女を捨てず・女に甘えず・らしさを活かす

女性スタッフがビジネス社会で実際に体験したことを中心に「見たこと」「聞いたこと」「感じたこと」をありのままお伝えします。

母の笑顔

2021-04-12 | 日記

中村です。

 

私事ですが、私の母は現在施設に入所している。
コロナ禍で実家のある三重には帰省できず、母には昨年
の正月以来、直接会って話はできず、母の様子は姉から
のラインとリモートでの短時間の会話が全て。リモート
では表情も雰囲気も汲み取りにくい・・・。それでも「こ
んな状況下では仕方ないな…」と思っていた。



そんな母と、昨日1年4か月ぶりに対面
もちろん、直接触れ合うことはできないし、施設の1階
ギリギリのところまでスタッフの方に連れ来てもらって、
ガラス越しの対面だったけど、直接顔を合わせて、しか
も会話をすることができた。


久しぶりに見る母の姿
久しぶりに見る母の穏やかな笑顔


母は、一緒にいたウチの社長や同僚に「(娘が)いつもお
世話になっております」と声をかけて、何度も何度も頭を
下げていた。
「おいおい、あなたの娘はもう57歳やし・・・」と心の中
で思ったものの、いくつになっても(母の中では)私は娘・・・。


面会時間は短かったが、姿が見えなくなるまで窓際で手を
振り続ける姿を目の当たりにして「来てよかった」「会え
てよかった」という気持ちで一杯になった。


今回母との再会が実現したのはウチの社長の発案。


実家近くに義兄が勤務しているゴルフ場がある(以前にも
会社のメンバー達とプレイしたことがある)。そのゴルフ
場へ日帰りゴルフに出掛け、プレイ後母の入所する施設で
面会を果たすというスケジュール。
もちろん直接触れ合うことはできないが、施設までいけば、
姿を見ることはできる・・・。コロナ禍で母に会えない状況を
慮っての企画。


実際、プレイが長引いてしまい、シャワーも浴びずに施設に
向かうことになり、それでも施設の定めるリモートでの面接
時間には間に合わなかった。車内から「一目でいいから会わ
せてほしい」と電話を入れて施設の駐車場に着いた瞬間、1階
の日当たりの良い窓際に車いすで私を待つ母の姿を見つけた。

母の後ろには母を1階まで連れてきてくれた施設のスタッフの
これまた穏やかな笑顔があった。

「窓越しなら大丈夫なので、直接話してもらっていいですよ」

の声に導かれて、久しぶりに母と直接会話をすることができた。


大阪市内から1時間程度で行けるゴルフ場はいくらでもある。
にも関わらず、倍ほど時間をかけて行かなければならないゴル
フ場でのプレイを企画してくれた社長。往復4時間もの道のり
を運転してくれ、プレイにつきあってくれた同僚達。時間外の
申し出にも快く応じてくれた施設のスタッフの人達。みんなに
協力してもらって実現した母との再会。


感謝しかない
ありがとうございました



久しぶりに母の穏やかな笑顔を目にし、心地よい疲れと周りの
人たちの優しい気持ちに触れ、自分も自分の周りにいる大切な
人達の役に立てる存在でありたいと実感した1日でした。

コメント

活気づく社内

2021-04-05 | 日記

中村です。


4月は入学、入社シーズン。多くの企業で新入社員が入社
し先輩社員について仕事を教えてもらっている


今日、ゴルフ用品を取り扱うつるやゴルフに行った。


入口を入った際、


むむむっ、いつもと雰囲気が違うぞ


接客業なので、今までも来店すると


「いらっしゃいませ」


の声はかかる。


が、今日はその「いらっしゃいませ」が弾んでいる


目の前を、先輩社員らしき女性の後について実習中の腕章
をまいた社員が3名ゴミ袋を持って通り過ぎる。


その際も、はじけんばかりの笑顔でらっしゃいませ」


思わずこちらも姿勢を正してしまうほど。


「そうかっ、新入社員・・・


納得して用事のあるフロアへ移動。


そのフロアでも元気な


「いらっしゃいませ」


で迎えられた。


う~んっ、清々しくて気持ちがいい


職業柄新入社員達の様子が気になる私。
観察していると、(新入社員達は)先輩社員から説明を
受ける際は、メモを片手に前のめりの姿勢。説明が終わ
ったら、(お客様がいる手前大声で『ありがとうござい
ました』は言えないが)丁寧なお辞儀で感謝の気持ちを
表している。全ての動作がキビキビ、テキパキしていて
気持ちが良い。


