スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

クリスマスの玉飾り   緑の狸 vs チェブラーシカ

2017-11-30 14:55:39 | 感じるロシア






11.30 内部にダンスホールまで! 世界最大のクリスマスの玉飾りがモスクワで組立開始【写真】


内部にダンスホールを内蔵し、音楽を奏でるという世界に類のないクリスマスツリーの巨大な玉飾りの組立工事が29日、モスクワの戦勝記念公園「ポクロンナヤ・ガラ」で開始された。


モスクワ市政府のポータルが明らかにした。


この玉飾り、高さは糸の部分も含めると17メートル、直径はおよそ11メートル。玉の重さは数トンにもなる。


玉の内部には音楽を奏でる装置が内蔵され、お正月やモスクワをテーマにした歌や曲が流れる。


こうした巨大クリスマス玉飾りがモスクワ戦勝記念公園に登場するのは今回で2度目。最初に設置されたのは2016年で、「LEDを使った世界で最も大きな像」としてギネスブックに登録された。


玉は赤、緑、青と音楽のリズムに合わせて様々に色を変えていき、表面には雪の結晶や花火、リングが映し出される。


戦勝記念公園にはエッフェル塔、ノートルダム寺院、ビックベン、イエス・キリスト像など、世界の最高建築、最高芸術を模った氷の彫刻も展示される。



☆ 12月25日は イエスではなく ミトラの誕生日といわれています。

その日を避けていること自体 西側にとっては 正教 ロシアが 悪魔化されそうですね









11.27 緑のチェブラーシカがいる町「チェボクサルィ」で楽しむ個性派博物館めぐり


ロシアが誇る美しき大河・ヴォルガ川をバックに、緑色のチェブラーシカがお出迎えしてくれる町、

それはチュヴァシ共和国の首都、チェボクサルィだ。


チェブラーシカの隣には親友のワニのゲーナもいて、歯まで精巧に作られている。


祝日ともなれば川辺には数々の出店が立ち並び、地元民や観光客でにぎわう。



チュヴァシ共和国にとってチュヴァシ刺繍は名刺代わりともいえる、古くから伝わる重要な文化である。


チュヴァシ刺繍は2009年に東京・銀座で行なわれたロシア民族工芸展にも出品され、人気を博した。


17~18世紀のチュヴァシ刺繍の最大の特徴は「読める刺繍」であることだ。


模様のひとつひとつには哲学的な意味がこめられている。


美術研究家のアレクセイ・トロフィーモフ博士は、チュヴァシ人の祖先が古代ルーン文字を刺繍の中に表現していることを発見した。


最古の展示品の中には、古代中国の象形文字と思しき模様が刺繍されている作品もある。



18世紀、女性は5歳くらいから刺繍を始めていた。

結婚前には、未来の夫のスカーフを縫うことが花嫁の重要な役目だった。











コメント

北朝鮮のミサイル  神技のタイミング

2017-11-30 14:51:27 | 田布施族 朝鮮半島  






アベ首相の醜聞が沈静化せず 日本の経済経済団体が中国訪問 露議員団の朝鮮入りに合わせてミサイル



安倍晋三政権は日本の庶民、つまり被支配層の利益に反する政策を次々に打ち出してきたのだが、現在、彼を支える与党は議会で圧倒的多数を占めている。


そうした状態になった経緯を振り返ると、少なくとも結果として、安倍政権には朝鮮に支えられている側面があることがわかる。



その朝鮮が久しぶりにミサイルを発射した。

「火星15」と名づけられたICBMだというのだが、海へ落下する前に3つ以上へ分解、つまり再突入に失敗したようだ。



7月に「火星14」の改良型を発射した際も再突入の後、高度4〜5キロメートルで分解したと見られている。



7月のケースでは、ロケットの推進力が不足しているために弾頭部分の軽量化を図り、そのために脆弱化して再突入に耐えられなかったという推測も聞かれた。


今回のミサイル実験の結果、アメリカ全域が射程圏内に入ったと宣伝しているようだが、今のままでは弾頭に核兵器を搭載することはできないだろう。



それでも朝鮮が今年に入り、自力で開発しているとは思えないほどの速いピッチでミサイル開発を進めていることは確かだ。


イギリスのシンクタンクIISS(戦略国際研究所)は8月14日、​朝鮮の新しいミサイルが搭載しているエンジンはウクライナから持ち込まれた可能性​が高く、ウクライナでの目撃談とも合致していると発表した。

