ダニー食堂

右往左往の日々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

帰宅しました

2011-05-30 | 本日のおススメ
景色が良いことで有名なハイウェイ1を利用して海岸線を南下するコース。

牛さんものどかに横断


車は怖くないらしいわ







まだ腫れと充血が残るあたしの目の為に、13時間以上のドライブを一人でこなしたダニーが夕飯はお持ち帰りも外食もしたくないって言うじゃない。

あたしもそれには同意で、お醤油の味がする何かまともなご飯が食べたいって思ったので、疲れた体にムチ打ってわざわざ日系スーパーへ寄り道。

本当に疲れてたのね。
普段、食べている肉の3倍もする豚バラスライスに何の躊躇もなく手が伸びたわ。


一品だけなのにダニーも満足

・肉野菜炒め

多分、この4日間でコレが一番おいしかったわ。




→あなたのクリックがあたしの励み
コメント (6)

レッドウッド ちょっと寄り道

2011-05-29 | もう1品
せっかく州境まで来たのだから・・・と、



はじめましてオレゴン州




看板のすぐ傍のビーチ


流木で遊ぶ33歳


と、その亭主



オレゴン州滞在時間およそ30分弱。
再びレッドウッド探索へ戻ろうとカリフォルニア州へ。

他州から青果の持込を禁じている面倒くさいカリフォルニア州。
検問所で毎回「果物は持ってませんか?」って聞かれるんだけど、「ハイ、持ってます」て、何割くらいの人が言うのかしらね?

「持ってるけど30分前にカリフォルニアから持ち込んだヤツだよ」とすんなり解放。

あたしは素通りしたくてたまらなかったココでダニーが記念写真を撮るっていうの。
どうやら子供の時にもここで写真を撮ったらしいわ。



再び自然の中へ。


エルクの群



この日も夕飯はメキシカン
コメント (2)

まだ旅行中

2011-05-29 | もう1品
今朝は目ヤニに邪魔されることなく、すんなり目が開けられました。
でも、まだ腫れてます。










でも、元気です。












その証拠に














コマネチ



→明日の夜に帰宅予定
コメント (4)

レッドウッドナショナルパーク 到着するも相当のブス顔

2011-05-29 | 本日のおススメ
お手洗いのフタも付いていない安モーテルを7時過ぎに出発。
滞在時間僅か8時間の本当に寝るだけに寄った宿だったわ。

実は前日の朝、起きると片目だけ目ヤニで開かなくて1日充血してたの。
そしたらこの日の朝は目が覚めても両目が開かないじゃない!
目ヤニでカッチカチだったわ。

顔を洗っても漫画みたいに両目が腫れて、眠くないのに瞼が重い状態。
ダニーが焦って「医者に行くか?」っていうんだけど、せっかく遊びに来たのに、ねぇ?

幸い、早くから薬局が開いていたから目薬を買って挿してみたら大分、落ち着いたの。
多分パート先で、誰かの残り物に触れた手で目を触ってしまったか何かしたのね。

両目がパンパンで目ヤニも凄いので化粧をせずにスッピン。
ダブルでブスな状況のあたしに、嫁の顔をみて「医者へ行くか?」と言う亭主。
ちょっと傷ついたわ。


同じカリフォルニアとは思えぬ景色に2人ビックリ





行ったことはないけど、なぜか
ここはオレゴンだ・・・って思ったわ。





トレイルの入り口で転びそうになる亭主を激写!




顔はいつもより悪いのに調子は良いあたし









家から果物やサンドイッチの材料を持っていって大正解!
ここの国立公園内、ちょっとしたお土産以外なーんも売ってないわ。
実はゲートすら見てないのよね。

レッドウッドへお出かけの際は、是非お弁当と飲み物持参で!!


→夕食は街のメキシカン
コメント

レッドウッドナショナルパーク 出発

2011-05-28 | もう1品
金曜の午後3時過ぎ、北に向けて出発しました。


サンフランシスコまで、また距離はあるのに既に道路は混雑気味。
3連休だしね。


あまり混んでるのでダニーが高速を降りて一般道を走るっていうの。
あたしには亭主の目的は薄々気が付いてたわ。

サンフランシスコジャイアンツの球場




写真はないけど、彼の好物のグリルしたサーモンとクリームチーズのサンドイッチを早い夕食として観光地のど真ん中で。
去年、お父さんとお母さんが来たときに空港から最初に寄った同じ店ね。

出発前から時間は押していたんだけど、せっかくサンフランシスコまで来たのに素通りは出来ないとの強いダニーの意志でここで更に1時間以上のロスタイム。



やっと高速道に戻った

例のあの橋




日が高いので午後7時を回ってもまだこんな感じ



ようやく日没


23時頃、「寝るだけだから」という理由で格安モーテルへチェックイン。
安いだけあって便座のフタも付いてませんでした。


→寝るだけでもフタは大事よね
コメント

レッドウッド国立・州立公園 出発

2011-05-27 | もう1品
ランチのパートが終わったら速攻で帰って、待機してる亭主を拾いそのまま3泊4日でレッドウッド国立・州立公園へ行ってきます。

高速道路を北におよそ8時間半、オレゴン州に程近い所まで行くので楽しみなんだけど、今回もおにぎりと果物とお茶を携えた貧乏旅行、てへっ。

サンドイッチも作れるように予め買っておいたチーズとハム、洗ったレタスも準備OK。
実はビールも冷やしてますの。

先月、ヨセミテ国立公園へ行った時のホテルは一晩中、鳩がクックルックー鳴いてたっけ。
今回はまともな宿でありますように。
でもまぁテントに寝袋じゃないだけヨシとしますか。

