渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う(パンセ) 渓流詩人の徒然日記 ~since May, 2003~

喧嘩屋右近 ~杉良太郎~ お見逃しなく!

2015年10月30日 | 映画・ドラマ・コミック





キターーーー!
ドェヘッ!ドヘヘヘッ、ドェヘッエヘヘヘッ!エゲゲッヘヘヘ。
喧嘩屋右近だぜ。

番宣 こちら


なぜか、大人の事情というやつでDVD化されていない隠れた
人気時代劇『喧嘩屋右近』がBSジャパン(テレビ東京系)で一挙放送
される。

これは見逃してはいけやせんぜ。
おいら全部ビデオで持ってるけど、やはりデジタル放送のほうが
クリアだからね。ぜ~んぶ録画して時代劇ライブラリーに加えるっす。

『喧嘩屋右近』は1992年から1994年まで放送された人気時代劇で、
原作は林不忘(本名長谷川海太郎)の『魔像 -新版大岡政談-』だ。
林不忘は大正~昭和初期に活躍した新潟生まれ函館育ちの文人で、
旧制函館中学から明大に進み渡米した後帰国して作家活動に入った。
有名な作品は『新版大岡政談』で、その作は後に『丹下左膳』と改題
された。丹下左膳は皆さんも知ってるでしょ~。

「喧嘩屋右近」はその「大岡政談」の中の「魔像」という小編に出てくる
茨右近というカブキ者が主人公だ。
茨右近自体は映画『魔像』(1952年/東映)で大友柳太朗が演じていた。
その後、1960年に映画『大岡政談 魔像編』では若山富三郎が演じた。
平成時代劇ドラマの『喧嘩屋右近』は、1989年に放送したTV時代劇
『大岡政談 魔像』(フジテレビ年末時代劇スペシャル)において主演
した杉良太郎が右近役を気に行って自ら企画し、テレビ東京/松竹に
よって製作された時代劇で、キャラクタはフジTV版右近を継承している。
私は1989年末のフジ版右近を見て一発でファンになったが(それが
1989年からやり
はじめていた居合にのめり込むきっかけでもあった)、
1992年から始まった
テレビ東京版『喧嘩屋右近』の大ファンでもあった。

しかし、どういう訳か、現在までビデオ化もDVD化もされていない。
たぶん著作権等の複雑な絡みがあるのではなかろうか。
意外と知られていないところでは、現在はオールクリアになったので
アニメ『ルパン三世』のキャラクタがあちこちに登場するが、つい10数年
前までは複雑な大人の事情があって、一切『ルパン三世』キャラは世に
出てこなかったのである。露出はアニメの再放送くらいしかなかった
のだ。ルパン人気が爆発的になったのは1990年代後半からである。
それまではルパン三世の解説書にさえ一切アニメ画像や原作画像が
使用できないという状態で、「まったく絵の無いアニメ漫画解説本」という
世にも不思議な書籍が書店に並んだりしていた。
ルパンはクリアになってから大人気となったが、時代劇TVドラマ『喧嘩屋右近』
は今後もDVD等でメディア化されることは無いように思える。

ちなみに小林康宏作の日本刀が俗称「斬鉄剣」と呼ばれるようになったのは
アニメ『ルパン三世』シリーズvol.1時であり、ルパンは東京12チャンネル(現
テレビ東京)で深夜に放送されていたマイナーアニメのため、東京地方限定で
しか小林康宏は有名ではなかった。しかも日本刀を実用で使用する剣士たちの
間でしか喧伝されていなかった。だが、私が二代目小林康宏と出会った90年代
初期には、ルパン三世は前述のようにメディア登場できないような時代背景だった
のだが、斬術を行なう剣士の間ではすでに小林康宏作は「リアルな斬鉄剣」と
して伝説化していた。レジェンドは90年代初頭にすでに確立していた。
私も最初は「うっそ~ん」とか思っていたが、実際に鉄が裁断できるので、
ぶったまげた。そのような日本刀はかつては多く存在したが、ちょうどほぼ
消滅期に入った頃で、私の中での当時の時流の現代日本刀の概念が一発で
吹っ飛んだ。二代目小林康宏も「斬鉄剣として康宏作を広めたのはあぁた」とか
今言うが、それは歴史的にかなり違う。私が墨田区千歳の日本刀探求舎鍛人に
通い始めた頃はすでにレジェンドは確立していたのだ。それが証拠にはライダー
1号の男藤岡がハリウッド映画『SF ソードキル』(1984)中で使用した日本刀は
すべて真剣、すべて小林康宏作であり、劇中ではカンカンキンキン刀と刀をぶち
当てたりしていたし、その後も多くの俳優たちの間で抜刀をやる役者は康宏を
愛用していた。理由は一つ。「実用において不安なし」だからだった。
真剣刃引きの本身(演劇界独特の言い回しで私はこうは呼ばないが)において
こういうことになっては困るからだ。
Sword break

