渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う(パンセ) 渓流詩人の徒然日記 ~since May, 2003~

関東方言 ~東京の訛り~

2016年07月30日 | 文学・歴史・文化・科学

【お笑い】ザ・ドリフターズ ドリフ大爆笑 いかりや長介VS伊東四朗
一休さんとトンチ比べ


伊藤四朗さん、セリフ回しがとても巧い。驚き。
ただ、東京府東京市下谷区(現在の東京都台東区)
出身の伊藤さんは両親は静岡県出身とはいえ、東京
生まれの東京育ちのため、「ひ」と「し」の発音の区別
がつけられない。江戸東京訛り
は「ひ」を「し」と発音
するの
ではなく両者の中間音なのであるが、聴きなれない
者が聴と「ひびや」が「しびや」に聴こえ、「ひも」
「しも」に聴こえる。

伊藤四朗さんも、「見事このシモでふん縛ってみい」と
言ってる
ように聴こえる(3分14秒)。

刀工小林康宏二代目直紀も新橋生まれの江戸弁のため、
「ひ」と「し」の区別がつきにくい。てかつかない。
本人刀工銘の
「やすひろ」と自分で発音できず、はたから
聞いていると「やっちろ」に聴こえる。

これは上野界隈で店を持つ人も同じで、康宏のことを
「やっちろさん」と呼んでいる。

この江戸弁の方言訛りについて話していたら、二代目
康宏は他の人に向かって私を指し、「ほら。人を馬鹿に
してるってのはこういうことだよね」と言っていた。
いや、馬鹿にはしてません(^^;
「自分だって東京生まれのくせに」と康宏さんが言うので、
「いえ、私は山の手の生まれなので」と言うと「ほらね。ね?
ちょっと聞いた?いやなやつだね~」と横の人に言ってた(笑
ところが育ちはごまかせず、あたしは小石川界隈の高校に
通っていて親友たちが下町の人間が多かったからか、はた
また目黒あたりにも実は方言が残っていたからか、ある
いは神奈川でも江戸訛りが蔓延していたのかは知らないが、
「引っ張って来る」という言いまわしや「広島」という
のを言う時には一呼吸置いて気合を入れて発音しないと
「しっぱってくる」「しろしま」というように発音して
いたらしく、これは西日本に転住して岡山県の人に指摘され
て初めて自分で
気づいた。「広い道」が「しろいみち」に
聴こえるのだと
言う。そんなはずはないのだけど・・・。
そういえば、地元の奴らと撞球している時に「しだりした
しねり」とボソッと言われて笑われていたが、あれはあたし
本人は
自分では「左下ヒネリ」と言ってるつもりだったのを
きっと
ネタにされていたのだろう。
馬鹿にしてるよな(苦笑

でも、俺ははっきしと「ヒロシマ」とか「ひっぱる」とか
言えるかんね。
ただ、西日本で「ここをまっつぐ行く」と言ったら通じな
かったのはこちらがハテナとなったけど。
でも、埼玉のやつらのように、押すことを「おっぺす」
なんて
こたぁ言わねぇよ、おれは(笑
魚屋うを新の言ってることは時々わかんねーからね。
「そいじゃあ、そいつは、はぁ、ぼっこしちゃうやね」って、
どこのもんじゃい!(笑
ということで、東京・埼玉・神奈川・千葉の人は「標準語」
がしゃべれません(笑)。

でもね、広島県の人も、一所懸命に「標準語」を話している
つもりでも、すぐに「あ、広島県出身」というのが判るよ。
だって「二千円」「五百円」という発音のイントネーションが
まるっきり標準語の発音イントネーションとは違うもの。
あと、「文法」という言葉のイントネーションね。
こういうのは、よほど自己改造しないと、ほぼ一生変わりま
せん(^^;
それと、九州出身者もすぐに判る。
二三言話したら九州出身とすぐに判る。
これもイントネーションに独特の訛りがあるから。傾向的
には九州弁は東北弁に非常によく似ている。
あと、この傾向は愛媛県松山地方と山陰の一部にみられる。

