ダニー食堂

右往左往の日々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

我が不注意よりも雑穀米の吸水性を問う

2014-07-28 | 本日のおススメ
何でもいいからラスベガスでショーが見たい
但しマジックかサーカス以外で。
雰囲気が楽しめればそれでいいから


という両親からのザックリ過ぎる注文を受け、コレを見てきました。


  


理由は単に会場が宿泊先から徒歩圏内だったこと。
そしてグルーポンで激安チケットを見つけたから。

ざっと200人はいたかしらね。
その殆どが大きな体をゆっさゆさと揺らして楽しむ黒人の観客。
その中で彫刻のように固まる痩せ細った我々3人の日本人。

両親曰く「楽しかったけど、もういい」とのことだったわ。



その翌日、ラスベガスよりも暑いレイクハバスのシルビアの家へ。
そこでプールにカメラを落としました。
買ってまだ2年なのに・・・・。

見上げれば満点の星空、そして美しくライトアップされた水面。
そこへキラキラと輝きながら沈んでいく黄緑色のあたしのカメラ。
憎たらしいほどに映えていたわ。

速攻でシルビアがお米の中に濡れたカメラをぶっ込んで一晩待ったけど、無駄な抵抗だったみたい。
電源をいれてもうんともすんとも言いません。


明日ダニーにこぴっと怒られようと思います。
コメント (2)

見間違えにも程があるとき

2014-07-26 | 本日のおススメ
セコイヤ国立公園を経由してラスベガスにやって来ました。
暑さが半端ないです。

そんな中、街角に立つ彼らは物凄い体力を使っているんだろうな


と関心していたとき。




あらやだっ

ふなっしーがラスベガスにもいるじゃない

なんでもかんでも日本の真似して!









母よ。

「あらやだ」は間違いなくあちらのセリフかと・・・。


コメント (3)

ハッタリと虚言の狭間

2014-07-18 | 本日のおススメ


朝6:30の飛行機にダニーを乗せるため、3時起きだった日。
お昼寝するチャンスもなくグッタリな状態で迎えた夕食でのこと。


今まで台所仕事を頑張ってくれていた母がダニーが留守になったことで手抜きを申し出たの。

それを受けて父がチャーハンを作ることに。

刺身と湯豆腐以外の父の料理は、覚悟を決めるか空腹を選ぶかの二者択一なのを身をもって学んでいるあたしは、遠まわし且つ明確に自分の意思を伝えたわ。



あのさぁ~ 疲れてる時は美味しいご飯が食べたいんだよね。

だから、あたし作るよ。

お父さん座ってて




そもそも料理をしたくない父は「だよな~」と笑顔でバトンタッチ。

しかし母は

ちーちゃん、酷い事言わないの。
お父さんのチャーハン美味しいんだから
家でもしょっちゅう自分で作ってるのよ
ね~?あなた?



結果、あたしがチャーハンを。
母が野菜炒めで、父は無難にオクラのマヨネーズ和えを作成。

どれも美味しく頂き、食後の家族団らんをしていたら母が言ったのよ。




たまに食べるとチャーハンって美味しいわね。


お母さん4-5年振りに食べたわ






コメント (6)

両親滞在2週間経過

2014-07-15 | 本日のおススメ
5日間の日程で身障者のゴルフツアーに参加するダニー。
開催地は偶然にも彼の身地であるコロラド州。

当然ダニーはその前後の週末を自分の家族と過ごすんだけどー。


それを知ったうちの母。




そんなに長く向こうに行っていたよその家の子になっちゃいそう







最初っからダニーはよそのうちの子ですが???
ってか、いつから自分の子扱い??




2人は仲良し
コメント (5)

とんだ勘違い

2014-07-10 | 本日のおススメ
ダニー側の家族からは潔癖症扱いのあたし。
実際に綺麗好きを自負しながら今月でアメリカ生活も6周年を迎えました。


日本の両親が滞在中の今。

「ちーちゃん、なーにコレ?」
「ちょっと~、どうにかしようとは思わない?」
「お母さん我慢できないわ」

母親の手によって日に日に家が綺麗になっていくこの事実。



今も昔も変わらずあたしは「だらしのない子」らしいです。








コメント