ダニー食堂

右往左往の日々。

指紋採取 後編

2008-10-21 | 移民局より入荷しました
20分待ってようやくバスが来た。

さっき来たばかりの道を戻るだけだから、なんてことなくアパートに到着。
お昼ごはんを食べる時間なんてあるわけも無くて。
お手洗い行って、お茶イッキして、パスポートをバッグにしまって、さぁ出発。

だけどバスが来ない・・・・
これならサンドイッチ作れたのに、お腹すいたよと一人悶々とすること30分。
やっと来た!

待ってたわよー、なんせ3時までに戻らないと行けないのよあたし。
遅いじゃない!!っもー。


あら?
減速しないの?
バス停はここよ。
おーい、ここだってばー。

バス通過


これで間に合わなかったら訴えてやる!!って怒りでワナワナしながら現時刻とバスの種類、通りの名前をメモる。そして電話してやるのよバス会社に。

「おたくの運転手ったらアタシの顔みて止まらずに通過よ!英語もろくに分からないどうしょうもない連中ばかりか人種差別主義者も雇ってるわけ?従業員のレベルが低すぎるんじゃないの?」って。
まずは次に来るバスの運転手に苦情を言わないと気が治まらない。

20分後・・・

きたきたきた。
ガツンと言ってやるんだから。

「ハーイ!元気?」
いやん、そんな陽気に挨拶されたら「あんたの同僚は人種差別主義者のお馬鹿っちょね」なんて言えないじゃない。

結局、何も言えずに着席したチキンなあたし。
ちゃんとお礼して下車する始末。

さてさて、目的地まであと半分。
気分を入れ替えて再度バスの乗り換え。
15時まであと40分あるわ、大丈夫!

今度の運転手は黒人のおネエちゃんね。
ちゃんと目的地伝えて降ろしてもらうようお願いして。
「大船に乗ったつもりで」ってこういうことねきっと、あー一安心。


ん?
この通り、この建物って。
あら? 通過ですか?
ここは確か数時間前に見た景色、ひょっとして・・・・
運転手さーん、おーいっ!

運転手:「あ、ごめん。次のバス停でいいかしら」
あたし:「今降りるわ」
運転手:「ダメここじゃ。バス停じゃないから」
あたし:「でも今信号赤じゃない」
運転手:「ダメ。」

「っもー、あなたに頼ってた私も悪いけどさ」ってさっきまで忘れてた別の運転手への怒りを思い出してワナワナしてきた。
更にこの運転手のダメ押しの一言。

運転手:「ここから歩いたってそんなに遠くわないわよ」
あたし:「は?あたし既に約束の時間過ぎてるのよ。なんでかっちゅうと別の運転手が止まってくれなかったから30分余計に待ってたわけ、それにこれでしょ?もう大遅刻よ、フンっ。まぁ、ありがとね」

アメリカ来る前はこんな口の利き方する子じゃなかったのに。
若干自己嫌悪に陥りながらも、15時前に受付済ませて無事終了。

そしてまたバス停へ。。。
もういやっ。







コメント

指紋採取 前編

2008-10-21 | 移民局より入荷しました
郵便で通知が届いたの。

この日の12時に来て下さいね。もし無理な場合はリスケするからここに希望日時を書いて郵送してね。

行くわよー。子ナシ仕事ナシですから時間はあるわよ。
第一、リスケするにしても郵送じゃ間に合わないじゃない。
どうして電話で受け付けないのかしら、お馬鹿さんね。

車を運転しないものだからググって公共交通手段を見つけて。
ダニーが留守中でも大丈夫。
船乗りの妻たるもの、夫を頼ってちゃぁ留守は守れないわ。
バスを乗り継いで1時間強ね。

10時にアパートを出発。
1時間に2本のバスもいい感じに来て順調、順調。

日本と違ってバス停に名前がないもんだから、降りたい場所の通りの名前と景色を熟知してないと「次、降ります」ボタンを押せない。

幸い、このバスの終点が目的地だったからで安心して乗っていたものの見知らぬ土地。気が付けば乗る人も降りる人も乗客は皆メキシコ人とおぼしき人種だけで、鏡越しに運転手をみたらやっぱりメキシコ人らしくて近くに座ってるおばちゃんと英語以外でお話してるし。しかも「次はどこどこ」ってさっきまで英語でアナウンスしてたのにもう違うし。

「明らかに東洋人で見るからにスペイン語理解しないあたしが乗ってるんですけどー」

少数派は無視って訳ね、失礼しちゃうわ。
でもここじゃそもそもアタシは外人、腹を立てるのも可笑しな話だわって思い直して「ゾッチやローザはきっとこのエリアに住んでるのかも知れない」なんて考えながら窓の外を眺めてたの。第一、このバスの終点で降りればいいんだもの、余裕だわ。

「おい、どこまで行くんだい?」って運転手が英語で叫んだから「きっとアタシに聞いてるのね」って前方見たら乗客みんなこっち向いてるし。
ぎょっとしながらも、終点の地名を言ったら「あー、そこなら終点。安心して座ってな」って言うから「えぇ、存じてますとも」と心の中で思いながらも「良かった、少し心配してたの。ありがとう」って返答したの。  
運転手の近くに座ってたおばちゃんも「そこは終点だから。もうすぐで着くわ」って繰り返すわけ。
「だからー、さっきの会話その至近距離で聞いてなかったわけ?」ってちょっとイラっとしながらも「そうみたいね。ありがとう」って笑顔で対応。
そんなあたしの心中を察して敢えてそうしたのかは分からないけど、後ろに座ってたおニイチャンが「どこまで行くの?それ見せてみな」ってググッタ時に印刷しておいたやつを指差すわけ。
「ここ、ここ。このバスの終点」って教えてあげながら紙を渡したにも関わらず、そのオニイちゃんたら気難しい顔しながらじっくり眺めて「うーん、そうだね。終点だね」って。

・・・・・・・いやになっちゃう。

終点に到着してさぁ、次は乗り換え。
あたしの乗るバスは・・・・・あ、これね。

今度はドキドキ途中下車。
運転手に予め下車地を伝えて乗り込む。

無事到着ぅ。
11時10分、ちょっと早いけど待ってるくらいが丁度いいわ。
あたし完璧。

あっ、パスポート忘れた・・・・・


ばかばかばかばか、さっきのメキシコ人だってこんなに馬鹿じゃないわ。
あたし最低。
ダニーがいないとすぐこうなんだから。
でも1時間も掛けて来たんだもん、ダメ元で聞いてみよう。
ひょっとしたら日本の運転免許証で身分が証明されるかもしれない。

即、却下

受付のおニイちゃんが「これには12時って書いてあるけど、15時までに戻ってこれれば今日中の受付OKだから」って言ってくれたから救われた。

ゆるゆるのアメリカ。
この日を逃したら、次はいつやってくるか分かったもんじゃないわ。
何としてでも今日中に済ませなきゃ。

小走りでバス停へ。



コメント