私は仕事上では、意思疎通のツールとしてはつとめて全国で
通じる「標準語」を使おうとしているが、感情的になったり
するとついつい東京言葉が出てきてしまう。
でも、「ってやんでぇ、べらぼーめ」とは言わないすから、
東京の人間(^^;
あと、寅さんは江戸っ子じゃないからね。
葛飾柴又なんてところが江戸であった試しは金輪際ない。
嘘はいけねえよ、寅さん。


 


峠仕様

2016年07月30日 | バイク・車


フルバケットシートの私の愛車(嘘)。

取引先の他県の会社の社長の愛車である。仕事の打合せで来訪。
東京の大学を出て公立中学校の教師をしていたが、家業を継いで
社長となり、現在は経営手腕を発揮している。私立保育園も経営
している。車とバイクが好きで、車はエンスーな車を何台も保有し、
手を入れながら古い車を大切に乗っている。
バイクは1970年代のホンダCB750FOURが愛車である。
これまたマニアというかエンスーというか(^^;
このレーシングシートのシェルはドライカーボン、一脚70万円(笑

仕事関係のつき合いでは、業界ではいろいろ嫌なこともあるが、
この社長とは個人的にもかなり懇意にさせてもらっている。
妙にウマが合うというか、同世代ということを超えて好みも漫画や
バイクや車やその他のことでも共通している。歳は私の二つ上。
いろいろな社会的な事も教えてもらっている。見た目もカコイイ。
奥様は女優さんみたいに美人で、お人柄もいい。そんな何拍子も
揃ったことってあるのかと思うようなご夫婦だ。
面白いのが、社長も亡くなった社長の御父上もご健在のお母様も
お子様も、すべて私の家族と年齢が二つずつ上であるという偶然が
ある。そして社長の御父上(元地方議員)は私の父と同じく昔若い
時にギター弾きだったという偶然も。家系的にも似ている先祖で、
明治以降の数奇な運命という点でも私とその社長は血のつながりは
なくとも、なんだかとても似たような境遇にあった。
私の娘が現在通う大学は社長の出身大学であるという偶然も重なる。
学部まで一緒だ(笑)。
個人的なところでは、御家にある刀剣武具類の目利きを私が頼まれ
て、何度かご自宅までお邪魔してお手入れさせてもらった。
名刀がかなりあった。社長は教育関係や自動車関係は詳しいが、
刀剣類は詳しくないとのことで、私でお手伝いできることがあれば
と刀剣類の面倒をみさせてもらっている。

人柄が厳しい吉備地方でも、私のような関東者でも違和感なく
心許せる人もいる。
日本一人柄に癖のある岡山県にも、地元広島県三原にも(岡山県も
広島県三原も吉備の国である)そのような人が何人かいるが、そう
した人たちとは仕事だけでなく、気の置けないプライベートなつき
合いもしている。一緒に撞球をしたり、渓流に一緒に釣行したり、
各地に旅行したり。
癖のある人だらけの土地柄でも、1000人に1人くらいは人柄が良い
のでつきあえる人もいる。

ただ、そういう人たちには共通項がある。
若い時に外に出て、外の世界を見知った経験を一様に持っている
のだ。視点にこの地域独特の俺様大将的な閉鎖性はまったくない。
そして、自分たちの生まれ育った土地柄お国柄の悪しき面について
は、きちんと客観視することができている。
結局のところ、私がプライベートで付き合っている人たちは、その
ような人たちだけだ。
何を好き好んで嫌な奴らとつきあう故があろうか。
職務上は、プロなので好き嫌い関係なくそつなく付き合わなければ
ならないが、プライベートの時間においては、嫌いな連中とはつき
合う筋合いはない。





三角乗り ~昭和の時代~

2016年07月28日 | 文学・歴史・文化・科学



「三角乗り」という。
大人用の自転車に子どもが乗る時の必須テクニックだった。
この自転車は「重荷(じゅうか)用」と呼ばれる自転車だ。
この三角乗りは私の世代頃までは知っているのではなかろうか。
この画像の少年は多分私の15~18歳くらい年上かと思われる。

