JACKIE

Beautiful Things in My Life

今里砂漠のオアシス I found a new oasis in Imazato desert

2009-07-30 | 日記・エッセイ・コラム

ノー残業デイは、何をしょうかとワクワクする。

そんなん何ゆうてんのん、トレーニングしな。

Gym

ということで、職場近くのジムへ行った。

ランニングマシーンで40分ほど走った後、

筋肉トレーニングで、集中的に上半身を鍛えた。(見てみい、この筋肉、カッチカッチやでえ。)

ボクサーで、武道家の私にとって、これだけは欠かせない。

メチャメチャええ汗かいた。

ジムのお風呂で、汗を流し、まだ明るい外へ出た。

さあ、どこへ行ってのどをうるおそう。

オアシスはどこや。どこどこ? where is a liquor shop?

オアシスを求めてあたりをさまよった。

もうフラフラ、そんな時、酒屋らしきものが目に入った。

あれは、幻か、蜃気楼か。

Mizuno_liquor_shop

いや違う。あれは、酒屋や、

オアシスにたどり着いた。

今里砂漠の真ん中で。

オアシスに飛び込んで、命の水分にありついた。

生き返った。生きててよかった。

もうちょっとで、脱水症状で死ぬとこやった。

この水野酒店、

いきなりBランクになってしまった。

マスター、

お客さん、

申し分なかった。

コメント

代表が、まちにやってきた next prime minister came to our town

2009-07-26 | 日記・エッセイ・コラム

Leader

わが町に代表がやってきた。

ひょっとすると、次の総理になるかもしれへん人が。

そらもう黒山の人だかり。

ジャッキーの背中側にあるマンションに、

勝手に上がって見てる人もいっぱいいる。

そのマンションの住人、ええ迷惑や。

天神祭りのこの日、わが町は、お祭りさわぎや。

夕刻、我が家から、きれいな花火を見ることができた。

ひょっとして、代表、帝国ホテルか、どっかの一等地で、

花火、見たはんのんとちゃうやろか。

Fireworks

コメント

天神祭り直前レポート report of preparation of main festival

2009-07-25 | 日記・エッセイ・コラム

Ships

着々と天神祭りの準備が進められていく。

今日の日暮れどきから、これらの船には、人がいっぱい乗り、ビール片手に花火を楽しむんや。(うらやましいー)

Stalls_lane

いつものリバーサイドコースが、この時は、露店コースになる。

もうすぐ、このコース、いっぱいの人々で、走るなんてとんでもない。

Seats

普段は、普通の遊歩道が、この時は、お金になる。

Preparation_of_fire_works

花火の打ち上げ場所に着いた。

野球場の中で、着々と準備が進められている。

何千発の花火が、ここから上がる。

今晩が、楽しみや。

Festival_flags_jackie

祭りや!祭りや!

祭りのノボリの中を走ると、心も身体もノリノリやあ。

今晩は、花火見ながら飲むでえ。

花火は罪やなあ。

そんな気分にさせるなんて。

コメント

涼風を運んでくれるオリーブ olive leaves bring me a cool breeze

2009-07-20 | 日記・エッセイ・コラム

Jogging_jackie

3連休の最終日、今日もメチャメチャむし暑い。

それでも、走りに行こう。

昨日、ウナギを食べたから、元気一杯走りに行こう。

(カロリーを消化せんと。)

Small_olive

ちょっと走っただけで、汗だくになった。

ちょっとでも、涼しさを感じたいということで、

オリーブを買った。

このオリーブが、1メートル以上に成長し、

オリーブの葉が、風にそよいで、きっとジャッキーを癒してくれる。

ベランダに吹く風が、地中海からの風になる。

Olive_trees その地中海の風にそよぐ、オリーブの葉を眺めながら、

冷たーく冷やしたビールを飲んでやる。

コメント

淀川に吹く風と共に Live with Yodogawa wind

2009-07-18 | 日記・エッセイ・コラム

朝から、蒸し暑くて、蒸し暑くて、たまらなかった。

クーラーつけたら、すむことだが、それをしてしまうと、外へ出られなくなる。

ちょっとでも、涼しいところ、淀川河川敷へ行ったら、

風が吹いていて、ましかもしれないと、淀川へ向かった。

Fair_wind

淀川わんどの横を走る。

この写真でいうと、左から右方向へ、走っている。

当然追い風。

失敗した。風と一緒に走っているので、体感はまったくの無風状態。

めちゃめちゃ暑い。汗が、頭から、足まで、とめどなく流れる。

なんでやねん。コース取りを失敗した。これも試練やとあきらめる。

Jackie_crossing

豊里大橋にやってきた。

今から、約40年前、橋ができる前、

渡し舟があった。平太(へいた)の渡しと言う。

小学生のジャッキー、自転車でここまで来て、

渡しに乗って、対岸へ何回も行ったことがある。

自転車も積み込めた。Heita_ferry_boat

対岸に何の用事もないのに、ただ、渡しに乗って往復した。

うっすら記憶に残る、古き良き風景。ジャッキー少年の夏休み

船上で感じる風が気持ちよかった。

せやけど、今日のジョギングでの風は苦しかったなあ。

コメント