女を捨てず・女に甘えず・らしさを活かす

女性スタッフがビジネス社会で実際に体験したことを中心に「見たこと」「聞いたこと」「感じたこと」をありのままお伝えします。

じじいキラー

2019-05-24 | 日記

中村です。


若かりし頃、
自他ともに認めるじじいキラーだった。
※興味のある方は、2009年10月14日の投稿読ん
でみて!!ムッチャ前のやけど・・・。


 

一回りも二回りも年上の経営者や客先役職者と
人間関係つくって

「うん」

と言わせるのが得意。

気難しくて話しかけにくいいわゆる頑固爺タイプの
経営者や、お高くとまっている(ように見える)幹部
が、熱心に私の話しに耳を傾けてくれた。

私自身も、同年代の若手よりも思いっきり歳の離れ
た人に対しての方が気を遣わずに思ったことをぶつ
けられた




月日が流れ、自分がじじい(あっ、ばばぁか
言われる立場になった

仕事やプライベートで接する若手にも当時の私のよ
うなじじい(ばばあ)キラーがいる


自分ではわからないが、私には年齢が離れている事実
に加えて、


立場やキャラクター、見た目の雰囲気等々気楽に話し
かけにくい要素がある(らしい)



それでも、


◆積極的に話題をふってくる
◆一問一答ではなく、会話を広げてくる
◆突っ込みをいれてくる 
◆中途半端に話を合わせない
◆ダメ出しをする
◆自分がしてほしいことを堂々と主張する
◆愛想笑いや笑ゴマをしない


などぐいぐい突っ込んでくる。会話して楽しいと思える
若手がいる



ずけずけモノを言うのを見て周りが、


「あんたそんなことよう言うな~
「そこ聞く?
「うわぁ~言っちゃったよ


とヒヤヒヤしているのが分かる。


でも、そんな若手の話しの方がためになるし面白い
から、話しを振ったり場を共有することが多くなる。


仕事でもプライベートでも
一緒にいる時間が多い=得する
ことが多い

一緒にいることで情報量は増えるし、プライベートの
場合、そんな若手のいるショップやサロンに足を運ぶ
ので、当然売上げが上がる。




じじいキラーは決裁権のある立場の人間からお金を
引き出すのが上手い。

それも「無理やり払わされた~」ではなく「気持ち
よくお金を払いま~す

となりやすい。

営業力を高めたいなら、じじいキラーになろう

そのために必要なのは、


相手の懐に飛び込む勇気と可愛げ


その前提にあるのは、相手のことを知りたい
相手の役に立ちたい

というピュアな気持ち


現在アイプラス営業アシスタント職募集中
是非じじい(ばばあ)キラーに来てほしい

コメント

磯野貴理子の離婚に想う

2019-05-23 | 日記

中村です。


磯野貴理子が離婚した。
彼女に対して特別な思い入れはないが、同郷(三重県
出身)で同年代
テレビの情報番組で彼女の離婚報道について論じるコ
メンテーターやネットニュースにはある程度関心を持って
目を通した。


その多くが、彼女に対して好意的、共感的で


「かわいそう」
「相手(もと旦那)がひどい」


という類のもの


が、私はそうは思わない。


以下、反論覚悟で私見を述べたい。


24歳年下の男
しかもイケメン


ということを鑑みると、今回の結末を世間の多くの
人は予見していたのではないか。


私もその一人。


自分に置き換えるとそうとしか思えない
※ちなみに、私は年下もイケメンもあまり好きではない
ので彼女の決断自体があり得ない


本人もそう思っていたのではとさえ思う。



で、想う。


彼は自分の夢を語り彼女はそれを一緒に実現する夢
を買った。


そして、その夢の期限がきた。



のだと・・・。


目には見えないが、そこには売る側と買う側にしかわから
ないお互いの価値があった。もちろん、彼にはそれを売って
いるという意識もなかっただろうし、彼女もそれを買ったとい
う意識はないだろうが・・・。


だから


彼女のことをかわいそうだとは思わないし、彼のことをひどい
とも思わない。



彼女が離婚を告白した場面を観た。



「自分の子供が欲しい」


という相手に


「うんうん、そうだよね」


離婚を切り出した相手に対して、


「感謝しかないもん」



テレビとは言えなかなか言えないよなぁ~


こんなセリフ


もちろん本音は違うし、
最大級の強がりにも思える、



が、


彼女が、たとえ強がりであったとしても


笑って、「さよなら」 


と言えるのは、彼女が自活しているから
であり、この夢を買うと決めたのは、他の
誰でもなく自分自身だから。


そうでなければ、こうはきっぱりさよならは
言えない。


社会に出て一生懸命働く


それが評価されて、それなりの立場や相応の
収入を得るようになる。自己成長が確認でき、
欲しいものをある程度自由に手に入れられる
のはとても楽しい。一方、ビジネスの場は戦場
なので「女だから」の甘えは許されず、場を仕
切って成果を出すことが求められる。当たり前。