これはマイケル・エルマンの技術分析がベースになっている。



ジャーナリストのロバート・パリーによると、エンジンの出所だと疑われている工場の所在地はイゴール・コロモイスキーという富豪(オリガルヒ)。


ウクライナ、キプロス、イスラエルの国籍を持つ人物で、2014年2月のクーデターを成功させたネオ・ナチのスポンサーとしても知られている。


2014年7月17日にマレーシア航空17便を撃墜した黒幕だとも噂されている。



朝鮮のミサイル発射実験や爆破実験を繰り返してきたが、いずれも日本やアメリカの好戦派にとって都合の良いタイミングで行われていると考える人が少なくない。


そうした実験は暫くなかったが、11月20日から6日間にわたって日本経済団体連合会、日本商工会議所、日中経済協会で構成される経済代表団約250名が中国を訪問した直後に実施した。


また、このタイミングでロシアの議員団が平壌を訪問している。



東アジアでの経済関係を強化しようとしているロシア政府は今回の発射に抗議しているので、議員も現地で講義しているだろう。


日本やロシアにとって今回のミサイル発射は好ましくないタイミング。


喜んでいるのはアメリカや日本の好戦派、とくにスキャンダルまみれの安倍政権だろう。




現在、最も軍事的な緊張が高まっているのは中東だ。


シリアを侵略してバシャール・アル・アサド体制を倒すというアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの三国同盟を中心とする勢力の目論見は失敗、厳しい状況に陥り、周辺にいたトルコやカタールなどは離反している。




侵略の手先はサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団が中心で、アル・ヌスラやダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)といったタグがつけられている。


こうした武装勢力がロシア軍によって壊滅させられようとしている。


三国同盟は手駒をクルド系武装勢力へ切り替えようとしたが、すでにアメリカ離れを始めていたトルコをさらに怒らせてしまった。


しかもクルドが三国同盟の思惑通りに動いていないようだ。


現在、サウジアラビアとイスラエルは関係を強化、アメリカを巻き込んで新たな戦争を引き起こそうとしている。


サウジアラビアでの大規模な粛清はそのためだと見る人は少なくない。


朝鮮半島での茶番劇はその危険な状況から人々の目をそらさせる役割を果たしているようにも見える。


ただ、火遊びが本当の火事を引き起こすということもある。


中東で新たな戦争を引き起こそうとする動き、東アジアでの火遊び、いずれも西側の有力メディアが煽っていることも確かだ。



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201711300000/







コメント

宇宙戦争 ?  火の玉   人工衛星落下

2017-11-30 14:50:45 |  宇宙  ロボット AI 技術






世界中で金属の球体が空から落下 

~宇宙空間で戦闘行為が起きている~



 21日頃、火球と思われる発光現象が各地で見られたようです。


専門家によると、映像では回転しながら落ちている様子が見られ、通常の隕石とは考えにくいという意見がありました。



こんなものが空から落ちてくるはずがないという物体です。

かなり先進的な飛行物体の一部だと思われます。
 









11.30 落下する人工衛星「メテオール-M」とみられるものが撮影される【動画】


ロシアの気象観測衛星「メテオール-M」が落下する様子を捉えたとみられる動画がネット上で公開された。


ロシアのマスコミが報じた。


動画を公開したのはツイッター利用者。



同ユーザーは「モントリオールから戻ったある友人がこの動画を私に送ってきた。


ロシアの人工衛星は軌道への投入が失敗した後、通信不能となった。地球の大気圏に突入して燃えているのはこの人工衛星の可能性がある」と伝えた。


動画では、複数の物体が大気中で燃えているのがわかる。


なお、この動画に映っているのがロシアの人工衛星であるという公式的な確認はない。



https://twitter.com/ThatJetsetGirl/status/935569848507170817








コメント

子供への支援   サッカー   潜水艦を捜索

2017-11-29 10:59:10 | 感じるロシア


11.29 プーチン大統領 第1子誕生から毎月の支援金交付を提案






プーチン大統領は出生率向上の刺激先として第1子が生まれた家庭への毎月の支援金導入を提案した。プーチン大統領の提案する支援金額は毎月平均1万500ルーブル(およそ2万400円)で1歳半未満まで続けられる。