私の世代頃までが「昭和」の戦後を知っていた世代ではなか
ろうかと思う。
戦後のまだ貧しかった時代から高度経済成長が開始した頃と
いう時代は、毎日がめぐるましくどんどん変化した。町も人も
世の中の仕組みも。
高度経済成長が終焉した1973年オイルショック以降は、現在
の21世紀の今とさほど変化はしていない。せいぜい電子機器類
が高度に発達した低度だ。
とりわけ、芸能人の現在の形態は1970年代中期~1980年代に
作られたので、現在もそれが踏襲されている。アイドルなどは
1980年代の「作り方」と現在もまったく同じである。

ただ、今のような「出来上がった後の世界」と、「出来上がる
過程」を見てきたのとでは、世界観そのものが大きく異なると
いうことが現実にある。
「歴史に学ぶ」ことの大切さというものは、空虚な絵空事では
なく、現実に人の生き死にに関わることであり、未来をどう
作るかのことであると私は思うのだが、なんだか変なことに
なりつつある。
「戦後世界」があたかも「悪」であるような風潮が作られつつ
あることに私は非常に危機感を持つ。
「戦後日本」は決して悪い世界ではなかった。
日本の現行憲法は米国主導で「作られた」ものであるとはいえ、
日本に多くの平和で人を大切にすることについての光明をもたら
したことは確かだ。
主権在民、平和主義、基本的人権の尊重という日本国憲法の
三原則は「戦後世代」は学校の授業で習ったはずだ。だが、
その三原則さえも「悪」であるかのように捉えようとしている、
あるいは捉えさせようとしている勢力が現在力を持ちつつある。
戦後の昭和20年代から昭和40年代まで「世の中をもっと良く
しよう」として自ら動いた国民がいた時代とは真逆の方向に
日本を持って行こうとしている力が、「社会風潮」として
この国を支配しつつある。
国民の生活をもっと良くしようとしてかつて国民が動いた時代
とは異なり、この国をどういう方向に持って行くか、という
支配者の意図の下に国民が動員されることに従う人々が増えると
いう戦後日本の大きな変化が今来ている。ある方向に国民が総動員
されつつある。
私は、今現在を「暗黒時代の前夜」だと思っている。

戦争とは、たんに武器兵器を用いた戦闘のことだけを意味しない。
あらゆる自由や人間的尊厳がはく奪されて、それを「正義」と
する国造りから戦争準備は着手される。事実されてきた。
現在、その国内再編洗脳教育が学校教育機関だけでなく、社会の
全領域で開始され始めた段階だ。
国内の文化などは1980年代とほとんど変わらないが、権力者が
この国をどのように持って行こうとしているかの意図の実行
段階が1980年代までとは大きく変化している。
そして、集団ヒステリーのように、軍国主義・帝国主義時代の
復活を求める人たちが増えている。
戦前てね、女性などは法的にも「無能力者」だったのよ。選挙も
「選ばれた人」しか国政選挙の選挙権さえ与えられてなかった
のよ。思想も信条も宗教も一切の自由はない。それらは敗戦により
初めて日本国内に登場したのよね。日本の今の自由は、苦々しくも
戦争に負けたことによって日本に初登場した訳。
そうした日本の体制の画期的な大変革の歴史を知らない世代が
まさに「出来上がった後」から生まれてきて、せっかく得た自由
の世界を捨て去ろうとしている。
たとえ他国から与えられたものであっても、自由は自由だし、国民
主権だし、基本的人権の尊重が不存在だった時代の日本より戦後の
日本のほうが100倍も1万倍も良いに決まってる。
戦争のためには国民を「ある方向」に総動員することが必要で、
そこではあらゆる「人間性」は否定され、それを正義とする世の中
が作られる。