せめてプライベートでは、女全開でいきたい
ごろにゃんと甘えたり
あなたの言いなりになりた~い

と思う人も多いだろう

 

が、


これが案外難しい。そういうつもりでもついつい
仕事での仕切り体質がでてしまう。

可愛い女にはなりきれない・・・あっ、これ私か


あるいは、自分はそのつもりでも相手や周りが
そうでなければ上手くいかない。


これを実現しようとすると、プライベートを共にす
る人が自分よりもいろんな意味で器の大きい人で
ないと難しい・・・。


50歳を超えると、ビジネス社会におけるゴール
が見えてくる。どのような結末が幸せかは、それ
ぞれの価値観によって違う。


幸せの形は一つではない



ただ、全て自己責任


自分が選んだ道を、「これが良かった」と満足して
終えられるように頑張ろうと思わせてくれる一件


コメント

会社の選び方

2019-05-17 | 日記

中村です。

仕事柄就職活動中の女子学生と接する機会が多い。

話していて強く思うことがある。


それは、


就職活動のをしっかり持って活動してほしい


就職活動の軸=判断のモノサシ



これをしっかり持たずにいると、


「内定もらった」
「内定を複数社からもらってどこに決めようか・・・」

という場面で決断できない。
あるいは、間違った判断をしてしまう危険性がある。







どんな会社で働きたいか?を思いつくままに羅列してみる

たとえば、

◆職種:営業アシスタント職
◆やりがいのある仕事ができる
◆給料が良い
◆転勤がない
◆年間休日が多い
◆残業がない
◆家から近い
◆魅力的な上司がいる
◆アットホームな雰囲気
◆○○業界(食品業界、インテリア業界)

などなど


これら全てが満たされる会社は残念ながらない

いくつか(あるいは多く)の項目はあきらめざるを得ない。


その際の、これだけは譲れないもの


これが就職活動の軸=会社選びの際の判断のモノサシ

となる。これが明確であればあるほど迷わず判断できる。
不明確だと、


世間的に名前が知れているから大丈夫だろう
知り合いが勤めているから大丈夫だろう
両親に反対されたからやめておこう


となりがち。



自分の判断なら、たとえその判断が誤っていてもあ
きらめがつく。

だって、自分で決めたんだから仕方がない。
誰を責めるわけにもいかない


でも、自分以外の誰かの(しかも)不確かな情報で、
決断し、上手くいかなかった時、絶対後悔する。


「~しておけばよかった(=後悔)」や「~さんが言
ったから(=言い訳)」という人生を送りたい



私は絶対に嫌だ



「大阪が好き=大阪勤務で転勤のない会社」
「趣味の活動を続けたい=残業や休日出勤のない会社」
「自己成長できそうな会社」
「少々しんどくてもガッツリ稼げる会社」


などなど、何が軸でも構わない。周りと同じ軸を持つ
必要は全くない。

だって、自分と自分以外の人は「価値観」も「好みも」違
う。相手にとって魅力的な会社が自分にとって魅力的と
は限らない。









ある会社の選考で出会った女子学生。

就職活動の軸は?と問うと、


営業事務職
社風がアットホーム


の2点。軸が明確なので、

「事務職希望なので、自宅からあまり遠くない会社で
働きやすいアットホームな雰囲気の会社で働きたい
と思っています。正直業界や業種にこだわりはありま
せん。」

と受け答えに憂いがない。


実際心理学専攻の彼女が受検中の会社は電気設備の
会社で文系の彼女には縁遠い業界。それでも彼女の関
心事は業界や事業内容ではなく、業務アシスタント職の
仕事の中身と社内の雰囲気。


彼女は間違いなくいい会社に就職できると思う。







ここからは私見だが、営業職や技術職の場合、業界
業種も会社選びの大きな要素になる。「何を売るのか」
「大学時代の専門分野が活かせるか」にこだわるのも
当たり前。


しかしながら、こと事務職、アシスタント職に関しては、
業界・業種に関しては少々妥協しても、職種の中身と
一緒に働く人(=会社の雰囲気)に関しては絶対に妥
協しないほうがいい。

