JACKIE

Beautiful Things in My Life

トラ、トラ、私は大トラ remember pearl Harbor

2008-12-08 | うんちく・小ネタ

今日12月8日は、真珠湾攻撃の日。

終戦記念日の8月15日は新聞など、多数報道されるが、今日は何もない。

真珠湾攻撃を描いた映画、”トラ、トラ、トラ”は当時小学校生の私でも、未だに心に残る。

映画の冒頭、パーティーでアメリカ軍が、はしゃぎ踊って遊んでいるシーン。

かたや、軍艦のデッキの上で、白い軍服を着て、整列した日本海軍のシーン。

これから攻めていく日本軍と、何の予想もしていないアメリカ軍の対比シーンは素晴しい。

本日、その奇襲の日、何の報道もないが、非常に意味のある日だ。

戦争はあかん、そんな事、誰でもわかってることやのに、繰り返される。

”トラ、トラ、トラ”とは、この真珠湾攻撃作戦での暗号名で、「われ奇襲に成功せり」という意味だ。

そんなこと、考えさせられる日に、私は、宴会で非常においしいお酒をいただき、

大トラになった。

コメント

筋トレは映画スターになりきって multigym in my room

2008-11-30 | うんちく・小ネタ

Multigym_2  最近、ぶら下がり健康器、いやトレーニング用マルチジムを通販で買った。

ジョギング(有酸素運動)を終えてから筋トレをすると、筋肉に酸素が行き易く、非常に効果的だ。

映画でのトレーニングシーンが大好きで、すぐにその気になってしまう。

My best 5 movie ”ロッキー” のトレーニングシーンは鳥肌もん、いや寒イボもんだ。

ただし、ロッキーは妻エイドリアンの「勝って!」 Rocky, win !  の一言が無かったら、トレーニングをしないが。

また、好きなのが ”タクシードライバー” の中で、デ・ニーロがある日突然、何に目覚めたのか、毎日すごい筋トレをして、身体を鍛えに鍛えぬくシーンがある。

その時、確か、「王侯貴族でも、これほど充実した気持ちにはならなかっただろう。」と、鍛え上げた充実感で言うセリフがある。

すばらしい。しびれる。

今日もロッキーやデ・ニーロになりきってジャッキーは頑張った。

リビングに置けなく、和室の片隅にしか置けないマルチジムを使って。

妻から「勝って!」ではなく、{家事手伝って!」と言われながら。

コメント

爆弾を飲む男たち mix whisky with beer

2008-08-16 | うんちく・小ネタ

今日土曜日、猛暑の中のジョギングの後、妻と一緒に京橋の行きつけの立ち飲み屋さんへ行こうと思ったが、お盆休みで、開いていない。残念!

。。

予定を変更して、近くの回転寿司屋さんへ行った。

青ザカナの大好きな私は、サバとアジを中心に10皿ほどいただいた。

もちろん、ビールあってのお寿司。永ちゃん宣伝のプレミアムモルツがめっちゃ美味かった。

さすがは、世界金賞。

グラスから口をはずせない。前歯の隙間までも、まるで新幹線のようにビールがなげれ入っていく。もう誰も止められやしない。

。。。

帰ってから、テレビをつけると、高校野球の準々決勝をやっていた。

野球と言えば、私の大好きな映画の一つに、

”がんばれベアーズ”がある。

落ちぶれたアル中の元プロ野球選手が、弱小少年野球チームの監督をして、一人前のチームにするというストーリーだが、

この映画、何がいいかというと、主人公の監督役演じるウォルター・マッソーが素晴らしい。

。。

冒頭シーンで、おんぼろオープンカーに乗っている彼が、缶ビールを飲む。

おもむろに缶ビールを開け、車の外へ一口捨てる。

何すんねんと見ていると、そこへウイスキーを注いで、美味そうに飲んだ。

しびれる~。すっばらし~。

そういえば、うちの父親も、私が小さかった頃、同じような事してたなあ。

。。

また、ベアーズの試合中、エース役のテイタム・オニールが投げ疲れた肘を冷やす水の入ったバケツの底には、缶ビールがぎっしり。

監督は試合中もずうっと飲んでる。

めっちゃカッコいい。 しびれる~

前に書いた”評決”のポール・ニューマンといい、泣かせてくれる。

。。

高校野球でも、そんな監督いてへんかなあ。

私が監督やったら、勝ったときは皆にビールごちそうするけどなあ。

コメント (1)

アメリカ産命の水 My favorite Bourbon whisky

2008-06-22 | うんちく・小ネタ

昨日は久々にテキーラとライム。

今日、私にはほとんど記憶がない。

昨日の夕刻6時頃から。プッツリ。

それほど、この命の水は素晴らしい。

空白の時間が生じる。その時間に、

歴史はいったい、私に何をさせようとしているのか。

ということで、今回はバーボンをご紹介したい。

American_classics

バーボンは天からの贈り物。Gift

映画にも、たびたび登場する。

特に、ジャックダニエルズはボトルを口のみにするシーンが印象的だ。

”ブルースブラザーズ”でのジョン・ベルーシや、その他、

いっぱいあるが、、今は忘れて出てこない。

とにかくボトル 口のみシーンは多い。

アメリカ人の友達いわく、通称JD (ジェイディー)で、

めっちゃ、一般的なバーボンだ。

それが、約30年前は、8千円ぐらいもする高級酒だった。

就職後、始めの1年は寮生活で、

おとなしめの同僚が初給料で、その値段で買って、

大事にしていたジャックダニエルズを

私は、別の酒飲み同僚と一晩で黙って空けてしまい、

泣かせてしまったこともあった。 ゴメンナサイ。

バーボンの中でも、私の大好物は、メイカーズマークだ。

バーボンの王様とも言うべき、ワイルドターキー Wild Turkey は

当然大好き中大好きだが、Makier's Mark はちょっと違う。

アメリカの友人に聞くと、製法が他のバーボンと少し違っているらしい。

Makier's Mark が、好きだと伝えたら、彼も好きで、

趣味がいいと喜んでくれた。

Jackie_exile 昨日、散髪をして、エグザイルのアツシようにしたつもりだったが、

職場では、何も言われなかった。

思い切ったのに。

もともと髪が少なめやからなん?

何でわかってくれへんの?

コメント (2)