国家総動員体制というものはそういうもので、ありとあらゆる
人間性や個人の人格はことごとく踏みにじられる。
今の流れのままだと行きつくところはそういうところだということで
あるのに、それをなぜ好き好んで多くの人が望むのか私は不思議で
ならない。
現行の流れに反対している世代が高年齢層に多いというのは私には
理解できる。過去の現実を知っているからだ。絵空事やバーチャル
ゲームではない現実世界をその身で味わって知っているからだ。
現行の潮流の方向を諸手を挙げて歓迎しているネトウヨやゲーム
オタクや刀剣ファンタジーオタクたちは、彼らが望む世の中が到来
したら、真っ先に自分たちが保安処分対象になるというのに、その
ことが分かっていないのだろうか。
「ちょっと待ってくれ。そういうつもりじゃなかった」と、体制が
「完成」した後から言ってももう取り返しがつかない。気づくのは
今しかない。

「昭和」という時代は、日本の他国への進出と侵略、世界大戦、
日本の壊滅的打撃と敗戦、戦後の民主主義と戦災復興、高度成長、
超平和な1980年代という激動の歴史だった。
「平成」という元号は私は好きだ。響きも字の原意も好きだ。
だが、平成に入り、世の中の動きはその元号の願いとは別に、
「戦後」を否定する動きに大きくシフトした。
今上陛下が即位されたときの御言葉を忘れてしまった人が多い
のではなかろうか。
今上陛下が即位されたときの御言葉は次のようなものだった。
「国民と共に憲法を守っていきたい」

陛下は戦前、戦中、戦後、そして21世紀の現在と、すべての
時代をご覧になっている。
その今上陛下の御言葉がそのような御言葉である。
この深さをどれほどの国民が真摯に噛みしめているのだろう。


昭和大戦の戦災後に復興しつつある日本国内で遊ぶ子どもたち。
昭和20年代か。
刀工小林直紀康宏と同世代と思われる。


シキミとサカキ

2016年07月28日 | 文学・歴史・文化・科学

墓参りに行くのに、シキミと間違えてサカキを買って来て
しまった俺(≧∇≦)

途中で気づいてすぐに返品して交換してもらった(笑





さて、どちらがどうなのでしょうか。

懐かしい英国車

2016年07月27日 | バイク・車



昨日、尾道市内を走っていたら、まるで俺の車そのものを見た。
信号で止まった瞬間にスマホ望遠で速写。


新型ミニクーパー

2016年07月26日 | バイク・車



新型ミニクーパー。
クリーンディーゼルエンジン、170馬力。
いいね♪


鈴鹿8時間耐久ロードレース トライアウトファイナル

2016年07月22日 | バイク・車

鈴鹿サンデーロドレース 8耐トライアウトファイナル1


鈴鹿サンデーロドレース 8耐トライアウトファイナル2


うおお~!頑張れ!
と応援していたけど、なんとも残念。
来年も8耐出場を目指すならば、頑張ってほしいす。


こちらもどうぞ。
聴力障がいを持つ女性レーシングライダーがヨシムラスズキで8時間耐久に挑む。
鈴鹿8耐久



生きるスタンス

2016年07月22日 | 文学・歴史・文化・科学

この人のツイートは最高である!
ツイートとは、かくありたい。
(ってことは本人まったく考えないだろうが)

こちら → 阿蘇カラクリ研究所

このすっとぼけ方、江戸風味を感じるが、熊本にも
こういう人がいたのか。世の中広い。
私が知ってる熊本の人は親族身内含めてドがつく真面目
な人ばかりなので。いや、この方が不真面目ということ
ではなく。
発想や各発言から推察するに、たぶん私と同世代か少し下。




メインサイトはこちら → 
阿蘇カラクリ研究所



たくろう大先生の女性の好みに関する若干の考察

2016年07月21日 | 文学・歴史・文化・科学

吉田たくろう(大先生)と私の女性の好みはとてもよく似ている
と私は思う。


最初のたくろう(大先生)の奥さん。四角佳子さん。通称おけい。
六文銭に入る前はこの名前でデビューしていた。
おけいこの時17歳頃か。おいらは好きだったわぁ。私の8歳年上。