職種の中身に関しては、事務職、アシスタント職と
言っても企業によって仕事の内容はさまざま。

あくまでも事務職・アシスタント職として「事務仕事」
「補助的な仕事」をしてもらいたいと考えている会社も
あれば、

事務職・アシスタント職とはいうもlのの、事務仕事だ
けでなく、お客様との対応や外出、出張など総合職
的な役割を期待している会社もある。


その会社が職種に何を期待しているのかをしっかり
認識していないと。「やりがいがない」と物足りなさ
を感じたり、「こんなことまでやらされる」と負担に感じ
ることになりかねない。


さらに、事務職の場合社内にいることが多いので、他
の職種以上に職場の雰囲気は会社選びの重要ポイント。


どれだけ、他の条件が良くても、社内の人と合わなか
ったらいられない。


逆に考えれば、一日24時間。そのうち寝ている時間を
除いた時間の少なくとも半分以上の時間を過ごす会社
で、面白い仕事と居心地の良い空間があればビジネス
社会は快適


自分の周りに次々と内定が出、焦り始めるこの時期だから
こそ今一度自分の就職活動の軸をしっかり見直し、その軸
で選考中の会社を見直してみては

コメント (2)

トップになって見る景色

2019-05-15 | 日記

中村です。

ある会社の社長からこんな話を聞いた。


先代社長は父親
独特のオーラを持ち、経営スタイルはオーナ企業の
トップにありがちな典型的なトップダウンスタイル

みんなが話し合って決めたことも社長の一声
全てご破算。全ては社長の一声で決まり、社長
の発案やスケジュールに合わせるために、周り
は常にバタバタしていた。

現社長は、穏やかな人柄
部下達の提言にも積極的に耳を傾ける。能動的
に考え動く組織を作ることを目標とし、そのための
場づくりには時間を惜しまない。


その社長が、こんなことを言っていた。

以前(前社長の時代)は、


「もっと、部下たちの話を聞けばいいのに」
「早く権限がほしい」
「自分が社長になったら、もっとみんなが自由
に意見を言える会社にしたい」


バタバタしている部下を見て


「また始まった」
「うるさいな」


と思うことも多かった。



数年前に社長になって


予想をはるかに上回る


プレッシャー


そして


孤独


トップとNO2の絶対的な違い・・・

に直面し、あったはずの覚悟がゆらぎそうになることも
ある。

お伺いをたてなくても自分の判断で事を進められるや
りやすさの反面、自分の判断で全てが決まる半端ない
プレッシャー。

また、あれだけ「押し付けられるのは嫌だ」「自分は絶
対にしない」と思っていたはずが「価値観を押しつけよ
うとしている自分」に気づいてぞっとすることも。


今頃になって、前社長の言葉の意味が理解できること
も多い・・・。と


「自分は親父とは違う」
「自分らしいトップ像を模索します

頑張れ社長。陰ながら応援します。

コメント

100万円手に入ったら・・・

2019-05-13 | 日記

中村です。

 

先日ある商社の社長と話をしていた時のこと。

話しが新卒採用の面接に及んだ時、

「面接の最後のほうでする質問があるんです」

と言う

その会社は中堅どころのケミカル系商社。社風
はアットホームで自由闊達な雰囲気。

上司(社長も)を役職名ではなく「○○さん」と呼び、
上下関係や部門間の壁を作らず自由に話ができ
る雰囲気が魅力の会社。

社長面接の際も同様。社長自身がフレンドリーな
雰囲気で、きさくに話しかけるため、最初は緊張し
ている学生も途中から「素」の雰囲気で対応して
くるという。


会話も盛り上がってきた後半で、

「突然だけど、思いがけず100万円手に入ったら
に使う?」



と聞くと、気をゆるした状態の思いがけない質問なので
とっさに本音が出るのだという。


「髭の脱毛します」
「貯金します」
「馬券を買います」


などなど・・・。

正解はなく

「なるほどね」

の場合もあれば

「そうくる意外
というケースもあるらしい。

で、自分に問う。



「思いがけず100万円手に入ったら何に使う?」


貯金する(とっておく=残しておく)という
選択肢は一ミリも浮かばなかった。

思いがけず手に入ったお金なんだから

ぱ~っと使う


会社のメンバーに思いっきり焼肉とビールをごちそうする
母親に特上の鰻とお寿司をごちそうする

あとは・・・

 

ちょっとでっかいダイヤのピアス買おかな
いやいや、ティファニーのネックレスにしょうかな・・・
それとも家具を買って一気に部屋の模様替え?
お気に入りブランドの靴を大人買いするのも魅力的


妄想は限りなく広がる。


まだまだ欲しいものがたくさんある。「女もあきらめてない」
ことを確認


まだまだ老け込まずに頑張るぞ~

コメント (2)