ほいじゃ
コメント

ちぐはぐな(愛妻)弁当~空腹は免れるハズ

2011-05-23 | 本日のおススメ
うだうだ過ごした日曜日。
日付が切れた生卵を処理する為、しぶしぶケーキを焼きました。

休みだってのに冷蔵庫を掃除して洗濯してケーキを焼いたんだから、夕飯を作るわけがない。

よって一貫性まるで無しの本日のダニー弁

・お持ち帰りメキシカンの残り
・仕方なく焼いたケーキ
・おにぎり
・果物


←これがあたしの精一杯
コメント

畑仕事のボランティア

2011-05-21 | 本日のおススメ
1年12ヶ月、ひっきりなしに常に何かしらの農作物が植えられて育っているこの一帯。

バイオロジーが専門のローラに言わせると、収穫が終わった後、別に土壌を休めなくても育てる野菜の順番さえ間違わなければ、養分の関係でむしろ良いモノが育つらしいわ。

というわけで、年中どこかで何かが育っていて、見渡す限りイチゴ畑とか、アーティチョークとか、果てしなくカリフラワーとか、とにかくあたしの中でカリフォルニアの農業的イメージを死守してくれているの。

だって嫁に来た当初、サンディエゴやLAなんかは同じカリフォルニアといえども殆ど砂漠と椰子の木で農業の「の」の字もなくて日本の教科書を疑ったわよ。

そんなわけで、ここ北カリフォルニアに越してきた当初から、是非とも一度は何かの収穫に携わりたいと願っていたあたし。
興味本位とは言え、畑から黙って取ったらドロボーだものね。


そんなところへ亭主が野菜収穫のボランティアの募集を見つけてきたの。

チャーンス


生活が苦しい家庭の食料を確保する団体が主催で、早速2人で申し込み。



この一面のレタス畑を40人程でおよそ2時間。

ナイフ1つとバスケット2つを渡されて、ナイフを持った者がレタスを収穫してバスケットを満杯に。
そして、相方が待機しているトラックまでそれを運ぶ。

戻ってくる頃、もう一つのバスケットがレタスで埋まる。
そして空のバスケットと交換してまたトラックまで運ぶ。

それを繰り返して、バテて来た頃に丁度、終了。

2週間おきに行われるというこのボランティア、今回は年度初めということで作業後にBBQのお昼付きでした。

申し込んでも何を収穫するかは当日まで分からないらしいけど、それはそれで楽しみなのでまたやろうと意見が一致した土曜の午後。



今日の夕飯

・持ち帰り牛ナチョス
・取りたてレタスのパルメザンチーズサラダ

←あなたのクリックがあたしの励み
コメント (4)

ギョーカイ用語?

2011-05-13 | 本日のおススメ
のっぽさんのあたし。
15年位前、日本語が達者なインド人に





ちぃーさとさん、ちぃーさとさん










あなた










大きいのにどうして ちぃーさとさん?



って聞かれてズッコケたことを思い出したわ。



この国の人達には発音し辛いらしい自分の名前。
あ、そういえば舌足らずの後輩に「ちたとてんぱい」って呼ばれてたから何も外国人に限った話じゃないのかもしれないわね。



忙しいのに何度も聞き返されたりスペルを確認されたり色々と面倒くさいので、職場では同僚もお客さんにもちーちゃんと呼んでもらっているのだけど、今日のいい間違えは新しかったわ。


お客さんが帰り際に


じゃ、またね









ちゃんちー



今日のダニー弁と夕飯
・火曜を最後に何も作ってません。



←主婦業あんまりしてないけどいいかしら?
コメント (8)

独身の頃と事情が違う

2011-05-11 | もう1品
世の働くお母さんとか、一体どういう時間のやりくりしてるのかしらね。
自分の為の時間とかあるわけ?

それこそ寝る間を惜しんで雑務をこなしているとしか考えられないわ。
にも拘らず「なりふり構わず」なんて言葉は全く当てはまらないで小奇麗にしている人なんて本当に奇跡。

思い起こせば、自分の母親はまさに奇跡。
家の中も外も常に綺麗で夕飯は必ず手料理、働きに出ていたのに振り返れば必ず傍にいてくれた安心感、しかも身なりは常にきちんとしてたし。

何が言いたいかというと、

ランチだけのつもりでパートに出れば、いつのまにか夜もシフトが入っていたり、

休みの日に電話が掛かってきて出勤になったり、

そんなこんなで、振り返れば先週から週6日勤務とかで予定が狂いまくって、普段どおりに家事が出来ておりません。

子ナシのペット無し、どちらの親とも同居もせず、いるのは亭主だけなのに、どうしてこんなにいっぱいいっぱいなの自分~。

もうトイレットペーパーが1つしかありません。
ダニー弁に欠かせないピーマンがありません。
一人分にも満たないシリアルしか残っていません。
掃除機は7日ほど掛けていません。
もやしは3週連続でダメにしました。
セロリも初めて1束を無駄にしました。
ズッキーニは冷蔵庫の中でカビてました。

なのに、明日も一日パート。
それが判明したのはホンノ数時間前の仕事中でのこと。

休憩時間に買い物に出れば夕飯と翌日の弁当の準備ができなくなるし、買い物に行かなければ台所仕事は出来ないし。

あ、明日は歯医者だったか。
じゃどちらも駄目じゃん。

主婦暦3年のブランクがいけなかったのか、単に要領(アタマ)が悪いのか、若しくはバイト先の責任者に「おい、コノヤロー。こっちにも都合ってもんがあるんだ。コロコロとシフトを変えるうじゃねぇ」と言える勇気が必要なのか。

このパート生活、色んな意味で修行が必要な模様。





←あなたのクリックがあたしの励み
コメント (6)