二人目の奥さん。言わずと知れた浅田美代子さん。
かーいかったす。私の四つ年上。


たくろう(大先生)は、女性を好きになると歌を作っちゃう
癖がある。
斎藤眞理さん(芸名天地真理)ともいろいろあったんだよなぁ。
本人とおいらが何度も会ってた頃、たくろう(大先生)との
ことを訊こうかと思ったが、さすがにそれは訊けなかった。

ただ、シンシア=南沙織さんだけは落とせなかったようだ(笑

三人目の奥さん。森下愛子さん。この人も私は好きでした。
映画『サード』がよかった。私の二つ年上。



共通項がおわかりだろうか。
たくろう(大先生)の好みは離れ目系ということでガチ(笑)。
この系統タイプを好むことを私は全面同意する。
そうそうそう、異議な~し!(異議ある場合はナンセンス!と
ここで入る)


ただ、たくろう(大先生)がおけいと歌った『春の風が吹いていたら』
(1973年)は
とても個人的にも好きな曲だったし、二人のサラリと
歌うさわやかさがすごく
よかった。
たくろう(大先生)が1975年におけいと離婚したとき、ばっかじゃ
ねえのかこの御大将は、とか思った。
あの頃のおけいの歌声は、同時期に活躍していた高木麻早さんが
とてもおけいによくにた声質で印象に残る名曲を歌っていた。


春の風が吹いていたら♪(たくろう&おけい)

最近のおけい=四角圭子さんの『春の風が吹いていたら』。
なんだか切ない感じがする。
春の風が吹いていたら(四角佳子)



オマケ。
想い出が多すぎて 高木麻早(1974年3月25日)
作詞:北山 修・杉田二郎 作曲:高木麻早 編曲:萩田光雄


昔、この高木麻早さんのこの曲の歌声にとてもよく似た人がいた。


火垂るの墓 「映画批評家 ロジャー・イーバート インタビュー映像」 (1999年)

2016年07月21日 | 文学・歴史・文化・科学

火垂るの墓 「映画批評家 ロジャー・イーバート インタビュー映像」 (1999年)



海外「史上最も悲しい作品」 『火垂るの墓』に外国人が涙・涙・涙....


パナマ帽の被り方

2016年07月20日 | 文学・歴史・文化・科学

日本人というのはベレーもしっかり被れなかった。
私が金字塔と呼ばれたベレーのかぶり方解説サイトを公開して
からはだいぶ世の中は変わったが。(自惚れとかでなく事実として)
自衛隊幹部教育テキスト「将校のたしなみ」では、まるまる私の
解説サイトの画像図示と方法が参考利用され、私の発表数カ月後に
改訂版でそれがモロに教育テキストに掲載された。

しかし!
ベレーもだらしない被り方ばかりだったが、どうしてこうして
間の抜けたようにハットを被る?
これ、広告のモデルがやっているのだから、頭痛くなる。
大正~昭和初期の日本人のほうがずっと垢ぬけていた。


パナマ帽というのはこうやって被るんだよ!


こう。


こう。


これ。


え?白人だからカッコ良く被れるのだって?
馬鹿こくでねえ。言いわけすてどうすっだよ。
日本人だってフッツ~に決めて被れるよ。

こう。


こう。


こう。


こう。これは先月、全剣連所属の東京の居合の高段者たちの装い。


女性も。

この「カシラ」はキムタクも愛用してたメーカーだよね。

それが、どうしたらこのような虫取り少年のようなダサダサに
なってしまうのだ?