支援金額は児童の最低生活費の額に従って変化するものの、2020年には1万1143ルーブル(およそ2万1240円)に達する見込み。ロシアはこれからの3年で新生児たちに合わせて1445億ルーブル(およそ2754億円)を拠出する。

プーチン大統領はこうした支援金を年明けの2018年1月から開始することを提案している。

ロシアは出生率引き上げへの刺激策として、第2子誕生の際に一時金として渡す「母親資本」を2007年から導入している。「母親資本」は第3子以降にも支払われるため、子沢山家族には朗報となった。この平均額は当初の25万ルーブル(およそ47万円)から45万ルーブル(およそ85万円)にまで引き上げられている。

ロシア統計局の調べでは2007年の時点で母親一人当たりが一生涯で産む子どもの数は1.4人だったのに比べ、2015年にはこの数値は1.78人に増えたものの、翌2016年には1.76人に減っている。






11.29 祝サッカーW杯ロシア大会 モスクワ地下鉄に特別車両が登場【写真】






モスクワの地下鉄に来年のサッカーW杯ロシア大会を記念した新型特別車両が登場した。この車両はこれから環状線の運行に使用される。


車両はW杯の歴史を表現したデザインで、車内放送で駅名などを読み上げるアナウンスはW杯ロシア大会で大使役を務めるヤーナ・チュリコワさんが録音を担当する。


車両のお披露目式はモスクワ地下鉄車庫で行われる。



☆ サッカー大会も オリンピックも スポーツ大会は 分離して戦う という 戦争のひな形 という声も 最近聞こえます。


私も スペインの闘牛なども まさに 悪魔が人間の魂を 変えていくものだと思って 大嫌いですが、そのような世界で 悪魔由来を少しづつ変えていってほしいです。



サッカーも オリンピックも さんざん ロシアがいわれのないいじめを受けました。





11.29bbロシア人救難専門家がアルゼンチン潜水艦の捜査水域へ出帆


アルゼンチン海軍のコルベット「ロビンソン」はロシア人専門家らを乗せてコモドロ・リヴァダヴィヤ港を出帆し、消息を絶ったアルゼンチン軍の潜水艦「サンフアン」の捜索が行われている海域に向かった。


スプートニクの通信員が報じた。


24日金曜、ロシア国防省は「サンフアン」捜索活動に参加させるために海軍の専門家らを派遣することを明らかにしていた。





コメント

火星にこだわる

2017-11-29 10:58:34 |  宇宙  ロボット AI 技術






11.28 人口1万人の火星都市 米で考案


米マサチューセッツ工科大(MIT)の技師・建築家チームが、将来の火星植民地化のための住居デザインを競うコンテスト「Mars City Design 2017」で優勝した。


このコンテストは米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)が創設し、スポンサーになっているもの。


ニュースサイト「Space.com」が伝えた。


今回優勝したデザインは、地下に張り巡らされたトンネルで互いに接続された複数のドーム型住居を建設するというもの。


このドームにより、人々を宇宙放射線や気温変化、小規模な隕石落下からしっかりと守ることができる。


1つのドームには50人が住むことができると試算されている。



先に、火星での生活条件をシミュレーションする「火星都市」プロジェクトがアラブ首長国連邦(UAE)で実施されることが明らかになっている。






コメント

エジプトのIS モスクの大規模テロ

2017-11-29 10:57:58 | IS   中東  アフリカ


「イスラム国(IS)」イラク・シリアで壊滅(4)-

エジプトの兄弟組織がモスクに大規模テロ ー



ちきゅう座

<坂井定雄(さかいさだお):龍谷大学名誉教授>




 本稿連載中の24日金曜日、エジプト東部のシナイ半島で、金曜礼拝で満員のモスクを車両5台に分乗した武装テロ集団「シナイ州のイスラム国(IS)」の25~30人が襲撃、


