オートバイに乗り始めている。
奇しくもこれは、「ゆとり世代の終焉」と
も期を一にしている。

オートバイとモータースポーツから
見える時代世相というものもあるのだ。


"スポーツ大将" ミニバイクレース 1986

2018年08月31日 | 公開情報

"スポーツ大将" ミニバイクレース Part.2 1/2

1993年世界グランプリチャンピオンの
原田哲也がまだ中学生の時にたけしの
バラエティ番組企画のミニバイクレース
に出た時の映像。
1982年日本チャンピオンのスズキ水谷
選手と辻本選手も出場という何とも豪華
な顔ぶれだ。
原田と並び後のGPライダーの青木琢磨
も中学生で出場している。
これは1986年のバブル前夜の年。
元宮崎県知事もレースに出場している(笑)。



"スポーツ大将" ミニバイクレース Part.2 2/2


青木宣篤はこの当時既に筑波を250で
練習走行
していた。
(免許未取得でもサーキットライセンスを
発行するように緩和されたのがこの頃)
やがて青木は世界に羽ばたいた。
当時同じ中学生だった原田選手は93年
に250ccで世界チャンピオンになり、青木
宣篤選手の弟の青木治親選手は1995
年1996年世界グランプリ125ccで2年
連続の世界チャンピオンになるという
日本人初の歴史的快挙を成し遂げた。
GPマシンの2スト125ccの最高速は
200km/hを軽く超えていた。250cc
は260km/hほど。500ccは320km/h
以上は出ていた。
現在のMotoGPマシンは最高速は
360km/hを超える。直線コースでは
ない。コーナーが続くサーキットでだ。




バブル時代の様子

2018年08月31日 | 公開情報

CLUB紳助 150分耐久レース


中森明菜の妹の明穂まで参加。
芸能人と国際A級ライダーのイベント
50ccバイクの耐久レース。

バブルじゃのう(笑)。

黒木瞳まで京本政樹とチームで出場して
いる(笑)。
黒木さん、今58歳。おいらと同じ歳(笑)。
この時28歳頃か。


おいら、この当時のオートバイに乗ってる
だから、今の時代よく走るなと思うよ。


アイルトン・セナ 生ダラカート 予選編

2018年08月30日 | 公開情報

アイルトン・セナ 生ダラカート 予選編


アイルトン・セナ 生ダラカート レース編

希望の星、世界最速のアイルトン・セナ。
彼が亡くなった瞬間をタイムリーに観て
いたが、ジョン・レノンが死んだ時以上に
愕然となった。

このようなバラエティ番組に出ていた
ことさえも、なんだかお笑いの一言では
見られない悲しさがこみ上げてくる。

セナは私と同年生まれ。
生きていたら今58歳だ。

世界のセナに「シェー」をさせる元巨人
の定岡。
テレビ局、いちびっとるな~(笑)。


F1サウンドの移り変わり

2018年08月30日 | 公開情報

F1サウンドの移り変わりをを鈴鹿130Rの
オンボード映像で聴き比べてみた
F1 Sound in Suzuka 130R 1987 2015

これは良い動画だ。面白い。

お聴きになれば分かるかと思うが、4ストも
2ストも実は高回転になると同じ系統の
サウンドになる。
「2ストの音が最高」「いや4ストが」とか言って
いるのは、超高速の次元ではエンジンサウンド
は融合するという真の現実を知らないからだ。
エンジンは英語で言う通り、「モーター」なので
ある。

ちなみに、250ccの2ストレーシングマシンで
も、サーキットの直線でカウルの中に伏せると
このF1と同じモーターサウンドのみが聴こえる。
FISCO(富士スピードウェイ)などでは、その
現実が顕著だった。
バンク廃止以降の富士では、250レーサーで
直線では240km/hほどしか出なかったが、
それでもサウンドはモーターなのだ。
真のモーターサウンドは乗り屋のみが聴ける。

 


新車の2スト500ccモンスター

2018年08月30日 | 公開情報

Pure Sound of 2 strokes v4 engine
Suter MMX 500 - 2 thì 500cc

乾燥重量 127kg
最高出力 195PS
最高速度 310km/h

ほぼ往年のGP500のマシンと同スペック。
世界限定99台で2016年に発売された。

排ガス規制?
クリア出来るのよ。このバイクがクリアしてる
かどうかは分からないけど(笑)。レーサーだし。
ま、合法販売されたからクリアしてるのでしょ。
(してないよ、笑)

真面目なところでは、環境基準をクリアする
排気デバイスは現在重量が3kgまでKTMに
よって抑えられる技術革新がなされている。
市販公道車の2スト販売は可能だ。

よみがえれ!2ストマシン!

(ケロッコデメタンの新品CDIが欲しい・・・)

Sound of 2 strokes suter mmx 500
Onboard riding!


マン島を疾駆する2ストレーサーの今。
2スト最高!!

⚡suter mmx 500 vs Yamaha yzr500⚡
isle of man TT 🇮🇲




マイフェイバリット

2018年08月30日 | 公開情報


かわゆすなー、かわゆすよ。