(パナマ帽の広告から)


ここまで自分の世界に入れとは言わないが、きちんと帽子は被れよなぁ。


しかも、パナマ帽を売る販売店の広告でそういうのがあるのってのが
信じられない。きちんとしたメーカーさんは店員さんもビシッと
被っているのだが(かつてはベレーだけは×だった)、どうにも間の
抜けた蝉取り少年被りだけは勘弁してもらいたいと思ったりするのよね。
そう思いますよ。

日本人だろうと、きちんとキメて被ることは簡単なことなんですよ。


ということで、1984年の俺。

暑いから水鉄砲で武装してるんだぜっ。
冗談抜きにすると、俺は高校生の頃からパナマ帽のストロー
ハットを被っていた。高校時代の赤坂でのパーティーなどでは
フエルトのハットも被っていた。

日本人というのは中世まで烏帽子が必須だったので誰もが
きちんと被り物を被れて、だらしなくはなかった。(江戸時代が
始まるまでは人前に出る時に烏帽子を被らないのは、庶民から貴人
に至るまで失礼にあたることだった。人前で被り物を取るのは
江戸期に始まった礼式である)

明治維新後も洋式化の波の中でも、日本人はスマートに洋装
着こなしていた。

カンカン帽と呼ばれたボーダーハットに至っては、大正~
昭和初期に大流行して、多くの日本人がハットを被りこなして
いた。

(昭和初期の東京の通勤風景)

(昭和初期の銀座。左二人がカンカン帽、右がパナマ帽)


東京だから垢ぬけているということではない。
江戸時代生まれの
おらのひいじいさんでさえ昭和時代には
ハットを被りこなしていた。和服にハットなどといういで
たちだったが、帽子はだらしなく後ろ下がりでデロ~ンと
被ったりはしていなかった。


ほんまに頼むわぁ。日本人は被り物をダサく被る歴史はない。
新たに変なの作らないでくれ。


発見! 武技に関する雑感

2016年07月20日 | 映画・ドラマ・コミック



胴太貫を使った公儀介錯人拝一刀の必殺技「水鴎流 波切りの太刀」は
カムイの「変移抜刀霞斬り」と原理が同じであることを発見した!(笑)



ということは、原作の劇画『カムイ外伝』(1965年/白土三平
作)のほうが
劇画『子連れ狼』(1970年9月/小池一夫原作)
よりもずっと古いのであるから、
『子連れ狼』のほうがパクリ
というか原理ネタ流用ということに
なる。白土三平先生すごい。
さらにこの『カムイ外伝』と同時期に連載された『ワタリ』
(1965年/白土三平作)において、この変移抜刀霞斬りと同じ
原理の印地技が出てくる。
技で使う投擲武器をムジンと呼んだが、実はこの技もまったく同じ
ものが『子連れ狼』に「御手玉の剣」という技名で柳生鞘香が使う
必殺技として登場する。
子連れ狼の原作者小池一夫先生は、結構やらかしてますなあ(^^;

それにしても、なぜ「変移抜刀霞斬り」が英語字幕スーパーでは
Double-Mutation Brush-Cut sword charge. になるのだろう。
直訳するならば、Variable Drawing-sword Haze Cut あたり
だろう。
なぜ brush としたのだろう?
もしかして、「霞」を「かする」と解釈した?
「かする」ならば brush という英単語を誤解で宛てたのも頷ける。
多分だが、「かすみぎり」ということの意味がわからず「かすって
斬る」と解釈したと私は推測する。
かすって斬るのと、霞のようにいずこからともなく立ちのぼる
のでは全く意味が違う。意味というか、要旨の次元が違う。
なぜそのような翻訳となったかというと、中途半端に日本語を
知っている米国人の聴き取り翻訳だろう。戸田奈津子の外人版か。
こういう日本語のセリフの英文への誤訳は結構ある。
それこそ萬屋版『子連れ狼』での英語字幕の誤訳などはひどい。