礼拝中のイスラム教徒305人(うち子ども27人)が殺害され、百数十人が負傷した。単一のテロ攻撃としては、エジプト史上最悪の犠牲者だった。



 犯人たちの多くも、追撃したエジプト軍によって殺された。


シナイ州のイスラム国IS」は以前からイスラエルと接するエジプト東部のシナイ半島で反イスラエル武装闘争を続けてきた「エルサレムの信奉者」と名乗る組織。



2011年の「アラブの春」で民主的な選挙で成立したイスラム同胞団のモルシ大統領の政権が翌年、軍のクーデタで打倒された後、軍や警察に対する攻撃を繰り返し、軍が鎮圧作戦をつづけてきた。



 14年にバグダーディが「イスラム国」樹立を宣言したのを受けて、忠誠を表明、「シナイ州のイスラム国」と自称を変えた。



すでに「イスラム国」本体から資金と軍事訓練の援助を受け始めていた。



2015年にはロシアの旅客機に爆弾を仕掛け、乗客・乗員224人が犠牲になった。


その時も今回も、「シナイ州のイスラム国」の自称を表明しなかったが、彼らの犯行であることが確実視された。



 アラブ人仲間であり、壊滅した「イスラム国」の残党が逃げ込むには好都合な集団だ。



今回のモスク襲撃が、イラク・シリアでの「イスラム国」壊滅への報復の意思表示なのか、イラク・シリアからの脱出組が加わっているのかはわからない。


チュニジア、リビアなど北アフリカからアフガニスタンまでそして欧州の「イスラム国」連帯組織が、「シナイ半島」のような凶悪な行動ではなくとも、何らかの大規模な報復行動を準備しているかもしれない。



 さらに、「シナイ州のイスラム国」のテロ事件で、特に注目すべきことの一つは、

攻撃されたのがイスラム教のスーフィー教団のモスクだったことだ。


スーフィーはイスラム教の神秘主義的な宗派で、教えを内面化し倫理化して、無言の祈りや踊りで精神を集中して神との直接体験を求めていく。



平和主義、禁欲主義が支配的で、イスラム信仰の敵に対しての聖戦を主張する「イスラム国(IS)」と正反対の宗派だ。



アフリカから中国まで、スーフィーは数宗派に分かれるが、イスラム教徒の数割はスーフィーとみられ、エジプトでは、イスラム教徒の3割から半分近くがスーフィーだともいわれる。



トルコに観光ツアーでスーフィーの祈りの踊りを見学した人も多いだろう。



 イラク・シリアで「イスラム国(IS)」は壊滅した。


前回書いたように、早めに脱出し、一部はシリアのラッカから大型車両を連ねて、政府軍と反政府勢力の戦闘が続いている地域に逃れ、消え失せたのもいる。



こうして生き残った残党の一部は、シリア、イラク内に潜み、大部分は中東、アフリカ、欧州そして中央アジア、アフガニスタンなどに向け逃れた。



その主な経路はシリアとの国境が長いトルコにまず入る。



南側のヨルダン、海路エジプトさらにチュニジアに向かって脱出した残党もいるようだ。


 しかし、イラクのモスルで樹立が宣言され、シリアのラッカが“首都”の役割を果たした「イスラム国(IS)」は、きわめて特別な経過、条件の中で成立した。


米国中心のイラク戦争(多くのイスラム教徒から見れば侵略)で打倒されたサッダム・フセイン政権のしたたかな残党(軍とバース党)、


イラクとシリアでのシーア派とスンニ派の宗派対立、


アサド大統領とそのバース党政権の国家権力への執着と残虐な政治手法がもたらしたシリア全土を巻き込んだ内戦などだ。


バグダーディの卓越した指導力とカリスマ性も否定できない。



 イラクとシリアで壊滅した「イスラム国(IS)」の残党が、中東、アフリカ、中央アジアなどの反政府イスラム武装組織、テロ集団に逃げ込むだろうが、「イスラム国(IS)」が再建されることは、あり得ないだろう。(続く)



初出:「リベラル21」より許可を得て転載http://lib21.blog96.fc2.com/
〈記事出典コード〉サイトちきゅう座http://www.chikyuza.net/
〔opinion7143:171128〕


http://chikyuza.net/archives/78687








コメント

地下の秘密

2017-11-29 10:57:22 | 地球の秘密 ミーム 画像


謎は疑惑に変わる。

誰が何のためにその地下網を使っていたのか。


なぜ、政府はそれをひた隠しにするのか。


地下を制する者が覇権を握ったとされる舞台裏を暴き、現在に至るまで続く地下の権利に潜む闇を明らかにする。



◎ 東京の地下に、秘密の原発があるらしい!?