よく見ると、新入社員以外の先輩達もいつもよりキビキ
ビ・テキパキしている。心なしか声も張り気味


新入社員は組織の活性剤。元気な挨拶。キビキビ・テキ
パキハキハキした言動は社内を活性化させる。

ただそれだけではない。新入社員の前でカッコ悪い姿は
見せられない。質問されてわからなければ恥ずかしいと
いう気持ちが周りの先輩たちをピリッとさせる。


新入社員も先輩達も両方が張り切る。この緊張感が社内
に良い緊張感を与え、社内が活性化する。

頑張れ、新入社員自分が選んだ会社で商品としての自分
をしっかり磨いてほしい。
まずは「笑顔で挨拶する」「報告・連絡・相談・確認を徹
底する」「約束を守る」「感謝の気持ちを忘れない」など
当たり前のことを当たり前に徹底することから。来年の今
頃は、現在の自分達がそうだったように、後輩の存在に刺
激を受け、何年か後には現在の自分達がしてもらっている
始動する役割を担うようになる。そうして組織の中で活き
活かされて成長していく・・・

コメント

プロゴルファー島野璃央始動!

2021-04-02 | 日記

中村です。


以前のブログで、「(ウチの会社が)プロゴルファー
島野璃央をサポートします」と報告したの、覚え
てますか?


で、いよいよ2021年シーズン本格スタート


今日、キャップにつける新しいスポンサーワッペンを手渡
すために来社してもらい、一緒にランチに行ってきました
↓こんな感じでキャップにワッペンつきます。


実は、先日僭越ながら私プロと一緒にラウンドしました


やっぱりプロの弾道は違う


今回は2回目のラウンド。ようやく球を追えるようになった
けど、初ラウンドの際は、あまりにも打球が早すぎ&弾道高
すぎでボールを見失うことしきり。


どのタイミングでどの高さをみればいいか要領を把握した今回
は、ボールを目で追えるようになり、改めてプロの凄さを実感


ラウンド中に中村の飛距離アップポイントも伝授してもらって
大満足。あとは実践あるのみ


できるかな…


シーズン突入で忙しいけど、時間がある時また見てアドバイス
も~らおっと



島野プロはブリジストン契約。今日ネーム入りの新しい
ボールいただきました



頑張れ プロゴルファー島野璃央

 

コメント

しおのせっこつ院

2021-03-16 | 日記

中村です。 

 

「股関節が痛い」「腰が痛いなどなど…。身体の
あちこちが痛んでメンテナンスが必要なやっかいなお年頃


で、


痛みが激しい時は毎日。
特に何もなくてもできれば週2~3回。少なくとも1回は
接骨院でメンテナンスしたいと思う今日この頃。


いきつけの接骨院はしおのせっこつ院
担当してくれるのは梅木先生(通称うめちゃん)


昨日


いつものようにうつ伏せで施術を受けていると、向かいで
施術している院長先生と女性の会話が聞こえてきた。


身体や日常生活の状況についての話をする女性に対して、


「そうかそうか、頑張ってるやん
「うんっそれでいい
「やればできる子やから
※ちなみに女性は子供ではなく、れっきとした成人女性です。


発言を一切否定することなく、受け止め、承認を与え続ける。
先生の承認を彼女がやんわり否定しても、「い~やっ、やれ
ばできる子やから」と承認して元に戻す。
※ちなみに院長先生、誰に対しても承認し続ける天使ではない
ことを
付け加えておきます。悪しからず!



それを聞きながら、梅ちゃん先生に



中村「『やればできる子』って。私も言われたい…」

と言ってみた。

梅ちゃん先生「・・・」※聞こえてないのではない。しっかり聞こえている。

中村の心の中の声「無視かい


しばらく施術が続く。


施術の最後はいつも股関節をぐぐっ~と開く。梅ちゃん先生
の容赦ない攻撃。これが利くぅ~


自分では到底無理な体勢まで「しっかり」「よ~く」開いた
(と自己評価)。思わず、


中村「おぉ~っやればできる子や」


に対して


梅ちゃん先生「やれることをやりましょ


やればできる子の押し売りを承認することな
くやんわり返す。「やれることを(全力で)やる」確かにそ
の通り。さっすが~梅ちゃん先生


改めて思う。


接骨院は体のゆがみや痛みをとるための場所。当然求められ
るのはそれらを解消する施術力。これがなければ話にならな
い。でも、問われるのは施術力だけではない。施術力は必要
条件ではあるが十分条件ではない。接骨院に通う人たちは、
施術を受けながらする先生との会話他を求めている。
もちろんの中身は人それぞれ違う。より詳しい専門的な
知識を知りたい人もいれば、他愛のない話をしたいだけの人
もいる。だから、その日のその人に応じた会話が求められる。
そうでないと「そんなこと聞きたいないねん」とか「今日は
そんな気分じゃないねん」と思われて足が遠のいてしまう。
いずれにしても、もくもくと施術してハイ終わりではない。
そうでなければ調子が悪い時しか通わない。