それについてのマニアック考察はこちらをご参照ください。 → 寒到来
オマケでこちらも → 子連れ狼の水鴎流について


戸田奈津子の字幕が、映画作品の意味を全く改ざんしてしまうほど
いいかげんな翻訳であることは世界的に有名で、『ロード・オブ・ザ・
リング』では原作者がカンカンに怒って戸田を下ろした。
戸田のトンデモ訳で日本人が誤解して覚えたことは多い。
有名どこでは『プラトーン』(1987年)で、「Lock and Load !
(装填しろ!)」を字幕で「ロックンロール!」と
やらかしたことだ。
おま、LとRだと発音全然違うだろに、英語翻訳の大家がなにやってん
だよ、と思う。実際に1987年の公開時に映画館で見た時の字幕を
見て私は「はぁ?」と思った。
その間違いをそのまま信じ込むことが当時の日本国内で流行り、
漫画『右向け左』においては、実弾を64式小銃の薬室に装填しながら
「ロックンロ~ル」とやるオタクが出てきた。
また、国内のサバゲシーンでも多くが「ロックンロール」と言って
ボルトを引くアクションをする者が多くいた。
アホかきさ~ん!とか思っていたが、あえて言わなかった。
そして、これも私は15年ほど前にそのプラトーンの誤訳をネット上
指摘していたのだが、それまではそうした指摘は国内では見られ
なかった。


嘘も続ければ本物になる?
ならないよ。嘘は嘘。間違いは間違い。
嘘は正義ではないが、正義が必ずしも力を持つかというと、そんな
ことはない人の世の定理これあり。
だが、個人的には捏造・詐欺は大嫌いである。
そして、インスパイアや参考などと剽窃・盗用は大きく次元が異なる。
盗用は読んで字のごとく、盗みなのだ。
盗泉の水は飲まぬとはいうが、そうではなく指摘されたら逆切れで
大騒ぎ、自分たちこそが被害者であるというような振る舞いをする
者は人の世に多い。自分が盗んでいながら盗まれた方を悪く言ったり
とかね。それを人の世では「盗人猛々しい」などと云われたりしている。
まあ、一言でいうと「さもしい」の一言。
偶然の一致というものはあるだろう。
ただし、それがすべて全領域においてだとしたら、それは偶然の一致
などとするのは苦しい。苦しく見苦しい。

表現芸術の世界ではさまざまな創作があるが、ことリアル世界の武技
に関しては剽窃・盗用と参考導入発展昇華はまったく別次元のことで
ある。

ということを、昨夜映画『カムイ外伝』を観ていてふと感じた。


し じょ う じょ し 史上最強、試乗女子。 <小山美姫 インタビュー編>

2016年07月19日 | バイク・車

し じょ う じょ し 史上最強、試乗女子。 <小山美姫 インタビュー編>


この人のファンになりそう(^^)

海外の反応
「日本初を狙います!」

世界を目指す日本の若き女子高生レーサーに外国人が感動!


チーム力

2016年07月17日 | バイク・車

爆速 F1のタイヤ交換がなんと2秒 超ハイスピードタイヤ交換シーン!


チーム力ってすごいね。


し じょ う じょ し 史上最強、試乗女子。

2016年07月17日 | バイク・車

し じょ う じょ し 史上最強、試乗女子。


サーキットでの試乗は受け付けていないと釘を刺しながら、
この時代性を無視したCMを作ったホンダに乾杯!(^0^)

この根性がホンダらしくて好きさ。
問題あるけど。

地味なドジっ子ちゃんを演じきってるこちらの子もなかなかだけどな(笑
【ドッキリ】教習所でドジな女の子が凄まじいドリフトの連続!サプライズ!


問題というのは、ホンダのCMはこの海外ドッキリのパクリのような気もする
のよね。
てか、パクリでしょ?
CM作った広告代理店さん。

というか、レーシング・ドライバーのジェフ・ゴードンのこのペプシのCMの
パクリだろうな。ホンダのCMは。
ドジっ子ちゃんドッキリ動画が最初かこちらのペプシが最初かは分からないが、
ホンダのCMはどちらに転んでもパクリということでガチかな。
パクリをしらばっくれてCMとして流すところが、なんとも中華天心丼くさくて
香ばしくて乾杯だっ(^0^)

【ドッキリ】スポーツカーに試乗したら大変なことに!サプライズ!


俺も「もう一度いいかい?」と言ってみたい(笑