コメント

UAEを告発   米の駐留兵  米軍が必要

2017-11-28 19:11:04 | IS   中東  アフリカ


11.28 人権団体、UAEを「戦争犯罪」で告発






国際人権団体「アラブ人権機構(AOHR)」は、アラブ首長国連邦(UAE)がイエメンで戦争犯罪を犯しているとして、UAE政府を国際刑事裁判所(ICC)に告発した。


AFP通信が同機構のジョゼフ・ブレアム弁護士の話として伝えた。



それによると、イエメンで親政府勢力に軍事支援を行っているサウジアラビア主導の有志連合の一員であるUAEは「市民に対し無差別攻撃を行っている」という。



また同通信の指摘によれば、UAEは国際的に禁止されたクラスター爆弾を使用し、拷問を行うため傭兵を雇っているとされている。


イエメンでは2014年から内戦が続いており、一方からイスラム教シーア派武装組織「フーシ派」とサレハ元大統領に忠誠を誓う一部の軍部隊、


他方からハディ現大統領に忠誠を誓う政府軍と民兵組織が参戦している。2015年からはサウジアラビア主導のアラブ諸国による有志連合が政府軍を支援している。






11.28 米国防総省 アフガン、イラク、シリアの駐留兵数を発表


米国防総省は27日、アフガニスタン駐留の米軍兵の数は9月30日現在で1万5300人に、イラク駐留兵は8900人、シリアには1720人と発表した。


駐留米兵の数はアフガニスタンが飛びぬけて最多。


アフガニスタンがこのなかで一番の激戦地であるためとはいえ、トランプ政権が今まで発表してい3度の駐留計画に列挙されていた数値を大幅に上回っている。


アフガニスタンでは2015年1月日よりNATOの非戦闘ミッション「決断的な支援」が発効している。


同ミッションの主たる目的はアフガン治安維持機関代表らのトレーニングと懇談。


こうしたミッションは戦闘作戦に代わるものとしてスタートしている。


世界最多の駐留米軍兵を抱える国は依然として日本で、およそ4万5千人。


つづいてドイツの3万6千人。韓国は2万5千人。米国が世界各地に派遣兵士の数は25万7300人に上る。






◎ ミンダナオでの 祖父曰く、


「天皇陛下万歳と言いって死んでく兵隊はおらんぞ。みんな、おかあさん、と言って死ぬ」。


あなたと同様の思いを秘めて死んで行った日本兵は少なくなかったということでしょうね。



だから、天皇には日本軍ではなく、米軍の護衛が必要なのです。



https://twitter.com/honest_kuroki/status/882998212965027841














コメント

五輪勝利のはく奪    Google    米軍機を遮断

2017-11-28 16:12:16 | 露中vs戦争や  中国  アジア


11.26 ロシア人選手の五輪の勝利はく奪は非常に困難 露大統領報道官


ロシア大統領府のペスコフ公式報道官は記者団に対し、2014年のソチ五輪のロシア人選手からのメダルはく奪に関して、

五輪でのロシア人選手の勝利を盗むことは非常に困難であり、勝利は永遠にロシア人の英雄的スポーツマンのためにあると明言した。



IOC国際オリンピック委員会はこれまでに、ソチ五輪で採取されたドーピング検査サンプルの再検査を行ったデニス・オズワルド法務委員率いる委員会の調査結果をふまえ、同五輪でロシアが獲得したメダルをはく奪していた。


はく奪されたメダルはクロスカントリースキーが4、スケルトンが2、ボブスレーが2、スピードスケートが1で、この結果、ロシアはメダル総数1位の地位を失った。


「すでに達成された勝利を盗むことは非常に困難だ。しかもこれだけの勝利を、我々の代表団のため、我々の英雄的スポーツ選手らのために永遠に残るものだ。


現在、検討に付されている決定に関しては、これは落ち着いた、深い明晰な分析に付されるべきものだ。」ペスコフ報道官はロシアから勝利を奪うことは可能かとの問いにこう答えた。



