JACKIE

Beautiful Things in My Life

アイ・アム・ジャッキー、シカゴアン ‐最後の夜編‐ last night in Chicago, I miss it!

2011-12-30 | 旅行記

シカゴオールドタウンで楽しい楽しいひと時を過ごした後、

とうとうシカゴ滞在最後の夜を迎えることになった。

この日も泊めていただいてるキャッシー宅から、歩いて10分ほどのところに住む、ヴィッキー宅へディナーをよばれに行くことになった。

アメリカでもお呼ばれのとき、当然手みやげがいる。

日本のように「つまらぬものですが。」なんてありえない。

Perfect_roses ジャッキー、さっそく近くのスーパーへ、手みやげを買いにいった。

ヴィッキーは女性やから、やっぱし花束を持っていかな。

花売り場に行くと、バラがいっぱい売られてた。

1ダースが9.99ドル、日本円で1000円もせえへん。

これはええと、その中で一番綺麗な赤いバラを買った。

Bouquet_of_rose それと持っていくもんは、ジャッキーの経験上、ワインボトルがええ。

そんなんで、カベルネソービニョンのワインを一本買った。

これで完璧やろ。

キャッシーと二人で、ヴィッキー宅を訪れた。

ヴィッキー、めっちゃ喜んでくれて、

バラの花束をすぐ、花瓶に移した。

その花瓶の水に何か薬品のようなもんを入れて、

「これ入れとくと、長持ちすんねん。」と。

Vickys_dinner 何か手馴れてるなあ。

ディナーは、野菜主体のヘルシーな手料理やった。

これが、標準的なアメリカン料理と思ってもらっては困る。

全然違う。

ヴィッキーはダイエットしてるんや!

最後の夜、外食でなく、

Cathy_vicky_jackieアメリカ人の家で手料理をいただけてほんまに良かった。

ありがとう、アメリカンズ!

ありがとう、シカゴアンズ!

また帰ってくるで。

このシカゴへ。

  ‐この手記、おわり‐

コメント

ザ・ヒレ酒 hot sake with baked blow fish fin

2011-12-25 | グルメ

今日はほんまに寒い。

この冬最高の寒さかも。

,

外に出ると、顔に吹き付ける風がほんまに冷たい。

こんな日は、熱~いお酒をいただきたい。

その中でもフグのヒレ酒なんて、最高ちゃうん。

Blow_fish_fin_sake ということで、行きつけの京橋マルシンへブランチに行った。

たぶん今年最後のマルシンブランチになると思う。

入ってから、軽くビールをいただいた後、

待ちに待った、ヒレ酒を注文した。

熱めのカンやから、フーフーしながら飲まなあかん。

うまい!

何とも言えへんコクのある味や。(日本人に生まれて良かった)

普通の酒が、特別な酒に変わる。

For_seconds ヒレ酒の2杯目は”つぎしゅ”で、同じヒレに熱い酒を注いでもらうけど、

一杯目の時にヒレを出しておくのが、コツなんや。

.

入れっぱなしにして飲んでると、ダシが出過ぎて2杯目に影響する。

こうすると、3杯目までは、もつんや。

マスターに

3杯目を頼んだら、

小さな新たなヒレを足してくれた。

Drying_fin

うれしいなあ。

4杯目を追加したなるやん。

帰りしな、

マスターが、

「これ持って帰り。」

と店中で干してるヒレをくれた。

Given_fins

これを家でコンガリ焼いて、

家でもヒレ酒するで。

正月用に置いとくで。

今晩で使い切ったらアカンで。

コメント

クリスマス・イブには雪を降らせて let it snow! at the evening before christmas

2011-12-24 | 日記・エッセイ・コラム

今日はクリスマス・イブ。

クリスマスは明日やから、正式にはイブニング・ビフォー・クリスマスとちゃうんやろか。

街角には、クリスマスツリー、銀色のキラメキ。

ジャッキーの得意な歌の一つや。

Michale_bubule_christmas_2 今アメリカでは、マイケル・ブーブレのクリスマス アルバムが大ヒットしてる。

ロマンティックな歌声が人々を魅了する。

声がセクシーな上に、ルックスもカッコええ。

マイケルがクリスマスのスタンダードナンバーを歌ってるこのCDを買いたい。

”Have yourself a merry little christmas" も歌ってる。

歌詞の中に

”from now on, our troubles will be miles away”