危ないなぁ。スタジオで緊急手術って・・・ビッグダム!で済むのかしら・・・。
さすが生放送中なのでこのような事態でも放送禁止用語を言わないのは
実演販売のプロとはいえるが・・・。本当ならば、いまいましいではなく、
糞ったれとかこん畜生とかとっさに言いそうなヤバい事態だ。
刀屋うを新が「考えてみたらあたくしは放送禁止用語オンリーでしゃべってる
ようなもんで」と言っていたが。
「刀屋も八百屋と同じで放送禁止だとしたら、八百屋さんと同じく後ろに『さん』を
つければよいって事ですかね。てことは、『ちんどん屋』もいけないんすかね。
八百屋さんと同じで『ちんどん屋さん』ならばいいの?え?あらそう・・・。
だったら、どうせなら、それだけでなく前に『お』を着けたらどうすかね。ちんどん屋
の前にも」
と言っていたが、そのようなオチで済まないのが刃物による事故だ。
この動画は日本刀ではないが、日本国内で作られた現代日本刀でもこのような
ことは起きている。畳表に斬りつけただけで折れ飛んで行ったりとかe.t.c.・・・。
それは現代刀にあっては当たり前のことで、現代刀工を責められない。
現代刀は美術品であり、試斬などに使うためのことを一切考慮していない
からだ。つまり美術刀には実用性は一切関係がない。ただ見た目がどの
ように美しいかが現代「名刀」製作の判断基準だからだ。
そのような美術品を武用などに使うなどというのはとんでもないことで、
「使うほうが悪い」と刀匠や周辺部分に言われたらそれでおしまいだ。
周りに危険を及ぼさないように、武家目利きは慎重になさってください。
折れ飛んだ刀身が首筋かすめて頸動脈斬ったり、大腿部の動脈損傷したり
手首斬ったりしたら、それでもうサヨウナラだからね。
だから、チャラチャラとはしゃぎながら物斬りしたりは絶対にしないでほしい。
過去の『座頭一』での事故は悲惨極まりない。あれは撮影合間に肩に真剣を
担いでいて、呼ばれて振りかえったらフクラでスパッとスタッフの頸動脈を斬って
しまったためにスタッフが出血多量で死亡した。
刀の作者は康宏ではないが、いくら日本刀とはいえ、自作で傷害致死になった
とあっては喜べないし刀工にとっても大きな不幸だし、第一そんなこと以前に、
そんな保持者の不注意の事故で死んでしまう人がいることが悲惨過ぎる。
何より、現代においては、刀で現実的に人を傷つけることがあってはならない。
美術刀とはいえ、鑑賞においても真剣日本刀の取り扱いには十分ご注意ください。

茨右近のキャラはルパンと五右衛門と次元が合体したようなキャラだ(ルパン
よりも悪ノリしすぎだが)。
真面目な時代劇というよりも、娯楽時代劇として楽しめる。
途中で相方恋女房のお弦さん役が萬田久子さんから坂口良子さん(10代の
時は
うっそみたいに可愛かった)になったが、
私個人は萬田久子さんの弦のほうが好きだった。坂口さんは右近とチュー
しないんだよね(笑)。萬田さんは右近が「かあちゃ~ん」と抱きついてチュッチュ
しても普通にお弦さんで演じ切っていた。
どうやら、10代の時にうっそみたいに可愛かった女優さんは、そういう役には
入り込まないつもりなのかしらね。


こういうのは映画『釣りバカ日誌』にもあって、主人公浜崎(はまさき)伝助の
妻役の初代みちこさんが石田えりさんで、ハマちゃんが「みちこさ~ん」と
抱きついたりしても石田さんはみちこさんになりきって演じていたが、二代目
みちこさん役の浅田美代子さん(10代のときはうっそみたいに可愛かった)は
西田敏行さんに抱きつかれたら応じても嫌々というのが見え見えでシラけた。
こういうのはですね、役に入り切ってほしいと思います(笑

そういえば、『釣りバカ日誌』もテレビ東京系(広島では一般受信できず)で
TVドラマ化で復活している。10月放送開始で毎週金曜20:00からだ。
なんと、スーさん役を西田敏行さんがやっている。