報道官は、この先に待ち構えているのはロシア人スポーツ選手の合法的利益を「国際的なスポーツ機関と完全なかたちで相互に行動し」守ることだと強調している。





☆ ロシアに たんに いじわるをする 闇サイドは 分かっています。


地球を支配しており そして ルシファーにつながり 具体的に 人類を摂取 殺害 現実的に言うなら イエズス会 イルミ ・・・


国別でもなく そのサイドにたつものは 末端の個人でも ロシアに いじわるをする





11.22 ロシア下院 グーグルの広告を合法的に禁止の可能性を示唆


トルストイ下院副議長は「ロシア・セヴォードニャ」社の建物内で開かれた、第2回全ロシア・若者メディア会議でこう明らかにした。


グーグルがRTテレビとスプートニクのマテリアルが検索される確率を引き下げる特別なアルゴリズムを開発する構えであることについて、


「読者にとって好ましくない、危険な広告情報がSNSにある状況は私たちにとっても憂慮の念を呼んでいる…。


グーグルはこうしたランキング操作を用いてロシアのマスコミのコンテンツの拡散を予防しようと画策する一方で、そうしたマスコミのサイトの禁止は行うつもりはない。



グーグルのロシアでの年間の収益は340億ドルに上る。



「もちろんこの額はグーグルにとっては問題にならない額かもしれないが、それでも話が金のこととなると、我々の同僚ら(編集部注:グーグルおよびFacebookのこと)の優先事項もたちどころに変わるはずだ。」トルストイ氏はこう断言した。



「状況がどう動くか、我々は注視していく。そしてこの方向性で一貫して、強硬な態度を貫いていく。なぜならこれは我々の国益であり、これは我々の自由であるからだ。」。






11.18 米軍機の飛行をロシアが遮断 「安全性に欠ける」行為と米国防総省が非難


ロシアの戦闘機SU-30が11月25日、黒海上空を飛行していた米軍の哨戒機P-8に対して行った遮断行為について米国防総省のミッシェル・バルダンズ公式報道官は「安全性に欠ける」ものだったと非難する声明を表した。


CNNテレビが28日、声明を引用して報じた。


バルダンズ報道官は「米軍機は国際的な空域を飛行していたのであり、ロシア側にこうした行為を呼び起こすようなことは何もしていない」と述べ、ロシアの遮断行為は「安全性に欠ける」ものだったと非難した。



ロシア航空宇宙軍はNATO諸国の軍機の随伴飛行、遮断を定期的に行ってきている。


ロシア国防省は国境付近で目撃された外国の軍機に関する統計を毎週発表している。



☆ 黒海上空での NATOの行為は それだけで ロシアにたいする 威嚇ですね。




コメント

大気汚染   放射能で癌

2017-11-28 16:00:19 | 原爆  原発   生物兵器 



11.28 大気汚染は男性不妊を引き起こすおそれ


深刻な大気汚染は男性の生殖機能を悪化させるおそれがある。論文は科学誌『Occupational and Environmental Medicine』に掲載された。


香港中文大学のXiang Qian Lao教授らによる論文では

「大気汚染への暴露が至る所にあることを考慮すると、PM2.5による精子の正常な形態への微小な効果でさえ、大量の不妊のカップルを生じる可能性がある」と結論付けられた。



研究チームは台湾のクリニックが過去15年間収集した約6500人のデータを収集し、不妊と環境悪化が関係している可能性があることを示す最初の証拠を見つけた。


明らかになったところ、PM2.5のような大気浮遊粒子状物質(エアロゾル)が精子と精液の2つの重要な性質に影響している。それは、精子の形と運動率、そして濃度だ。



PM2.5濃度が1立方メートルあたり5ミリグラム上がるごとに、正常な精子の割合が1.29%低下する。


論文では、こうした反応が深刻な大気汚染レベル地域に住む男性の生殖能力に悪影響を及ぼしていたとして、そのために汚染度が平均レベルの場所に住む男性よりも不妊に悩む男性の割合が高かったと指摘している。






◎ 低線量被曝も、体細胞の遺伝子や生殖細胞の遺伝子を組み換えてしまいます。


代謝で失った細胞を正常細胞に再生できないほど遺伝子を組み換えられてしまうと癌細胞と呼ばれます。


twitter.com/honest_kuroki/status/866753367128686592




☆ 不妊は 闇サイドの人口削減のアジェンダ
食品の毒 放射能 ・・・




コメント