というのがある。

”これから、嫌なことは遠くへ行ってしまう。”

と。

これは今年ももう終わりで、来年(これから)は良くなるでっちゅう望みなんや。

マイケルが歌ったら、かぁなりロマンティックに聞こえる。

Let_it_snow

それと、”Let it snow”

”別にどこも行くとこないから、せめて雪を降らせて。”

という、これもロマンティックな歌や。

この歌を聴くと、

Best_christmas_movie 映画「ダイ・ハード」を思い出す。

最後のシーンでこの let it snow が流れる。

何故かこの映画、いつもクリスマスシーズンなんや。

ジャッキーも今宵、クリスマス・イブは特に用事はない。

大好きな泡盛を買ったから、

それを呑みながら、

せめて let it snow!

雪を降らせて!

コメント

アイ・アム・ジャッキー、シカゴアン -オールドタウン編- Chicago old town

2011-12-23 | 旅行記

Chicago_old_town_2 キャッシー宅、二泊目。

お天気は最高!

ということで、どこに行こうか。

シカゴ市のほとんどを知り尽くしてるジャッキー、

一応持ってきた”地球の歩き方 シカゴ版”を見ていると、

けっこう近くにまだ行ったことのない「オールドタウン」というのが目に入った。

オールドタウン(古い町)、ええ響きやから、そこに行くことにした。

市バスに乗って30分ほどで到着した。

ええ街並みや。

歩いていると、あっ!寿司屋の亀八や!

Sushibarsここにあったんや。

初めて来た10年前に連れてきてもらったことがある。

ほんまに美味しいお寿司屋さんやった。

「これは本物です。本場の日本人が食べても旨いです。」とアメリカ人のキャッシーに伝えると、彼女は喜んでた。

ただ、握ってる職人さんは、中近東系やったけど。

もう少し歩いていると、またまたお寿司屋さんがあった。

オープンカフェスタイルのお寿司屋さんや。

アメリカでは、お寿司屋さんもオシャレやなあ。

Old_town_pubジャッキー、お寿司屋さんはええ、アメリカンスタイルのバーを探すんや。

いっぱいある中、ちょっとひっそりしたエエ感じのバーを見つけた。

ここに入ろう!

決めたら即、飛び込むのがジャッキー。

入ってみるとなかなかええやん。

大好きなダークビアーを頼んだ。

In_old_town_pubうまい!

ビールを出してくれる女の子に記念の写真を撮ってもらった。

その後、「あなたも撮っていい?」

と聞いたら、ニコッとわらって

「OK!」

こんなポーズを取ってくれて。

かわいい!

ええバー、見つけた。

次シカゴに来たら、必ず来よ。

  。

3杯目のビールを飲みながら、

Outside_of_bar_2外を窓越しに見ると、

老夫婦がお茶してた。

何かホッとする光景やった。

   - つづく -

コメント

トナカイとせんとくんが混同した日 put fake antler on my head

2011-12-18 | 日記・エッセイ・コラム

Sant_clauses クリスマスシーズンがやってきた。

ジングルベール、ジングルベール、ジングルオールザウェイ

と歌が聞こえてくる。

当然まちにサンタさんがやってくる。

ということで、サンタさんがやってくるとこへ行った。

子供たち大満足のこのイベント、

ほんまに凄い。

Happy_imazato外に出ると、キャンドルサービス。

小学校の校庭がアートになる。

キャンドルで書かれてる文字は

「はっぴー いまざと」

そして正門に飾られたクリスマスツリー。

何とペットボトルで作られてるんや。

Pet_bottles_treeこの作業、ペットボトルを集めることから始まる。

大阪の一地域でこんなイベントが行われてるんや。

大阪はええなあ。

せやけど、

やっぱりアメリカが合うなあ。

アメリカでクリスマスしたい。

それこそ、

ジャッキー、

トナカイになってもええ。

”せんとくん”にでもなるでえ。

コメント