最近おもしろい番組が少なくて、視聴率命のTV業界はフジを筆頭に低空飛行
だが、「また観たい心に残る番組」が少ないからではなかろうか。
焼き直しバラエティーにばかり比重を置いて、目先の視聴率にこだわるから
低迷しているようにも思える。
ドラマにしても然りで、キャスティングの話題性のみで、作りが甘すぎる。
意外だったのは『ド根性ガエル』で、ひろしの母ちゃん役は柴田理恵さんしか
ないだろうとか思っていたら薬師丸ひろ子さんだった。ひろし役の松山ケンイチ
さんは
もうこれはまるっきりひろしの30年後はこの人だろう!という位にハマって
いたが、
それよりも特筆もののネ申はピョン吉の声を出した満島ひかりさんだった。
女優としてのキャラクタとはまったく異なる職人技を見せてくれてた。そこらの
声優さんよりもずっと良かった。プロの仕事ぶりを見た(聴いた)。
京子ちゃん役は・・・論外っすね(^^;

TVドラマの復権を願う。

とりあえず、今晩20:00~は本家に行って『釣りバカ日誌』を観るか。
(本家宅は以前住んでいた時に私がケーブル放送契約しているので、一般
放送以外のチャンネルも観られる)


映画の不思議

2015年10月20日 | 映画・ドラマ・コミック

まあ、シュワちゃんの名作『プレデター』ではあるのですけどね。



ナイフはともかく、どんだけロープ(パラコード)持っていたのかと(^^;



俺は男だ!

2015年10月15日 | 映画・ドラマ・コミック

' さらば涙と言おう ' 森田健作「おれは男だ!」主題歌


しゃあ!いや、しかしだなぁ!
コージ、そんなことじゃあいかん。

俺は吉川君よりも、だんぜんライバル剣士丹下竜子役の小川ひろみさんだった(笑






でも、やっぱり麻丘めぐみさんがかわゆす(^^)





ヒトラー暗殺、13分の誤算

2015年10月15日 | 映画・ドラマ・コミック



→ 公式サイト

絶対に観に行く。


空力ベンツ

2015年10月06日 | バイク・車

Mercedes-Benz TV: Intelligent Aerodynamic Automobile ? the “Concept IAA”.


「ベンツがとんでもない未来型コンセプトカーを作った。
それは走行中になんと変形するのだ」
とのネットニュースのふれこみなので動画を観てみた。

なんてことはない。単にエアロパーツが伸びて来て、
ホイル中央部が機械的にせり出して来るだけだ。
それを電子制御で行なうのだが、まあ1960年代の
ボンドカーとさして変わらない。

あたしゃまたトロンのバイクのような未来マシンができた
のかと思ったよ。つまらん。

こういうのベンツとはいえないと思うし。
やはり、最初で最後のあの一瞬の煌めき、500Eだな(笑

未来カーとしては、こちらのほうがずっとカコイイ。
しかし、デーハ~だね~、プレゼンの演出があちらさんは。
2016 Bugatti Vision Gran Turismo - World Debut - LIVE - Frankfurt IAA


にしても、イタリア男の英語って、イタリアンとすぐに判るね(^^;
まあ、ピリピンよりは判りやすいけどさあ。ビリヤードチャンピオンの
エフレン・レイアスなんて何言ってるかサパーリだもの。あのバカボンの
パパみたいなおっさん。

パキスタン人の英語なんて、最初から何言ってんだかでんでんわけ
わかめどすえ。
日本人のほうがずっと英語自体は上手い。
ただ、話せる奴と話せない奴がきっぱり別れてるのが日本人でもある。
高校行ったなら英語を中学から連続6年も勉強していて話せないなんて、
遊び仲間の
ドイツ人などからしたら「信じられね~」とか言ってたよ(苦笑
ま、俺もベラム~チョには話せないけどな。そんでもターザンみたいな
話し方
だったら何とか通じる。
てか、接していても、まったく動じないのだけど、俺。西欧人がジャパ
ニーズよりも偉いとかいう気持ちはこれっぽっちも
ないから、俺には。
あとな。でけ~声で言うこったな、通じさせるには。
でも女性口説く時にはフランス語みたいな鼻に抜ける発音の小声
の英語でね。

アザブジュバ~ン、みたいなね(笑
ケスクッセ?ノンノン、ケツクッセ、とかよ~。
これは外人パブネタだった。ヒンゲーですまん。