しおのせっこつ院に行くと施術中はほぼ喋っている。こちら
からしゃべりかけなくても、


梅ちゃん先生「最近どうっすか?」


「『どうっすか』ってか❓」…と思いながら、ゴルフや最近お
気に入りのパンの食べ方などたわいのない会話が始まる。



改めて思う。しおのせっこつ院は、



自分がここにいていいと思える場




だから、みんな通ってくる。痛みのある人もない人も。承認
されてもけなされても…。みんな笑顔で通ってくる。
個食。個住。お一人様などなど人との接点を持たずに生活する
ことができる世の中。コロナ禍でリモートワークが推奨され会
話をしながら外食する機会もなくなって否が応でも一人でいる
時間は増えた。先行き不透明な状況下で

自分がいていいと思える場所=居場所
 
があることがいかに安心感につながるか。その大切な役割を
せっこつ院が果たしている。


随分以前、接骨院の受付担当者(コンシェルジェ)対象のコ
ミュニケーション力向上プログラム作りに携わっている人に、
「せっこつ院は人間系の情報発信基地であり、地域住民のつ
ながりにおける最後の砦になる」と聞いたことを思い出した。


ここにいていい場所があれば一人暮らしのお年寄りも淋しく
ない。


そう思えるのは、院長先生や梅ちゃん先生の人間力によると
ころが大きい。個々の抱える課題解決を商売にしている以上、
課題解決に必要な技術力があるのは当たり前。でも技術力だ
けで通ってくる人は必要がなくなれば離れていく。
 
技術力+人間力


人間力があるから人が集まってくる。技術力が当たり前だと
すると、人間力でしか差がつかない。ネイルサロンも美容室
も歯科医院も接骨院も同じ。

コメント

ノーパンチを目指す

2021-03-12 | 日記

中村です。


出勤途中にあるお寺。
普段は裏ルートで出社するため、駅前で用事を済ませ
てから出社する際や、外出先から帰社する際にしか前
を通らない。

そのお寺の掲示板にいつも筆書きのメッセージが一枚。
いつ見ても、


そうそう」
「それそれ」
「な~るほど」



と思わされるものばかり。


特に、そのメッセージがその時自分が抱えている問題
や心の有り様に刺さるものだった場合、


(たまたま前を通ったけど)偶然でなくこのメッセージ
を見る必然性があったから…と妙に納得することもある。




現在のメッセージはこれ




誰誰のせいおかげに変えてみる



ふむふむ。確かに…。いつもながら深いメッセージ


でも、※以下私見ですが、



~のせい・・・自分以外の人や状況のせいだからどう
しようもない。根底で自分は悪くないと思っているか
ら解決に向けた行動はなし。しかも、自分は被害者
だから気分も悪い。ダブルパンチでダメージ大

一方、


~のおかげ・・・問題は解決しないが、少なくとも根底
に相手への感謝があるので気分は悪くない。シングル
パンチ
で済む。



確かに、プレイべートならここまででいいかも。でも、
ビジネスにおいては少々物足りない。


もう一歩進めて、ノーパンチの状態(=問題解決)に
もっていく必要がある。



担当しているある会社の内定者研修。今年はコロナ禍と
いう状況を鑑みてリモートで5回に分けて実施している。
研修を通じて学ぶテーマとして、


①「自分軸」から「周り(相手)軸」へ

②「他責」から「自責」へ


を掲げている。自分ではなく「相手」「上司」「お客様」
「会社」の立場で状況を見、人や状況のせいにして何もし
ないのではなく、自らの責任範囲と捉えて自分ができるこ
とを実践すること。言うのは簡単だけど、徹底するのは簡
単ではない。


でも、これを実践できる人が会社や社会から信頼され、仕
事の幅が広がる。

お寺のメッセージ+「自責」で問題解決に向けて一歩踏み
出す=ノーパンチの状態 を目指したいと考察した一件。

 

コメント (1)